ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

手巻き寿司と清見とじゃんけん

親戚があつまる機会があったので、行ってきた。「手巻き寿司つくってるよ」とのひとことにつき動かされたのも事実。なんせ、ここんとこ、ろくなもの食べてないから。^^;
たまには新鮮な野菜をたくさんたべようと思い、「清見」というみかんのような、ネーブルのようなかんきつ類をけさは1個食べたけど、あまりおいしくなかったな。
6時ごろ行ってみたけど、親戚たちはまだ具の準備中。酢飯はできあがってるみたいだ。1時ぐらいに松屋の豚丼(正しくは「豚めし」?)を食べ、それからあまりからだを動かしてないので、それほど腹はすいていない。しかし手巻き寿司のようなごちそうはひさしぶりだから、精神的に腹がへってる感じ。
「食べ物に飢えている」というより「食欲に飢えている」感じといってもいいかもしれない。
マダー? ( ´・д・`)っ/凵⌒☆チンチン

続きを読んでみる

10年ぶりに聴くMy Favorite Things

ひさしぶりにジョン・コルトレーンを聴いてみた。
Atlanticの"My Favorite Things"。これはたしか私が初めて買ったジャズのCDだったと記憶している。
今では"John Coltrane"の文字を見るだけで辟易するのに、なぜ今日これを聴く気になったかというと、数日前にラジオをつけっぱなしで眠ってしまったところ、深夜ふと目がさめ、この盤に入っているタイトル・チューンが聞こえてきて、
「ジョン・コルトレーンって、こんなに良かったかな」
と夢うつつで思ったからだ。
たぶん10年ぶりぐらいに聴く"My Favorite Things"はどうだったかというと、

続きを読んでみる

今週気になった情報

大仁田厚に有罪判決
まだ、プロレスやってたんだ ヽ( ´ー`)ノ

先日のJリーグ、清水エスパルスvs浦和レッズ戦。
大荒れの試合。ジーコ・ジャパンの主軸2人も巻き込まれた。後半42分、日本代表DF坪井は2度目の警告を受けたが、退場処分を宣告されなかった。「忘れられていたんで自分から“2枚目”と言いました」
正確に言えば、主審が「大荒れの試合だった」ですね。
それにしても、坪井選手のコメント、GJ! ^^;

日本人のネット利用者、7割はIT/ハイテク製品を節約しない
日本のネット利用者は、経済的な苦境に置かれても、パソコンなどIT/ハイテク製品やサービスにかける費用を切り詰めない傾向にあり、そう回答した割合は68%と世界平均の52%を上回った。

続きを読んでみる

今夜の食事はポテトチップ

会社の同僚「この会社でとってる弁当ってあまりうまくないと思いません?」
私「え?  そう?」
会社の同僚「チキンナゲットとかハンバーグみたいなおかずがめったに入ってないでしょう?」
私「和食は嫌い?」
会社の同僚「うん」

なるほど、和食ブームと言われていても、「和食なんてあまり好きではないよ」という人もいるんだ。
しかし、たいていの日本人は年をとるうちに、ひじきの煮付け、ほうれん草のゴマ味噌和え、サンマの塩焼き、タコときゅうりの酢の物なんていうメニューが恋しくなってくるとか。
これはどういうことかというと、一時的にフライドポテトやスパゲッティー、焼肉等のこってりしたものを好むことがあっても、幼少期に和食を食べて育っていれば、いわゆる「おふくろの味」に必ず戻ってくるという説。

続きを読んでみる

RetroFindとXUL/Migemoを統合した拡張があれば…

いまさらですが、Thunderbirdって、【Ctrl+F】でいわゆるページ内検索できるんですね。知らなかった。「このページ内で検索」というダイアログボックスが出てきたときは、びっくりした。
最初はFirefoxのRetroFindがThunderbirdでも有効になってるのかと思ったが、そんなわけがない。
「RetroFindってなんだ?」という人は「三軒隣の斜め向かい」を読んでください。
Googleで調べてもあまり意味ないです。
私のブログがやけにヒットしちゃうから (^^)

さて、「三軒隣の斜め向かい」でも指摘がなされていますが、現在のFirefoxのFindToolbarってものすごく小さくて使いにくくないですか? おまけにステータスバーの真上という非常に目立たない場所。

続きを読んでみる

疲れた日はCDでチェットのライブ盤を聴く

今日は疲れているので、ブログの更新をやめようと思ったけど、軽く書いておきます。こんな日はレコードではなくCDを聴く。iPodの時代にこんなこと言うのもアレですが、CDって、ボケーっと聴くのには最高ですね。これがレコード(アナログ盤のLPとかEPのことですよ)だと、なんか身構えて聴いてしまうというか。

で、いま聴いてるのが"Chet Baker Quartet Live vol.1"
1953年と1954年のライブ。
レーベルはPacific Jazzになるのかな。でも、これはPacific Jazzのボス、Richard Bockがなぜかずっとお蔵入りにしてた音源で、たしか1990年ごろMosaicからリリースされ、現在はEMIから簡単にCDを入手できる。
このCDはvol.1からvol.3まであって、当然全部持ってる。
このまえも言ったように、この当時のチェットは乗りに乗ってる時期だから、すべての演奏が聴きもの。
"My Funny Valentine"の冒頭では女性客の悲鳴というか金切り声みたいなのが聞こえてくる。もてまくってた時代なんだろうな。

いま、調べたら、日本のAmazonでは入手できないみたい(2006年4月25日現在)。東芝EMIからも出てないのかな?。
ドイツ(?)のAmazonなら買えるようだ。

Thunderbirdと「ものぐさてきすとえでぃた」の話題

Thunderbird1.5.0.2がリリースされたけど、こういう問題が残ってるのですね。これはMicrosoftのOutlookとOutlookExpressに問題があるのであって、Thunderbird側の責任ではないという話をどこかで聞いた。
さて、それはともかく、私は、ThunderbirdもFirefoxも自動更新を無効にして手動で更新をやってるのだけど、ためしに自動更新を有効にしたら、どうなるか、やってみた。
Thunderbirdの「オプション」ダイアログの「詳細」の「更新」タブを開き、
「次のソフトウェアの更新を定期的に確認する」の下に
□Thunderbird(T)
というチェック項目があって、ここをチェックして、いったんThunderbirdを落とし、再起動したら、ちゃんと更新の通知か何かが来るのかな、と待っていたけど、何も音沙汰がなかった。
(-_-)zzz
しかたなくいつもどおり手動で更新 (^^)
なんなんだろ。なんか勘違いしてるのかな、私。

もうひとつの話題。「ものぐさてきすとえでぃた」version3のα版が公開されている。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

続きを読んでみる

ニンニクの保存に悩む

緑豆もやしがやっと食べられるぐらいまで成長したが、今度はこいつにある程度の日光を当ててビタミンCを作らせたい。しかし、昨日も今日もいまいちの天気で、葉がなかなか緑にならない。
それにしても、もうじきGWだというのに肌寒いな。ホットカーペットを押入れにしまいこむのはまだまだ先になりそうだ。

いつも使ってるスライスニンニクを買おうと原チャリで100円ショップに向かったら、
おっ、店がない (・o・)
閉店か? 最近は100円ショップって、あまりはやらないのかな。
スーパーでスライスニンニクをさがしたけど、なかなか見つからない。しかたなく普通のニンニクを野菜売り場で買うことに。
しかしニンニクの皮むきって、めんどくさい。泥つきラッキョウほどではないが。

続きを読んでみる

livedoorReaderはすぐれもの

「むぅもぉ.jp」というおもしろいサイトがあって、RSSリーダに登録してよく読んでいるんだけど、ここでlivedoorReaderというものを知った。管理人「ぷーる」さんが大絶賛するぐらいだから、よほどのものなんだろうと思い、さっそくlivedoorのIDを取得し、使ってみた。

うん、これは良い \(^o^)/ 「むぅもぉ.jp」の「ぷーる」さん、ありがとう。
以前ちょっとだけ使ったことがあるgooのRSSリーダ(ウェブ版)とは大違いだ。

続きを読んでみる

もしも南北戦争で南軍が勝っていたら…他

ひたむきなラッパ吹き - Stu Williamson

今回は「誰? それ」というジャズマンをとりあげます。チェット・ベイカーのことを少し書いたとき、「ジャズのトランペットはイキの良さで決まる」みたいなことを言いました。ウェストコースト・ジャズで最もイキの良かったラッパ吹きの一人はステュー・ウィリアムソンだと常々思っています。
懺悔しますが、かつての私はトランペットという楽器はあまり好きではありませんでした。ジャズ・ファンになったばかりのころは、「マイルズ・デイビスって最高だなあ」と思ってたガキでした。しかし、他のラッパを聴いても、何がいいのか、さっぱりわかりませんでした。
( ¬ _ ¬ )
たとえばクリフォード・ブラウン。
たとえばドナルド・バード。
たとえばアート・ファーマー。
たとえばディジー・ガレスピー。
「一体彼らのどこがすばらしいの?」
続きを読んでみる

Firefox拡張機能FFsniFF

緑豆もやしとワケギを育てる

「しその成長記」というシンプルなブログがあって、ときどき見ている。なんとなく気になる。なぜ気になるかというと、私自身もつい先日からリョクトウモヤシ(緑豆もやし)を育ててるからだ。ま、わたしの場合、生活費を切り詰める目的でやってるだけなんですけどね。
^-^
緑豆もやしを育ててからまだ3日ぐらいしかたってないから、たいして大きくはなっていない。夏だったら4日から5日ぐらいで、食べられるぐらいまで成長するんだけど。

続きを読んでみる

FirefoxのNoScriptで恥をかいた。

Firefoxの拡張のひとつNoScriptの件でとんでもない恥をネット上でさらしてしまった。先日の記事はなかったことにしてください。
^_^;
NoScriptを使うときはFirefoxの「オプション」ダイアログでJavaScriptを有効にしておかないと、意味がないのだ。作者のサイトでもちゃんと書いてあった。
Notice that you shouldn't disable JavaScript in Firefox, i.e. Tools|Options|Web Features|Enable JavaScript option must be checked (JavaScript enabled), otherwise JavaScript is disabled everywhere even if allowed by NoScript.
迷ったときはヘルプとFAQを読め -- これがネットの世界の基本だということを思い知らされた一件でした。
しかし、この仕様は人間心理の逆だと思うが…

続きを読んでみる

デューク・ピアソンを聴いてブルースを知った。

duke_pearson1最近ろくなもの食べてないせいか、体が冷える。雨、曇りの日が続くし。こういうときはぬくもりのある音楽を聴きたい。
Duke Pearson / Tender Feelin's (BlueNote)

デューク・ピアソンといったら、"Profile"(ST-8402)も有名。しかしこれはあまり聴かないな。いま見たら、ジャケットにカビのようなものが…
^_^;
よく聴くのが"Tender Feelin's"(ST-84035)で、特にB面の3曲"Golden Striker", "Green Dolphin Street", "3 A.M."ばっかり聴いてしまう。

Golden Striker ジョン・ルイスの曲。ルイスの曲をちゃんと弾けるってのはやっぱすごいよ。
Green Dolphin Street ウォルター・ビショップ・ジュニアのLP「スピーク・ロウ」でのすばらしい演奏で知られる曲。ピアソンの演奏もすばらしい。これには驚いた。
3 A.M. ブルース。ジャズに黒人も白人も東洋人も関係ないだろう、と言いたいところだが、この演奏、この雰囲気は非黒人にはまねできないだろうと思ってしまう。個人的な経験談として語れば、この演奏を聴いて私は本当のブルースを知った気がする。

続きを読んでみる

チェット・ベイカーの全盛期は?

モダンのトランペットでいちばん好きなのは「イキのよさ」が売りのタイプだ。若くして「枯れた」味を出していたケニー・ドーハムみたいな人も嫌いではないが、きょう紹介するチェット・ベイカーChet Bakerは「イキのいい」時期と「枯れてしまった時期」がくっきりと分かれてしまった人で、わたしは「イキ」のいいときのレコードしか聴かない。
手前にいるのがピアノのラス・フリーマン、向こうにいるのがチェット。ジャケットのライナー・フォトにはもう少し若々しい姿のチェットが写っているが、お見せできないのが残念。
このレーベルPacific Jazzの第1作だったジェリー・マリガンのレコードについて書いたときにちょっとふれたのが、ある時期を境にしてチェットの音楽がガラッと変わってしまったこと。なぜ変化してしまったのかというと、リチャード・ツワージックRichard Twardzikから麻薬の味を教わってしまったからだ、というのがウィリアム・クラクストンの説。そして「チェット・ベイカー・アンド・クルー」を聴けば、それを実感できる。
続きを読んでみる

緑豆(リョクトウ)もやしをつくる。Dr.web復活。

ryokutou●生活苦は続く。最近、やっと暖かくなってきたので、緑豆(りょくとう)もやしをつくることにした。弁当箱に緑豆をばらばらと入れ、水を注ぐ。暗いところに置く。これがワタクシ流の家庭菜園。
あしたになったら、水を捨てる
あさってになったら、水を入れる。水を捨てる
しあさってになったら、水を入れる。水を捨てる
…これの繰り返しですね。
以前インゲン豆のモヤシもつくれるかなと思い、やってみたが、見事に失敗。大豆(ダイズ)モヤシもちょっと難しい。結局リョクトウがいちばん簡単なのだ。
さっきの記事ではこんなことを言ったが、Dr.Webがいつのまにかなおってた。ちゃんとウィルスのスキャンができるようになった。ブラウザを再起動してもダメだったのになぜ? 考えられる可能性は
OSを再起動したことで問題が解決した
っていうことかな。ただ、Firefox1.5.0.2のリリースと関係あるのは間違いない。昨日までは普通にDr.Webは使えてたんだから。

Firefox1.5.0.2とNoScriptとDr.Web

きのうダウンロード、インストールしたNoScript(Firefoxの拡張機能)の使い方がなんとなくわかってきた。gooの無料メールで、不要な受信メールを削除しようとしてもうまくいかなかったのが、できるようになった。なんと、「JavaScriptを許可するアドレス」としてmacromedia.comを指定しなければならなかったのだ。
こんな情報、どこにもなかった。自分でいろいろ試した結果だ。
同様にYahoo!メールのほうもまともに表示できなかったのが解決した。login.yahoo.co.jpを許可したら、うまくいった。

昨晩はなんでうまくいかなかったんだろう。酒を飲みながらやったのが、まずかったのか。

まったく関係ないけど、Dr.Web anti-virus link ckecker 1.0.9の動きがおかしくなった。NoScriptを入れたせいか? とも思ったが、違うようだ。
次のファイルを開こうとしています。
application/octet-stream
というメッセージが表示されてしまう。ウィルスのスキャンができなくなってしまった。おまけにwww.drweb.com/のページを普通に開けなくなってしまった。
今日Firefoxの1.5.0.2の公式版がリリースされたことと関係あるのかも。

それにしてもFirefox1.5.0.2。
「教えて!goo」の情報が的外れだったことがわかった。こっちの情報がたぶんいちばん早くて正確だったと思う。

複数のRSSを1個のRSSにするウラ技

goo_blog_searchRSSの利便性に慣れてくると、そのうち「メタRSS」とでも呼ぶべきものが欲しくなってくる。つまり複数のRSSをひとつのRSSにまとめ、それをRSSリーダに読み込ませ、一発でそれを表示したい。
具体的に言えば、こういうことだ。
きのうの記事で"Gerry Mulligan Quartet"をとりあげた。しかしGerry Mulliganをとりあげてるブログはうちだけではない。日本だけでもたぶん100個ぐらい(?)のブログが彼について何かを書いてるだろうし、世界規模で検索すれば、数千になるだろう。それらを全部、とは言わないが、Gerry Mulliganに関する最新の記事をひとつのRSSにまとめることができれば、こんなにうれしいことはない。
そんな夢物語みたいな話が本当にあった \(^o^)/

続きを読んでみる

Gerry Mulligan Quartet (PJLP-1)

「ウェストコースト・ジャズ」といったら、これ。Gerry Mulligan Quartet (PJLP-1) これをヤフオクでゲットしたときは、長年の夢がかなったので、ものすごくうれしかった。
♪☆\(^0^\)
Jazz Discography Projectで調べたけど、この当時の演奏の記録はいろんなレコードに分散してしまってるので、録音年月日とか非常にわかりづらい。1952年の演奏ってことで、問題はないと思う。CDなら、きれいにまとまってるんだろうけどね。
続きを読んでみる

RetroFind1.0とXUL/Migemo[ForkedEdition]

Firefoxの拡張RetroFind1.4とXUL/Migemo[ForkedEdition]の動作がカブッてしまうので、あれこれやってるうちに、ふとRetroFindの古いバージョン1.0をためしてみようと思い、インストールした。検索ダイアログはのルックスが現在のバージョンより良い。しかしウィンドウ下部に変なエリアが現れた。
拡張との相性の問題かと思い、XUL/Migemo[ForkedEdition]をはじめ、他の拡張をひとつずつ無効にしていったが、原因不明。
localstore.rdfも削除した。でもダメ。
user.js, prefs.js, userContent.css, userChrome.cssもいじってみた。しかし、わからない。
わかっているのはRetroFind1.0を無効にすれば、ウィンドウ下部の変なエリアが消えてくれることだけ。
もともとRetroFindの古いバージョン1.0を入れたのは実験用のプロファイルprofile2だったから、思い切ってプロファイルを破棄した。さようなら、profile2。(約半年ぐらいのつき合いだった)
新規プロファイルpro3をつくり、そこに常用のプロファイルdefaultの設定を95%ぐらいコピーした。これからはこいつとdefaultが私のパートナーだ。
新規プロファイルpro3にインストールしたRetroFind旧バージョン1.0はいまのところ快調だ。不思議なことにウィンドウ下部に変なエリアが現れることもない。
とりあえずpro3で様子見。

アツイ演奏。これこそジャズ

この前、ホレス・パーランの「アス・スリー」をとりあげたので、しりとり式にパーランがらみの盤をもう1枚。"Lament for Booker Ervin" (enja) よくも悪くも「これがジャズだ」と言いたくなる記録。
私はフリー・ジャズは聴かないし、ジョン・コルトレーンの影響を強く受けたテナーも聴かない。ついでに言えば、enjaというレーベルのレコードはたぶんこれしか持ってないんじゃないかな。そんな私でもなぜか時々聴きたくなってしまう名盤(または迷盤)。
もうひとつついでに言えば、enjaは「エニア」または「エニヤ」のほうが原音に近いと思うのですがね。なぜみんな「エンヤ」と呼びたがるのか。不思議。
book_erervin11965年ベルリン・ジャズ・フェスティバルの実況録音盤。
この日、数名の有名テナーが招かれ、それぞれ10分ぐらいの持ち時間で演奏をやるように言われていたらしい。ところがアービンときたら、その約束事を破って延々1時間にわたってブローしまくった。
┐(´ー`)┌
もちろんフェスティバル関係者はカンカン。演奏の途中で関係者らしき人たちの怒号が聞こえます。観客席も「もっとやれ!」派と「ざけんじゃねえ!」派にまっぷたつ。指笛を鳴らしてるのがどちら派なのか判然としません ^_^;

「いやああ、ジャズってホントにいいですね。ではまた」と水野晴郎さんみたいに言いたくなる逸話ですね。はっきり言って、こういうことがあるから、私は(あるいは他の人たちも)ジャズというのが好きなのかもしれない。
もちろん1枚のレコードに1時間もの演奏を収録できるわけないので、少しカットされてます。それでも27分間のテナー・ソロ。アツイぜ。
ピアノがケニー・ドリュー、ベースがニールス・ペデルセン、ドラムがアラン・ドーソン。もちろんアービンは彼らにソロをやらせません。最初から最後までテナーのソロだけ (・o・)
あれ、ホレス・パーランは? パーランはこのときのライブには出てきません。B面の最後の曲でソロピアノを弾きます。タイトルが"Lament for Booker"。

1965年のベルリン・ジャズ・フェスティバルから10年後、かつての僚友を追悼するピアノ。

IMEのON/OFFを音、色点滅、点灯で知らせるIMESound

またひとつクールなツールを見つけてしまった。IMESoundというのがそれ。
ところで、あとで気づいたんだけど、「クールなツール」って、韻を踏んでる。
 cool tool ♪☆♪☆

それはともかく。
私がいまPCで使ってる日本語入力支援ソフト(と言うのかな?)はMS-IME2002だ。いつもこれを使ってブログを更新したり、ぐぐったり、予定や実績をテキストファイルに書いたりしてる。
でもこの前にも言ったけど、私たち東アジアに住む東洋人はアルファベットや記号だけでなく2バイト文字も使わなくちゃ話にならないから、そういうのが混合した文章を書くには、IMEをONにしたり、OFFにしたり、切り替えなければならない。
こういう作業だけでもけっこうストレスがたまるのに、勘違いして、IMEをONにしてるつもりがOFFになってたり、OFFにしてるつもりがONになってたり、
( ̄□ ̄;)!! 「ああああ~」
と思うことがけっこうあるのだ。Yahooやほおになったりね。
imesound1IMEのON/OFFを気づかせてくれるソフトがあったらなあ。…っていうか、言語バーのところを見ればいいじゃん、「あ」とか「A」とか表示されるのだから。それと、言語バーってたしか、どこにでも移動できた気がする。デスクトップの底辺ではなく天井とかね。
しかしですね、「あ」とか「A」とかじゃあ、気がつかないことも多い。「あ」アイコンも「A」アイコンも小さいし。

IMESoundがこんな私の悩みを解決してくれるかもしれない。
「解決してくれるかもしれない」という言い方をするのは、昨日ダウンロード、インストールしたばかりのソフトだからだ。うかつなことは言えない。でも、たぶん当分はこれを使って快適PC生活を送れる気がする。
このソフトはIMEのON/OFFを…
・音で知らせてくれる。鳴らさないオプションもある。
・小さなウィンドウ(「ポップアップ」と呼ぶべきか?)が点滅して知らせてくれる。色指定可。「点滅」でなく「常時点灯」も可。

設定はわりと細かくできるのです。試行錯誤の結果、私は以下のような設定をしました。
・IMEがONになったら、WAVサウンドを鳴らす
・IMEがONの状態では、赤色を常時点灯させておく
・IMESoundの小さなウィンドウは常に手前に表示する

ウィンドウのサイズも変えられます(ある程度はね)。でも、当然小さいです(スクリーンショットをクリックすればわかる)。他のウィンドウ表示のじゃまにならないように、ってこと。
あと、なにげに良かったのが ^-^ 「クリップボード」の中身を表示してくれる機能。これはおまけみたいなものだけど、クリップボードの中身ってけっこう気になる瞬間がある。最大で先頭13文字(2バイト文字の場合)だけしか表示されないけど、IMESoundのウィンドウのサイズには制限があるから、これはしかたない。IMESoundのウィンドウを常に手前に表示する設定がここでも役立つ。
説明書には「Windows95、98、ME、NT、2000で動きます」とあったけど、私のXPでも動きます。

他とはちょっと違うRSSリーダ「RSS速報」

ブロガーにとって今や欠かせない道具となったRSSリーダ。みなさんは何を使ってるのでしょう。いま私が使ってるRSSリーダをここにカミング・アウト。
●Firefoxのライブブックマーク
●Firefoxの拡張機能Fizzle
●Yahoo!のMyYahoo!に備わってるRSSリーダ
●RSS速報
●POQUE
最後のPOQUEは少し意味合いが違うっぽい。うちのブログの左サイドバーについてる奴です。
「RSS速報」というフリーソフトをブログ検索したら、あれれ、私のやり方がヘタなのか、あまり拾われない。
このRSSリーダの認知度が低い理由はなんとなくわかる。通常RSSリーダというのは3ペイン型、WEB型、ティッカー、という三つのタイプに分けられる。RSS速報は3ペインとティッカー両方の機能を併せ持つ。ひとつのジャンルに収まらないんですね。
3ペインとしての機能はご想像のとおり簡易ブラウザ機能。こっちは使ってません。
このRSSリーダを使ってみようと思い立ったのは、ティッカーとしての機能。ずっとこっちの機能だけ使ってる。
rss_sokuhou4ティッカータイプ、と聞いてRabbitTickerとかHeadline-Deskbarを思い浮かべた人もいるでしょう。でもRSS速報は単純なティッカータイプではないんだなあ。設定された時間間隔でRSSの記事がデスクトップに表示されるのですよ。たとえば15分間隔で効果音を再生しながら、新しい記事をテレビの字幕スーパーみたいに表示してくれる。そう、テレビの「臨時ニュース」が流れるみたいな感じ。普通のティッカーはずっとデスクトップに表示されたままで、「なんか、ジャマ」と思うときがある。RSS速報は違うんですよ。これがRSS速報の「売り」。

3月19日にバージョン1.11がリリースされたことを最近知った。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
「字幕フォントカラー、縁取りカラーを変更できるよう機能追加。字幕縁取りの表示有無を切り替えられるオプションを追加」というのが更新内容。
で、ダウンロードした。あれ? もうひとつ何かある。バージョン1.12らしい。一回ダウンロードすれば、バージョン1.11と1.12、ふたつもらえるのか…
(・_・ ) ( ・_・) さて、どっちを使えばいいか。

いちおう言っときますが、Windows2000とWindowsXPユーザ向けのフリーソフトです。

ジョージ・タッカーの暴力的な大音量ベース

この前、ジャッキー・マクリーンのことを書いたとき、少し触れたのがジョージ・タッカー。彼の熱心なファンもかなりいるらしい。この人の写真をネット上で探したけど、見つからなかった。もともとベーシストって目立たない存在だから、しかたないかな。
しかし、タッカーのベースは目立たないどころか、まるっきり逆。スコット・ラファロみたいなテクを披露するわけでもないのに、非常に目立つ。このように、普通にリズムを刻んでいるだけなのに非常に印象深いベースってけっこう好みだ。サム・ジョーンズとかね。
タッカーのベースの音で特徴的なのがまず、その音量。デカイ音だ。とりあえずこれ。"Us Three" (Blue Note)のA面を聴いてみます。

Horace Parlan (p)
George Tucker (b)
Al Harewood (ds)
us_threeあえて言っちゃいますが、A面の一曲目(タイトル・チューンですね)、ベースとドラムが主役で、ピアノが伴奏してるみたい。普通と違う。タッカーのベースは…そうだな、「暴力的な音」とでも言えばいいのか…
「降っても晴れても」はピアノにも聞き惚れるけど、アルバム全体を聴きとおしたとき、強い印象を残すのはやはりベースとドラム。
このようにメロディー楽器とリズム楽器の立場が逆転してしまったレコードって、イイ (/^▽^)/
こういうので有名なのって、ほら、トミフラの"Overseas"とか。もちろん、フラナガンのピアノもイイんですけどね。

A面の一曲目"Us Three"をCD-RWにコピーして、これを大音量で聴きながらイチゴのビニールハウスが立ち並ぶ海岸通りを愛車で疾走する… ああ、春だな~
これが気持ちいいのですよ。あまりにも気分よくて、
制限時速を超えてしまうので ( ̄□ ̄;)!!
この点だけは注意が必要。

これを「料理」と呼んでいいのか? - 鮭ご飯

「安い食材で豪華な料理を!」というテーマで書けば、読者のかたがたにもお役に立てるかもしれないのですが、残念ながら今回はお役に立てないかもしれないレシピです。あまりに安易すぎて。
でも、自分としてはいわゆる「アイデア料理」なのですよ。

最近、金欠なので、料理はできるだけ安い食材で済まそうとしています。先日ジャスコでサケ(鮭)のアラ1パック198円というのを見つけ、そこそこの量があったので、買ってきました。
━コメと水を鍋に入れ、研ぎます
━しばらく放っておきます
━サケのアラを鍋に入れます
━鍋を火にかけます
━炊き上がったら、蒸らします
━できあがり

ご飯を炊くとき、うちでは炊飯器ではなく、普通の鍋を使います。
「ああ、タンパク質系の料理をつくるのがめんどくさいな」と思ったときよく使う手がこれです。「安易すぎ!」という声が聞こえてきそうです。まったく同感なので、今日の日記は画像なしにします。

でも、こういうことだけは言いたい。
この超横着料理は応用がきくのです。サケのかわりにニンジンを使うこともあります。鍋の上でニンジンを左手に、包丁を右手に持ちます。そしてニンジンを乱切りにします。これなら、まな板も使わない。
洗い物が少なくてすむ (^-^)
できあがったニンジンご飯は、何の味つけもしなくてもほのかに甘いです。これはどういうことかと言うと、ニンジン本来の甘さを味わっているということなのです。結果的に私は「食材本来の味をひきたたせる」という日本の伝統料理のわざを使ってるのかもしれません ^_^;
大豆を使うこともあります。もちろん味つけはしません。塩すら入れません。大豆を1時間も2時間もかけて茹でるのはとっくの昔に飽き飽きしてしまった私ですが、この方法で大豆を茹でると、かなり時間を節約できるし、焦げつかないかどうか気にしないですみます。ただ、ご飯を炊くのに要する時間はだいたい12分ぐらいなので、大豆も12分ぐらいしか加熱しない計算になります。
「大豆を茹でるのにたった12分?」と驚く人もいるでしょう。確かに少し歯ごたえがある仕上がりです。でも、流動食じゃないんだから、これでいいと私は思うのです。
どっちかというと歯ごたえがある食べ物が好きですね、私は。それによく言うでしょう? 現代人はあまり噛(か)むことをしなくなってきてるから、顎(あご)の筋肉が弱ってさまざまな弊害をこうむることになるって。

これイイネ! ランチャーといったら、ArtTips

プログラムを起動するとき、あると便利なのがランチャー。ようするに「いろんなプログラムを起動する」という処理をおこなうプログラムを「ランチャー」と言うんだけど、今日紹介するのはArtTips。2ちゃんねるに専用スレが立ってるぐらいだから、かなり有名なのかもしれません。
ご多分にもれず私もPCをやり始めた頃はタスクバーの左のほうに「クイック起動アイコン」を置いてそれをクリックしてプログラムを起動していました。しかしクイック起動アイコンが増えると、タスクバーが手狭になる。かといって、デスクトップにアイコンをべたべた貼り付けるのもイヤだ。そんなことをやったら、こんなめんどくさいことになる。つまり……
ウィンドウを最大化表示してWEBブラウジングしてるとき、「メーラーを立ち上げて受信メールを確認したい」と思って、いま開いてるブラウザのウィンドウをいったん最小化表示にして、デスクトップを表示して、メーラーのアイコンをダブルクリックして…

ああ、めんどい (*_*)

arttipsこういうわずらわしさから解放してくれるのが、世にあまたある「ランチャー」なのです。Windowsの「スタートメニュー」だってランチャーですよ。【Windows】キーをポンと押せばポップアップが出てくる。しかしWindowsの「スタートメニュー」って、サブメニューが複雑に入り組んでて使いにくくないですか? 目的のプログラムにたどり着くまでがかなり大変。よく使うプログラムを一発で表示して【Enter】を叩くだけで、目的のプログラムを立ち上げたい。
前置きが長くなりましたが、そこでおすすめしたいランチャーがArtTipsなのです。
ArtTipsの機能を列挙します。

━快適マウス
マウスホイールでウィンドウをスクロール
━LAUNCHER
階層表示ランチャー
━フォルダOPENER
ツリー構造の奥の奥のほうに収まってるフォルダやファイルを一発で開く
━CLIPBOARD拡張
Windowsのクリップボードは一個しか記憶してくれないでしょう? それを補います
━ID PASSWORD
使ったことがないので、説明省略
━TEXT BUFFER
定型文記憶。顔文字とか。もちろん貼り付け可
━引用符 付加・削除
使ったことがないので…でも便利そう
━挟む
使い道不明
━整形
使い道不明
━CAPTURE
使い道不明
━SCREENSAVER

━URL登録
URLを選択してクリックすることによってインターネットショートカットをつくる…らしい
━OPEN URL
URLを選択して【ENTER】一発でそのWEBを呼び出す
━画面解像度変更
画面解像度を変更できるのです
━Windows 終了
ログオフ、再起動、シャットダウン、強制終了が簡単操作でできるらしい
━sendtoメニュー
フルパス、ファイル名、ショートパスを取得できるとか。これも使ったことないな
━付箋紙
付箋紙ソフトがおまけでついてくる

という具合で、機能もりだくさん。半分ぐらい説明をハショッてしまったことを反省 m(__)m まあ、使ってない機能の説明はしにくい。でも、いいのです。ここにあげた機能を全部使ってる人はいないと思う。「ランチャー機能は使ってないよ」という声もよく聞く。
ここのサイトでの説明のほうが正確です。
スクリーンショットは、わたくしがArtTipsを使ってフォルダを展開したイメージ。こういうのを公開するのって、ある意味で自分のプライバシーをさらしてるわけで、やや恥ずかしい ^_^; 恥ずかしいフォルダを一時的にランチャーから削除してからプリントスクリーンしたってことをいちおう言っときます。
見てもらえればわかると思うけど、えらい便利そうでしょう?

気になったニュース、笑ったニュース

最近、気になったニュースを並べてみました。
吉田秀彦-西島洋介の対戦が決定 - バトルニュース : nikkansports.com
最近、総合系格闘技で日本人対決のカードに「これは見たい!」というのが少なかったけど、これはちょと興味がある。曙はもううんざり ヽ( ´ー`)ノ

森の中での大笑い禁止 Ananova - Banned from laughing in woods
ドイツのダッテルンに住む会計士ヨアヒム・バーレンフェルトさん(54)の趣味は、仕事の後や週末に森へ行って大声で笑うことだ。
「私にとって笑うことは、飲んだり食べたり息をすることと同じくらい生活の一部になっています。笑うと気持ちがいいですし、開放された気分になって健康にもいいんですよ」
とバーレンフェルトさんは語る。
しかしジョガーたちから、「静寂を破る」という理由で訴えられ、もし森の中で笑った場合、4,000ユーロの罰金か6ケ月の懲役を課せられる。

Mycrosoft InternetExplorer Version7、開発中止
Firefoxユーザにはおなじみの「Mozilla Firefox Thunderbirdの拡張あれこれ-MEMO」から。
エイプリルフールの中ではこれがいちばん笑えた (/^▽^)/
「MSNツールバー」がFxの拡張機能として登場する日が来るかどうか。

ブラウザ市場 - SafariとFirefoxが徐々にシェアを伸ばす
MarketShare社の記事。
NET APPLICATIONSのサイトを訪れた人が使っているブラウザの割合…かな。
ただ、この手の記事を読むたびに「本当かな」という印象を持ってしまう。私がよく行く掲示板では各投稿のうしろに

【p4129-ipbf14souka.saitama.ocn.ne.jp】 Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR ----------------

…というのが表示される仕様になってるんだけど、これを見てると、ほとんどがMSIEなんですね。たぶん95%ぐらい。MSIE以外のものといえば、たまにNetscapeの名前を見かけるぐらい。Safari、Opera、Firefoxの名はほとんど見ない。
asari天敵の巻き貝侵入、日本沿岸のアサリ危機 - asahi.com:暮らし
いま、潮干狩りやってるとこって、ほとんど中国、北朝鮮、韓国をはじめとした外国産のアサリをばらまいてるだけだ。そんなことを続けてたら、アサリが詰め込まれたコンテナに大陸系のツメタガイが紛れこみ、アサリといっしょにばらまかれて、瑞穂の国で大繁殖するのは当たり前。

安いアサリを食す恩恵を受けていながらこういうことを言うのは、本当は心苦しい (-_-)

マクリーン - あの太い音色はもう聴けないんだな…

この前、ジャッキー・マクリーンが亡くなった話をちらっと書いたけど、彼の残した数々の名盤について少し語っておこう。
結論をさきに言ってしまうと、プレステ(Prestige)時代の演奏がいちばん好きだ。BN(BlueNote)は、妙なエコーを加えたルディー・バン・ゲルダーの録音が私の好みから少しずれる。ん? プレステもバン・ゲルダーじゃねえかって? まあ、そうなんですけど。
4, 5, and 6 --- B面の最後の曲"Abstraction"がいい。
Alto Madness --- 「一流」と「そうでない人」の違いがハッキリわかってしまう?
Jackie McLean and Co. --- 当時のレギュラー・コンボが残した名盤。
McLean's Scean --- Old Folks !
Ray Draper Quintet / Tuba Sound --- ホントはSextet。やっぱ、このころの演奏はどれもこれもすばらしいわ。

プレステ時代の名盤をいくつかあげてみたが、これも忘れてはいけない。
Fat Jazz (Jubilee)         扱いが悪かったらしいボブ・ワインストックのプレステからBNに移籍するとき、契約にしばられない時期が少しあったのだろうか。この当時のレギュラー・セクステットの演奏がまとまった形で残されている盤は少ないから、貴重な記録。このレーベルJubileeにあるマクリーンの作品はたぶんこれだけだと思う。
さて、ジャッキー・マクリーンが自己のスタイルを確立するにあたって、アルトではなくテナー奏者を研究していたのは有名な話。たしか、コールマン・ホーキンズがアイドルではなかったかな。そういうわけで彼のアルトの音色はぶっとい。前述の作品"Alto Madness"を聴けば、すぐにわかる。線の細いのがジョン・ジェンキンズ、ぶっといのがマクリーン。
"Fat Jazz"はその名のとおり、彼のぶっといアルトを満喫できる。ただ、このアルバム・タイトルの由来は、「セクステット」という、当時としては珍しい編成の重厚な音づくりを示唆してるのだと思う。だって、そうでしょう? ダンモのズージャになんでチューバなんて楽器が入ってんの?
このこころみが世間的に成功したかどうかは知らない。ただ、ここでチューバを吹くドレイパーが、のちにマックス・ローチのバンドに入り、それなりの注目を集めたのは事実。
なんか、評論家が書きそうなことを書いてしまった。反省 ( -_-)
さて、"Fat Jazz"ということばが示唆するもうひとつは、ジョージ・タッカーのぶっといベースの音。この音は他のベーシストにはなかなか出せない。小学校の体育館の床にバスケットボールをぼんぼんっと、ついたような感じ。ようするに、はずむような音。
それから、ドラムのラリー・リッチーという人がときどき「グサッ」とくるようなブラシをドラムに叩きつける。これも良し。

「マクリーン追悼」というふれこみで、かなり多くのブログが更新されてるみたいだけど、この盤をとりあげているのは見かけなかったので、書いてみました。「太い音」がお好きな人向けなのかなあ。
今夜はこれを聴いていろいろ思いにふけります。

今年は梅酢をつくれない。POQUEはスゴイ

ume_hanaきのう、梅酢に漬けたサンマの話を書いたついでに「梅」をキーワードにしてブログを検索したら、けっこうあるんですね。
たとえば「No.67」というブログの「越生梅林」という記事。
で、梅酢漬けのサンマの味はどうだったかというと、「まあまあ」という平凡な感想。しかしこれはある意味で想定の範囲内。だって去年漬けた梅干しの梅酢だから。梅酢の香りを楽しめるのはせいぜい一ヶ月から二ヶ月。冷蔵庫に入れといても、そんなもんなのです。
さて、今年も梅干しをつくるぞ、と言いたいところだけど、去年の梅干しがまだたくさん残ってるし… もっと正確に言えば、

おととしの梅干しだってまだ食べつくしていないのだ ^-^

というわけで、今年は梅干しの副産物である梅酢を自分でつくるわけにはいかないようだ。梅酒はがんがん飲んじゃうんだけどなあ。
あと一ヶ月もすれば、梅がスーパーや八百屋に出まわる。もうそんな季節になってしまった。

で、気になったのがこの「No.67」というブログの左サイドバーにある"POQUE"というもの。
【POQUEは、ブログから書き出されるRSSファイルを読み込み画像をスライドショー表示する無料で使えるブログパーツです】
…というのがこの不思議なプラグイン(?)の説明文。
これはイイ! ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
さっそくソースコードをPOQUE.jpでつくり、自分のブログのテンプレに貼り付けた。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク