ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法廷内で本当にあった質疑応答

Hemmy.net でみかけた法廷内質疑の紹介記事。すべて実話であるとのこと。
What People Say In Court - Hemmy.net, A source of varied interests

これらはたぶんアメリカの Charles M. Sevilla さんというプレスが出版した Disorder in the American Courts という本からの抜粋だと思う。
調べてみると、すでに数年前に多くのブログで同じネタが扱われていた。
ブログの世界ではひょっとしたら2周ぐらいまわったネタかもしれない。

英語読解力不足ゆえ、意味不明なのもあった。おもしろいと思ったものをこちらでも引用。

Q: What is your date of birth?
A: July fifteen.
Q: What year?
A: Every year.
Q: What gear were you in at the moment of the impact?
A: Gucci sweats and Reeboks.
Q: What was the first thing your husband said to you when he woke that morning?
A: He said, "Where am I, Cathy?"
Q: And why did that upset you?
A: My name is Susan.

花の写真

Q: Trooper, when you stopped the defendant, were your red and blue lights flashing?
A: Yes.
Q: Did the defendant say anything when she got out of her car?
A: Yes, sir.
Q: What did she say?
A: What disco am I at?
Q: Now doctor, isn't it true that when a person dies in his sleep, he doesn't know about it until the next morning?
Q: So the date of conception (of the baby) was August 8th?
A: Yes.
Q: And what were you doing at that time?
Q: All your responses must be oral, OK? What school did you go to?
A: Oral.
Q: Do you recall the time that you examined the body?
A: The autopsy started around 8:30 p.m.
Q: And Mr. Dennington was dead at the time?
A: No, he was sitting on the table wondering why I was doing an autopsy.
スポンサーサイト

Howard Roberts のCDを買おうかな

Pandoraを聴いていたら、スイングする、ここちよいギターの音色が聴こえてきた。
誰だろう、と思って見たら、ハワード・ロバーツ(Howard Roberts)だった。
The Magic Band II - Howard Roberts - Pandora Internet Radio

曲によっては、トム・スコット(Tom Scott)のテナーも聴ける。トム・スコットって、フュージョン音楽の人じゃなかったかな。フュージョンのことはよく知らないけど。
でも、この The Magic Band II で聴かれる音楽はフュージョンではなくて、ちゃんとしたジャズ。

ロスアンジェルスの Donte's club でのライブ。1968年録音。

Donte's Clubのライブと言ったら、ウォーン・マーシュの好演が聴けるV.S.O.P.盤を思い出す。これもPandoraで偶然知ったCDで、数ヶ月前に米Amazonに発注して、聴いてみて本当に満足した盤。
Warne Marsh Quartet Live at Dana Point, 1957

ハワード・ロバーツというギタリストについて

ハワード・ロバーツはチコ・ハミルトン(Chico Hamilton)のコンボでギターを弾いていた人として知られる。Pacific Jazz レーベルの Chico Hamilton Trio ではジム・ホール(チコ・ハミルトンのバンドの後任ギタリスト)の演奏と比較して聴くことができるんだけど、じっくり耳を傾けても、両者の違い(スタイルとか音色とか)はよくわからない。

Chico Hamilton Trio のジャケットの写真

しかしジム・ホールのほうはやがてスタイルを徐々に変え、ジミー・ジュフリー、ポール・デズモンド、ソニー・ロリンズ、アート・ファーマー、MJQ等々との共演で名を上げていくのに対して、ロバーツのほうは商業主義の香りがする作品をCapitolレーベルでばんばん発表していくことになる。
Capitolというレーベルの性格上、こういう傾向はしかたないのかもしれないけど。

日本のAmazonでハワード・ロバーツのことを調べていたら、けっこうマニアックなレビューがあった。

うっぷん爆発の熱演?, 2003/10/8
レビュアー: Frederick (東京都 Japan)

1968年7月のライヴ録音。この時期のハワードはポップヒットをジャズアレンジしたお手軽LPを何枚もリリースしていた。メンバーにデイヴ・グルーシンがいたりして、演奏はうまかったが、なにせ企画が企画。喫茶店のBGMにしかならない代物だった。この熱っぽい演奏を聴くと、そんなつまらない仕事のうっぷんを晴らしているかのようだ。
【中略】
5曲とも10分を超える演奏で、各人のソロがたっぷり。主!役のハワードが途中で息切れしてしまう曲があるが、ライヴならではのご愛嬌だろう。
Amazon.co.jp: The Magic Band, Live At Donte's: 音楽: Howard Roberts

米国Amazonのレビューのほうが盛り上がっている。おもしろかったので、これも引用。
ただし、こちらは Color Him Funky/H.R. Is a Dirty Guitar Player という2枚組CD(2枚のLPレコードのカップリング)のレビュー。

IMMENSE!, July 21, 2006
Reviewer: Jazzcat "stef" (Genoa, Italy Italy)

Generally I tend not to pick words from other reviewers but this case is different. Mr Sadd thinks this work is excellent but dated. I want to add a brief answear in my review. If these two albums from Howard Roberts are dated I am Santa Claus. If these albums are dated the jazz history in its entirely is dated, something which obviously is not. Probbaly Mr Sadd and me have two completly different tastes in jazz. He likes J Scofield. When I heard J Scofield I tend to fall asleep, he is one of the most boring Jazz guitar player of all time in my opinion (and I know them all). I respect him, but I don't like him. If I have to pick a modern player I'd pick Joe Diorio probably. Second for me comes J McLaughlin. Certainly not Scofzzzzzzzzzzz zzzzzzzzzzz zzzzzzzz sorry I fell asleep. =)))) The end.
【長文なので、以下省略】
Amazon.com: Color Him Funky/H.R. Is a Dirty Guitar Player: Music: Howard Roberts
このライブ盤はふたつある。Pandoraで聴いたのは vol.2 で、vol.1 はAmazonの下記リンク。
Amazon.com: The Magic Band, Live At Donte's: Music: Howard Roberts

vol.1 のほうが写真がいいな、と思ったけど、音楽の話からずれるので、省略。

最近、金欠だけど、両方買おうかな。Usedだったら、安くあがるし(両方買っても、20ドルを下回る値段)。

準一卵性双生児とは

ヒトの双生児と言ったら、一卵性と二卵性が知られているけど、「準一卵性双生児」という事例もあるという、遺伝学のニュース。
Internet Journey (3/29 一卵性と二卵性だけじゃない!?――遺伝子の一部だけを共有する「準一卵性双生児」)

雑誌 Nature にも掲載されたという、このニュース。
記事によれば、2つの精子と1つの卵子が受精した場合、「準一卵性双生児」が発生するそうで、そうなると性染色体が3つになってしまい、受精卵がそのまま生き延びることはまずないとか。

学校の生物学で教わったと思うけど、性染色体の数は通常、2つ。
ところが、2つの精子と1つの卵子が受精しちゃうと、それが3つになってしまう。
今回の研究によれば、その余分な性染色体が消去または修正されることによって、そのような受精卵であっても、発生をおこなうという。
で、このようなレア・ケースでは、双子は75%の遺伝情報を共有する。

「あたしたち、双子なんです」という人たちがいたとする。
確かに似ているんだけど、似ていないところが25%ぐらいあるなあ、と思われたら、彼女ら(彼ら)は準一卵性双生児かもしれない。

チンゲンサイ(?)の花

さて、上記リンク Internet Journey の記事で、明らかに間違っている記述を発見(2007年03月30日現在)。重箱の隅をつついてみる。

通常これらの受精卵に含まれる染色体は2つではなく、3つであるため

ヒトの染色体の数は46本です。2本とか3本なんてありえない。「染色体」ではなく「性染色体」の数が2本または3本、と言うのなら、わかる。


当ブログが先日(2007年03月28日)、1周年を迎えたので、記念に何かやってみようと思いました。
とりあえず今日から新規エントリ内のa要素からtarget属性をはずします。

アブラナ科の植物の花

畑のわきを通ったとき、みつけた美しい花。
小さいけど、たくさんある。
これは何の花?

ブロッコリーの花の写真1

ヒントは蕾(つぼみ)の形。
上のほうにたくさんある緑色のものが蕾。

下の写真を見れば、一目瞭然。ブロッコリーの花でした。

Wikipediaによれば、ブロッコリー( Broccoli )はイタリア語。

ブロッコリー(Broccoli、学名 Brassica oleracea var. italica )は、アブラナ科アブラナ属の植物。緑黄色野菜の一種で、キャベツの変種である。和名はミドリハナヤサイ(緑花菜)、メハナヤサイ(芽花野菜)。ブロッコリーはイタリア語で茎や芽を意味する。カリフラワーの原種と思われているがカリフラワーの方がより原種に近い。
ブロッコリー - Wikipedia

なるほど、ブロッコリーはキャベツの変種か …
ん?
キャベツの原種(祖先)はケールだ、と何かの本に書いてあったような気がする。
調べてみた。

RSKというテレビ、ラジオ局のWEBサイトにわかりやすい説明があった。

地中海原産・ご先祖様はキャベツ!

ブロッコリー(Broccoli)のBroccoは、ラテン語でキャベツの花の意味。 ということで、ブロッコリーのもとをたどって行くとキャベツにたどり着きます。(キャベツの先祖はケールです。) つまり、ブロッコリーはキャベツが品種改良されたもので、同じアブラナ科の緑黄色野菜です。(キャベツは淡色野菜です。)
旬を食す

キャベツの系統樹

「ALIC-農畜産業振興機構|野菜の情報」というサイトに詳しい図があるので、少し改変してみた。


ケルト人によって栽培化された野生種のケールがキャベツのルーツ。葉が発達し、結球したものが現在のキャベツ。
 花を食べるのがブロッコリーとカリフラワー。
 茎を食べるのがコールラビ、わき芽を食べるのが芽キャベツと分かれてきた。
野菜図鑑「キャベツ」 (ALIC-農畜産業振興機構|野菜の情報)】

まとめると、

  • ブロッコリーはキャベツを品種改良したものである
  • そして、キャベツはケールを品種改良したものである

ブロッコリーの花の写真2

「アブラナ科の植物って、意外ときれいな花を咲かせるのだなあ」としみじみ思った。

1周年

本日はこのブログが誕生してからちょうど1年になる日。

お世話になっているみなさん。
ご迷惑をかけてしまったみなさん。
なんとなく読んでいるみなさん。
ありがとうございます。

今後どうしようかと考えていますが、今のところ現状維持です。

鳥の写真

Operaの小ネタ(Focus page)

Operaの非常に便利なキーボードショートカットのひとつとして、ShiftキーとArrowキーの組み合わせ(リンクやフォーム要素を移動する)がある。
非常に便利なんだけど、フォーカスがアドレスフィールドに当たっていることに気づかず、down shift とか押してしまって、「あれっ?」と思うことがよくある。ありがち。

桜の写真

ふと思いついた。
Focus page のデフォルトは f9 だけど、down shiftFocus page の機能を持たせてしまえばいいんじゃないだろうか。

しばらくこの設定を使ってみた。
感想 - 幸せになれた。

これはできるだけコンテントエリアだけ表示して、他はアドレスバーぐらいしか表示しないよ、という人(私みたいな)に向いている設定かもしれない。

結果として、down shiftNavigate downFocus page というふたつのコマンドを持っていることになるわけだけど、特に不都合なことにはならないはず。

up shift にも Focus page というコマンドを割り当ててしまってもいいかもしれない。

言い忘れたけど、「OSはWindows」という前提条件がある話です、今日のエントリは。

なんていうか、Firefoxとkeyconfigの組み合わせのワクワク感とはまた違うワクワク感だと思った、Operaって。

これと同じようなことをFirefoxでもやりたいんだけど、難しい …

尿路結石との闘い - 再発させない食生活とは

尿路結石の話はまだまだ続く。今までのエントリの中で「尿結石」とか「尿路結石」と書いてきたけど、診断書には「右尿管結石」と書いてあった。

病院でいただいた資料にこんなことが書かれている。

尿路結石は、最初に腎臓の中にでき、次第に発達して移動します。移動した場所によりそれぞれの名前がつけられます。
わたしの場合は右尿管結石。
図を見ると、「尿管」というのは腎臓と膀胱をつなぐ管。

その中に石ができたので、
腎臓から膀胱に尿が流れにくくなり、
右側の腎臓に尿がたまって、腎臓が膨れ上がり、
右側の腹部にとんでもない激痛をもたらした
… ということであるらしい。

病院でいただいた資料の写真

  • シリーズ「尿路結石との闘い」のこれまでのエントリ(2007年03月26日以前のもの)

本日午後。会社で半休をもらって病院へ。
尿管(?)からチューブをブチッって抜いたのは先月の話で、本日は術後の経過をみただけ。

  • 「ブチッ」という表現はおおげさ。実際には「スルスル」という感じ。多少の痛みはあったけど。

NHKの人気番組「ためしてガッテン」のWEBサイトでこの病気のことを調べてみた。

尿路結石の原料は何?

尿路結石は、食事(特に野菜)に多く含まれるシュウ酸という物質と、カルシウムが結合し、「シュウ酸カルシウム」という結晶ができることによってできます。

シュウ酸は人間が日常的に口にするほとんどの食品に含まれています。とくに多く含む食品には、ほうれん草、バナナ、ココア、コーヒー、大根、なす、さつまいも、ビールなどがあります。

ためしてガッテン:過去の放送:激痛が襲う! “結石”急増のワケ

これには但し書きが必要。
病院の医師の説明によると、石の主成分は必ずしもシュウ酸カルシウムではない。
リン酸カルシウム、リン酸マグネシウムアンモニウム、尿酸、シスチン、等々もある。

とはいっても、70%から80%の事例はシュウ酸カルシウムだから、私の石もそれかもしれない(今回は石を尿と一緒に流してしまう療法がとられたので、石の成分は分析されなかった)。

この病気は再発しやすいんだとか。
で、病院でもらった資料からの引用を続ける。

カルシウムの摂取を多くすることと脂肪の摂取を制限するだけで尿路結石患者さんの5年再発率は明らかに減少しています。

ようするに、カルシウムをひかえたほうがよい、というのは過去の食事療法で、現在では逆にカルシウムを豊富に含むものを積極的に食べたほうがよい、とされている。

私の食生活を振り返ってみると、動物性脂肪とか植物性脂肪をものすごくたくさん摂取しているわけではない。カルシウムもまずまず摂取しているほうだと思う。

尿路結石の原因のひとつが水分摂取量の不足。
これなら思い当たる。ものすごーく思い当たる。

私はふだんから水分をあまりとらない人だから。
1日に飲む水の量はたぶん200cc以下じゃないかな。コーヒー、緑茶のたぐいは飲まないし。
水分なんて、味噌汁とかご飯に含まれてる水分でじゅうぶんだと思って生きてきた(それに、お酒の中にだって水分はあるし)。

これじゃあいけない、ということで、今後は喉がかわいてなくても、水とかお茶をがんがん飲もうかと。

港の写真

港の写真。

港の写真

椿の写真

椿の写真。

椿の写真

猫の写真

猫の写真。

猫の写真

レコードをクリーニングした

オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson)のMPS盤がいま人気を集めている。
もしかしたら、このすごい人気は今になって始まったわけではなくて、昔からそうだったのかもしれない(それにしても、1枚のレコードに20,000円とか30,000円という値が当たり前のようにつく現状はちょっと異常ではないかと)。

最近買ってみたピーターソンのレコード。
Girl Talk
ジャケットカバー。少女のあどけない表情がよい。
ドイツMPS原盤ではない。
庶民は日本コロンビア盤。

Oscar Petersonのレコードの写真

本日、会社は午前で帰らせてもらい、病院へ行った。
病院から帰宅しても、まだ3時半ぐらい。洗濯でもしようかな。

ふと思い立った。中古のレコードをクリーニングしよう。
ここ数日だいぶ暖かくなったから、こういう作業も苦ではない。

中性洗剤を湯に溶かし、毛先が極細の歯ブラシをそれに漬け、LPレコードをキュッキュッと洗う。

クリーニングされるレコードの写真

写真はデイブ・ペル・オクテット(Dave Pell Octet)のレコード。
カビがはえていたオスカー・ピーターソンのレコードももちろん洗った。

白菜と佐川急便の新「飛脚マーク」

この土日はイマイチの天気だったので、少しがっかり。洗車とかしようと思ってたのに。
でも、だいぶあたたかくなってきたのはうれしい。きょうなんかは、蒸し暑い、とさえ思ったぐらいだ。

白菜が安かった。雨のため外出がおっくうになり、漬けものをつくった。

白菜の写真

この時期の白菜はなんか青々としているなあ。


まったく関係ない話だけど、佐川急便のマークが変わるとか。あの飛脚マークががらっと変わっている。

佐川急便株式会社は1957年3月22日の創業から今年で創業50年を迎えます。この創業50周年を機に新しい「飛脚」マークを導入し、セールスドライバーのユニフォーム、「宅配便/佐川急便」をはじめとする商品名称を刷新いたします。また、今回の新飛脚マークを広く告知する新TV-CM「new mark」篇を、2007年3月21日(水)から全国で放映を開始いたします。
SGホールディングス株式会社-【2007年|ニュース】

佐川急便の新ロゴなどのスクリーンショット

創業50周年を機に新しい「飛脚」マークを導入し
と謳っているけど、どう見ても「飛脚」の絵ではないと思う。
新鮮と言えば新鮮なデザインではある。



佐川の新しいテレビCMはまだ見ていない。

RSSリーダーの危険性

FirefoxのRSSフィード購読用の拡張はSageが有名だけど、他にもたくさんあって、Fizzleというのを使ってる。

Fizzleの作者がこの拡張の危険性について発言していることに先日気づいた。

I was recently notified of a security issue with Fizzle. Because of how its designed, its possible for untrusted JavaScript to execute in a trusted portion of Firefox. Obviously this doesn't effect the majority of RSS feeds, and its only vulnerable if manually subscribe to a malicious feed. But please be aware of the issue if you choose to continue to use Fizzle - YOU ARE AT YOUR OWN RISK.
Fizzle | Firefox Add-ons | Mozilla Corporation
軽く翻訳してみる。
最近、Fizzleのセキュリティの問題についてご意見をいただきました。信頼できないJavaScriptが実行されてしまう問題です。ほとんどのRSSフィードでは問題ありませんが、悪意のあるフィードを購読した場合、その攻撃を受ける可能性があります。Fizzleをお使いになるときは、この問題をご承知ください。自己責任で。

これはFizzleを使い始めたときから気づいていた問題。
「便利だけど、ちょっと危ないんじゃないかなぁ」と。

Fizzleスクリーンショット

ようするに、スクリーンショット(ロケーションバーに注目)にあるように、Fizzleは chrome://fizzle/content/fizzle.xul という特殊なファイルを生成してそこにフィードを突っ込んでいるみたいだ。
FirefoxのNoScriptという拡張を使うと、安全なサイトではJavaScriptを許可し、そうでないサイトについては許可しない、というふうにうまく切り替えられるんだけど、chrome: は禁止できない。

NoScriptスクリーンショット

よくわからないけど、これはFizzleとかNoScriptの問題というより、Firefoxの仕様として避けがたい問題(弱点?)であるような気がする。

よって、JavaScriptを許可した覚えがないサイト(ブログを含む)をFizzleで開くと、いろんなプラグインが実行されてしまうので、いきなり大音量の音楽がかかったり、いきなり動画の再生が始まったりする。
単なる音楽、単なる動画であればいいけど、ようするにFizzleを使ってブログとかを読むという行為は、悪意のあるスクリプトの攻撃を受けやすい状態であるわけで、これは本当に困った問題。

FizzleはSage同様、ブラウザベースのRSSリーダーだけど、Sageではこの問題にどう対処しているのだろう。
それと、考えてみればこの問題はWEB型RSSリーダー(Google Reader とか livedoor Reader)でも直面することがらであるわけで、結局のところ、Firefox本体が新たな危機に対して絶えず対処できるブラウザとしてこれからも成長していってほしいものだと思った。

Firefox をダウンロード!!

シャットダウンデー気づかず

シャットダウンデー敗北 @ Repetitive Restructure

これを読んで、3月24日がシャットダウンデーであることに当日気づいた私も負け組。
Little Spider というテキストエディタをカスタマイズすることに熱中していて、気づいたら夜中の12時を回っていた。

Little Spider のスクリーンショット

といっても、肝心の3月24日がシャットダウンデーであることを忘れていたのだから、しかたない。てっきり3月26日か、3月28日あたりだと思っていたので。

で、なぜ26日または28日だと勘違いしていたかというと、3月26日は尿管結石の検査の日、28日はこのブログの誕生日(やっと1周年になる)。
そういうわけで「26」とか「28」という数字が頭にこびりついていたから … と自己分析。

サクラの写真

「シャットダウンデーに気づかずにパソコンさわってた」という人はかなりいると思う。このネタはいろんなブログで書かれるだろうな。

Shutdown Day

最近気になったIT関係の私事

スイセンとベランダの写真

Firefox 2.0.0.3 か …
Mozilla Japan - Firefox 2.0.0.3 リリースノート

互換性がないFirefoxのアドオン

互換性がないアドオンがあるけど、まあ、気にしない。あえて昔のバージョンを使ってるのもあるし。

先日のSpybotスキャン結果のスクリーンショット。

Spybotスキャン結果のスクリーンショット

Firefox: opop というのはFirefoxのプロファイルの名前であることを思い出した。何か実験するために一時的につくったプロファイル。

トラッキングCookie HitsLink って何だろう、と思って調べると、my.opera.comのページがGoogleの検索結果の上位のほうにあるという事実。
これも気にしない。

本日、PCの電源を入れ、Windowsを立ち上げ、インターネットに接続したら、いきなりMcAfeeのアラート。

McAfeeのアラートのスクリーンショット

いま使ってるMcAfee(ウィルス スキャンプラス)の期限切れまでまだ半年以上あるのに、なんでこんなアラートを出すのか理解に苦しむ。
不要な機能オンパレードの「インターネットセキュリティスイート」は使わないほうがいいと思う。

窓の杜のRSSフィードのスクリーンショット

本年1月31日の Google Reader のスクリーンショット。
面白いと思ったので、キャプチャーしておいたもの。

窓の杜のRSSフィードが Windows Vista 関係の情報をどばーっと出した日。


読み逃げ大歓迎

SNSっていうものに多少は関心があったんだけど、「読み逃げ禁止」が当たり前になっているという事実。

今、あらためて思った。
SNSなんていうものに関わらずに生きてきてよかった。

うちのブログはもちろん読み逃げ大歓迎
そもそもアクセス解析ツールもアクセスカウンターなんてのもつけてないし。そういうのには興味ないんで。

話題の中心になったOKWaveのスレッドはすでに削除されている。OKWave事務局が削除したんだろうな。
OKWave

削除されたけど、当該スレッドのログが残っていた。引用してみる。

ミクシィのことで悩んでいます。私は女性で、マイミクが20人くらいいます。普段は楽しく、参加していますが、マイミクのうちの1人が日記にコメントをしてくれないのです。
いわゆる「読み逃げ」=密かに読みにくるけど、コメントしないという状態です。
日記の内容によって、コメントしないのは構わないんですが、もう30回以上連続なので、かなり気になってしまっています。こちらはそのマイミクの日記には半分くらいコメントしています。ミクシィ上のメールの交換もありません。私が日記にコメントをすると、それにまたコメントはしてくれますが、いつも自分の話ばかりです。
しかし、もうひとつ驚いたことがある。
ふたりの当事者のうちのもう1人が同サイトで別のスレッドを立てていた。
こんなオチがあったとは。
OKWave ミクシィで読み逃げするマイミク!

このスレッドも削除されるかもしれないので、今のうちにコピペ。

ミクシィのことで悩んでいます。
私は男性で、マイミクが1人しかいません。
普段は虚しく、そこはかとなく見るだけ参加していますが、唯一のマイミクの人が日記にコメントをしろというのです。
いわゆる「読み逃げ」=密かに読みにくるけど、コメントしないという状態です。
日記の内容によってコメントするつもりなのですが、もう30回以上連続でコメント出来ないでもので、逆にかなり気になってしまっています。こちらはコメントしてもらえるような内容で日記を書いているので、半分くらいコメントをもらっています。相手からコメントをもらうと、礼儀としてコメントはそこで返しますが、つまらないんです。
旅行に行ったことや、おいしい食べ物、同じコミュニティーについての話題を書いてくるのですが、絡み辛くてコメントしにくいんです。
それなのにそのマイミクは、
'読み逃げするな。コメントしろ’と言うのです。
彼女は自分の日記が絡み辛い内容という意識はゼロかと思いますが、どんな考え方なんでしょうか?
自分にしか興味がないのか、自分の伝説をよく書いています。
ミクシィで悩みたくはないし、このマイミクのように他人と絡み辛い人とは、
お付き合いできそうにないと思っています。
何とか改善できればと思います。彼女に気づいてもらう方法は何かありますか?早めに締め切ろうと思っています。

ああ、SNSなんて絶対やりたくない、としみじみ思ってしまった。

と、同時にふと思ったこと。

  • 自演?
  • 釣り?

花とクルマの写真

少し関連するかもしれないエントリ(2007年03月22日以前)
新規ウィンドウまたは新規タブで開くアイコン 無断リンク、直リンク、大歓迎 (「無断リンク禁止」の問題について考える)

Google Reader のスタイルをまたつくってみた

Operaでユーザスタイルシートを使う方法がなんとなくわかってきた今日この頃。Google Reader のスタイルもいじってみた。

/* Google Reader */
body {
background: #ccff99 !important;
}
a:link {
color: #900 !important;
}
a:visited {
color: blue !important;
}
#sub-tree {
background: teal !important;
}
.collapsed {
background: teal !important;
}
.entry-source-title {
color: white !important;
}
.entry-title {
color: white !important;
}
.entry-secondary-snippet {
color: white !important;
}
.entry-date {
color: white !important;
}
.single-source#entries {
background: lightgreen !important;
}
.entry-container {
background: #ccff99 !important;
}
.entry-main {
background: #ccff99 !important;
max-width:  80%       !important;
}
.entry-main .entry-title {
margin-left: 5% !important;
}
.entry-main .entry-author {
color:         #000000 !important;
margin-left: 5%          !important;
}
.entry-main .entry-body {
line-height: 170% !important;
margin-left: 15%  !important;
}
#chrome-footer-container {
display: none !important;
}

これとまったく同じスタイルをFirefoxでも使ってるけど、表示がほんの少し違う。
tealっていう、ちょっと黒っぽい緑の色はなかなかだだと思う。
(スクリーンショットは、上がOpera、下がFirefox)

Google Reader のOperaスクリーンショット

Google Reader のFirefoxスクリーンショット

ひっそり咲いてたシロバナタンポポ

あっ、シロバナタンポポだ。

シロバナタンポポの写真その1

シロバナタンポポ。
その名のとおり、白い花のタンポポ。
他の草花の陰に隠れるように、ひっそりと2輪咲いていた。
今まで1回しか見たことがない。西日本に多いという。

ふたたびお目にかかれる日が来ようとは。

シロバナタンポポについてぐぐってみた。

興味深いブログ。
ねこまんまの自然観撮記: シロバナタンポポの研究
  • シロバナタンポポ、ケイリンシロバナタンポポ(ツクシシロバナタンポポ)、キビシロタンポポ。

白い花を咲かせるタンポポにもいろんな種(しゅ)があるんだなあ。

シロバナタンポポの写真その2

私が見かけたシロバナタンポポはいずれも山間部に近いところに咲いていた。
これまでの人生の中で2回しか見たことがないから、確かなことは言えないけど、町のど真ん中で見かけることはまずないと思う。

  • (撮影日は2007年03月18日)

歌劇に屍は似合わないという話(その2)

歌劇に屍は似合わないという話(その1)の続き)

ここで新たな疑問。

初めてデフォルトのキーボードショートカットを変更したとき、Opera Standard(変更済)という名前のキーボード設定がいつのまにかつくられていた。

Opera設定ダイアログのスクリーンショット

この設定の所在はたぶん
C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Opera\Opera\profile\keyboard
だと思う。わたしの場合だと、ここに standard_keyboard (1).ini というファイルがあった。中身を見たら、自分で変更した箇所がちゃんとここに記述されていた。

不思議なことに、変更したキーボードショートカットはちゃんと使えてる。
バスに全角スペースが含まれているのに!!

念のため、Opera本体のディレクトリも調べてみた。プロファイルだけではなく、こっちのほうにも変更したキーボード設定があるのかもしれない。Operaはこっちを参照してるのかもしれない。

デフォルトのキーボードの設定(ファイル名は standard_keyboard.ini)が
C:\Program Files\Opera\defaults
の中にあるのを確認した(中身を見たら、デフォルトの設定が書かれていた)。
だけど、変更したキーボードショートカットの設定はみつからない。
やはりOperaはプロファイルのほうを見ているのだ。

結論。

  • ユーザスタイルシートが入っているプロファイルのパスに全角スペースが含まれていると、Operaはそのユーザスタイルシートを参照できない。
  • 変更したキーボードショートカット設定が入っているプロファイルのパスに全角スペースが含まれていても、Operaはそのキーボードショートカット設定を正確に参照できる。

Opera 9 - Always secure with Opera

歌劇に屍は似合わないという話(その1)

Opera 9 - Always secure with Opera

コンピュータの世界には「文字化け」という問題があって、たとえば Internet Explorer のCookieに変な名前がつけられてしまう事例が、ある。これはわりと有名な話。

  • C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Temporary Internet Files

「マイクロソフト サポート オンライン」によれば、上記パスの「ユーザ名」に特定の漢字が使われていると、文字化けするという。

たとえば、こんな感じに。
Cookie:屍妖塵匪@gyao.jp/

で、私の場合もみごとに文字化けしてるんだけど、「おお、そうかい、そうかい。どうせ、あたしゃぁ、生ける屍(しかばね)よ」と放置していたんだけど、まさかそれがPC用ブラウザOperaの挙動に影響を及ぼすとは …

ということは、Operaのプロファイルを収めている、
C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data
の「ユーザ名」の部分に全角のスペースが含まれていると、Operaはそれを参照できない、ということになりそう。
っていうか、実際できなかった。
本人(わたし)が言ってるんだから、間違いない。

ユーザスタイルシートを、
C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Opera\Opera\profile\styles\user
に、つくっても、それが反映されない理由がやっとわかった(1ヶ月ぐらい悩んだ)。

さて、くだんの「ユーザ名」。
全角スペースをはずす、または全角文字を使わない、というのがいちばんの解決法だけど、それはレジストリをいじるとか、難しいことをやらないといけないんじゃないかな。
WEBサイト別のユーザスタイルシートだったら、プロファイル以外のディレクトリにつくってもOKだというのは、当方で実験(確認)ずみなので、今後はDドライブにコツコツとつくっていこうかと。

  • suehiroさん、ありがとうございます(なんのことやら???な場合は、スルーしてください)。

エクスプローラのスクリーンショット

このエントリの続きをこちらに書いてみる。

Chet Baker In New York

Chet Baker In New York (Riverside)
recorded in New York, 1958



いつだったか、インターネットラジオPandoraを聴いてて、「欲しいな」と思ったCDをつらづらと書きつらねたエントリを公開したけど、その中の1枚を最近になって入手した。ただしCDではなく中古LP(ビクター音楽産業盤)で。

実を言うと、このレコードを買うに際して最大のお目当てだったのは、リーダーであるトランペッターのチェット・ベイカー(Chet Baker)ではなくてドラマーのフィリー・ジョー・ジョーンズ(Philly Joe Jones)だった。
Pandoraで聴いていた限りではフィリーのドラムが良さげだったので、買ってみたんだけど、肝心の音があまり良くなかった。「ガーン」と来る音ではない。
ならばチェット・ベイカーのトランペット、ジョニー・グリフィン(Johnny Griffin)のテナーが前面にバーンと飛び出してくる録音かというと、そうとも言えない。なんというか、もう少し力強い音だったらいいのに、という感想。

アルバム Chet Baker In New York の写真

冷静になって「音」ではなく「音楽」に耳を傾けてみると、フィリー・ジョー・ジョーンズのドラムはやはりすばらしい出来。
だから、スピーカーではなくヘッドフォンとかで聴けば、また印象が違ってくるかもしれない。

で、まったく予想してなかったのがアル・ヘイグ(Al Haig)のピアノ。当時(1958年)ほとんど活動していなかったヘイグがなんでこのセッションに加わることになったのか不明。しかもベースのポール・チェンバーズ(Paul Chambers)とフィリーの強力なリズムとの組み合わせっていうのが、また微妙。
A面の2曲目。邦題「水玉模様と月光」。Polka Dots And Moonbeams でヘイグのピアノがものすごい光を放つ。この曲に対する愛が感じられる。

で、結論としては、アル・ヘイグの美しいピアノを堪能できただけでもよしとしなければ。
「音」はともかく「音楽」に着目すれば、フィリー・ジョー・ジョーンズのドラムも良いし。
ハードバップとしても非常にすぐれた1枚。

「接続がタイムアウトしました」は勘弁

Yahoo!オークションでカード決済の手続きをやっていたときのこと。
こういうふうになると、「勘弁してくりょー」と言いたくなる。

「接続がタイムアウト」というメッセージ

Yahoo!かんたん決済から「Yahoo!かんたん決済の支払い手続きを受け付けました」というメールが来ていないから、たぶん決済は成立していないと思うけど。

まるで春のよう

Bill Evans / Moon Beams (Riverside)
recorded in New York, 1962



「暖冬」と言われたけど、寒がりだから、私は暖冬大歓迎だった。
暦の上ではもう春なんだけど、ここ数日は朝晩の冷え込みがきつい。
せめて音楽で春を迎えようと思い、It Might As Well Be Spring (邦題「まるで春のよう」)を聴こうかと。

Rodgers & Hammerstein のペンによる It Might As Well Be Spring という曲。
いろんな人が演奏している。クリフォード・ブラウン(Clifford Brown)のVogueレーベル吹き込みがいちばん有名かもしれない。
ものすごく甘い曲だから、こういうのは … そうだなあ … やっぱりビル・エバンズの演奏が一番かな。

今日とりあげるビル・エバンズのリバーサイド盤 Moon Beams はA面からB面までずらっとバラードが並ぶ。ジャケット・カバーも秀逸だと思う。
エバンズといったら、けっこう硬質な演奏をするときもあるけど、こういう激甘の演奏も悪くない。

アルバム Moon Beams の写真

録音は1962年。レギュラー・トリオのベーシストだったスコット・ラファロ(Scott LaFaro)が25歳の若さで交通事故で前年に亡くなっている。
ラファロにかわってチャック・イスラエル(Chuck Israels)がこの盤でベースを弾いている。ドラムは引き続きポール・モチアン(Paul Motian)(後注)

スコット・ラファロ関連のエントリ(2007年03月16日以前)。
新規ウィンドウまたは新規タブで開くアイコン 不調でも、ゲッツはゲッツ (Cal Tjader-Stan Getz Sextet)
(後注)
Paul Motian の読みについて言うと、「ポール・モチアン」よりも「ポール・モーシャン」のほうが原音に近いという話を聞いたことがある。

さて、スコット・ラファロの死はビル・エバンズにとって相当ショックだったらしく、数ヶ月ものあいだ活動を停止してしまったのは有名な話。
この Moon Beams でも、心なしか寂しさを感じさせるピアノ。

世の中には甘口エバンズよりも辛口エバンズを好む人も多いらしい。
「ジャズは辛口じゃなきゃ」「ジャズってのはねえ、ハードボイルドだよ」と言わんばかり。
私はどちらかというと甘口エバンズを好む。

エバンズのピアノによる、春にちなんだ曲。もうひとつ思い出した。
Riversideレーベルからリリースされた Portrait In JazzSpring Is Here が収録されている。この Portrait In Jazz には名演がたくさんあるけど、Spring Is HereBlue In Green の次によく聴く曲だ。
はっきり言って、エバンズの Spring Is Here を聴くと、感動する。
ビル・エバンズの Portrait In Jazz をとりあげた過去のエントリ(2007年03月16日以前)。
新規ウィンドウまたは新規タブで開くアイコン Bill Evans - Portrait in Jazz で本当に聴くべき演奏とは

今宵は甘口エバンズで暖かく。

大人のTOPPO「ダブルベリーのレアチーズケーキ」食べた

大人のTOPPO「ダブルベリーのレアチーズケーキ」。
買って食べたけど、味は思ったほどでもなかったなあ。

TOPPOの写真

TOPPOに関連する2007年03月15日以前のエントリ。
新規ウィンドウまたは新規タブで開くアイコン おとなのトッポ売り切れ orz
ノッポトッポちゃんの小劇場。シュール。
まくらの巻 (LOTTE 中までチョコたっぷり星♪TOPPO)

Google Reader のスタイルを変更した

Google Reader に ? というキーボードショートカット(keyboard shortcuts help)が追加されて、ちょっとだけうれしいと思ったけど、よく使うショートカットはもう覚えてしまったから、どうでもいいなぁ。

キーボードの u を押してフルスクリーンモードにすると、Google Reader が軽くなる、と聞いて、どんなもんだろうと思い、体感してみた。
結果は「そう言われれば、そうかな …」という微妙な感じだったけど、それよりも問題は、左のsubscription一覧を隠してしまうと、各エントリの1行あたりの文字数が増えてしまって、非常に読みにくくなること。

1行あたりの文字数を減らし、しかもおかしな感じにならない方法を模索した。

「門前の小僧、習わずして経を読む」と言う。
CSSの何たるかを知らない私がFirefoxのuserContent.cssにこういうふうに書いてみた。

/* Google Reader */
@-moz-document
url-prefix(http://www.google.com/reader),
url-prefix(https://www.google.com/reader) {
.collapsed {
background: seashell !important;
}
.single-source#entries {
background: lightgreen !important;
}
.entry-container {
background: #ccff99 !important;
}
.entry-main {
background: #ccff99 !important;
max-width:  70%     !important;
}
.entry-main .entry-title {
margin-left: 5% !important;
}
.entry-main .entry-author {
color:       #000000 !important;
margin-left: 5%      !important;
}
.entry-main .entry-body {
line-height: 170% !important;
margin-left: 15%  !important;
}
}

スタイル適用前のスクリーンショット

スタイルを適用したときのスクリーンショット

上記スクリーンショット。上はスタイル適用前。下はスタイル適用後。
最近、目が疲れて、白地のページを読むのがつらくなってきたので、こんな感じにして70%ぐらい満足。

フルスクリーンモードのとき、エントリを2カラムにして見やすくするというやり方をどこかのブログで見かけて、なるほどと一瞬思ったけど、長文のエントリの場合、2カラムにすると、全文を読むにはいったん下方向のスクロールをおこなったのち、上方向のスクロールをおこなわないといけない。

今回、私のつくったスタイルだったら、まずまず読みやすいのではないかと。
ただ、左サイドバーのsubscription一覧を表示しているときも、max-width: 70% !important; というスタイルが反映してしまうのが、泣きどころ。

userstyles.org の Site-specific styles に Google Reader 用のスタイルがいくつか公開されている(GreasemonkeyとOpera用スクリプトあり)。
Site-specific styles | userstyles.org
いちばん驚いたのはこのスタイル。たぶんキーボードよりマウスをよく使う人には向いてると思う(左側のsubscription一覧はマウスオーバーのときだけ表示される)。
Google Reader ("Slate Series") | userstyles.org

スクリーンショットはこんな感じ。

Slate Series というスタイルを適用した Google Reader のスクリーンショット

userstyles.orgには参考になるスタイルもあったけど、結局こういうのは徹底的に「自分仕様」にしたいので、いちばん役に立ったのはFirefoxの拡張ColorZillaだったりする
ColorZilla Extension for Firefox and Mozilla

上記スタイルシートの collapsed とか single-source#entries っていう名前はColorZillaが拾い出してくれるから、私みたいなシロウトでもスタイルをいじれる。

ひさしぶりにOperaについて書いてみる

Opera 9 - Always secure with Opera

Operaを使ってるとき、なんとなく Shift + F5 (Cascade) とか Alt + F6 (Tile horizontally) を押してしまい、もとに戻す方法がわからず、しかたなく Alt + F4 (Opera終了) を押してその場をしのぎ、数日落ち込んだことがあるのは私だけだろうか。
(現在この問題は解決ずみ)

キーボードショートカットの説明。
本家の説明はあっさりしてる。
Opera ヘルプ: キーボードショートカット
わかりやすく解説してくれるWEBサイト。
Opera 9.0 ショートカットキー覚書

さて、Operaはたしかに高速。
この速さの秘密についてシロウトの思いつきを言ってみると、キャッシュを参照してページを表示するとき、Mozilla系やIE系とは異なる手段を使っているような気がする。

この問題を解き明かすヒントになりそうなのがぷーるさんの書いた「むぅもぉ.jp」の管理人日記。
日付が「2005/06/18」になってるけど、ここで書かれていることは現在(2007年03月13日)でも通用する内容だと思う。

OperaはWebページのダウンロード速度が一般にIEやFirefoxより速いんです。その秘密は「同時接続数」。ひとつのサーバに対して同時に接続する数が、Operaは多いんです。
(中略)
キャッシュってのは他のブラウザにももちろんありますが、Operaは若干そこがやりすぎなんです。通常Webサーバはブラウザに対してデータを送るとき、「Expiresヘッダ」「Cache-Controlヘッダ」などで、キャッシュを使うべきか否か、その有効期限をどうするか、などを指示します。滅多に変更しないと思われるものは長めの有効期限にしたり、Last-Modifyとかを使ってリクエストが来てもデータを返さなかったりもできます。これはWebサーバの仕事。コンテンツが変更されたとか、そういうのを知ってるのはクライアントではなくサーバですから。ところがOperaはしばしばこの指定を無視して、問答無用でキャッシュを使ったりします。
管理人日記 - むぅもぉ.jp

難しくてよくわからないけど、とにかくそういうことであるらしい。


話は変わる。suehiroさんから

...とか書いてきましたが、Firefoxより楽だと思いませんか。この際、Operaに乗り換えてみるとか?
Merlin clip メニューバーの表示

というおことばをいただいたけど、実を言うと、既に半分乗り換えている。

ただ、おそらくsuehiroさんがそうであるように、ブラウザというのは必要に応じて使い分ければいいのではないかと。

少し話がずれるけど、Operaのカスタマイズ方法をぐぐっても、情報量が少ないのは残念。Operaのことを調べたいのに、Firefox関係のWEBサイトが検索結果の上位にランクされていることもある。

この事実はユーザ数(たぶんFirefoxユーザのほうが多いと思う)の反映かもしれないけど、それにしても今になってしみじみと思うのは、「Mozilla Firefox まとめサイト」というサイトのわかりやすい説明。
Mozilla Firefox まとめサイト

Firefox関係でわからないことがあっても、ここを読めばたいてい解決してしまう。しかも更新頻度が高いので、古い情報がいつまでも残っているということがないのが、うれしい。無償でこのサイトを運営なさっているかたがた、Pukiwikiを書いているかたがたに感謝。
こういう人たちがたくさんいるから、私はFirefoxから離れられないんだろうな。

Firefox をダウンロード!!

ドバイの人工島パーム・ジュメイラ

老後、余裕があったら、こういうところに住んでみたいものだ、と思ってしまうきょうこのごろ。
Map View(Nakheel, Where the Vision of Dubai Gets Built)
(Firefoxと Internet Explorer ではちゃんと見れるのに、なぜかOperaでは見れない orz )

パーム・ジュメイラ

スクリーンショットはドバイの「パーム・ジュメイラ(The Palm Jumeirah)」。Nakheel社が手がけるドバイ沖の人工島のひとつ。
海底の砂を使って埋め立て、そこにリゾート施設をつくってしまうというもの。
The Palm Jumeirah - Experience the Extraordinary

サッカー選手デイビッド・ベッカムもこの島の物件を買ったとか。

それにしても、Nakheel社のWEBサイトのページは美しいな。こういう色使いを真似してみたいものだと思う。

少し宣伝

ブログの表示がまたおかしなことになってしまった。
エントリの重複。

Opera 9 - Always secure with Opera

Firefox をダウンロード!!

CopyURL+と同じことをやるブックマークレット

Firefoxの便利な拡張機能CopyURL+の代替手段をこの前書いたけど、選択した文字列をクリップボードの中に持ってくる方法だけがわからなかった
新規ウィンドウまたは新規タブで開くアイコン CopyURL+を不要にする裏技

その方法が判明。

var w = window._content;
var d = w.document;
var str = d.selection?d.selection.createRange().text:d.getSelection();
var txt = '<blockquote>' + str + '<br /><cite>【<a href="' + d.location.href + '" target="_blank">' + d.title + '</a>】</cite></blockquote>';
const CLIPBOARD = Components.classes["@mozilla.org/widget/clipboardhelper;1"].getService(Components.interfaces.nsIClipboardHelper);
CLIPBOARD.copyString(txt);

選択文字列をひっぱってくる方法はこちらの情報に書いてあった。
RakuCopy ブックマークレット(AUSGANG SOFT)

でもって、わたしなりに改造してつくったのが、上記のブックマークレット。ご覧のとおり、これは「自分仕様」になっている。

Firefoxでたとえばhttp://fc2.com/を開き、任意のテキストを選択し、このブックマークレットを実行すると、下記のようなタグがクリップボード内に収まる。

<blockquote>FC2レンタルサーバーは転送量無制限!大規模なサイト運営も安心です。高機能サーバ管理ソフトPLESK(プレスク)を採用する事により、直感的操作が可能になりました。もちろんお客様全員に無償でご提供しております。<br /><cite>【<a href="http://fc2.com/" target="_blank">FC2 無料ホームページ アクセス解析 ブログ レンタルサーバー SEO 対策 等</a>】</cite></blockquote>



マウスを多用するなら、ブラウザのツールバーに登録(と言うのかな?)しとけばいいと思う。ただし後述するように、マウス派はCopuURL+を使ったほうが、話が早い。
キーボードを多用するなら、keyconfig(Firefoxの拡張)を使ってこのブックマークレットに何かのキーボードショートカットを割り当ててやればいい(個人的にはこのやり方を推奨)。

これで、キーボードショートカット1発でCopyURL+と同じことを実現できるようになった。
(コンテキストメニューからCopyURL+を選んでEnterキーたたくのはめんどくさいからね)

というわけで、数ヶ月ものあいだお世話になったCopyURL+をアンインストールした。それと、user.js と prefs.js からCopyURL+関係の記述を削除。
ありがとうと言いたい。

さて、現在CopyURL+がFirefoxの2.0系に対応していないのは有名な話。
mozdev.org - copyurlplus: index
対応させるにはそれなりの工夫がいる。
電網探題の相一郎さんの日本語版がいちばん手っ取り早い。
電網探題: Copy URL +

ふと思った。
代替手段(ブックマークレット、userChrome.js、Greasemonkeyなど)が知られてきたことで、この拡張の作者も「もう必要なし」と判断したのかもしれない。

2007年03月05日以前の関連エントリ

空要素のタグと終了タグの問題(実験)

タグというのは必ずスラッシュ / のついた終了タグで閉じなければいけないんだそうだ。
たとえば

<cite>ほにゃらら</cite>

というふうに。

空要素のタグの場合、スペースとスラッシュを入れてタグを閉じる。
たとえば

<br />

というふうに。

そこで実験。

西洋梨の写真

西洋梨の写真

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。