ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HeyWireの電話番号でGoogle2段階認証

HeyWire で無料のSMS電話番号をもらった。さらにそれをGoogleの2段階認証に使うことに成功した。「ガラケーもスマホも持っていないけど iPod touch は持っている」という特殊な事情があるのでこういう面倒くさいことをやる必要がある。


以下はその手順。

HeyWireのアプリを iPod touch にインストールし、氏名や国名や住所などを登録してSMS専用の電話番号をタダでもらう。下のスクリーンショットは登録完了の場面。

HeyWireのスクリーンショット

この電話番号をGoogleに登録する。HeyWireからもらう番号はアメリカの電話番号なのでGoogleのWebサイトで入力するときはドロップダウンメニューからアメリカの国旗を選ぶ必要がある。そしてHeyWireは通話用の電話ではなくSMS (short message service) の電話サービスだからGoogleから認証コードを教えてもらう方法は「音声通話」ではなく「テキスト メッセージ (SMS)」を指定する。

Googleのスクリーンショット

これでGoogleにHeyWireの電話番号を登録することに成功。

このあとパソコンなどのWebブラウザでGoogleにログインを試みると2段階認証が要求され、数秒後HeyWireが iPod touch にプッシュ通知する。HeyWireに届いたGoogleのショート・メッセージには6桁の数字が書いてある。

下のスクリーンショットはGoogleからHeyWireに届いたメッセージ。諸事情により日本語になったり英語になったりする。この6桁の数字が「認証コード」「セキュリティコード」「確認コード」あるいは "verification code", "six-digit code" と呼ばれるもの。もちろん1回のログインにしか使えない。次回のログインでは違うコードになる。

HeyWireのスクリーンショット

下のスクリーンショットはパソコンのWebブラウザ。

Googleのスクリーンショット

以前はGoogleさんにIP電話に電話してもらって6桁の数字を読み上げてもらっていたんだけど、それだと音声が英語なので聞くのに苦労していた。(日本語音声になるときもある)。まあ、慣れれば英語でも何とか聞き取れるし録音することもできますけどね。

できれば音声ではなくテキストのメッセージで認証コードを受け取りたい。諸事情によりオイラは現在携帯電話をアクティベートしていないので「iPod touch にSMSでテキストメッセージを送ってもらう方法」を何としてでも見つけなければならない。しかしオイラが使ってる FUSION IP-Phone SMART というIP電話はSMSがない。困った。

それで何か良い方法はないかなと考えて思いついたのが無料のSMS電話番号をHeyWireからもらうことだったわけで、この作戦が何とか成功したわけだ。

ちなみにHeyWireの電話番号をTwitterに登録することにも成功した。(下のスクリーンショット)。まだ手続きしてないけどTwitterの2段階認証でも使えるはず。

Twitterのスクリーンショット


Googleから来る英語の電話音声を聞いたことがある日本人はたぶん少ないと思うのでここに置いておく。 (MP3ファイル)
http://blog-imgs-60.fc2.com/a/r/t/art2006salt/20131029google1.mp3

関連

スポンサーサイト

SMARTalkの着信音を瞬時にミュートする方法

IP電話 "FUSION IP-phone SMART" のアプリ SMARTalk 。これの着信音をマナーモードのない iPod touch で瞬時にミュートする方法がわかった。音量調整のボタンを1回だけ押せばいい。


iPod touch スクリーンショット

FUSION IP-phone のSMARTというIP電話に先日加入した。
スマホの通話料をトコトン安くする | FUSION IP-Phone SMART

個人的に良いと思った点は、

  • 初期費用なし。月々の基本料金なし。相手が固定電話でもガラケーでもスマホでも一律8.4円/30秒という料金体系がわかりやすくていいね。ちなみに国際電話のほうが少し安くてどこの国でも一律8円/30秒になる。(ただし相手の国は現在32ヶ国に限られる)。
  • 留守番電話の再生が無料。
  • 留守電に録音された相手のメッセージを添付ファイル(wavファイル)にしてメールで自動的に送ってもらうこともできる。これも無料。

逆に IP-Phone SMART に電話した人が負担する料金は「発信側事業者の定める、FUSION 050IP電話着の料金が適用されます。NTT東日本・NTT西日本からの発信料金は全国一律3分11.025円です」とのこと。

「遅延」現象は言われてるほどひどいとは思わない。

このIP電話をiOSとAndroidの端末で動かすアプリは複数あるらしいんだけど今回オイラが選んだのは SMARTalk という名前の公式アプリ。
SMARTalk(公式アプリ) | FUSION IP-Phone SMART

これでオイラの iPod touch が電話機になった。iPod touch はマイクロフォンとスピーカーの位置がiPhoneとは正反対だけど電話するときはiPodを上下反対に持てば全く問題ない。逆さに持つのが嫌なら「回転を有効にする」という設定があるから画面表示をrotateしてもいいし、テレビ電話の要領でiPodと向き合う形で会話してもいい。

ところが困ったことに気づいた。iPod touch はiPhoneと違って「マナーモード」がない。バイブレーションもない。本来は電話機じゃないんだから仕方ないんだけどこれは非常に困る。マナーモードがないと図書館のような静まり返った場所に iPod touch を持ち込むのが難しい。もちろん電源を落とせば着信音は鳴らないけどそれだとメールの受信とか不便だもんなあ。(脱獄すれば iPod touch でマナーモードを実現できるらしいけどね)。

そこでサウンド関係の設定をどうすれば一番良いのか試行錯誤した。以下は iPod touch 第4世代 (iOS 6.1.3) での設定である。

「設定」→「サウンド」→「着信音と通知音」
iPod touch の場合ここで設定される「着信音」は本来はFaceTime用の着信音だ。でもこの設定がなぜかSMARTalkの着信音にも反映する。「ボタンで変更」は「オフ」が望ましい。

iPod touch スクリーンショット

たとえば電車の中などのような場所。こういう場所で着信音を大きな音にしていても困らない。仮に大きな音が鳴っても iPod touch の側面についている音量ボタンを1回押せば着信音を完全に消せる。音量ボタンは「上げる」「下げる」の2個あるけど押すのはどっちでもいい。

iPod touch 全体図

つまり「プルルルー♪」という巨大な着信音が一瞬鳴り響いても素早くポケットの中のiPodの音量調整の物理ボタンを1回押すだけで完全にミュートできるのだ。もちろん着信音をミュートしたあとでも電話に出ることはできる。これならマナーモードがない iPod touch でも何とかなりそう。

本来ならSMARTalkアプリを起動して「応答」「無視」「拒否」のいずれかをタップするのが普通のやり方だけど、「iPod touch をポケットから取り出してアプリを立ち上げる」という一連の作業は少なくとも数秒を要する。でも音量ボタンを押すだけなら1秒以内で済む。

偶然知った便利な裏技だけどこれはバグじゃないかなあ。

たとえ一瞬であっても大きな音を出すのを避けたい図書館などのような場所なら上記の「着信音と通知音」の設定でスライダーをできるだけ左に動かしたほうがいいだろう。新着メールなどの通知音も小さくなってしまうけど、まあ、しょうがないか。

おまけ

Googleの2段階認証でSMARTの電話番号を使ってみた。そしたらGoogleから来る電話の自動アナウンスが認証コードを英語で読みやがった。050で始まるIP電話の番号は日本ではなくアメリカとかイギリスに居住する人の番号と解釈されてしまうのかも。

関連

ファミマの無料Wi-Fiはパスワードの扱いが杜撰

先日始まったファミリーマートの無料Wi-Fi。
ファミリーマートのWi-Fi無料インターネット接続|便利なサービス|FamilyMart

ファミリーマートのWi-Fi無料インターネット接続のスクリーンショット

利用するにはメールアドレスが必要だ。さっそくアカウントを作ってアクティベートしてログインしたんだけど途中でパスワードを忘れた。で、パスワードを新しくしようと思って「パスワードを忘れた」をタップした。そうしたら以下のようなメールがファミマから来た。

メールのスクリーンショット

おや? 自分で新たにパスワードを作りなおすのではなく向こう側が新しいのを作る仕組みなんだね、自動生成だろうけど。それにしても新パスワードが暗号化されてなくて平文だぞ。それを電子メールで送ってくるってセキュリティ的にどうなのよ。今回はHTTPS設定のGmailを使ったけどさ。

まあ、ファミリーマート無料Wi-FiはAmazonとか楽天と違ってクレジットカードの情報を取得していないし、TwitterとかFacebookと違って「なりすまし」が起きても実害はあまりなさそうだから気にしなくていいかもしれない。そもそも「無料Wi-Fiサービスになぜパスワードが必要なの?」という根本的な疑問があるんですけどね。

(ちなみに上に掲載したスクリーンショットにあるパスワード部分は若干コラージュしてあります)

関連

DraftPadのassistの名前を工夫したら便利になった

みんな大好き DraftPad の話。満足度が高いiPhoneアプリだけど、DraftPadクラスタの世論を観察すると、「スワイプでカーソル移動したい!」とか「khakiとかoliveみたいな地味な色じゃなくてピンクとかオレンジのド派手なテーマがほしい!」とか皆さんいろんな要望があるみたい。で、オイラが切に願っているのが「増えすぎたassistを何とかしたい」ということ。

どういうことか?

assistって便利だからいろいろ増やしてしまうわけだ。でも増えすぎるといざ使うとき、「えーと、あのassistはどこにあったっけ?」という事態になる。assistをフォルダーに入れて分類できればなあ。

assist一覧の一番上には検索欄がある。assistが増えすぎたらこれを使えばいい。しかしそれでも不満な点がひとつだけある。それはキーボード。

Evernote関係のassistに "Evernote" という名前をつけているとしよう。それを見つけようと検索欄に "evernote" という文字をタイプしようとしたらキーボードが日本語モードになっていることがある。これが微妙に腹立たしい。キーボードを英語モードに切り替えなきゃいけないからね。うーむ、何とかならんかなあ。

で、いいアイディアを思いついた。assistの名前を工夫する。下のスクリーンショット。これならキーボードを切り替えなくていい。

DraftPadのスクリーンショット

DraftPadのスクリーンショット

たとえばTwitter関係のassistを実行する場合。キーボードが英語モードだったら t, w, i... の順にタイプすれば "Twitter" がインクリメンタル・サーチされる。日本語モードになっていたら「つ」とタイプすればいい。

なんでこんな簡単な方法を今まで思いつかなかったんだろう。ヒャッハー!

あと、ツールバーの左端にある矢印アイコンを長押しすれば実行したassistの履歴が最新のものから順に並ぶ、という有名な裏技がある。これは地味に便利。

関連

DraftPadに現在地の住所を書き出すassist

知らない場所に行ったとき今どこにいるかをiPhoneで知るには「マップ」という標準のアプリを使えばわかる。ならば現在地の住所をテキストエディターなどに書き出す方法は何が良いだろう。たとえば新宿区役所に立ち寄っている時点での現在地の住所は「東京都新宿区歌舞伎町1-4-1」だ。この「東京都新宿区歌舞伎町1-4-1」という文字列をテキストエディターに自動的に素早くペーストしたい。もちろんタップ数はできるだけ少なくしたい。

結論。DraftPad のassistを使おう。URLスキームは以下のとおり。

http://dl.dropbox.com/u/223789/dev/here.html?text=<@@>&curr=<@>&loc=<#LOC>&len=<#LEN>

これを実行するとSafariが立ち上がって Google Maps が表示される。現在地と思われる地点にピンが立っている。このピンをタップすると自動的にDraftPadがまた立ち上がって「東京都新宿区歌舞伎町1-4-1」のようなテキストがペーストされる。すごい。

Google Maps のスクリーンショット

Draftpad のスクリーンショット

ふだん沈着冷静で無慈悲なオイラだけど、このassistには感動して涙が出そうになった。Evernoteを連携させると便利。まあ、FasteverとかPostEverでもいいけど。

このassistを何度か動かしてみて以下のような問題点に気づいた。オイラの環境は WiMAX + iPod touch (iOS 1.5.1) + DraftPad 1.5.5 です。

  • 最初の起動時に「 http://dl.dropbox.com/ による位置情報の取得を許可しますか?」という意味の確認ダイアログが出るはず。そしてSafariのアドレスバーを見ると、なぜか http://maps.google.com ではなく http://dl.dropbox.com/u/... なんだよね。見てのとおりこれはDropboxのドメインなんだけど、なぜDropboxなんだろう。まあ、危険じゃないだろうけど。
  • 一度このassistを実行すると、他の場所に行ったときにも位置情報のキャッシュ(←と言うのかな?)が残る。つまり既に新宿区役所を離れているのに池袋でこのassistを実行すると新宿区歌舞伎町付近の地図が表示されてしまう。この問題を回避するには、位置情報をいったんオフにするか、iPod touch の電源を切って再起動するしかない模様。

今回紹介したassistを作ったのはオイラではありません。takahashihideki さんという人です。出典は「DraftPadのカーソル位置に、いまあなたがいる場所の住所を挿入するアシスト "Here" - takahashihideki」です。ありがとうございます。

この人のTumblrには他にも素晴らしいassistがたくさんあります。「DraftPad で半角カナに変換」とか「ついでにDraftPadに乗り換え案内機能をつけてみる」とか「DraftPadに天気予報機能をつけてみる。」とか。TumblrはGoogleなどの検索エンジンに拾われにくいから今回のネタをご存知の方は少ないと思われます。

関連

Quick Scan というバーコードリーダーが優秀で驚いた

身の回りの商品のバーコードを読み取れるiPhoneアプリがあれば面白いだろうなと思ってAppleの App Store で5個ぐらいバーコード・リーダーをダウンロードして実際に使ってみた。一番良かったのが Barcode & QR Scanner - Quick Scan 。QRコードも読み取れる有料版もあるけど今回ためしたのはバーコードのみスキャンできる無料版。

バーコードにカメラを向けると、画面の下から緑の線がずずっと出てきてスキャンを自動的に開始する。

Quick Scan のスクリーンショット

バーコード読み取りに成功すると自動的に商品の詳細を表示。「食品添加物ハッカ油」とか。

Quick Scan のスクリーンショット

商品の写真をタップすると、この商品を取り扱っているAmazonやYahoo!などWebサイトの一覧が出てくる。

Quick Scan のスクリーンショット

スキャンの履歴を見れるのがうれしい。

Quick Scan のスクリーンショット

履歴が増えても安心。検索機能があるから。「エヴァ」みたいな日本語にも対応。

Quick Scan のスクリーンショット

冒頭で言ったように、バーコードを読み取るアプリを5個ぐらい試したんだけど、他と比べて「Quick Scan 無料版」には以下のような特徴がある。

  • スキャン能力が高い。
  • カメラをバーコードに向けるだけで自動的に商品が検索される。「バーコードをモニターの中心に持ってきて真ん中のアイコンをタップ」という面倒な作業が不要。
  • 読み取った瞬間に鳴る「ピッ!」という音がかわいい。音を鳴らさない設定も可能。
  • 商品の詳細はSafariではなくこのアプリの内蔵ブラウザで表示するので処理が速い。
  • 無料版には広告が入るけど、全体のデザインがすっきりしているので使いやすい。履歴も見やすい。
  • TwitterなどSNSとの連携は一切ない。電子メールする機能はある。
  • App Store のレビュー欄によると、有料版にも広告が入るとか。なんでだろ?

ピッ!という音が面白くていろんなものをスキャンして遊んでいる。スーパーなどで iPod touch 片手にバーコードをスキャンしている美少女を見かけたら私と思ってください。

登録不要で使える東急ハンズの無料Wi-Fiスポット

先日ちょっと東急ハンズに立ち寄ったときのこと。東急ハンズが関係していると思われるWi-Fiスポットを発見。

iPod touch の「Wi-Fiネットワークのスクリーンショット

Hands_FreeSpot というSSIDだ。ご覧のとおり鍵がかかっていない。しかし本当に東急ハンズのWi-Fiスポットかどうか不明だ。Twitterなど認証が必要なアプリを動かすのは安全ではないだろうという判断のもと、2chのスレッドをいくつか開いてみた。そしたら、うーむ、普通に開けますね。

Hands_FreeSpot というのは本当に東急ハンズの公式のSSIDなんだろうか? っていうか、不特定多数の人が使っていいのだろうか? 本当は社員用なんだけど鍵のかけ忘れとか?

調べた。東急ハンズのTwitterアカウント @TokyuHands さんがこう発言していた。

無線LANフリースポット「Hands_FreeSpot」が使えるお店は、これから増やしていきます!あ、自由が丘と立川のハンズビーでも使えます。

Twitter / @TokyuHands: 無線LANフリースポット「Hands_FreeSpo ...

有料Wi-Fiスポットはもちろんのこと、無料のWi-Fiスポットでも事前に登録が必要で使用時にはIDとパスワードの入力を求められるのが普通だと思ってたんだけど、東急ハンズの無料Wi-Fiスポットはそれらが一切不要で誰もが匿名でインターネットに接続できますね。

不思議なのは東急ハンズのWebサイトにこの情報が全くないこと、そしてWeb検索してもあまり情報がないこと。スマホ持った人たちが大挙して全国のハンズに押し寄せてくるのは困るからこれはこれでいいんでしょうね。

iPod touch リセット覚え書き

TwitterクライアントSoichaのiOSアプリでTwitterにログインできなくなった。iPod touch の不調を疑った。そして iPod touch をリセットした。iOSのバージョンは 5.1 だ。

「すべての設定をリセット」を選ぶ。

iPod touch のスクリーンショット

iPod touch のリセットをやるのは初めてなので覚え書きを書いとくか。

「すべての設定をリセット」でリセットされるもの。

壁紙
デフォルトの水玉模様みたいのに戻った。
サウンド
キーボードでタイプするたびに音がするようになった。
キーボード
「各国のキーボード」や「ピリオドの簡易入力」などの設定がすべてリセットされた。
各アプリに対する位置情報
すべて「不許可」になってしまったので各アプリに対して許可すべきものを許可する羽目になった。
Wi-Fiの設定
WiMAXモバイルルーターのIDとパスワードを再度入力する羽目になった。これは個人的な事情だけど、オイラは自分の判断でルーターを「ステルス」にしているんだよね。そのせいで iPod touch 上のWi-Fi設定が初期化されたんだと思う。

リセットされないもの。

  • 写真や音楽などの各種データ
  • ユーザ辞書
  • Evernoteなど各種アプリの設定とかIDとかパスワード

で、冒頭で述べたSoichaでログインできなくなった件だけど、原因は結局不明。でもなんとかログインできるようになった。「ミュート」の設定などを最初からやり直し。やれやれ…

WiMAX + radiko で東京と地元のラジオを両方聴く

民放ラジオを聴かせてくれる radiko っていうWebサイトとかアプリがあるじゃないですか? 無線通信のWiMAXだと東京に住んでいなくても東京のラジオを聴けたりするんだよね。でもって昨日 radiko.jp というアプリを iPod touch にインストールしたんだけど、面白い裏技みたいなのを偶然発見した。この方法を使えば地元ラジオを聴くことも東京のラジオを聴くことも両方可能。ようするに自由自在に切り替えできるんだわ。しかも簡単にスピーディーに。

具体的に言うと、iOSの「設定」→「位置情報サービス」でradikoに対して「オン」「オフ」を切り替えるだけ。ただしこの裏技は「WiMAX + iPod touch」または「WiMAX + Wi-Fiを起動したiPhone」という特殊な環境でしか再現しないかもしれない。あとiPadも行けるかな?

文章で説明するのが面倒なのでスクリーンショットで説明。

iPod touch のスクリーンショット

iPod touch にはGPSがない。しかしradikoに対して位置情報サービスを「オン」にすると位置情報がかなりの精度で正しく判定される。だから聴けるのは地元のラジオ局になる。

iPod touch のスクリーンショット

オイラが住んでいる地域は関東ではない。だから聴けるのは地元の2局とラジオNIKKEI。

iPod touch のスクリーンショット

ここでradikoをいったん強制終了。

iPod touch のスクリーンショット

「オン」にしてある位置情報を「オフ」に切り替える。

iPod touch のスクリーンショット

radikoを再起動すると東京のラジオを聴けるようになった。神奈川、埼玉、千葉のラジオも聴けるぞ。

iPod touch のスクリーンショット

上のスクリーンショットは inter.fm という局? 東京はいろんなラジオを聴けるんだね。

で、「東京のラジオ飽きたから地元のラジオ聴きたい」と思ったら上記作業と逆のことをやる。つまりradikoを強制終了し、位置情報サービスを「オン」にし、再起動すればいい。

個人的な意見ですけど、これは、

  • radikoの地域判定のバグ
  • そもそも位置情報をオフにしてもradikoが動いてしまうなんておかしいじゃん、というiOS側のバグ

が重なっていると思う。環境は以下のとおり。

  • WiMAX
  • iOS 5.1
  • radiko.jp 3.0.3

関連

WiMax使って東京のラジオ局をradiko.jpで聞く|パソコンオタクおやじのブログ
Webブラウザでradikoを聴く場合はcookieを保存または削除すれば地域を偽装できるらしい。
WiMaxでRadikoを聞く時の怪現象について - Togetter
いろんな人たちの声。

iPodケーブルを短くして10cmにした

iPod付属品のケーブルは長すぎる。10cmぐらいで十分だよ。そこで100円ショップに行ってiPod用のケーブルを買ってきて短くした。このケーブルはたぶんiPhoneでも使えると思う。

iPodケーブルの写真

えいっとケーブルを切断。4種類の銅線が出てきた。

iPodケーブルの写真

さてと、ケーブルを短くするぞ。4本の銅線は非常に細いので苦労したよ。文系脳だけどプラスとマイナスを接触させてはいけないぐらいの知識はあるぞ。

iPodケーブルの写真

4本の銅線が互いに接触しないようにセロテープで絶縁…って、セロテープで本当に絶縁できるのか? 本当は絶縁テープのほうがいいのだけれど絶縁テープは厚みがあるので難しかったのだ。

iPodケーブルの写真

4本束ねた状態で今度は絶縁テープでぐるぐる巻きにする。格好悪いなあ。

iPodケーブルの写真

最後の写真はエネループのスティックブースターとの組み合わせ。全然オシャレじゃないぞ。

やっぱ10cmのiPodケーブルの市販品を探す旅を続けたほうがいいのかな。あるいは20cmぐらいで妥協するか。

DraftPadのアシスト(メール、はてブ)

iPhoneアプリ DraftPad の電子メール用assistをいくつか考えた。エロイ人がこれを見ても特に新鮮味はないと思うけどオイラの iPod touch では大活躍だよ。あと「はてなブックマーク」するassistも考えた。

mailto:?subject=<@L1>&body=<@L2~>
1行目が件名になる。2行目以後が本文になる。
mailto:?to=artsalt@example.com&body=<@L1~>
artsalt@example.com が宛先になる。すべてのテキストが本文になる。
mailto:?to=artsalt@example.com&subject=dummy&body=<@@>
artsalt@example.com が宛先になる。"dummy" が件名になる。すべてのテキストが本文になる。

件名が不要な電子メールの場合にはsubjectを "dummy" にしといたほうがいいね。こうやっとけば「件名が空欄です。このメッセージには件名がありません。このまま送信しますか?」というポップアップを避けられる。

以下は「はてなブックマーク」に電子メールするassist一覧。おそらくガラケー全盛時代の仕組みの名残りだろうけど、「メールではてブする」ということができるのだ。

mailto:?to=----@b.hatena.ne.jp&subject=dummy&body=<@@>[%E3%81%82%E3%81%A8%E3%81%A7%E8%AA%AD%E3%82%80]
----@b.hatena.ne.jp (はてなブックマーク用の電子メールアドレス)が宛先になる。"dummy" が件名になる。すべてのテキストが本文になり、直後に「あとで読む」というはてなブックマーク用のタグが加わる。

メール本文にWebページのURLが記載されると「そのURLを持つWebページに対するはてなブックマークである」と解釈される。詳しくは「iPhoneではてブする一番簡単な方法はメール」を参照。

mailto:?to=----@b.hatena.ne.jp&subject=dummy&body=<@L1>[<@L2>]
----@b.hatena.ne.jp が宛先になる。"dummy" が件名になる。すべてのテキストが本文になる。ただし2行目の文字列がはてなブックマークのタグになる。

これに関しては下に実例のスクリーンショットを示す。

iPod touch のスクリーンショット

iPod touch のスクリーンショット

iPod touch のスクリーンショット

SANYOブランドのエネループ充電器はこれが最後になりそう

WiMAX + iPod touch のモバイル生活を充実させるべくサンヨーのeneloop充電器 stick booster (KBC-D1DS) を買った。

eneloop stick booster (KBC-D1DS) の写真

すでに三洋電機はパナソニックの完全子会社だ。そしてSANYOブランドも今年(2012年)の4月にPanasonicに統合される。しかし電池とその関連商品の「eneloop」というブランドは残るらしい。つまりエネループ・スティック・ブースターは引き続きその名前で販売されるけど、「SANYO」のロゴマークは本体から消えるわけだ。やっぱ「Panasonic」の文字が印字されるのかな?

eneloop stick booster (KBC-D1DS) の写真

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。