ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテントエリアの何もないところをクリックするキーボードショートカット

いついかなる場合でもSpaceキーでスクロールというのは意外に難しい

似たようなことを何度も書いてる気がするけど、何度でも書く。

ロケーションバー、input要素、select要素、またはtextarea要素にフォーカスが当たっている — この状態は以下のことを意味する。
  • Spaceキーを押してもページはスクロールしない。
  • Applicationキーなどを押すと、ロケーションバー、input要素、またはtextarea要素などのコンテキストメニューが出てくる。

以下の状態を賢く素早く実現するにはどうすればいいか。

  • いついかなる場合でもSpaceキーでスクロールしたい。
  • いついかなる場合でも「ページ内の何もないところを右クリックしたときのコンテキストメニュー」を出したい。

フォーカスをぼやかすだけではダメ

Firefoxの Hit-a-Hint に hahBlurFocused というショートカットがある。デフォルトでは Shift+Ctrl+J。これはフォーカスを「外す」というか「ぼやかす」ものであり、非常に便利。コードは以下のようになっている。

hah.BlurFocused();
  • これは「ロケーションバー、a要素、input要素、select要素、textarea要素にフォーカスが当たっているのを解除する」スクリプトである。
  • しかし「フォーカスをコンテントエリアに当てる」ことを意味するのではない。
  • つまりロケーションバーにフォーカスが当たっている状態でこの hah.BlurFocused(); を実行しても、Spaceキー押下でページをスクロールできないし、Applicationキー押下でコンテキストメニューを出せない。直後に f4kc_FocusNextFrame(); というスクリプト(これは functions for keyconfig が用意しているスクリプト)を実行する必要がある。

結論

「コンテントエリアにフォーカスを当てる」「フォーカスをぼやかす」というふたつの動きを1発でやってくれるスクリプトがあれば非常にうれしい。ようするに「コンテントエリアの何もないところをクリック」と全く同じ効果が得られるキーボードショートカットをつくりたい。

で、つくった。

content.focus();hah.BlurFocused();

これを実行すれば、

  • 100%確実にSpaceキーでページをスクロールできる。
  • 100%確実に「コンテントエリアの何もないところをクリック」とほぼ同じ効果が得られる。

関連

スポンサーサイト

Operaで開くスクリプト

keyconfig用

Firefoxで開いているページをOperaで開くkeyconfig用コード。Gomitaさんの "FIREGESTURES :: Get Scripts" に置いてある「ページを Internet Explorer で開く」というスクリプトを拝借して改造。

const OP_PATH = "D:\\PrivFold2_pg\\Opera\\opera.exe";
var file = Cc["@mozilla.org/file/local;1"].createInstance(Ci.nsILocalFile);
file.initWithPath(OP_PATH);
if (!file.exists()) {
  alert("File does not exist: " + OP_PATH);
  return;
}
var process  = Cc["@mozilla.org/process/util;1"].createInstance(Ci.nsIProcess);
try {
  var args = [window.content.location.href];
  process.init(file);
  process.run(false, args, args.length);
}
catch (ex) {
  alert("Failed to execute: " + OP_PATH);
}

JSActionsのglobal用

Firefoxで開いているページをOperaで開くJSActions用コード。"HideAway Firefox BBS" の「Opera で開く [addTab]」を改造。

var operaPath = "D:\\PrivFold2_pg\\Opera\\Opera.exe";
var docURL = window.location;
_jsaCScript.exec(operaPath, docURL);

JSActionsのlink用

FirefoxでフォーカスしているリンクをOperaで開くJSActions用コード。これも "HideAway Firefox BBS" の「Opera で開く [addTab]」を改造。

var operaPath = "D:\\PrivFold2_pg\\Opera\\Opera.exe";
var docURL = _jsaCScript.context.link.href;
_jsaCScript.exec(operaPath, docURL);

さらばOperaViewよろしくFirefox。

JSActionsスクリーンショット

:nth-child()のnthは何の略か

  1. 2ちゃんねるのOperaの初心者スレッドをなにげなく読んでたとき :nth-child() という擬似クラスを知る。CSS3で登場した新顔らしい。
  2. これについて調べてるうちに、「nth って何の略だろう」という、わりとどうでもいい疑問が湧いてくる。
  3. "nothing" ? 「notation hなんとか」「no tなんとか hなんとか」…
  4. n がたぶん numbered または number の頭文字であろうとすぐに気づく。
  5. しかし th が何なのかさっぱりわからない。英語圏のサイトをぐぐっても出てこない。
  6. 30分後やっと気づいた。nth の意味。
  7. 4th, 5th, 6th... そういうことですか、そうですか。無駄に消費してしまった30分でしたね。
  8. 悔しいのでリスト要素に :nth-child() を組み込んだHTMLをつくって表示してみた。
擬似クラス :nth-child() の実験
<style type="text/css">
<!--
li:nth-child(odd) {
color:black;
background:wheat;
}
li:nth-child(even) {
color:black;
background:mistyrose;
}
-->
</style>

色彩感覚には全く自信がないので、うちのブログのテンプレートにこういうのを組み込む予定はない。

関連

Me thinks it's grammatical

methinks という古めかしい語彙

シェークスピア (William Shakespeare) の戯曲「真夏の夜の夢」(A Midsummer Night's Dream) の1節。

Another moon: but, oh, methinks, how slow
This moon wanes! she lingers my desires,
Like to a step-dame, or a dowager
Long withering out a young man's revenue.

The Comedy of A Midsummer Night's Dream - Google Book Search - 西暦1600年版】

16世紀の英語だから見慣れない語彙がそこかしこにある。上記引用で言えば methinks など。これはもちろん "me thinks" を縮めたもので、"I think" という意味。I じゃなくて me。1人称なのに think のうしろに s をくっつける。奇妙奇天烈な語彙。

代名詞の屈折にはイギリス内で地域偏差があるし、今日の標準的な屈折が決まるまで紆余曲折があった。me は今日では目的格としてしか使えないけど、これを主格として使う地域もあった。だから "I think" と言うかわりに "me think" と言ってもよかったわけだ。

非人称の it が消滅したので文法が見えにくくなった

しかし事態はもう少し複雑なんだ。Juken Engrish やTOEICの専門家の多くはこういう問題を「単なる方言またはスラング」の一言で済ませてしまっているようなので、オイラがここで簡単に説明しておく。

  • It thinks to me he is ill.

ここから非人称の it が省略され、語順が変わり、

  • Methinks he is ill.

になったとするのが英語史の通説。確かにこの理屈なら動詞の末尾に不自然な s がくっつく理由も説明できる。

as you please って、不思議な英語だよなぁ」という素朴な疑問を持った中学生時代

methinks なんて今じゃ教会の中とか韻文ぐらいでしか使わないと思う。しかしこれと全く同じ種類の古臭い表現は今もなお現役として生き残っている。

中学生だったころ、"if you please" とか "as you please" という表現を知ってオイラは不思議に思ったものだよ。なんでかっていうと、please って「喜ばせる」という意味の他動詞でしょ? だとすると、"if you please" とか "as you please" っていう表現は明らかに変。主客転倒してる。

「慣用句だから難しく考えるな」というおバカな意見は論外だけど、「この please は『喜ぶ』という意味の自動詞である」という苦しまぎれの説明をする辞書もある。

しかし事実は意外と論理的なのであった。"if you please", "as you please" はかつてそれぞれ以下の形をとっていた。

  • if it please you
  • as it please you

ここから非人称の主語 it が消え、語順が変わり、"if you please", "as you please" になったという説が有力。つまり you は主語ではなく目的語なのだ。

スコットランドの方言に傍証がある。下記の例文はいずれも "If you please" の意で、#2に注目。anif の意。

  1. An thou likest.
  2. An it please ye.
  3. An thou wult.
  4. An ye wult.
Elizabethan for Scots Dialect.PDF - Ellyn Parker-Neal

参考

  • 鈴木寛次著「発想転換の英文法」(丸善ライブラリー)

Firefoxのロケーションバーでブックマークレットを実行したあとフォーカスをコンテントエリアに確実に当てるコード

  1. 任意のブックマークレットに割り当てたキーワードをロケーションバーにタイプする。
  2. Enterキーを押してスクリプトを実行する。
  3. ページをスクロールしようと思ってSpaceキーを押す。
  4. しかしページがスクロールしない。
  5. フォーカスがロケーションバーに残っていることに気づく(当該ページに対してJavaScriptの許可/不許可をどう決めているかで話は微妙に変わるので、フォーカスがコンテントエリアに移る場合もある)。
  6. がっかりする。

こういうことを何度も何度も繰り返す毎日を過ごしているので、はなはだ遺憾である。

だが mozillaZine Forums でkeyconfigの開発者dorandoさんのレスを読んでひらめいた。

dorando
Posted July 5th, 2008, 10:12 am

robertmarley wrote:

Is it possible to assign a shortcut key as mouseclick (code please)?
Or just to focus to website.

Try

Code: Select all
content.focus();

keyconfig 20080929 . mozillaZine Forums

dorandoさんがおっしゃってる content.focus(); っていうコードを全ブックマークレットの末尾に必ず加えておけば絶対こんな悲しい思いはしない。

たとえば、

javascript:dT30FfN3b=new%20Date();void(window.open('http://b.hatena.ne.jp/entry/'+location.href,'w'+dT30FfN3b.getTime()));

というブックマークレットであれば、

javascript:dT30FfN3b=new%20Date();void(window.open('http://b.hatena.ne.jp/entry/'+location.href,'w'+dT30FfN3b.getTime()));
content.focus();

っていうふうに書けばよい。Many a thanks, dorando.

GoogleMapsで性犯罪者の住所を調べる

数日前初めて知った。Google Maps を使って性犯罪者の顔写真、住所、勤め先を調べる Family Watchdog (National Sex Offender Registry)。2005年から始まっているサービス。登録すれば、前科のある人たちが転居してもそれをメールでお知らせしてくれる。調べてみると、米国司法省がこのサイトに関わっている。そういえばアメリカは出所した人たちをモニターする仕組みが発達した国だったよなあ。

Family Watchdog のスクリーンショット

具体的には児童虐待、強姦、性的暴行などの犯罪者が追跡の対象になる。具体例。

こんな恐ろしいFAQがあった。不謹慎にも笑ってしまったけど、こういうことが笑いごとにならないのがアメリカという国。

Should I confront someone on your list? Can I make them move?

No. Harassing anyone on the offender registry is a misdemeanor and can be punished by both a fine and jail time. The purpose of this service is to allow you to identify sexual predators that you may come in contact with, not as a tool to hunt them down and run them out.

【Family Watchdog FAQ】

アメリカに留学している日本人学生の間ではけっこう知られている模様。日本でも将来これに似たWebサイトが生まれる予感がする。

文字と背景色を切り替えるスクリプト

This is a bookmarklet to toggle colors of text and background. Don't get me wrong. It don't just disablde or change colors but toggle them. You isn't need to reload the page when you restore the original color, you know.

Background black, text white. Change the colors as you please. You can also change asterisks, which is wildcard, into any proper elements (P, A, and so on).

これはテキストと背景の色を変えるブックマークレット。特定の色にするのではない。「特定の色にする/元の色に戻す」をトグルする(切り替える)スクリプト。よって元の色に戻したいときページをリロードする必要はない。

javascript:if(frames.length>1)alert('This \ bookmarklet does not work with frames.');else{var lnks=(document.all)?document.all.tags('*'):document.getElementsByTagName('*');for(nIx5Bs=0;nIx5Bs<lnks.length;nIx5Bs++){with(lnks[nIx5Bs].style){if(backgroundColor=='black'){void(backgroundColor='');void(color='')}else{void(backgroundColor='black');void(color='white')}}}}

これをFirefoxのJSActions用スクリプトとして動かすと "This bookmarklet does not work with frames." なんてアラートが出てくる。うーむ…

JSActionsが呼び出すのは外部のJavaScriptだ。それゆえページ全体を1個のフレームとみなしてしまうんじゃなかろうか。こういうときシロートは安易に考える。だったら「if なんとか」っていうのを外しちゃえばいいじゃん。The script for JSActions is as follows.

javascript:{var lnks=(document.all)?document.all.tags('*'):document.getElementsByTagName('*');for(nIx5Bs=0;nIx5Bs<lnks.length;nIx5Bs++){with(lnks[nIx5Bs].style){if(backgroundColor=='black'){void(backgroundColor='');void(color='')}else{void(backgroundColor='black');void(color='white')}}}}

スクリーンショット。

unfavorable page

awesome color

これらのスクリプトは "Bookmarklets (JavaScript Favelets)" に置かれている Highlight Links を自分なりに改造したものです。Very, very thank you so much, Steven Faulkner.

ウィンドウサイズを変更するのではなく切り替えるスクリプト

調べてみると、ウィンドウのサイズを変更するブックマークレットは昔からある。最近では「ウィンドウサイズを変更するブックマークレット - IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ ~」で広く知られたらしい。出典は "CreativeTechs Tips: Resize Your Web Browser with Bookmarklets." かな。

素晴らしいけど、これだと2つのブックマークレットすなわち「800 x 400 にするブックマークレット」と「full screen にするブックマークレット」が必要。でもオイラは1個のスクリプトでトグルしたいのだ。サイズを「変更する」のではなく「切り替える」スクリプトは不可能なんだろうか。Does anyone know how to toggle window size by javascript?

ドザのオイラが Mac OS X のフォーラムで発見。日付は約2週間前だ。

these bookmarklets won't work when javascript is disabled (say with NoScript). it's better to resize the window using the browser code; here's what i use to toggle window size:

(window.outerWidth == 1024) ? window.resizeTo(800,768) : window.resizeTo(1024,768);

use KeyConfig, FireGestures, etc. to trigger it.

macosxhints.com - Create a Mac-friendly Firefox window resize bookmark

ra4ulさんがおっしゃってるとおり、keyconfigならこのままでおk。FireGesturesでもできるらしい。Many a thanks, ra4ul.

ブックマークレットならどう書けばいいんだろ。javascript の「ジャ」の字も知らないので、思いつきで "javascript:" という文字列を加えてみた。動いた♪

javascript:(window.outerWidth == 1024) ? window.resizeTo(800,768) : window.resizeTo(1024,768);

ブックマークレットはWindowsのFirefoxで動くことを確認。Operaではウンともスンとも言わないので、Operaな人たち、あとは頼みます。

Operaの Go to page をFirefoxにパクる

Operaの "Go to page, "http://www.example.com/"" というアクションをFirefoxのコンテキストメニューに入れたい。つまりコンテキストメニューから特定のページを開く。

ダミーの検索エンジンをつくって改造する

searchplugins フォルダにダミーの検索エンジンをつくり、「なんとか.xml」というファイルを開く。

<SearchPlugin xmlns="http://www.mozilla.org/2006/browser/search/" xmlns:os="http://a9.com/-/spec/opensearch/1.1/">
<os:ShortName>はてな検索</os:ShortName>
<os:Description>はてな検索</os:Description>
<os:InputEncoding>UTF-8</os:InputEncoding>
<os:Image width="16" height="16">data:image/png;base64,iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAAABAAAAAQCAYAAAAf8/9hAAAAcUlEQVQ4jWN4/eHnfxh+8PLX/55F7+A4qPI5Bp8BHcA0Pnj56//xS0/gCoMqn//Xij+Jwae+ATCNMAxTCMPofKwuQA4DQnyMMEH3AiE+hpcoNgA9DAjxSQ6TkZAuCPmJULpgIOQkQtFKuQGE4pVQugAA3cmhTB1zHxAAAAAASUVORK5CYII=</os:Image>
<os:Url type="text/html" method="GET" template="http://b.hatena.ne.jp/search">
  <os:Param name="ie" value="utf8"/>
  <os:Param name="q" value="{searchTerms}"/>
</os:Url>
</SearchPlugin>

boldの部分を削除し、http://b.hatena.ne.jp/searchhttp://www.example.com/ などに変える。下記は変更後。

<SearchPlugin xmlns="http://www.mozilla.org/2006/browser/search/" xmlns:os="http://a9.com/-/spec/opensearch/1.1/">
<os:ShortName>test</os:ShortName>
<os:Description>test</os:Description>
<os:Image width="16" height="16">data:image/png;base64,iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAAABAAAAAQCAYAAAAf8/9hAAAAcUlEQVQ4jWN4/eHnfxh+8PLX/55F7+A4qPI5Bp8BHcA0Pnj56//xS0/gCoMqn//Xij+Jwae+ATCNMAxTCMPofKwuQA4DQnyMMEH3AiE+hpcoNgA9DAjxSQ6TkZAuCPmJULpgIOQkQtFKuQGE4pVQugAA3cmhTB1zHxAAAAAASUVORK5CYII=</os:Image>
<os:Url type="text/html" template="http://www.example.com/">
  </os:Url>
</SearchPlugin>

検索エンジンを呼び出すふりをして特定のページを呼び出す

完成。"test" という名のダミーの検索エンジンが http://www.example.com/ を開いてくれる。

ConQueryのスクリーンショット

上は現在愛用している ConQuery のスクリーンショットだけど、コンテキストメニューから検索エンジンを呼び出す拡張であれば何でもいいと思う。サブメニューの中に入れてもいいし、アイコンはデータスキームがどうたらこうたらで変更可。

この方法の利点。

  • それ専用の拡張をわざわざインストールするのではなく、既にあるもの(コンテキストメニューから検索エンジンを呼び出す拡張)を活用しただけ。
  • 万年IT初心者であるオイラでも簡単にできる。ここ重要。

「よく訪問するページはブックマークツールバーに置けばいいじゃん」「つ Places, SpeedDial」なんて野暮なことを言ってはいけない。コンテキストメニューに組み込みたいという需要は絶対にある。

この方法ではブックマークレットの実行はできないのかなあ

そもそもなぜこんなバカみたいなことを思いついたかというと、「数が増えすぎたブックマークレットをコンテキストメニューに一覧表示したい」と思ったから。

でもブックマークレットの場合「なんとか.xml」にどういう記述をすればいいのか調べてもわからなかったので結局 JSActions を使うことにした。ちなみにこれと同じことをJSActionsでやるには「なんとか.js」に、
gBrowser.loadURI('http://www.example.com/');
と書くだけでいい。

「コンテキストメニューからスクリプト呼び出し」で有名なのは "ContextMenu Extensions" だけど、ヘルプを読んだだけでおなかいっぱいになった。

関連

オバマでiKnow!

バラク・オバマ氏のアメリカ大統領就任式がおこなわれた。現地時間ではきのうになるのかな。たしか去年の演説が本とCDになって日本でも40万部を越えるベストセラーになってるんだよね。

で、iKnow!がオバマ新大統領の演説を教材にした。コンピュータで合成された声でもなく、声優が日本人向けに不自然にゆっくりしゃべった声でもない本物。2008年11月4日の演説。
blog - Japan - site-blog-category- - iKnow! - “歴史上のスピーチを学ぶ”シリーズが誕生!

このコースは新シリーズ「歴史上のスピーチを学ぶ」の第1弾であり、iKnow!は今後コンテンツを増やしていくらしい。歴史に残る人たちの声で英語を学べるというのはいいね。個人的には毒舌チャーチル (Sir Winston Leonard Spencer-Churchill) の演説に興味あるけど、音質の問題があるからなぁ。

このコースシリーズでは、歴史的に有名なスピーチを紹介していきます。
偉人たちのさまざまな言い回しやアクセントはもとより、彼らの主張にも耳を傾けてみてください。
また、英語の知識だけではなく、歴史、政治についても同時に吸収してください。

セレゴ・ジャパンでは、彼らのスピーチを最も効率的に学習に役立てていただけるよう、
例文のオーディオには全て生音声を使用し、また訳文の作成にもプロフェッショナルのチェックを入れるなど、ハイクオリティな学習コースとしてこれらをご提供させていただきます。

また、ユーザーの皆様がご興味をもたれているスピーチを優先してお届けしていきたいと考えております。
ご希望ががございましたら、各コースのディスカッションやお問い合わせフォームまでリクエストをお寄せください。

歴史上のスピーチを学ぶ - iKnow!

関連

ようするに横長ディスプレイが悪いのさ

この話題は何度もループしてるような気がする

うちのブログはリキッドレイアウト。ただし2カラム。これは完全にオイラの好み。ほいでもって「小さいウィンドウのことも忘れないで下さい - ま゚゚」と、そこに貼られているリンク、その周辺、はてなの人たちの反応などをざっと読んだ。なんかこれと似たような話題は半年か1年ごとに聞いてるような気がするなぁ。

この問題はパソコンのディスプレイが横長であることに起因するとオイラは思ってる。横長はテレビのブラウン管を模倣したことに由来するらしいんだけど、縦長ディスプレイが主流だったら2カラムとか3カラムなんていう発想は出にくかっただろうし、こういう面倒くさい事態にはならなかったはず。

紙の文書は縦長なのに…

本来横書きの文章ってのは横幅を縦幅よりも狭めて1行あたりの文字数を適度に減らして表示したほうが読みやすいに決まってる。A4サイズの紙の文書なんかがそうでしょ? あれを90度回転させて横幅を広くしてしまったら読みにくいことこの上ない。ようするに行の末尾にある情報と次の行の冒頭にある情報が物理的に離れすぎると脳内で情報の連結が困難になるってことだ。

しかしものごとには限度というのがあって、「Mozilla Firefox Thunderbird の拡張あれこれ-MEMO」のように、1行あたりの文字数を減らしても読みにくさが改善されない事例もある。これは「単位面積当たりの情報量があまりにも多いと、ヒトの脳はそれを情報処理するのが困難になる」というふうに解釈すべきか。

「ヒトの視野は横長だから横長ディスプレイのほうが見やすい」っていうのは本当かな?

パソコンのディスプレイは一部の業務用を除いて横長が主流になっている。これに関しては「ヒトの視野が横長だから横長ディスプレイのほうが見やすい」という俗説がある。これはおかしい。三浦つとむ著「日本語はどういう言語か」にも書いてあったけど、ヒトの視野が横長だからこそ横書きの文章は情報が大量に視線に入ってしまい、かえって読みにくいと感じられることがあるのだ。縦書きされる日本語の場合、情報が適度にブツ切りされて視線に入ってくるから、そういう意味では有利とも言える。

今こそ縦長ディスプレイだ

その昔OASYSというワープロ専用機があって、ずんぐりむっくりしたブラウン管があって、そいつがなんと縦長のディスプレイ装置だったんだ。あれは使いやすかったよ。

結論が出た。さあ、縦長ディスプレイを復活させよう。そこは妙な余白も2カラムも3カラムも出現しえない世界。「リキッドは読みにくい」「ウィンドウ幅ぐらい自分で調整しろよ」という声もなくなるぞ。

関連

  • 読みにくいWebページとは何か
    個人的な好き嫌いをだらだら述べただけのエントリ。少し反省。
  • Opera のドキュメント - Extensible Rendering Architecture
    水平スクロールを要求されるページを強制的にウィンドウ幅に収めてしまう試み。略称ERA。これってあまり知られていないみたいだけど、これがあるからオイラはときどきOperaを使うのだ。
  • CreativeTechs Tips: Resize Your Web Browser with Bookmarklets.
    ウィンドウを元のサイズに戻す、最大化にするブックマークレット。これいいね。Safariを想定してるみたいだけど、FirefoxとIEでも動く。

Opera + 外部エディタでソースを開けなくなった件

Operaから EmEditor free version 6.00.4 (オイラが使ってるテキストエディタ)で突然ページのソースを開けなくなった。たしか1~2ヶ月ほど前からの現象だったと思う。EmEditorのほうは全く設定を変えてないし、バージョンも変わってないから、Operaのアップグレードの影響を受けたことは間違いない。

以下、EmEditorが発するメッセージのスクリーンショット。決してネタではない。

EmEditorのメッセージのスクリーンショット

EmEditorのメッセージのスクリーンショット

EmEditorのメッセージのスクリーンショット

EmEditorのメッセージのスクリーンショット

EmEditorのメッセージのスクリーンショット

このような5個のメッセージを連続表示したのち、EmEditorはやっとこさ "Documents" と "and" という拡張子なしのふたつの新規ファイルを開く。やれやれ。もちろん中は空っぽ。しかもOperaは自らがインストールされてるディレクトリに一時ファイルをつくりやがる。

EmEditorスクリーンショット

Firefoxのほうで当該ページを開きなおせば済む話なのでずっと放置しといたけど、重い腰を上げ、解決策を探った。

Opera設定スクリーンショット

default application をやめ、あらたに other application のほうにEmEditorをのパスを指定してみたらあっさり解決。parameter の %s は指定しても指定しなくてもいいみたい。

解決したとはいえ、どっかの設定ファイルが壊れてる可能性が高い。Opera10が正式公開されたときクリーンインストールすればいいや。

Operaのバージョン、OSなど
Opera/9.63 (Windows NT 5.1; U; en) Presto/2.1.1
Opera.exeのパス
D:\PrivFold2_pg\Opera\
Cache Directory4 のパス(「フルパス」と言うべきか?)
C:\Documents and Settings\userid\Local Settings\Application Data\Opera\Opera\profile\cache4\

関連

歌劇に屍は似合わないという話(その1)
2年前(2007年)のエントリ。UserCSSのパスに全角スペースが混じってると当時のOperaはそれを参照してくれなかったという話。このバグは修正されてるはず。懐かしいなあ。

今年の流行語大賞は I am just an Obama.

不定冠詞、定冠詞、固有名詞の組み合わせ
the George Bush, a George Bush

英語の定冠詞 the の直後に固有名詞が来る "the George Bush" のような例は珍しくない。マーク・ピーターセンの「日本人の英語」(岩波新書)にもそういう例がある。「あのブッシュさん」という感じ。

例 — Wow, you ain't any longer the George that I knew once.

でも下の文章を見つけたときは愕然とした。固有名詞の直前に不定冠詞 a があるんだから(bold指定は引用者)。

It should be noted that there was a George Bush who was a professor of Hebrew and Oriental Litterature at the New York City University (I guess this was the old name of CUNY) in the 1830s.

George Bush has authored a Grammar of the Hebrew language that has been digitalized by Google.

George Bush was also a Bible scholar. A notable work of George Bush is “The millenium of the Apocalypse“.

Improbable Research ? Blog Archive ? George Bush, scholar (continued)

もう1個例を出してみるか(bold指定は引用者)。

The next question is from a Mr. Lance Armstrong of Austin, Texas: "I hear rumors that, once again, I have finished second in the voting for the IHT man of the year in bicycle racing. Last year, I lost out to a corpse; who is it this time, a spectator?

A cyclist for all seasons - International Herald Tribune

"an Oizumi" は「全国にたくさんいる普通の Oizumi のひとり」

固有名詞の前に不定冠詞 an, a があるとどういう感覚が得られるか。

(初対面で自己紹介する場面で)
"I am Yo Oizumi."
"Oh, you are the Oizumi, the famous actor ?"
"No,no,no, I am not an actor. I am just an Oizumi".

「大泉です。」「え?あの有名な大泉さんですか?」「いえいえ、とんでもない。私はただの大泉ですよ。」って感じでしょうか。この場合冠詞は形容詞のような働きをしますので、固有名詞にだってつけられます。ただし、文章中ではItalicにするのだとか。
the Oizumiで「話し手にとっては1人しかいない有名人の大泉さん」(世間全判で有名かどうかは別な話)、
an Oizumiで「全国にたくさんいる普通の大泉のひとり」。

科学論文に役立つ英語:冠詞

感動したので引用した(italic指定は引用者)。

数日後 Barack Obama さんがアメリカの新大統領に就任する。日本にも「小浜」という苗字の人がたくさんいるから "I'm an Obama." が今年の流行語大賞になる…かもしれない。

結論

an, a は複数の中から任意の1個を抜き出す冠詞である。複数のものが存在し、その中の1個に焦点が当たっている感覚をつかむべし。

関連

ナショナルジオグラフィックのPipes

gooニュース経由でナショナルジオグラフィック公式日本語サイトの「アリは違反者をかぎ分け攻撃する」と「砂糖よりも塩を求める内陸のアリ」を読んだ。あとで英語の勉強をかねて "Ants Smell Cheaters and Assault Them, Study Finds" と "Inland Ants Crave Salt, and Hurricanes May Help" も読んどくか。

ここは日本のブロードメディア株式会社と米国のナショナルジオグラフィック社(National Geographic Ventures, Inc.)が共同で運営しているそうで、日本語吹き替えの動画が豊富にある。こんなすばらしいサイトを今まで知らなかった自分を情けなく思う。

ニュースのRSSがあるけど、全文配信ではない。Google Reader では261人が購読している。うーん、全文配信で読みたいんだけどなぁ、と思って調べたら Yahoo! Pipes が公開されていた。

どこのどなたか存じませんが、ino46さん、ありがとうございます。
(Twitter検索したらそれっぽい人がいらっしゃいましたが)

聞々ハヤえもんでグローバルホットキーが使えることに気づいた

グローバルホットキーがあるメディアプレーヤーはやっぱりうれしいね

音声ファイルの再生速度や音程を自由自在に変更できるメディアプレーヤー「聞々ハヤえもん」のVersion 2.26安定版(Windows専用)が出ていることを知り、さっそく使ってみた。このソフトはもともとほとんどの操作がキーボードだけでできるんだけど、いつのまにかグローバルホットキーが使えるようになっててぶったまげた。

聞々ハヤえもんのスクリーンショット

オープンソースだったのか…

設定をいじったり、使い方をぐぐってみたりしてるうちに、このソフトについて今まで自分は詳しく知っていなかったことに気づき、恥ずかしくなった。

  • ABループができる。
    ABリピートと言うんだかABループと言うんだか知らないけど、ようするに音声ファイルの特定の部分だけをリピート再生する。語学でこれが重宝する。
  • 速度や音程を変えて新規ファイルをつくれる。
    カラオケの練習でこれが役に立つかもしれない。Lameっていうのが必要。
  • 聞々ハヤえもんはオープンソース。
    タロさんをはじめとする複数の人たちによって開発されているらしい。「オープンソース」と聞くと血湧き肉踊る私。
聞々ハヤえもん|再生速度/周波数/音程を変更できる、耳コピ、カラオケ/楽器/ダンス/英語のリスニング練習、テープ起こし等に便利なMP3プレーヤとして公開中のオープンソースのフリーソフト
開発元。
速聴するためのmp3音声ファイルを作成 : ai11
音程や速度を変更するソフトは他にもたくさんある。それらを詳しく比較、解説したサイト。なるほど。

foobar2000で同じことをやれるプラグインSoundTouch

DSP - foobar2000 Wiki - SoundTouch
できれば聞々ハヤえもんを使わずにfoobar2000で同じことをやれればうれしいので foo_dsp_soundtouch.dll をインストールしてみた。しかしいちいちSoundTouchの設定ダイアログを開かないと tempo, pitch, rate を変更できない。相当するキーボードショートカットがつくられない。メニューバーやコンテキストメニューの中に tempo, pitch, rate を変える項目が現れない。これはこういうものなのかな。

アル・ヘイグと英雄ポロネーゼ

アル・ヘイグ (Al Haig, 1924-1982) は奇異な行動をする人として知られていた。「狂気のピアニスト」と呼ぶ人もいるけど、なぜそう呼ばれるのかは知らない。話をしている途中で突然「英雄ポロネーゼ」(Heroic Polonaise) を弾き出したという逸話がよく知られている。そうか、ショパン (Fryderyk Franciszek Chopin) が好きだったのか。

先日NHKのクラシック番組を見ていたら、たまたま「英雄ポロネーゼ」が聴こえてきた。弾いていたのはブーニンだったと思う。ショパンの作品というと女々しいピアノ曲ばかり思い浮かべてしまい、あまり良い印象を持っていないんだけど、こういう音楽も残してるんだね。

imeemでヘイグの音楽を探したけど、あまりなかった。

1954年フランスからニューヨークにやって来た録音技師がVogueレーベル向けに録音したのが有名な "Al Haig Trio" というアルバム。Vogueに雇われたこの録音技師が自らの所有するレーベルEsoteric用に「もう1枚レコードをつくろう」とヘイグに提案して吹き込まれたのが "Jazz Will-O-The-Wisp" というアルバム。しかしヘイグは結局レコード1枚ぶんのギャランティー(Musicians Union で決められてた額)しか受け取れなかった。つまりフランス人録音技師はレコード1枚相当の支払いで2枚のレコードをつくることに成功したわけだ。

1日でレコード2枚ぶんの録音。しかしギャランティーは1枚ぶん。まあ、ジャズの場合こういう金銭にまつわる笑い話(?)はめずらしくないし、当時はおおらかだったっていうことなんだろう。両盤ともリハーサルなしで全曲1回のテイクで済ませている。

上のimeemのFlashオブジェクトで聴こえてくる "If I Should Lose You"(作曲は Leo Robin, Ralph Rainger)は "Jazz Will-O-The-Wisp" のセッションの1曲。CDだと2枚のアルバムが1枚にカップルされてるかもしれない。

"Jazz Will-O-The-Wisp" をレコード棚から探そうとしたけど、行方不明。そういえば半年前に引越ししてからLPレコードの整理を全くやってなかったなぁ。

関連

年が明けても自称愛国者たちは惰眠をむさぼる

これだけ景気が冷え込み、住む家を失っている人たちが増えているにもかかわらず、自称「愛国者」たちの動きは鈍いね。「嫌韓」だの「国籍法改正案」だのやってる暇があるなら、今まさに死につつある自国の国民をいかにして救うかの議論をもっとやったほうがいいのに。「人気ブログランキング」の「政治」カテゴリ http://blog.with2.net/rank1510-0.html の上位にあるゴミブログをいくつかざっと読んだけど、ひどいもんだわ。

全く期待してないけど、維新政党・新風のWebサイトをのぞいてみたけど、これまた読む価値なし。

asahi.com(朝日新聞社):派遣切り、限界集落…そこに「共産党」―ルポにっぽん - 政治
彼らはこういうのを見て歯がゆく思わないのかな。どうせ暇なネトウヨ脳たちがこの記事が本当かどうか検証してるんだろうけど、ご苦労なことだね。そんな暇があるんなら…

国を守るっていうのは国民を救うことじゃないのか。日共がやる前にあなたたちがやるべきじゃなかったのか。「貧困の問題をイデオロギーの問題にしてしまったのが不幸の始まり」「年越し派遣村で憲法改正反対を訴える連中がいる」などの寝ぼけた屁理屈はどうでもよい。とりあえず彼らを救う方策を語ってくれ。飢え死にするかもしれない彼らを救う道を探ってくれ。マルクスが「ドイツ・イデオロギー」を書くよりはるか昔から貧困の問題はあったんだ。

「愛国」を訴える政治家や政治活動家にとっては今こそが勢力を拡大する好機だ。ナチスがやったようなユダヤ人狩りや共産主義者狩りを真似てもらっては困るけど、「飢えている人をとにかく救う」という、たったこれだけのことを実現するために何らかの行動を起こしてくれれば彼らの株もはね上がる。とにかく行動あるのみ。この千載一遇の機を逃してどうする。

年が明けても彼らは呑気だ。いずれ「愛国」「保守」という看板が嘘であることがばれてしまうのに。ネトウヨ脳たちだっていつかはそのことに気づくのに。

Googleの新ファビコンは美しい色だけど、また変わるかも

Official Google Blog からちょっと引用。postしたのは Marissa Mayer っていう人。

昨年6月Googleは新しいファビコンを展開しました。このブランド戦略の重要な部分についてみなさまの作品を募りましたところ、多くの応募をいただき、感銘を受けました。お寄せいただいた作品に触発された新たなファビコンを本日ここにご紹介することができ、喜ばしく思います。最終的に完成したファビコンは今回の募集に参加していただいた中の一つを再解釈したものですが、多くのみなさまの図案を部分的に取り入れております。

Official Google Blog: Google's new favicon

今回採用されたのはブラジルの University of Campinas で computer science を専攻してる André Resende という学生の図柄。Resende さんが g の文字を中央に寄せた Web Developer 的発想はなんとなく理解できる。でもって、それを少し変更して左に寄せたGoogleの美的感覚もなんとなくわかる。

以前のはNTTレゾナントのgooのファビコンに似ていてちょっと紛らわしかった。Googleのファビコンといえば大文字の G が中央にでっかく鎮座していたもののほうがすっきりしていて好きだった。今回のは美しい色使いのファビコン。悪くない。

Googleのファビコン

しかしGoogleのMayer氏が同postで、

While I'm sure we will update it again, we also hope our new favicon inspired by Andre is a warm, colorful beacon to Google on your browser tabs and bookmarks.

と発言している件(くだり)が気になる。また数ヵ月後には変更かな? ファビコンというのはどれがどのサイトなのか瞬時に判別するためのものなんだから、これをたびたび変更しちゃうとどれがGoogle関係のタブなのか判別しにくくなっちゃうと思うけどねぇ。

過去形と現在完了形を比較すること自体が誤りである

完了形の文章が今日の形に決まるまでの歴史

英語史の話。ときどき考える。なぜイギリス人は完了形の文章に have という動詞を選んだんだろ。他の動詞(be, get など)でもよさそうなのに。

正確に言うと、過去には have のかわりに be が完了形で使われる事例もあった。概説書にはよく以下のような例文が掲載されている。

  1. He has heard the shocking news.
  2. He has the shocking news heard.
  3. He is gone away.

上3つの文章はいずれも「完了」を表現しうる。結果的に#1の形だけが正しい(?)完了形として残ったわけだけど。

#2の形は動詞の過去分詞の位置が今日の文法とは異なる。この形はいわゆる「使役」の形に置き換わった。ってゆーか大昔のイギリス人は「完了」と「使役」を峻別しない包括的な表現を有していたとみるべきかな。

他動詞ではなく自動詞(go, come など)なら、be を使う#3の形が許された。今日でも他の印欧語(スラブ系とか)では他動詞も許されるらしいけど、詳細は不明。
この形があまり使われなくなっていったのは、受動態とまぎらわしいからかもしれない。ただしこの形は今日でも見かける。大衆音楽の歌詞には "Where is she gone?" のような文章はいくらでもある。be を使う完了形は決して過去の遺物ではないし、特殊な事例でもない。

ここで少し話を脱線

上記3つの例文を見ればわかるように、大昔のイギリス人は「使役」「受身」「完了」を厳密に区別していたわけではないようだ。動詞 be, have と一般動詞をどう組み合わせるか。動詞をどう屈折させるか。語順をどうするか。先人たちのこういう試行錯誤の痕跡と曖昧模糊とした肌触りは今日にいたるまで残っている、と私は思ってる。日本語の助動詞「れる」「られる」が「受身」「自発」「尊敬」「可能」を包括しているのと同じようなものかもね。

「分類」という行為が例外なく例外をつくり出すとしたら、その分類に一体全体どんな意味があるというんだろうねぇ

英語教育の専門家は「過去形」と「現在完了形」を比較して説明することに熱心だ。彼らがよく言う説明に「過去の出来事が現在まで続いていれば現在完了形を用いる」っていうのがある。

でも「過去の出来事が現在まで続いていても」完了形じゃなくて普通の過去形が用いられる事例はゴマンとある。彼らはこういうのを「例外」と称してとりつくろうのが好きだ。例外をつくり出す分類に平然としていられる神経をお持ちなら最初から分類などしないほうがよいと私は思う。

have は地味だけれど、力強い動詞

「過去の出来事が現在まで続いていれば現在完了形を用いる」なんていう法則など英語にはない。過去形と現在完了形の比較は「哺乳類とペンギン、どっちが好き?」と質問するのと同じぐらい不毛なんだけど、いちおうやっとく。

  • 距離感を得たいなら動詞を過去形にする。
  • 「今、ここ」にぐっと引きつけたいなら動詞を過去分詞にして have と組み合わせる。

説明はこれで終了。これだけでじゅうぶん。以下、例文。

  1. He heard the shocking news.
    いわゆる「過去形」。現在まで続いている出来事についてもこの表現は許されるけど、少し距離を置いて出来事を見つめている雰囲気がある。
  2. He has heard the shocking news.
    いわゆる「現在完了形」。過去の出来事を「いま、ここ」に引っぱってきて語っている。「引っぱってくる」ことを可能にするのが動詞 have の力。
    「彼は have する。"heard the shocking news" という出来事を」

一般的に「現在完了形」と称されている#2は普通の「現在形」と何ら変わりない。ようするに have の隣りに動詞の過去分詞をくっつけただけでしょ。過去の出来事を「いま、ここ」に have する。まぎらわしいから「完了形」なんていう用語は廃止したほうがいいかもね。

おまけ

「完了の have は動詞ではなく助動詞です」という文法書の記述は半分正しく半分間違い。言語を学ぶ人はその言語の歴史を知っておいたほうがいいと思います。

関連

have to と must の違いは何に由来するか
getは使役動詞ではない
have を「使役の have」「完了の have」「助動詞としての have」「動詞としての have」…と分類するのは愚か。そんなことをやったら have の力強い意味を見失ってしまう。havehave なのだ。

ホームポジションを崩さずに1行スクロール

Firefoxのキーボードショートカット。デフォルトだとこんなふう。
Ctrl + I
ブックマークサイドバーを開く
Ctrl + K
Web検索バーをフォーカスする

このふたつのキーボードショートカットって全然使ってない。こんな押しやすい組み合わせを使わずに放置しとくのはもったいないことに気づいた。1行スクロールダウン、アップのショートカットとして再利用。

と思ったら上には上がいた。Ctrlキーを使わずに IK だけのほうが楽かも。edvakfさんがこのころ(2007年5月5日)Firefoxを使っていたらしいことに軽く驚く。
keyconfigで半ページスクロール - Pillows in the Water

少し真似した。こうなった。

keyconfigスクリーンショット

キーボードに置く指のホームポジションを崩さずに1行スクロール。しかも片手だけで。やってみると、けっこうこれいいね。

関連

連打ホットキーにわくわくする理由

フリーソフトを使わない理由ベスト5とは? - [フリーウェア・シェアウェア]All About」を読んだ。「ベスト5」というのは「トップ5」または「上位5位」のことだろうけど、野暮なことは言うまい。

  1. 特に必要を感じない(31票)
  2. 動作が保証されず自己責任で使うのが怖い(26票)
  3. 自分にとってベストなソフトを探すのが面倒だから(21票)
  4. PCにあまり多くのソフトをインストールしたくないから(16票)
  5. 以前にフリーソフトを使って酷い目に遇って懲りたから(11票)
逆に「フリーソフトを使う理由トップ5」というのを世間の人たちに訊いてみたいよ。オイラだったら「パソコンショップでは売ってない便利で愉快なソフトがあるから」と答えるだろうね。たとえば「連打ホットキー」というフリーソフトを最近知ったんだけど、これと同じことをやれる市販のソフトを寡聞にして聞いたことがない。
窓の杜 - 【REVIEW】複雑なショートカットキーを特定キーの連打で簡単実行「連打ホットキー」

連打ホットキーのスクリーンショット

「連打ホットキー」はキーボードの任意のキーの連打を別のキー入力に割り当てるソフト。Windows用。以下は例。もちろん自由自在に変更可。

  • C を3回連打。
    Ctrlキーを押しながら C を押す。次に V を押す」というアクション。コピーして貼りつけ。
  • X を2回連打。
    Altキーを押しながらSpaceキーを押す。次に X を押す」というアクション。ウィンドウサイズを最大にする。
  • Shiftキーを2回連打。
    Homeキーを押す。次に "Hello, world!" とタイプする」というアクション。クリップボード拡張ソフトの定型文呼び出しみたいなもんか。
  • Down Arrow キーを3回連打。
    Page Down キーを押す」というアクション。ノートパソコンで便利かも。

連打ホットキーのスクリーンショット

さて、これをどういうふうに使おうか。アプリケーションごとの割り当てはできない。たとえば「Firefoxでは F8 の3回連打を使うけど、EmEditorではその連打を使いたくない」という動きは無理。あと、Ctrl + Alt + Del なんてのは不可能みたい。

連打ホットキーのスクリーンショット

「キー連打で複数回のキー入力を実現する」という発想はOperaの「マルチキーストロークショートカット」(と呼ぶのかな?)に似ているかもしれない。いや、全然似てないか。
これを知っとけばきっと便利な Opera のショートカットの設定方法 - opera:hige - チーム俺等

落とし卵は輪っかを使え

VideoJugの料理のビデオで見かけたポーチトエッグ(落とし卵)のつくり方。

ポーチトエッグ (poached egg) を「ポーチエッグ」と呼ぶ人たちがいるのはローマ字英語の弊害かな。まあ、いいけど。それにしてもこれ見てわかったよ、コツが。

いつもは鍋の中のお湯にそのまま卵を入れてしまうんだけど、どうしても形が崩れてしまう。動画にあるように何かの輪っかを使えばいいんだね。こうすれば卵が崩れない。ちなみにお湯に酢を入れるのは白身を手早く凝固させるのに役立つらしい。うーむ。

しかしポーチトエッグだけのためにわざわざ金属製の輪っかを買ってくるのも悔しい。コーヒーカップとか湯飲み茶碗で代用できないかな。アルミ箔を輪っかの形にするとか。

湯飲み茶碗を使ったらポーチトエッグではなく茶碗蒸しができた、という結末になりそうで少し不安ではある。

最悪の年になるだろうけど

年が明けてめでたいと思う人ばかりではないのはわかっている。今年は間違いなく景気が悪い年だ。餓死する人もいるだろう。それでも良い年になることを願うのみ。

富士山の写真

2008年12月27日撮影の富士山。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。