ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

幸せになれるキーバインド変更

MicrosoftのIMEにまつわる話。私はEmacsなんて知らないし、プログラマーでもないということを最初にお断りしておく。

キーバインドをあれこれいじる

まずは「無変換」キー。
「nippon」とタイプしたとき、これを押せば、一発で「ニッポン」になるから、なにげに便利なんだけど、まったく同じことは Ctrl + I でも実現できる(後注)。よって廃止。後述するように、BackSpaceキーに変更。

「変換」キーと「カタカナひらがな」キーは全く不要。よって廃止。それぞれHomeとEndキーに変更。(ノートパソコンだと、HomeとEnd専用のキーがないからね)

BackSpaceってのは、個人的にはよく使うキーなんだけど、右手をホームポジションに置いたとき、右小指からの距離が7cmぐらいあって、
「BackSpaceまで遠征 → ホームポジションに戻る」
を何度もくりかえすのは難儀だ。
Spaceキーの左隣りにある「無変換」ってのを殺して、こいつにBackSpaceを割り当ててみたら、便利になった ♪

EnterとかEscなんて押さない

それから、変換を確定するとき、今まではわざわざ遠いところにあるEnterキーを右小指で押していたんだけど、これと同じことは Ctrl + M でもできる(後注)
(左小指で左Ctrlを押しながら右人差し指で M を押す)
これを習得してしまえば、かなり楽になるのを実感しつつある今日このごろ。
(言うまでもなく、CapsLockはCtrlに変更しておく)

日本語入力のいろんな場面で「取り消し」に使うEscキー。これがまたとんでもない僻地にある。タッチタイピングでここまで左手の小指を伸ばせる人っているんだろうか。
でも、Ctrl + Z でも同じことができるから、もうキーボードを見なくていい(後注)

後注

IMEで使われるキーボードショートカットは「Microsoft IME 詳細プロパティ」で柔軟に変更できることを最近知った。
テキストエディタ独自のキーボードショートカットとかぶってしまうのを回避できる。

  1. コントロールパネル の 「地域と言語のオプション」の「言語」タブの「詳細」
  2. 「テキスト サービスと入力言語」の「設定」タブの「インストールされているサービス」パネル
  3. 「Microsoft IME Standard 2002 ver. 8.1 のプロパティ」の「全般」タブの「設定」ボタン
  4. 「Microsoft IME 詳細プロパティ」の「キー設定」タブ
「Microsoft IME 詳細プロパティ」のスクリーンショット

参考

話が長くなるので、明日この続きを別のエントリに書く予定。

Watkins at Large

Doug Watkins at Large (Transition)
recorded in Cambridge or Boston, 1956

Tom Wilson (producer) - Wikipedia, the free encyclopediaに、トム・ウィルソン (Tom Wilson) という音楽プロデューサーの経歴が書かれている。そこにあるように、Bob Dylan, Frank Zappa, Simon and Garfunkel 等をプロデュースしたことで知られている。でも、ジャズ・ファンの間では、ウィルソンはTransitionという、短命に終わったけれど、偉大なるレーベルをつくった人物として認知されている。

トム・ウィルソンは黒人だった。黒人が音楽プロデューサーをやり、しかもレーベルまで立ち上げてしまうのは当時(1950年代)としては珍しかった。Transitionが数年でつぶれてしまった背景にはそんな事情もあったかもしれない。
(Transitionを店じまいしたウィルソンはColumbiaというメジャーに移籍し、サイモンとガーファンクルなどをプロデュースする売れっ子になる)

Transition時代のトム・ウィルソンのことにふれた前述のWikipediaの記述には Sun Ra, Cecil Taylor の名前しか出てこない。ジャズのことをあまり知らない人たちが書いたのだろう。

Watkins at Large の写真

ダグ・ワトキンズ (Doug Watkins) というデトロイト出身のベース奏者が生前に残したレコードのうちの1枚がこのTransitionレーベルにある。
それが Watkins at Large.
(ワトキンズは27歳のとき交通事故で死んだので、自己名義の作品は2枚しかない)
これを聴けば、Transitionレーベルの作品がPrestigeとか Blue Note とかSavoyといった有名どころと比べても、なんら劣るところはない、ということがよくわかる。

ベースのギシッギシッという音

で、例によって、音楽以前に音の話。

  • 1956年の吹き込みだから当然モノラル。
  • 中低音重視の録音。よって、バスドラとベースの音が殺人的な大音量となってスピーカーから飛び出てくる。
  • 高音の伸びが不足。よって、シンバルの音が明瞭ではない。

ベースが「ギシッギシッ」という音を出すところがいい。このレコードの名義がベーシストだから、あえてこういうふうに録音したっていう面もあると思う。
でも、ルディー・バン・ゲルダー (Rudy Van Gelder) だったら、こういう音は録れなかったろう。「ギシッギシッ」じゃなくて「ボンボン」になってしまう。「ギシッギシッ」はTransitionだから出せた音。

トップシンバルの音が奥のほうに引っ込んでしまうのは目をつぶる。それを補うにはじゅうぶんすぎる豊かな中低音があるから。

でもって、音楽の話を書こうと思ったけど、「音が良けりゃ、音楽なんてどうでもいいじゃん♪」というのが私の信条なので、少しはしょる。

ブルースが良い

全曲すばらしいんだけど、あえて選べば、A面の1曲目と2曲目 ("Phil T. McNasty's Blues", "More of the Same") が良い。いずれもブルース。
パーソネルを見ると、チャーリー・パーカーのレギュラー・ピアニストだったデューク・ジョーダン (Duke Jordan) は別格として、他はデトロイト出身の若いジャズメンが多い。プロとして音楽をやっていく意気込みが伝わってくる演奏。

  • デューク・ジョーダンだけはこの時点で既に30代。彼のピアノがまた素晴らしいんだわ。この手のセッションで伴奏をやらせたら、この人ほどのハマリ役はいない。A面1曲目のイントロなんて、凡百ピアニストには絶対真似できまい。
  • それからギターのケニー・バレル (Kenny Burrell) 。ちょっと怠惰な感じのゆっくりとしたブルースを弾くときのバレルが個人的にはいちばん好きで、そういうときのバレルをたっぷり堪能できる盤なのだ、これは。
  • ふだんは堅実かつ実直なドラムをたたくアート・テイラー (Art Taylor) が、なぜかここではバスドラを多用して濃密かつ重厚なリズムをつくりだすことに貢献。テイラーはやればできる子。
  • フロントはドナルド・バード (Donald Byrd) とハンク・モブレー (Hank Mobley) 。「若いって、いいなあ」と思わせる吹奏。
Watkins at Large の写真

"Elusive Disc" のサイトに引用されていたトム・ウィルソンの発言を孫引きしとく。
(文中の "pretention" はおそらく "pretension" の誤り)

According to Tom Wilson who produced the session and wrote the notes, " Watkins at Large is one of those rare sessions where everyone falls immediately into the groove from the opening minute. The result of such a 'hang-upless' date is freely constructed, intensely personal jazz without pretention or frills."

