ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巴里の午後 - 欧州とコントラバス

山下洋輔さんがかつて「ヨーロッパの連中はタイコは駄目だけど、ベースはさすがにうまい」と何かのエッセイで言ってた。『ピアニストを笑え』とかいう本だったと思う。
これを読んだ当時は「ふーん」と思っただけだが、後年になってヨーロッパの人たちの吹込みを聞いていると、「そう言われてみれば」という印象がある。
タイコの下手なヨーロッパ人の演奏は…何かあったかな? ちょっと思い浮かばない。度忘れ。逆に「こいつのベースはすごい」と、うなってしまうレコードなら、すぐに列挙できる。それを全部書くのはめんどくさいので、極めつけの一枚を。

このジャケットカバーを見て、おやっ?と思った人もいるでしょう。みんながよく知ってるのは米国Atlantic盤。ここに表示したのはオリジナルのフランスVersailles盤。Versaillesは「ベルサイユ」と読むのが普通。たしか1990年ごろM&M Enterprisesというところから復刻された。
音が無茶苦茶イイッ \(^o^)/
A面とB面ではパーソネルが少し違う。私の気に入ってるのはA面。リーダーがジョン・ルイスとサッシャ・ディステル。他にバルネ・ウィラン、コニー・ケイ、ピエール・ミシェロ。
これを最初聞いてたころはバルネの演奏にしびれまくっていた。ロリンズの系統かな。「ダテ男のテナー」というか。誰かが「J. R. Monteroseの影響を受けたのでは」と言ってたけど、他人の空似でしょ。
それから、A面一曲目のルイスのすばらしいイントロ。これだけでイッテしまいそうになる。こんなイントロはめったに聞けないよ。
コニー・ケイのドラムはいつもどおり。この人の演奏をほめるファンは少ない。私は(ry 。クロートすじの評価は非常に高いんだけどね。
ここでギターを弾いてるサッシャ・ディステルという人はのちに『エマニュエル夫人』の主題歌を歌うことになる人だとか。ブラインドフォールド・テストをやったら、「ジミー・レイニー!」と答えてしまう人がいるはず。

さて、今。
今というか最近は、ベースのミシェロばかり聞いている。彼のベースの音しか耳に入ってこないのだ、極端に言えば。B面のパーシー・ヒースも悪くはない。悪くはないが、ミシェロはヒースにない何かを音に込めている。
何て言うんだろう、音に哲学がある。彼の音を聞いていると、パリのどんよりとした冬空が目に浮かぶようだ。
ちなみに私はパリはおろか、ユーラシア大陸の大地を歩いたこともない orz しかし、そんなことはどうでもいい。
山下洋輔さんが言うには、「ヨーロッパの連中にはクラシック音楽というバックボーンがある」。それもあるかもしれない。コントラバスという楽器は古来から室内楽で用いられてきたものだから。ミシェロのベースの音に哲学とか伝統の重みを聴き取ってしまうのも、そのあたりが絡んだ話かも。
対照的に、ロックとかジャズで用いられるドラムセットはクラシック音楽から誕生したわけではないからね。でも、ドラムがうまいヨーロッパ・ジャズマンもいるんだ。たとえば…… いや、この話は別の機会に。

それにしてもブログ作りも楽ではないなあ。MSIE、Fx、Opera… 微妙に表示が違う (☆。☆)

2006年09月09日修正。
写真入れ替え。
スポンサーサイト

インドではビーフカレーはありえない

S&B

『インド人もビックリ』ってエスビーだったんですか?
芦屋雁之助、長門裕之がインド人の格好をしていたとのこと -__-

きのうカレーをつくった。S&Bのルーを使った。
1) タマネギとニンジンと乾燥ニンニクと高野豆腐をフードプロセッサーに入れ、粉砕する。
2) 鍋に胡麻油を入れ、火にかける。冷凍庫からブタのもつを出し、鍋に放り込む。
3) 面倒くさくなったので、1)を2)に加える。炒める。
4) 鍋が痛むので、ころあいを見て水を加える。茹でる。
5) じゅうぶん火が通ったら、S&Bのカレールーと唐辛子のパウダーと普通の黒胡椒とクミンシードを加える。
6) メープルシロップがほんの少し含まれている「メープルシロップ・ジャム」を入れてみる。
7) 香りづけに醤油を入れる。
---- 5分ほど煮込んで仕上がり。お玉でご飯の隣りにかける。

高野豆腐を入れると、妙なとろみが出ることがわかった。
味はまずまず。豚もつの臭みを香辛料が消してくれた \(^o^)/

最近めっきり、牛肉や牛乳はもちろん、原料に牛がからんでる食品を食べなくなった。脳がスポンジ状になるなんて勘弁してほしい ┐( ̄ヘ ̄)┌
S&Bのカレールーに牛由来の原料が使われていないことは「きっこの日記」で知った。
S&Bのカレーだったら、宗教上の理由で牛を食べられない南アジアの人たちも大歓迎だろう。でも、小麦粉でとろみをつけたカレールーは彼らにどう受け取られるんだろうね。小麦粉カレーはたしかイギリス人の発明だったと思う。

ものぐさてきすとえでぃた

ものぐさてきすとえでぃた

BBSに投稿するときとかによく使ってるのが「ものぐさてきすとえでぃた」だ。

テキストエディタを使って何かを書くとき、普通こんな感じになる。

1) テキストエディタを起動する。
2) テキストを書く。
3) Alt + F4キーを押す。
4)「保存しますか」というメッセージ。コモンダイアログが表示される。
5) 保存場所、ファイルの名前、拡張子を指定する。

ものぐさてきすとえでぃたは上記4), 5)の工程をはぶいてくれる。
そもそもBBSに投稿するときなんかは、テキストを保存する必要はあまりないから、ファイル名などどうでもよい。
では、このエディタを終了したとき、書いたものはどこに行ってしまうかというと、ものぐさてきすとえでぃたが入っているフォルダに収められるらしい。(mtext2.mtwとmtext2.mtxのいずれかだと思う)。次回の起動時に、前回の記述がちゃんと残っている仕組みだ。
もちろんレジストリをいじらない。mtext2.iniという設定ファイルに手動でいろいろ書くことが可能。背景の色を設定するとき、私はこの手を使った。このやり方のほうが細かな設定が出来るからだ。

MSIEのお気に入りをブラウズするらしい簡易ブラウザ機能なんてのもあるが、InternetExplorerはめったに使わないからなあ…
HTMLのファイルを作成するとき、役に立ちそうな機能もあるが、きのう初めてブログをつくってみた私には無用の長物。しかし、いつかこれを使う日が来るだろう。

このフリーソフトの作者Masterさんにときどきメールを送っている。「この仕様をこう直してくれたら、非常に助かるのですが…」
すると、数日後には(ホントは数時間後かもしれない)私のリクエストがかなえられた新バージョンがリリースされているのだ。
なんでこんなに早いの? 一体、何者?

はじまりはBroadway Bit

やはり、音楽はビジュアル重視ということで、これを第一回にとりあげる。

Marty Paich / Broadway Bit (Warner Bro.)

手前の踊り子が手にしているのは雑誌 "Down Beat"。これをしゃれていると見るか。それとも誰かが言ったように、"Los Angels Times" のほうが良かったか。それにしても、みごとな「おみ足」ですね。
1959年のセンス。

画像をクリックすると、拡大。

パーソネル
Frank Beach (tp) Stu Williamson (tp, vtb) George Roberts, George Roberts (tb) Bob Enevoldsen (vtb, ts) Vince DeRosa(frh) Art Pepper (as) Bill Perkins (ts) Jimmy Giuffre (bs, cl) Victor Feldman (vib, per) Marty Paich (p) Scott LaFaro (b) Mel Lewis (d)

曲目
side a
 It's All Right with Me
 I've Grown Accustomed to Her Face
 I've Never Been in Love Before
 I Love Paris
side b
 Too Close for Comfort
 Yonger Than Spring Time / Surrey with the Fringe on Top
 If I were a Bell
 Lazy Afternoon
 Just in Time

1959年のペッパーといったら、麻薬でぼろぼろの状態だったはず。この当時のコンポラ盤を思いおこせばわかるように、絶不調。にもかかわらず良い演奏。なぜ。
今日はあまり詳しく書かないが、ここにつどったジャズマンは私のお気に入りばかり。
これは私の勘だけど、ペッパー自身にとっても、みな気心が知れた奴ばかりだったのではないか。そして、まわりに感化され、気がついたら好調時を髣髴とさせる演奏をしてしまった。

なんか、アート・ペッパーのことばかり書いてしまったけど、他の面子もみなすばらしい出来。

2006/10/02 修正。
 写真入れ替え。第1回の記事だったので、改行がムチャクチャ。よって、タグを少し覚えたので、改行をあらためた。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。