DOUG WATKINS/WATKINS AT LARGE 200g MONO LP - elusivedisc

卵の値段が高くなったなあ

最近、鶏(ニワトリ)の卵が値を上げている。地球温暖化をやわらげるってんで、バイオエタノールの原料となる穀物の需要が急激に高まり、それが小麦やトウモロコシ等を使った食品の価格を吊り上げている。
鶏に与える飼料も当然値上がりするわけで、「物価の優等生」と言われてきた鶏卵も例外ではなくなってきた。

穀物価格の相場がこういう状態だから、アメリカの穀物メジャーはますますおいしい思いをする。

鶏卵の写真

写真は最近買ってきたMサイズの鶏卵。
殻の表面に賞味期限が印字されている。こんなのは初めて見たので、カメラを持ってきて、パシャッ。

「1個1個スタンプで賞味期限をペタッペタッって印字してるんだ。ものすごい手間だなー」と一瞬勘違いしてしまったけど、もちろん世の中にはこういうのを印字する機械がある。

当ブログ内の関連エントリ(2007年10月28日以前)

Firefoxのソースをテキストエディタで開けなかった理由

「リカバリ → Firefox消滅 → 復活」という経験によって判明したことがいくつかある。そのひとつが、ソース参照用のテキストエディタが使えない件。

view_source.editor.external【真偽値】
閲覧ページのソースを外部エディタで開く。
view_source.editor.path【文字列】
上記設定が有効(true)の場合、ソースを開く外部エディタのパスを指定。
Firefox 2について - Firefox更新情報 Wiki*

以前は上記設定をつくっても、任意のテキストエディタでソースを開けなかった。そのテキストエディタのフルパスに日本語が含まれているわけじゃないのに!
(詳しく言うと、テキストエディタは立ち上がるけど、エディタ部分にソースが何も表示されない状態)

「タイトルに日本語が含まれていると、ダメらしい」という話をWEBでよく見かけるけど、「そういうレベルの問題じゃねーだろ」ということははっきりしていた。
原因はおそらく下記のフルパス。Firefoxのプロファイル。(WindowsXPの場合です)

C:\Documents and Settings\山田 花子\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\xxxxxxxx.default

ちょっと事情(後注)があって、「山田」と「花子」の間に全角スペースがあった、以前は。

これが本当の理由。任意のテキストエディタでソースを開けない事例

リカバリ(Windowsの再セットアップ)の際、思い切ってユーザ名を "userid" に変えた。つまり半角英数字。
(当たり前の話だけど、ファイラーを使ってリネームしたわけではないw)

「プロファイルのパスに日本語(または全角スペース)が含まれてると、指定したテキストエディタにパラメータみたいなものをうまく渡せないんじゃないかなぁ …」
という素人の予想が的中。指定したテキストエディタでソースを開くことに成功。

Operaでも似たようなことを経験しているので、ふたたび恥をさらしておく。
歌劇に屍は似合わないという話(その1)

というわけで、「Windowsのユーザ名に日本語(または全角スペース)が含まれていると、いろんなところで問題をひきおこすよ」という結論。

後注

NECパソコンのセットアップの写真
  1. 数年前、新品のNECパソコン買うとき、メモリの増設を店員さんにお願いした。自分は機械いじりが苦手なので。
  2. メモリ増設が成功したかどうか確かめるにはWindowsを立ち上げないといけない。
  3. 新品のパソコンだから、セットアップの必要がある。この作業も店員さんに頼んだ。自分は当時(今も)パソコン初心者だったので。
  4. セットアップのとき、ユーザ名を登録するスクリーンがある。(上の写真)
  5. その店員さんは私の名前をたずね、それをユーザ名として入力した。このとき、姓と名の間、すなわち「山田」と「花子」の間に全角スペースを入れられてしまった。
  6. よって、C:\Documents and Settings\山田 花子\ になってしまったという次第。

以下はおまけの話。
上の写真の場面。ユーザ名入力欄にフォーカスを移すと、自動的にIMEがONになってしまうことに今回の再セットアップ時に気づいた。
(IMEがONになってしまうのは、NECパソコンに限った話かもしれない)

当ブログ内の関連エントリ(2007年10月27日以前)

Firefoxのソース表示をウィンドウではなくタブで
ブックマークレットで実現。専用のアドオン(拡張)は使わなくていい。

ダイハツESSEって意外に乗りやすかった

車検のため、代車を用意してもらった。ダイハツのESSE(エッセ)。これが意外に乗りやすいことに驚いた。
TOKYO MOTOR SHOW 2005 | DAIHATSU@WEB
ダイハツESSEの写真

ターボなしでも車体が軽いから、スイスイ走る。といっても、写真のとおり、なんだかオモチャみたいなクルマだ。女子大生の通学用という風貌。

で、車検はなんだかんだと9万円ぐらいかかってしまった。新車だったので、リサイクル料かかるし。
金欠で、年を越せるかどうか不安。

It's Time for Tina は女優の余技にしては出来すぎ

Tina Louise / It's Time for Tina

アメリカの女優、ティナ・ルイス (Tina Louise) (後注)が残した唯一のレコード。ジャケットのライナーに Tyree Glenn, Hilton Jefferson, Coleman Hawkins の名がサイドメンとしてクレジットされている。
ティナは歌手ではなく女優。彼女の歌声を聴けるのは本作品だけ。

後注

"Tina Louise" は「ティナ・ルイス」よりも「ティナ・ルイーズ」のほうが原音に近いと思うけど、ボーカル・ファンの習慣に従ってここでは「ルイス」と表記する。
(映画ファンの場合、「ルイーズ」派が多いようだ)

It's Time for Tina の写真

好事家向けかな

正確な録音年月日は不明。1957年ぐらいだと思う。オリジナル・レーベルはおそらくUrania.
日本ではディスクユニオンのDIWレーベルから復刻盤がリリースされていて、自分が持っているLPレコードもそうなんだけど、他のレコード会社からの発売の実績はどうかというと、スペインの Fresh Sound Records のカタログにあったかもしれない。
(もちろんCD化されていて、Amazonでも売ってる)
オリジナル盤がeBayとかYahoo!オークションに出品されたら、とんでもない値がつく。典型的な好事家向けのレコード。

ブログ "and i am dumb" のクマキチさんが Coleman Hawkins のことをとりあげたエントリのコメント欄でなにげなく本盤のことにふれているので、ひさしぶりに聴いてみようかと思った。

A面からB面まで順番に曲名をながめてみると、男女の一晩の出来事をストーリー仕立てにしていることがわかる。
(ほとんどがミュージカルや映画で使われた曲。いわゆる「スタンダードナンバー」)

  • Side One
    1. Tonight Is The Night
    2. Hands Across The Table
    3. Snuggled On Your Shoulder
    4. Embraceable You
    5. I'm In The Mood For Love
    6. Baby, Won't You Say You Love Me
  • Side Two
    1. It's Been A Long, Long Time
    2. Hold Me
    3. I Wanna Be Loved
    4. Let's Do It
    5. How Long Has This Been Going On
    6. Goodnight, My Love

前述したように、本業は歌手ではない。このレコードは女優の余技。でも、そんなことを感じさせない魅力。
なんて言うか、まっ昼間からこんなの聴いてちゃイカンね。かといって、静まり返った夜半にひとりで聴くと、それはそれで艶めかしい雰囲気なわけで。
(イヤフォンで聴くと、なおさら)

It's Time for Tina の写真

中身について、これ以上とやかく語るまい。ジャケットのカバー・フォトがすべてを語っている。

discographyならぬfilmographyはこちら。
Tina Louise - NNDB: Tracking the entire world
ティナの官能的な写真をもっと見たい人はこちらを。
TINA LOUISE - THE LOVE GODDESSES

Cover Girl

男性週刊誌が若い女性の写真を雑誌の表紙に載せ始めるようになった1950年代の中ごろのアメリカ。彼女たちは cover girls という、そのまんまの名で呼ばれた。当時の雑誌がネットオークションで高値をつけているという話も聞く。
ティナ・ルイスこそ、その cover girl の先駆者だったらしい。
石原裕次郎が彼女のファンだったとか。

It's Time for Tina の写真

特殊なアルファベットの数値文字参照

このエントリは100%自分用。
特殊なアルファベットを数値文字参照している一覧がここ(特殊文字参照)にあって、ときどき利用させてもらっているんだけど、ÿ (&#255;) で終わっているので、続きを書いてみた。<table>タグを使えば、もっと見やすいんだけど、疲れたので、やめた。

Ā ā Ă ă Ą ą Ć ć Ĉ ĉ
&#256; &#257; &#258; &#259; &#260; &#261; &#262; &#263; &#264; &#265;

Ċ ċ Č č Ď ď Đ đ Ē ē
&#266; &#267; &#268; &#269; &#270; &#271; &#272; &#273; &#274; &#275;

Ĕ ĕ Ė ė Ę ę Ě ě Ĝ ĝ
&#276; &#277; &#278; &#279; &#280; &#281; &#282; &#283; &#284; &#285;

Ğ ğ Ġ ġ Ģ ģ Ĥ ĥ Ħ ħ
&#286; &#287; &#288; &#289; &#290; &#291; &#292; &#293; &#294; &#295;

Ĩ ĩ Ī ī Ĭ ĭ Į į İ ı
&#296; &#297; &#298; &#299; &#300; &#301; &#302; &#303; &#304; &#305;

IJ ij Ĵ ĵ Ķ ķ ĸ Ĺ ĺ Ļ
&#306; &#307; &#308; &#309; &#310; &#311; &#312; &#313; &#314; &#315;

ļ Ľ ľ Ŀ ŀ Ł ł Ń ń Ņ
&#316; &#317; &#318; &#319; &#320; &#321; &#322; &#323; &#324; &#325;

ņ Ň ň ʼn Ŋ ŋ Ō ō Ŏ ŏ
&#326; &#327; &#328; &#329; &#330; &#331; &#332; &#333; &#334; &#335;

Ő ő Œ œ Ŕ ŕ Ŗ ŗ Ř ř
&#336; &#337; &#338; &#339; &#340; &#341; &#342; &#343; &#344; &#345;

Ś ś Ŝ ŝ Ş ş Š š Ţ ţ
&#346; &#347; &#348; &#349; &#350; &#351; &#352; &#353; &#354; &#355;

Ť ť Ŧ ŧ Ũ ũ Ū ū Ŭ ŭ
&#356; &#357; &#358; &#359; &#360; &#361; &#362; &#363; &#364; &#365;

Ů ů Ű ű Ų ų Ŵ ŵ Ŷ ŷ
&#366; &#367; &#368; &#369; &#370; &#371; &#372; &#373; &#374; &#375;

Ÿ Ź ź Ż ż Ž ž ſ ƀ Ɓ
&#376; &#377; &#378; &#379; &#380; &#381; &#382; &#383; &#384; &#385;

Ƃ ƃ Ƅ ƅ Ɔ Ƈ ƈ Ɖ Ɗ Ƌ
&#386; &#387; &#388; &#389; &#390; &#391; &#392; &#393; &#394; &#395;

ƌ ƍ Ǝ Ə Ɛ Ƒ ƒ Ɠ Ɣ ƕ
&#396; &#397; &#398; &#399; &#400; &#401; &#402; &#403; &#404; &#405;

Ɩ Ɨ Ƙ ƙ ƚ ƛ Ɯ Ɲ ƞ Ɵ
&#406; &#407; &#408; &#409; &#410; &#411; &#412; &#413; &#414; &#415;

Ơ ơ Ƣ ƣ Ƥ ƥ Ʀ Ƨ ƨ Ʃ
&#416; &#417; &#418; &#419; &#420; &#421; &#422; &#423; &#424; &#425;

ƪ ƫ Ƭ ƭ Ʈ Ư ư Ʊ Ʋ Ƴ
&#426; &#427; &#428; &#429; &#430; &#431; &#432; &#433; &#434; &#435;

ƴ Ƶ ƶ Ʒ Ƹ ƹ ƺ ƻ Ƽ ƽ
&#436; &#437; &#438; &#439; &#440; &#441; &#442; &#443; &#444; &#445;

あとで知ったんだけど、この手の変換をやってくれるJavaScriptがある。
本来はメールアドレスをクローリングロボットに拾われにくくするためのもの。
HTMLエンティティ化

こういうのがあれば、デンマークのベーシスト、「ニールス・ヘニング・エルステッド・ペデルセン」を "Niels-Henning Orsted Pedersen" なんて不正確な書き方をせずにすむ。
(正しくは "Niels-Henning Ørsted Pedersen")

見上げれば柿の木

公園に出かけたとき、数本の柿の木が。

柿の写真

この日は曇りで、うまく撮影できない。ピント合わせも難しい。コンパクトのデジカメの限界をつくづく感じる。
下手な鉄砲も数打ちゃ当たるってんで、ばんばん撮影。光量変えたり。
かろうじて「まずまず」の出来になったのが、きょう掲載した写真。

見上げれば、こんなにたくさんの柿。

柿の写真

撮影に夢中になってしまい、柿の実を確保してくるのを忘れた。おなかが減っていたら、絶対もぎとってきたのに。
少し後悔。

Firefox生還

パソコンのWindowsが立ち上がらなくなってしまい、10月11日にリカバリをやってから10日あまり。CドライブにインストールしてあったFirefoxは完全に蒸発してしまい、DドライブにインストールされてたOperaだけで生活してきた日々。その間にFirefoxは2.0.0.7から2.0.0.8になってしまった。

ユリの蕾
  1. 本日Firefoxをインストール。もちろんDドライブに。
  2. こういう非常事態に備えて常日頃(つねひごろ)定期的にFirefoxのプロファイルをCD-RWにバックアップしてきた私。バックアップしといたプロファイルを強引に使ってみた。
  3. 成功。今のところ問題ない。
  4. keyconfigの設定が一部消えているような気がするけど、気のせいだろう、ということにしておく。

ひとつ気になったこと。
Dドライブにインストールしても、プロファイルは強制的にCドライブの以下のディレクトリにつくられてしまうんだね。(WindowsXPの場合)

C:\Documents and Settings\hogehoge\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles

ところが新規プロファイルをつくるときは、ディレクトリを選べるんだけど、いつのまにこんなことできるようになってたのかな。DドライブにFirefox.exeをインストールしたときだけ?
今後のことを考え、Dドライブのほうに常用プロファイルをつくることにした。

Firefoxプロファイル生成

ひさしぶりにFirefoxを使ってみて思ったんだけど、ちょっと野暮ったいね。
「戻る、進む」をやると、いつのまにかページがリロードされちゃうとか。Operaのタブ切り替えは「スルスルッ」という感じだけど、Firefoxだと「パッパッ」という感じ。
だけど、そういう野暮ったさがイイ! と思ってしまう私って一体 …

英辞郎の検索プラグイン公開は是か非か

先日のエントリ「英辞郎の検索エンジンをいじる」の後日談

「Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ」さんが英辞郎の検索プラグインの件について、

ArtSaltのサイドストーリー 「英辞郎の検索エンジンをいじる」 にあった「トップページ (http://www.alc.co.jp/) 以外からのご利用はご遠慮ください、とか前々から言ってたなあ。」とという文章がどこにあるのか探してもました.ところが見つかりません.

Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ-MEMO(2007年10月-4)

と、おっしゃっている。
確かに、「スペースアルクの利用規約」にはそれらしきことは書かれていないけど、「スペースアルク:英辞郎 更新情報・利用規約・使い方」には以下のとおり、ちゃんと書いてあるのだ。

『英辞郎 on the Web』は、SPACE ALCのトップページ(http://www.alc.co.jp/)にアクセスし、そのページ上部の検索インターフェイスからご利用ください。この利用法に準じない利用(メタサーチなど)は禁止します。

※メタサーチとは、弊社に無断で弊社以外の場において検索語の入力ボックスなどを作成、公開、販売し、弊社の『英辞郎 on the Web』エンジンをあたかもそのサイトもしくはソフトウェアの部品であるかのように利用し、検索結果のみを表示するものと定義します。この範疇には下記のものが含まれます。

・『英辞郎 on the Web』エンジン対応の検索インターフェイスを持つウェブページ
・ブラウザなどの組み込みツール(ツールバー、コンテキストメニュー)で『英辞郎 on the Web』エンジンを利用するもの
・その他、SPACE ALC に許可なく作成されたソフトウェアやスクリプトなどで『英辞郎 on the Web』エンジンを利用するもの

スペースアルク:英辞郎 更新情報・利用規約・使い方

これをどう解釈するか。そして、この文面の法的有効性。そのあたりが問題。

さてと、「英語 → 日本語」の方法は、JavaScriptの知識がない私でも簡単にハックできたけど、「日本語 → 英語」がわからない。
でも、偶然読んだ2ちゃんねるのOperaスレッドにヒントが書かれていた。これでOperaのほうは解決。感謝。

パソコンをリカバリして、Firefoxが完全に消滅してから10日経過。(OperaはDドライブにインストールしてあったので、無傷)
本日は、バックアップしておいたプロファイルを再利用してFirefoxを復活させる予定。
再利用していいのかなあ。

Firefoxをダウンロード!!

英辞郎の検索エンジンをいじる

下記は今までOperaで使っていた英辞郎の検索エンジン。

http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=%s&word_in2=?82?A9?82?AB?82?AD?82?AF?82?B1&word_in3=zJPa7DCxJ15687987t

上記URIは昨日(または一昨日)までは間違いなく使えていた。それが本日(2007年10月19日)から使えなくなってしまった。そういえば、トップページ (http://www.alc.co.jp/) 以外からのご利用はご遠慮ください、とか前々から言ってたなあ。

試行錯誤の結果、新しいOpera用検索エンジンが完成。以前のように使えるようになった。www.alc.co.jpのJavaScriptをいちいち許可する必要もない。
ただし、そのURIをここには書かない。書いてはいけない。
(スペースアルクのトップページに行ってから、翻訳したい単語または熟語を入力しなければならない、という規則のようなものがあるので、おおっぴらに公表できない)

でも、「英語 → 日本語」はできるけど、「日本語 → 英語」ができない。
Operaだと、うまくいかないけど、Firefoxなら簡単にできそうな気がする。
情けないことに、先日のリカバリ以後、まだFirefoxをインストールしていないので、確かめようがない orz

関連情報

2007年10月21日追記

このエントリの後日談を2日後に書いた。
英辞郎の検索プラグイン公開は是か非か

鬱陶しいマウスカーソルを消すソフト「ノーマウスカーソル」

マウス操作をしていないとき、マウスカーソル(マウスポインタとも言う)を消してくれるソフトを発見。ノーマウスカーソル。Windows用。こういうのは大好きだ。
愛とゆりの部屋 - ノーマウスカーソル

テキストエディタなどを使ってるとき、何が目障り(めざわり)かって、アンタ、マウスカーソルほど目障りなものはない。コーディング、コピー、切り取り、貼り付け等の操作はキーボードだけで操作できるんだから、
「マウスカーソルさん、頼むから、消えてくれ!」
と思うことがよくある。

マウスカーソルをスクリーンの隅っこに移動させれば、この問題はある程度解決する。でも、アプリによってはマウスを使わなくてはならないときもある。
そんなときは、「あれっ? マウスカーソル、どこ行った?」と慌ててしまうわけで …

「ノーマウスカーソル」の使い方と設定は簡単。

ノーマウスカーソル設定スクリーンショット
  • キーボードのキーを押した瞬間にマウスカーソルを消すことができる。
  • 「CtrlとかShiftとかAltなどを押したときだけは、マウスカーソルを消したくない」というのであれば、例外のリストに登録することができる。
  • マウス(他にタッチパッドとか)操作をした瞬間にマウスカーソルが復活する。
  • マウス操作をしなくなってから○○秒経過後、マウスカーソルが自動的に消えるようにする設定がある。
  • アクティブウィンドウを切り替えたとき、マウスカーソルを復活させることができる。
  • 「ノーマウスカーソル」自体のアクティブ/非アクティブを切り替えるホットキーがある。
  • 複数のウィンドウを並べている状態で非アクティブなウィンドウにマウスカーソルを移動すると、消えない。マウスカーソルが消えるのはアクティブなウィンドウのほうだけ。
  • 「待ち状態」(通常、砂時計の形になっている状態)のとき、マウスカーソルが復活してしまうことがあるようだ。
  • 何かのタイミング(ウィンドウ切り替えとか)でマウスカーソルが復活してしまうときがある。タスクバーなどでの動きが少し不安定。

非常に満足。ひさしぶりに良いソフトに出会えた。でも個人的に困ったことがあった。
私はスタートアップにKeyPointerというソフトを登録している。これはキーボード操作でマウスカーソルを動かすという驚異のソフト。
KeyPointerとノーマウスカーソルを同時に使うと、タスクトレイに両者のアイコンが並ぶわけで、KeyPointerがアクティブになっていることを示すアイコンが、ノーマウスカーソルのアイコンとそっくりで、まぎらわしい orz

タスクトレイのスクリーンショット タスクトレイのスクリーンショット

少し迷ったけど、Windowsの設定のほうで、ノーマウスカーソルのタスクトレイアイコンを「常に非表示」とすることで解決。

当ブログ内の関連エントリ(2007年10月18日以前)

英単語入力支援ソフト Typing Accelerator

最近、Vectorで見つけた前世紀のソフト。Typing Accelerator.
Typing Accelerator for WIN32(Windows95/98/Me / ユーティリティ)

ヘルプには

Copyright(C) 1995-1997
必要なシステム:
Windows95もしくはWindowsNT3.51以上

と書いてあり、当方のWindowsXPでも動く。
これは英語で書きものをする人に向いているソフトかもしれない。

たとえば Hello, world. とタイプする場合、下のスクリーンショットのようになる。

Typing Accelerator のスクリーンショット

W とタイプした瞬間に英語の単語の候補(ここでは world)が吹き出しみたいに出てくる。IMEを使ってSpaceキーを押したときみたいな感じ。もちろん学習機能もあるし、新しい単語を辞書に登録することもできるから、英語以外の言語でも使える。

残念な点。

  • 英語だけの文章を書くんだったら特に問題はない。でも、日本語とアルファベット混じりの文章を書くときは、動きが少しぎくしゃくする(当方のWindowsXPで確認)。
  • これを言っちゃあ、おしまいだけど、英語だけの文章を書く人はタッチタイピングでスペルの誤りなくばんばん書けるはずで、こういうツールを必要としないかも。
  • Copyright(C) 1995-1997 とある。作者のサイトもリンク切れ。開発終了ではないかと。

当ブログ内の関連エントリ(2007年10月18日以前)

バッテリリフレッシュをやった

先日リカバリをやるためにパソコンの取扱説明書をあれこれ読んでいたとき、「バッテリリフレッシュ」という項目が目に入った。フル充電しても「持ち」が悪くなったバッテリーをリフレッシュすると、性能が回復するらしい。ふーん、なるほど。
最近「持ち」が悪くなってるので、やってみた。

  1. バッテリがフル充電されていることを確認し、パソコンの電源を入れる。
  2. NECのロゴのスクリーンが表示されているとき、F2キーを連打する。
  3. 「BIOSセットアップユーティリティ」のスクリーンが表示されるのを確認し、電源コードをパソコンから外す。
  4. カーソルキーを押して「終了」を選ぶ。
  5. カーソルキーを押して「バッテリリフレッシュ」を選ぶ。
  6. Enterキーを押す。

これでバッテリリフレッシュが始まる。

バッテリリフレッシュの写真

所要時間は1時間ほど。
終わると、電源がひとりでに切れる。

これでバッテリの中がからっぽになったはずなので、電源コードをパソコンにつなぎ、電源を入れ、バッテリを充電する。
そしてフル充電になったバッテリがどれぐらい持つのか調べた。(コントロールパネルの「電源オプション」)
おおよそ「1時間30分」。
うーむ、こんなもんか。

イカゲソの刺身は絶品

スルメイカが安かったので、買ってきた。ひさしぶりにイカソウメンをつくろうと思った。

イカソウメンとか刺身を食べるとき、皮があると、非常に食べづらい。
NHKの「ためしてガッテン」で紹介されていた方法だったと思うけど、皿に酢をちょっと入れ、そこにイカを乗せ、10分ほど待つと、皮がきれいにはがれる。
しかし今回は失敗。はがれない。イカに酢のにおいがついてしまうし、困ったもんだ。
しかたなく今回は皮つきのイカソウメン。食後に皮が歯にくっついちゃうんだよな。

イカソウメン

3杯買ったうち、1杯はイカソウメン。ゲソは塩でしめ、刺身とする。
(ゲソだったら、皮むかなくてもいい)
残り2杯のゲソは同じく刺身。ゲソ以外は茹でて、酢の物。

イカの足(ゲソ。正しくは「腕」)は10本。このうち2本(触腕)だけが長くて、獲物をとらえるとき使うものらしい。
この2本。刺身にすると、たいそう美味だとか。まな板に乗っかっているのをそのまま(醤油とかつけないで)ぱくっと食べてみた。

(n‘∀‘)η ♪

かすかに磯の香り。醤油、塩などかけなくても、いける。

中国語版 Google Reader 使ってみた

Google Reader を使ってる人なら、たぶん知ってると思うけど、

https://www.google.com/reader/view/?hl=en
英語版
https://www.google.com/reader/view/?hl=ja
日本語版

… であるわけなんだけど、じゃあ、ドイツ語版とか中国語版はどんな感じなんだろ? と、ふと思った。

さっそく調査。

ドイツ語の Google Reader
https://www.google.com/reader/view/?hl=de

中国語の Google Reader
https://www.google.com/reader/view/?hl=zh-cn

ドイツ語は長ったらしい単語が多いので、レイアウトが崩れやすいな、というのが印象に残ったけど、それ以外は特に新しい発見はなかった。

参考

赤福を責める気になれない個人的な事情

赤福の製造日偽装の件。
保健所と東海農政局の見解が違っていて、赤福は以前に県のほうにちゃんと問い合わせしていたという事実。

食衛法上「問題なし」 消費者とズレ 「赤福」偽装で三重県
2007年10月14日 朝刊

 赤福餅(もち)の製造日の偽装表示問題で、三重県が食品業者に対して定期的な立ち入り調査を二〇〇三年から始め、日本農林規格(JAS)法上の問題点を一貫して指摘していなかったことが分かった。赤福(同県伊勢市)は約十年前に県に表示方法の是非を問い合わせており、「JAS法は管轄外」とする県の「お役所体質」が赤福側の対応を遅らせた可能性もある。

【中略】

 県によると、冷凍した赤福餅の解凍日を製造日とする表示について、赤福から県伊勢保健所が問い合わせを受けたのは約十年前。「問題ない」と回答したという。

 その後、牛海綿状脳症(BSE)など食の安全性が問題になったのを受け、〇三年に定期的な立ち入り調査が始まった。赤福に対しても行われたが、あくまで食品衛生法上の視点で「問題ない」との見解を通した。今回は、JAS法を所轄する東海農政局と県伊勢保健所が合同で立ち入り調査を行ったが「違法」と「問題ない」で見解がまったく分かれる結果となった。

中日新聞:食衛法上「問題なし」 消費者とズレ 「赤福」偽装で三重県:社会(CHUNICHI Web)

上記引用の中日新聞を読む限りでは、非は赤福だけにあらず、という感じ。

赤福を責める気になれない理由

ここから本題。
私(ArtSalt)は以前、某食品会社に勤めていた。レトルト食品(缶詰、瓶詰め、パウチ等の総称)をつくる工場。

  1. たとえば11月1日に製品をつくるとする。
  2. 11月1日のうちに製造、殺菌、梱包(ダンボールで梱包)を済ませる。
  3. 製造した日に殺菌はすべて済ませるが、梱包は翌日になることもある。製造年月日は梱包した日ではなく、殺菌した日。
  4. 殺菌方法は130度近くまで加熱するもの。(圧力をかければ、水の沸点はいくらでも上がる)
  5. まれに殺菌に失敗した製品というのが出てくる。それを冷凍庫に入れ、数日後(たとえば11月10日)にそれを解凍し、原料に混ぜ、再度製造工程に乗せ、殺菌をおこなう。製造年月日は殺菌した日、つまり11月10日にする。

… という作業を日常的にやっていた。

この作業が法にふれるのかどうかは知らない。工場長の指示でやっていたから、たぶん大丈夫だと思うけど。

で、こういう事実を知ったあなたはどう思うだろうか。
ちなみにその会社は日本人だったら99%ぐらいの人が知っている食品会社であり、世界的なブランド。その工場は当然HACCPを導入していたし、ISO(ISO 14000 だったかな?)にも対応していた。
今はその会社で働いているわけではないけど、この件についてはこれ以上詳細には書けない。

赤福を擁護するつもりはない。でも言いたい。
今まで「赤福の餅はおいしい」と、ことあるごとに言い、赤福をヨイショすることによって金銭的利益を得ていたのに、偽装発覚を知って「もう買わない」と言っている人たち。あなたたちの味覚はどうかしていると思うんだけどね。
こういうことに関して潔癖な人は、昔の日本人がやってきたように、自分で餅をつけばいい。市販の加工食品を食べなければいい。

赤福の品質が変わったことに以前から気づいていた人たちもいるようだ。
教えて!goo 赤福の偽装問題

換気扇を洗うと、静かになることがわかった

たまには台所の換気扇を洗おうと思った。
下の写真は洗う前。えらい汚れている。

洗う前の換気扇の写真

まず、普通の食器用洗剤を使った。かなり力をこめないと汚れが落ちない。ずっとやってると、指が痛くなってくる。

テレビショッピングの宣伝に乗せられて数年前衝動買いした Quick´n Brite をたまには使ってみようと思った。
すると、汚れが面白いように楽に落ちる。下の写真は Quick´n Brite で洗った後。

洗った後の換気扇の写真

「環境に優しい有機物の多目的クリーナー」と容器には書いてあるけど、よく見ると、「家庭用合成洗剤」とも書いてある。
「合成洗剤って環境に優しかったかな?」と疑問に思いつつ、きれいさっぱりになった換気扇をとりつけたところ、驚きの事実があった。
換気扇の音が静かになった ♪
今までは「ガーー」という音だったけど、それが「フイーーン」という音になった。

Quick´n Brite の写真

結論

  • Quick´n Brite の洗浄効果は高い
  • 換気扇を洗うと、音が静かになる

日本でAmazonのMP3購入は事実上不可能と判明

  1. AmazonでMozart (モーツァルト)のアルバム(DRMフリーのMP3)を買おうと決意した。
  2. FAQを隅から隅まで全部読んだ。
  3. Amazon MP3 Downloader という専用のダウンローダーをインストールした。
  4. アルバムの購入手続きで、Enter a new billing address と言われた。あれっ?
Amazon支払い手続きのスクリーンショット

今まで米国Amazonで何か買ってたときは、こんなページは出てこなかった。State/Province/Region を選択する場面もなかった。都道府県名はどこに入力すればいいんだ?
しかたなくデタラメな名前、住所、zip code、電話番号を入力した。住所は Las Vegas にしとこ。

日本に住んでいる人が買うのは難しい

ここで自問自答。
うーん、おかしいな。一度アカウントをつくっとけば、Amazonで何か買うときは、Eメールアドレスとパスワードを入力すると、Amazon側に保存されているカードの番号と名前と商品発送先がページにパッと出てきて、そのまま発注すればよかったんだけど、今回は billing address の入力を求められた。

調べたところ、日本で暮らしている人は、米国Amazonのアカウントを持っていても、MP3を購入することは事実上不可能。でも、10日間ほど(2007年9月25日から同年10月5日ごろまで)は可能だったらしい。

FAQに "Available in U.S. only" みたいなことが一切書かれてないのが不思議だけど、それにしても、米国以外のユーザ締め出しは著作権がらみゆえではないかと邪推。
RIAAとJASRAC、乙。

Amazon MP3 Downloader のスクリーンショット

間違って Las Vegas の存在しない address をAamzonのアカウントに加えてしまったけど、もちろん自分は日本で生活している人間なので、あとでその address だけ削除した。発注が完了したわけではないので、Las Vegas 在住の全くのアカの他人にAmazonの請求書が届いてしまうことはないと思う(たぶん)。

注意

世界各国にあるAmazonの中で、MP3をダウンロード販売しているのは今のところamazon.comだけ。amazon.caとかamazon.co.ukとかamazon.deとかamazon.co.jpなどはMP3を売っていない。
かといって、iTunes Store みたいなところで音楽をダウンロードしたいとは全く思わないし、困ったものだと思う。

写真で見るリカバリ奮闘記

前々回のエントリに書いたように、一昨日パソコンの再セットアップ(リカバリ)をやった。
リカバリした
立ち上がらなくなったパソコンの写真

「再セットアップをやるとき、増設メモリ(RAM)は外してください」とパソコンの取り扱い説明書に書いてあるので、ノートパソコンの底にある蓋をパカッと開けたら、メモリが見えた。増設は以前にパソコンショップの店員さんにやってもらったので、こんな物体は初めて見た。少し興奮した。

メモリの写真

でも、増設したメモリと、もともと入ってたメモリの違いがわからない 。両方とも256Mだし、似たような形なので(← 当たり前か)、どっちを取り出していいものか判断できない (T_T)
保存しておいた箱にメモリの商品番号みたいのが書かれているので、それを参考に両者を区別できた。

「増設RAMボードは静電気に大変弱い部品です。身体に静電気を帯びた状態で増設RAMボードを扱うと破損する原因になります」という取り扱い説明書の注意書きにビビる。
水道管の蛇口をさわって静電気を逃がす。
おそるおそるメモリを外す。

メモリの写真

メモリを破壊することなく取り出すことができた。静電気が心配。

でもって、パソコンの電源を入れ、NECのロゴマークが出てきたら、F11キーを連打する。
「再セットアップとは」というスクリーンが現れた。あとは指示どおりにカーソルキーとかEnterキーを押したりするだけ。

「再セットアップとは」スクリーンショット

下は再セットアップをやっている最中のディスプレイの写真。symantecのロゴマークが写っている。

再セットアップのスクリーンショット

Nortonで有名なsymantecがNECパソコン用の再セットアップのツールを開発しているのかな。でも、NECのLaVieにプリインストールされているアンチ・ウィルスはNortonじゃなくてMcAfee。
とにかく再セットアップは無事終了 ♪

でも、パソコンは買ったときの状態にもどってしまった。

すなわち、デスクトップにISP各社のアイコンがずらーっと並び、変なポップアップがばんばん現れ、やかましいBGMとともに何かのウィンドウがにゅるっと現れ、通知領域(タスクトレイ)に20個ほどのアイコンがところ狭しと置かれ、ファイルを操作するたびに「マイドキュメント」とか「マイビデオ」とか「マイミュージック」とか、ようするに「マイなんとか」のたぐいがコモンダイアログのデフォルトフォルダになり、スタートメニューには Adobe Reader, 筆王、パソコンのいろは、Beat Jam, 駅スパート、はがきスタジオ等々のお節介アプリが百個近く並び、きわめつけはプリインストールされているMcAfeeが「このパソコンは保護されていません。今すぐ○○○○してください」と警告するポップアップを絶えず出してくる …
というふうに、もうお祭りみたいな状態 \(^o^)/

今はもうすっきりした状態に戻したので、良い週末を過ごせるのではないかと。

Operaに、グローバルなJSを無効化しつつUserJSだけを有効化する方法があるらしい

先日の Firefox + NoScript とOperaを比較したエントリ。
OperaとJavaScriptの問題
Firefox + NoScript の良いところ

これらについて、kurumanさんというかたから livedoor クリップを通じてこういうコメントをいただいた。

2007年10月12日
一応OperaでもグローバルなJSを無効化しつつUserJSだけを有効化する方法はあるのだけれど紹介した方がいいのかしら。

livedoor クリップ - Firefox + NoScript の良いところ

kurumanさんはKuruman Memo (kuruman.org)の人と同一人物かな。

そのグローバルなJSを無効化しつつUserJSだけを有効化する方法を読んだとしても、私が理解できるかどうかは自信がない。
よって、私のことはかまわずに何気なくそういう記事をアップしてくれると、こちらとしても気が楽でうれしい。

ローマ字入力変更方法

初めてのリカバリ後、パソコンのいろんな設定がふっとんだので、当分ブログの更新を休んでいようと思ってたけど、メイリオが復活したので、気分がいい。よって方針変更。これまでどおりのペースで更新する。

でもって、やっぱメイリオは良い。眼が疲れない。フォントによって気分がこんなにガラッと変わってしまうとは思ってもみなかった。

メイリオのスクリーンショット

話は少し変わる。
リカバリの結果、MicrosoftのIMEの設定も死んでしまい、「しゃしゅしょ」の出し方を忘れてしまったので、非常に困った。
「しゃしゅしょ」を表示するには通常、「shashusho」または「syasyusyo」とタイプしてSpaceキーを押して変換すると思うんだけど、ものぐさな私は「xaxuxo」でも可能にしていた。「証拠写真」と書くには「xoukoxasin」ってタイプすればいい。

設定の方法を忘れたので、ぐぐった。
またリカバリをやることになった場合に備えて、忘れないうちにスクリーンショットを貼っとく。

通知領域スクリーンショット

「テキスト サービスと入力言語」スクリーンショット

「Microsoft IME スタンダードのプロパティ」スクリーンショット

「Microsoft IME 詳細プロパティ」スクリーンショット

「ローマ字の変更」スクリーンショット

リカバリした

昨日、CドライブとDドライブのスキャンディスクをやったところ、

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、起動できませんでした:
\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM

… と、Windowsに言われた。
セーフモードの起動も、「前回正常終了時の構成(正しく動作した最新の設定)」もできなかった。つまりWindowsが立ち上がらなかった。

パソコンの写真

NECのLaVieの場合、リカバリ用のCDはもともとないので、自分でつくっておこうかな、とずっと考えていたけど、やっていなかった。

増設したメモリを外し、Cドライブを再セットアップした。
(NECパソコンではリカバリのことを「再セットアップ」と呼ぶ)

当然だけど、Cドライブのデータ(Firefoxとか)に大きな被害。Dドライブに入れておいた40個ほどのフリーウェアには大きな影響はなし。
おおざっぱに言って、パソコンが、買ったときの状態に戻った orz

DドライブにインストールされていたOperaには全く被害はなく、CドライブのFirefoxは完全に消滅。
IEのインターネットオプションも吹っ飛んだわけで、安全のためにもここはOperaを規定のブラウザにしておこうかと。
(1週間前、CDにバックアップしといたFirefoxのプロファイルが使えればいいんだけど)

初めてリカバリという作業をやったんだけど、意外と簡単だった。
でも、パソコンを昨日までの快適な状態に戻すのは苦労しそう。WindowsXPだから、メイリオのフォントも消えたし。

実を言うと、TAKEKURA, Tihiro さんの書いたものを読んだときから、イヤな予感はしていた。
PC内部の埃を取るのに掃除機は使ってはいけない @ Repetitive Restructure

キーボードのほこりを取るには、逆さにしてバンバン叩くとよい、という話を以前聞いたことがあり、真似してみたけど、ノートパソコンの場合、この行為はシャレにならないことに気づき、それ以来ずっと掃除機を使用してきたけど、これも危険だとは。
でも、長期間の掃除機使用が今回の出来事の原因かどうかは不明

というわけで、しばらくブログの更新を中断。

2007年の彼岸花

去年の今ごろは郊外の国1バイパスのそばにある農耕地にわざわざ行ってきて、ヒバンバナの群生の写真を撮ってきたんだよなあ。
ヒガンバナ撮影してきた - 2006年09月25日 (月曜日)のログ

今年は近所の民家の庭先にひっそりと咲いていたヒガンバナをパシャッ。

ヒガンバナの写真

1年を経ても撮影技術がまったくと言っていいほど上がっていないことが判明してしまったんだけど、それはさておき、中国ではヒガンバナを「石蒜」と呼ぶそうで、以下、中文Wikipedia (zh.wikipedia.org) より引用。
(Excite翻訳をもとに一部修正)

文化

マンジュシャゲがよく墓地の近くの繁栄にになるため、色合いが明るい赤色で血のようで、花期また近い秋分(日本のが祭礼節日に弔いをします)、そのため日本が既定の法華経をこじつけられます中の導く花のしなやかで特別の沙華、あるいは対岸は使います。これに加えてマンジュシャゲの葉は下ろして花が咲いて、落葉を使って出して、いつまでも出会いなくて、そのため日本の伝説の中で、このは使って死亡と分離の不吉な色を身に付けて、比較的に葬儀の礼式で常用します。

しかし中国の伝統の中で決してこの言い方がない、マンジュシャゲが反対してそのあでやかな色のためよくあったことになります花を使うことをお祝いします。

花言葉

  • 日本の花言葉:“悲しみの追憶”
  • 朝鮮の花言葉:“相互の恋しい思い”
  • 中国の花言葉:“優美に浄化します”
石蒜 - Wikipediaエキサイト 翻訳 : 中国語翻訳

翻訳に意味不明の部分もあるけど、ようするに日本と違って、中国ではヒガンバナについて「不吉」という印象は持たれていない様子。反対に好印象を持たれていることがうかがえる。

それより気になるのが、中文Wikipediaのあっさりとした短い記述。
ヒガンバナはスイセン(水仙)同様、大陸から球根か何かが日本列島に流れ着いた植物であると言って間違いないと思うんだけど、本場(?)中国ではあまり気にも留められていない花なんだろうか。

チェコではそのまんま "Higanbana" と呼ばれているようだ。ヨーロッパには見られない花らしい。
Higanbana - Wikipedie, otevřená encyklopedie

政治系ブログ読むならOpera

あまり言いたくないんだけど、この世の中にはものすごく見づらいWEBサイトがたくさんあって、非常に困ってる。特に政治を扱ったブログ。
強調/非強調の意味をこめるために、W3C非推奨の<font>タグと、同じく非推奨のcolor属性を組み合わせるわ、背景の色はコロコロ変えるわ、ランキングサイトのバナー貼りまくるわ、テキスト引用時も、どこからどこまでが引用なのか非常にわかりにくいわ、歌舞伎町のネオン街みたいなアニメーションがチカチカするわ、もう大変。
おかげで眼の疲労がたまる一方。

そこで考えた。Operaだったら好みのスタイルを瞬時に変えられるし、しかも複数のスタイルを組み合わせて使えるから、テキストの色をコロコロ変えまくり、背景の色変えまくりのサイトは、Operaでブラウズすればいい。こういうときこそ、Firefox + Stylish よりもOperaだ、とわたくしは力強く主張したい。

WEB開発者の苦労をだいなしにする簡明なCSS

Operaは "Select author mode > Select user mode" という必殺技をデフォルトで(?)持ってるけど、これだけじゃ追いつかない場合もある。

なにげなく開いてしまったサイト専用のユーザースタイルシートをつくるほど、自分は物好きではない。FirefoxのStylishを使ってのんびりとスタイルを書いて保存するほど、暇人ではない。

こんな感じの汎用的、安易かつ過激なOpera用スタイルをつくった。

* {
line-height: 160% !important;
font-family: 'メイリオ', 'Meiryo' !important;
color:       #000 !important;
background:  #ffc !important;
}
a:link {
color:           #900 !important;
text-decoration: underline !important;
}

...【以下省略】

特定のスタイルを適用するアクション

うちの環境だと、上記ユーザースタイルシートがD:\PrivFold2_pg\Opera\profile\styles\userフォルダ内の13番目(ファイル名でsortされたときの順番かな?)のファイルとして存在するので、アクションは以下のようになろうかと。

Select user CSS file, 12|Deselect user CSS file, 12

歌舞伎町ネオン街みたいにド派手な原色をあれこれと無神経に使ってるサイトを開いてしまったときは、当方も遠慮なく上記アクションを使わせていただく。
でもって、このアクションを実行するボタンをつくろうか、めんどうくさいからキーボードショートカットだけにしとこうか、迷っている現在。

Opera/9.23 (Windows NT 5.1; U; ja)

参考

Тестирование и отладка Opera AC 3.4.2 RC1
たぶんロシア語。雰囲気と根性で読む。
mozdev.org - operaview: index
言わずと知れた …

当ブログ内の関連エントリ(2007年10月08日以前)

アドオン要らずのOpera便利機能トップ3+1
Firefoxとの比較。

リッピングをやってくれるサービスって需要あるんだろうか

Amazonからメールが来た。そこに貼ってあったリンクを開いたら、こんなことが書かれていた。
(英文を翻訳)

膨大な数のCDコレクションをお持ちですか? 1回に1枚ずつCDをパソコンに差し込んで、パソコンがリッピングしているのをずっと待っている時間が惜しいなら、Riptopiaがおすすめです。Riptopiaがあなたに代わってリッピングします。Riptopiaで用意した梱包材にCDを入れて送ってください。それをリッピングし、MP3でフォーマットしたDVDをCDと一緒にお返ししますので、あなたはそのDVDをパソコンに入れ、コピーするだけ(バックアップ用にDVDは保存しておいてください)。

Digital Decisions: Taking Your Media Beyond the Home Stereo
で、Riptopiaっていうのはこういう商品。Amazonで売ってる。
パッケージ版? … なのかな。
Amazon.com: Riptopia CD Ripping and iPod Loading Service 50 CDs To Digital Music: Electronics

「1枚あたりの手数料が$.99(99セント)」って書いてあるけど、50枚を処理するこの商品の価格が$69.50。っていうことは1枚あたり1ドル超えてるじゃん。意味不明。
そもそも50枚ぐらいのCDだったら、普通の人が手動でやっても、半日ぐらいでリッピングが終わっちゃうと思うけど。
(根気は要る)

CDの写真
いちおうRiptopiaのWEBサイトをたずねてみた。
Riptopia

こっちだと、100 CDs が$99.00、200 CDs だったら$198.00なので、1枚あたりの手数料が$.99っていうのは計算どおり。

こういうサービスを誰が利用するのか全く見当つかないけど、「需要があるから、供給がある」という解釈でよろしいのだろうか。
いちおう日本国内を調べてみたけど、同様のサービスを販売しているところは見つからなかった。
(RiptopiaというのはアメリカのWEBサイトらしいけど、日本からの発注も受け付けている)

アナログ音源の場合

LPレコードとかカセットテープの音楽をMP3にエンコードしてDVDに焼くサービスを、ときどきYahoo!オークションで見かける。LPの場合、料金は1枚あたり千円以上かかるようだ。

自分でやれるほど我慢強い人なら、こういう商品が向いているかも。
プリンストンテクノロジー 製品案内 デジタルオーディオ

この商品の特徴はUSBを使うこと。つまり、ケーブルの片方の側をオーディオの出力端子に、もう片方をパソコンにさしこむわけなんだけど、パソコンほうは、マイクロフォンの絵が描かれている穴ではなく、USBポートにグサッとさしこむ。
この方法だと、ノイズの混入をだいぶ軽減できるという話を聞いたことがある。

とはいえ、たとえばA面とB面合わせて40分の記録がなされているレコードの場合、100枚の処理をするには最短でも4000分間(66時間と40分)かかるわけで、アナクロなアナログ愛好者の未来はあまりにもアナーキーだと思う。

自分の場合は、最初からこういう作業をあきらめているので、どうでもいい。

もうすぐみかんの季節

早生(わせ)品種がそろそろ出回っている。この日(9月下旬)撮影した近所のみかんはもう熟しているのかな。

みかんの写真

当ブログ内の関連エントリ(2007年10月07日以前)

お米とコクゾウムシと日本の文化

「教えて!goo」で見つけた良スレ。

質問者:kazarimono
お米に幼虫がいっぱいいます
お米をといでいると、水に白い5~10mmの幼虫がいっぱい浮いてきました。
気持ち悪くなって捨てましたが、昨日まで食べていたのかと思うと気分が悪くなります。
教えて下さい。
この幼虫は何でしょうか。
残っているお米は、全て捨てたほうがいいですか。
虫だけを取り除く方法はありますか?

よろしくお願いします。

この質問に対する回答は締め切られました。

教えて!goo お米に幼虫がいっぱいいます

穀象虫(コクゾウムシ)を取り除く方法って、意外と簡単だってことがわかった。

それにしても、世の中にはこういうことに詳しくて熱心な人がたくさんいるんだなあ。米屋の娘さんを名乗る人が回答したり、「残っている米は捨ててはいけません。食べ物を粗末にすることは罪悪です」と言う回答者が登場したり。
やっぱりこの国はコメの国だと思った。日本の歴史と文化はお百姓さんがつくりあげてきた歴史と文化でもある。

スーパーのコメ売り場に鷹の爪(トウガラシ)が置かれている理由も初めて知った。

Firefox + NoScript の良いところ

ブラウジングしているときJavaScriptをやたらに許可したくないのであれば、どうすればいいか。FirefoxとOperaの違い。

Operaの場合

  • 原則としてJavaScriptを無効にしておく。
  • 頻繁に利用するサイトの場合、ホワイトリストに登録する。
  • いくつかのブックマークレットはJavaScriptを有効にしないと使えない。よって、その都度 Enable Javascript というアクションを実行する。
  • Enable Javascript というアクションをおこなうと、グローバルに許可してしまうことになるので、あとで Disable Javascript をやっておく必要がある。

Firefox + NoScript の場合

  • 原則としてJavaScriptを無効にしておく。
  • 頻繁に利用するサイトの場合、NoScriptのホワイトリストに登録する。
  • いくつかのブックマークレットはJavaScriptを有効にしないと使えない。よって、その都度NoScriptの Temporarily allow という処理をおこなう(下のスクリーンショット)。
  • NoScriptは当該ページのJavaScriptだけを許可することができる、しかも一時的に
NoScriptのコンテキストメニュー

ユーザースクリプトとかGreasemonkeyはほとんど使ったことがないので、ここではブックマークレットを例にとって説明した。
OperaのユーザースクリプトとFirefoxのGreasemonkeyを比較した場合、話はどうなるかというと、芦塚さんが"Shishimushi"でおっしゃっていることが参考になると思う。

参考

おまけ

前日のエントリでamatanoyoさんという人からトラックバックをいただき、Ultimate blockage.jsというOpera用ユーザースクリプトの存在を知った。
あまたの何かしら。 - OperaのNoScript"Ultimate blockage.js"について、ちょっとだけ。
Ultimate blockage.jsおよびnoscriptlikealpha.js
A Script like NoScript. - User JavaScript - Opera Community

ちょっと使ってみた。FirefoxのNoScriptとかPrefBarに似ている。イメージ、スクリプト、embed等々、いろんなものをブロックできるようだ。

Ultimate blockage.jsをOperaで動かすにはデフォルトで Enable Javascript としておかないといけないわけで、そこが残念。
以前その存在を知ったOpera版Hit-a-Hintにしても、結局あまり使う気になれないのはそういうわけなのだ。

同日追記

FirefoxとNoScriptの組み合わせの場合、Firefox本体でJavaScriptを許可しておかないと全然意味ないことは言うまでもない。
詳細はJさんのコメント、および下記引用を。

Notice that you shouldn't disable JavaScript and Java using Firefox settings, i.e. Tools|Options|Content|Enable JavaScript and Enable Java options have to be checked (JavaScript and Java enabled), otherwise JavaScript remains disabled everywhere even when allowed by NoScript

NoScript - JavaScript/Java/Flash blocker for a safer Firefox experience! - features - InformAction

OperaとJavaScriptの問題

2ちゃんねるのOperaスレッドで見かけたレス。
ほぼ同時期にFirefox拡張機能スレッドでも似たような話題が出ていたような気がする。

文中にNoScriptということばが出てくる。これはFirefoxの拡張のひとつ。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 12:28:13 ID:vPxqdtVD0
NoScriptってOperaのサイト別設定みたいなもんだよな?

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 13:08:20 ID:w2KEYdd/0
>>724
そう
Operaならデフォでついてるね

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 14:51:06 ID:XS/5zBHg0
>>724
NoScriptはホワイトリスト方式で、サイト別設定は(どっちかといえば)ブラックリスト方式な違いはあるけどな。
どちらがより安全かといえばNoScriptのホワイトリスト方式の方。

>>727
ブラックリスト方式でいいなら、Firefox標準でもhostperm.1に登録することで同じことが可能。
くれぐれも「FirefoxはNoScriptがないと、サイト別編集ができるOperaより安全ではない」
みたいな誤情報を吹聴してまわらないように。

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 14:55:37 ID:gklINbUo0
>>728
デフォでJavascriptオフで
信頼できるサイトだけオンにすれば
ホワイトもブラックも糞もないじゃん

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 14:56:31 ID:bnHFN+Qd0
逆に設定すればおk。
普段はスクリプトオフにしておいてサイト別設定でスクリプトをオンにしていくようにする。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 16:48:18 ID:/vmeL44+0
javascriptオフにしてると、userjs使えないから不便じゃね?

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 17:17:30 ID:gklINbUo0
OperaはActiveX使えないからこういう怪しいソフト入れられるのことは無いだろ
むしろスパイ系のcookieが恐いな

>>738
そうなんだよね。それだからJavascript切るの躊躇う

NoScriptのロゴ

これらのレスを読んで、思ったこと。それを後日、別のエントリに書いてみる。

参考

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク