ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンで電子書籍読むならFBReaderだね

電子書籍はiPadやパソコンよりも電子ペーパー端末で読むほうがいいに決まっているが、パソコンで読まなければならない場面もある。ではパソコンで読む場合どのソフトウェアがいちばん良いか。結論としては FBReader が最も使いやすいと思った。日本ではほとんど知られていないのが不思議。

FBReaderはもともとLinuxのアプリだったらしい。Linux, Windows, Zaurus, Nokia, Android, MacOS X などで動く。iPhone, iPadで動くかどうかは知らない。オープンソース、フリー。

Stanza, Calibre, Kindle for PC について

ePub, MOBI などの電子書籍のviewerといえばStanzaとCalibreが有名。MOBI専用だが最近では Kindle for PC なんてのもある。FBReaderのことを書く前にこれらを使ってみた感想を書く。

Stanza

iPhoneのアプリとして有名らしい。Windows向けを使ってみた。

  • ファイル形式の変換など、便利で多機能。
  • iPhoneでは違うかもしれないけど、Windowsではバグが多すぎて閉口した。
  • メモリ使用量が半端ではない。

Calibre

これもiPhoneアプリとして有名なのかな? Windows向けを使ってみた。

  • Calibreが扱える電子書籍端末は Amazon Kindle だけでなく SONY Reader, Barnes & Noble Nook, Kobo Reader, iPad, iPhone, Androidの各種スマートフォンなど幅広い。
  • Calibreと電子書籍端末の関係は「iTunesとiPodの関係」に非常によく似ている。電子書籍を総合的に管理できる素晴らしいソフト。
  • メモリ使用量が半端ではない。泣きたくなる。

Amazon Kindle for PC

  • Ctrl + F で文字列検索できないなど、少機能。
  • メモリ使用量は少ない。
  • 使っていて面白さをあまり感じさせないソフトだが、オイラはKindleオーナーなので表示の確認用に使っている。

FBReader

ここから本題。FBReader。

  • 読めるファイルは ePub, MOBI, TXT, HTML など。PDFは読めない。
  • 背景の色、h1-6要素の色、a要素の色など細かく指定できる。
  • 行間 (line-height) とかマージン (margin-left とか) も自由自在に変更できるよ。
  • インディケーター(今どこまで読んでいるかを示す棒)の太さ、色などを指定できる。これは珍しい。
  • キーボードショートカットを変更できる。ワンキーショートカットも可能。
  • ページ単位のスクロールではなく行単位のスクロールが可能。これは珍しい。そして微妙にうれしい。
  • こんなにカスタマイズできるのに、それでいてメモリ使用量は驚くほど少ない。
  • StanzaやCalibreと違って「HTMLをePubに変換」みたいな機能は全くない。あくまでも電子書籍のviewerに徹している。だから軽量なのかも。

FBReaderスクリーンショット

FBReaderスクリーンショット

細かなバグが少しあるけど、まあ、元々このFBReaderはLinuxのアプリをWinに移植したわけだからね、文句を言ってはいけない。ヘルプがあまりアップデートされていないんだけど、使い方は簡単だから気にしない。

Kindleで動くFBReaderがあればなぁ。

関連

オンラインで日本語電子書籍ファイル変換
非力なパソコンの場合、HTMLやWebページをMOBIとかePubに変換するのはオンラインでやったほうがはるかに楽。
スポンサーサイト

米国で買えないKindle本もある

最近は子供向けに書かれた英語の本をMOBI(またはPRC)の形式で読むことが多い。Amazon Kindle Store でそういうのを物色していたところ興味深い事実が判明した。

  • 日本で買えないKindle本がある。まあ、この事実はわりとよく知られている。
  • それとは正反対の事例もある。すなわち日本では買えるけどアメリカでは買えないKindle本。
Winnie the Pooh: A.A. Milne - クマのプーさん
http://amazon.com/dp/B002ZODPOM
Charlie and the Chocolate Factory: Roald Dahl - チョコレート工場の秘密
http://amazon.com/dp/B002RI9BB2

以下はAmazonのページを日本とアメリカでブラウズしたときのスクリーンショットの比較。オイラは日本に住んでいるので後者に関してはアメリカのプロキシサーバーを使った。

Amazonスクリーンショット

Amazonスクリーンショット

Amazonスクリーンショット

Amazonスクリーンショット

つまりこういうことだ。

  1. "Winnie the Pooh" と "Charlie and the Chocolate Factory" の紙の本はアメリカでも日本でも買える。
  2. "Winnie the Pooh" の Kindle edition はアメリカでは買えるけど、日本では買えない。
  3. "Charlie and the Chocolate Factory" の Kindle edition はアメリカでは買えないけど、日本では買える。曰く "This title is not available for customers from: United States".

#1-2の理由は容易に想像できる。著作権がどうたらこうたら。しかし#3の理由がさっぱりわからない。"Charlie and the Chocolate Factory" の出版社はPenguin。Penguinといえば Kindle edition の価格をめぐってAmazonと喧嘩しているからそれが関係しているのかも。でも日本で買えてしまう不思議をどう説明すればいいか。

「チョコレート工場の秘密」のKindle本はアメリカでは買えないけど日本では買える。この珍現象はもちろんパソコンだけでなく3Gデータ通信のKindle本体でも再現する。AppleのiBooksではどうなるんだろ。

バイリンガルは2倍苦労している

米国在住、2児ハーフちゃんのフルタイム母です。

お子さんをバイリンガルに育て上げたお母様方に質問させていただきたいです。

子供をバイリンガルに育てるには長い目で見て、何をどう心がければよいでしょうか。うちの子供たちは成人するまでにまだまだ20年近くありますが、子供たちには、バイリンガルになることがどう大切なことであり自分たちにとってプラスになることなのか、教えてあげたいです。

書けなくてもいいので、日常生活に支障のない程度に読むことができ話すことができるようにがんばりたいと思っています。

どうしても今は、目の前のことにとらわれがちなのですが、なにか遠い目で見てアドバイスなどありますでしょうか?

お子さんをバイリンガルに育て上げたお母様方に質問。 : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

親がアメリカ人と日本人なら自然に日本語と英語のバイリンガルになる — 今までそう思っていたけど、どうやら違うらしい。バイリンガルになるには日本語を一所懸命勉強する、そして英語を一所懸命勉強する。彼らはいわば通常の2倍努力しているのだ。以下は寄せられた回答の抜粋。bold指定は引用者。

    日本語がわかると楽しいと思える環境を作ることが、まず第一かなと思います。うちのG5の息子は補習校は入学後3回行っただけでどうしてもだめで退学してしまいましたが、日本のマンガが大好きなので読む方はスラスラ読めます。書くほうはさっぱりですが。会話もできるだけアップデートされたものにする為に、日本のTV番組はランダムに見せるようにしています。

    英語圏在住、ハーフの子供(11歳)がいます。今も日本語学校へ通っていますが、バイリンガルとは程遠い状態です。失敗した私からのアドバイスは、「妥協せず、面倒がらず、徹底的に!」です。

    たとえ英語が得意でも子供には自然な母語で話しかけます。周りに日本語が分からない人がいても堂々と。

    うちの子は、父親とは英語、母親とは日本語のみを話して育ちました。私は、夫の身内の前でも、学校の先生や友達がいても、日本語で子供と会話しました。ただし家庭での会話は、変わり映えしないので、学校に行く年齢になったときから、土曜日は補習校で日本の国語と算数の教科書で勉強させるようにしました

    知る限りでは、子どもがある程度日本語を話せるお宅では、日本人親が徹底して日本語で話しかけているようです。勿論、本人が現地語で話しかけても返事は日本語。これは、基本中の基本です。その辺が徹底してないお宅の子は、たとえ頭脳明晰な子でも、日本語会話力は拙いです。

    ママが日本語なら、お家の中で母と子の会話は日本語と決めましょう。外環境が英語、ご夫婦の会話も英語でしょう?今のうちに「ママとは日本語」を徹底させないと、あっという間に英語だけに染まります。

    家では、とにかく日本語オンリーです。毎日、本を読むのですが、もちろん日本語。日本のアニメ(ジブリなど)を見せる。手塚治虫さんのマンガなども読ませます。帰国の際には、空のスーツケース4つもって、計80キロの荷物をもって帰ります。大体、本とマンガ、DVD、日本食ですね。

    私共には8歳と11歳になる子がいます。二人とも海外(英語圏)で生まれ育っています。1歳ごろから保育園等に通い、家庭では日本語、外では英語の環境の中で育ってきました、しかしバイリンガルどころか日本語も英語も話せなくなってしまいました。特に下の子は5歳になるまで殆ど会話が出来ないくらいでした、8才になる現在は日本語が2,3歳児程度の話しをしますが英語は殆ど話しません、学校は現地校ですので総て英語教育です。一時は日本語補修校にも通っていました。何か障害が、兄弟二人ともなので遺伝でもと心配があり又周りの人(保育園の先生、小学校の先生、主治医など)からのアドバイスなどで色々調べても見ました。言語以外は総て正常です。

    2言語の育児には夫の協力が不可欠です。ご主人が日本語に理解ある方なら良いのですがご主人が日本語が分からない場合、夫婦仲が悪くなるケースがあります。ご主人の分からない言語で、2人だけで子供にやり取りをしていると夫婦の溝ができるようです。私は英語圏に長く暮らす日本人家庭の者ですが、バイリンガル教育が原因で国際結婚されているご夫婦方の夫婦関係の崩壊を何度か目の当たりにしてきました

    ひたすら日本語環境を与え続けるしかないと思います。家庭では日本語を徹底させる。補習校に通わせる。アニメでもマンガでも日本語を与える。お習字や剣道など、日本語文化に触れさせる。頻繁に日本に帰る。そして、一番大事なのは何故、日本語を話さなくてはいけないのか、理由を与える事です

    周りを見ていても中途半端な日本語で接しているといわゆる「判るけどしゃべれない」というレベルにしか育ちません。語彙数が増えるように日本のことわざを混ぜたり難しい言葉もわざわざ遣うように心がけています。

    子どもたちが小さい頃、日本の子どもたちに「しまじろう」が人気だと聞いて、毎月取り寄せていました。自分でも相当単純だと思うのですが、おそらくこれが我が家の日本語教育の「核」になってくれたような気はします。

    まず、うちの子どものバイリンガル度ですが、親の自己申告は当てになりませんので、ある程度客観的な尺度を上げると、上は高校生の時に日本語能力試験1級に、下は中学の時に2級に合格しています。1級というのは、日本の新聞が読め、それについて議論できるレベルです。でも、そこに到達するまでに上の子の場合は17年もかかりました。生まれてから毎日母親が日本語で話しかけ、補習校に10年も通い、毎年のように日本の祖父母のところで夏休みを過ごし、膨大な時間と親の労力、お金を使って「やっと」その程度。

    彼らにどのような経緯や学習を経てそんなに上手に日本語が話せるようになったのか、聞取調査をしました。(ハーフか外国人かを問わず)彼らはほぼ全員、18歳くらいまでは、簡単な挨拶とか幼稚園児位の日本語しか話せなかったが、本当に日本語が伸びたのは、 20代になって、職業上日本語を使いたいと意識し始め、実際に日本人と仕事したり、東京の会社で働いたりしていた時期だということが判明したのです。

    私達も始めはバイリンガルで育てようと私が日本語夫が英語で話しかけていたのですが、子供自身が言葉を話し出すのが遅くなり、そのストレスから自分の言いたいことが理解してもらえないと、いきなり後ろに倒れたり頭を壁にぶつけだしたりしました。そしてプレスクールではスピーチセラピーの必要なクラスに入れられそうになったので、家で発音や会話などの練習をさせてようやく1年生になるまでに英語で意思疎通ができるようにさせました。

    上の女の子は7歳まで日本、下の男の子は4歳まで日本でした。上の子は日本語とともに着実に他言語をものにしていきましたが下の子は両言語まったくあやふや。学校の先生方にも基本語学力の不足を指摘され日本語、英語ともに覚えさせようと私と話すときは日本語のみ。英語に関しては友人、私塾で学ばせました。結果、彼は失語症のような状態になり半年以上まったく口を利かなくなってしまいました。彼が6歳前後のときです。それ以来子供たちには全く言語に関して圧力かけてません。今現在息子は14さい。日本語会話力は7,8歳でしょうか。英語力は標準です。

    私の知人のハーフの子は、小3~4くらいまでアメリカでしたが、日本語にはかなり苦労したらしいです。後はずっと日本なので、今度は英語をキープするために英会話行って、中学で英検準三級取ったそうです。

    日本国内では日本語の新聞を毎日隅々まで読むこと、NHKの英語のラジオ放送を聞くこと、当時週末にテレビでやっていたセサミストリートを見ること、あと、父が仕入れてきたドイツ語の朗読カセットテープや英語の朗読カセットテープ(たいてい物語でした)を聞くこと、を5歳くらいから続けていました。大学入学時点で、日本語、英語、ドイツ語が生活に支障ない程度使えました。

関連

日本が電子書籍大国であることを示す数字

この発言をTwitterでretweetまたはfavoriteしてる人たちがとんでもなく多いので驚きました。

ipadだkindleだとか騒ぐ奴らはPCな人ばっかりなので、ケータイコミックの存在のでかさを知らない。それは日本には6年前からあるでかい600億円のガラパゴス電子書籍市場であり、月に億の売上を出しているサイトが何社もあることを知らないで電子書籍が黒船のように語られる。
11:35 PM May 6th via movatwitter

Twitter / fukuyuki: ipadだkindleだとか騒ぐ奴らはPCな人ばっか ...

日本が電子書籍大国であることは有名な話で、こんなの常識だろうとオイラは勝手に思い込んでいたんですが、うーん、意外と皆さんご存じないのですね。日本の電子書籍の市場規模はものすごい大きいんですよ。

で、日本の市場規模がどの程度か、具体的な数字まではさすがのオイラも知らなかったので調べました。そうしたら自民党の参議院議員・世耕弘成さんのTwitterに数字がありました。数ヶ月ほど前の発言です(マルチバイトの英数字をシングルバイトに直しました)。

日本の電子書籍市場は464億円。うち402億円が携帯電話向け。そして電子書籍の中で350億円がコミックとのことです。アメリカではまだ100億円を超えたところだそうです。
12:28 AM Feb 16th via TweetDeck

Twitter / 世耕弘成: 日本の電子書籍市場は464億円。うち402億円が携帯 ...

テレビ東京のWebサイトにもっと詳しい数字がありました(bold指定は引用者)。

日本が電子書籍の分野で世界をリードしている・・・知っていましたか?
2009年の電子書籍市場の規模を見ると、アメリカ市場が157億円規模だったのに対して、日本は637億円。アメリカの約4倍の市場規模でした。日本の電子書籍のうち、現在配信されているもののほとんどが携帯電話用。中高生など若い世代に人気なのが携帯小説です。中でもサイト内にある自分のホームページに小説を自由に投稿するというサイト、「魔法のiらんど」が注目を集めています。このサイトには恋愛小説を中心に約120万作品が投稿されていて、すべて無料で読むことが可能。1ヵ月の利用者は約600万人にも上っています。また、無料のサービスながら、人気となった作品は利益を生んでいます。例えば、3年前にこのサイトで人気となった小説「恋空」は、その後書籍化され、200万部を突破する大ヒットとなりました。その後映画化もされました。こうした動きに目を付けた角川書店は、「魔法のiらんど」を小会社化。電子書籍をめぐる動きは、大手出版社を巻き込みながら広がりを見せています。

電子書籍大国ニッポン:ニュースモーニングサテライト:テレビ東京

三菱電機グループの株式会社アイプラネットが運営しているWEBマーケティング研究会のWebサイトにも具体的な数字がありました(bold指定は引用者)。

2008年7月にインターネットメディア総合研究所が公表した「電子書籍ビジネス調査報告書2008」によると、2008年3月期の国内電子書籍市場規模は前年同期比173億円増の355億円になりました。内訳は、携帯電話向けが283億円、PC向けが72億円と圧倒的に携帯電話向けが大きくなっています。ちなみに、2008年7月に総務省が公表したモバイルコンテンツ市場の調査結果によると、2007年の携帯電話向け電子書籍市場規模は前年比220%増の221億円となっています。

第7回・電子書籍市場: WEBマーケティング研究会

世界中の国がこういう数字を調べて公表しているわけではないので断言できませんが、おそらく日本の電子書籍市場は世界一でしょう。なんせアメリカをはるかに越えているのですから。

で、冒頭のTwitter上の @fukuyuki さんの「電子書籍が黒船のように語られる」云々。この人がどういう意図で発言なさっているか全く興味ありませんが、オイラは電子書籍の流れは間違いなく黒船だと思います。「黒船のように語られる」ことに全く問題ありません。

一般的に「日本では電子書籍化が失敗した」と語るとき、それは「大手の出版社の協力が不十分だった歴史的事実」を指しています。しかし携帯電話向けのコンテンツは恐ろしいほど充実しました。

アメリカはなぜ成功したのか。大手の出版社が Amazon, Barnes & Noble, SONY に協力したからです。

一般的に「日本は電子書籍大国だ」と言えるようになるには、やはり数多くの大手出版社が参加しないといけないでしょう。AmazonやAppleが気に入らなければパートナーは楽天やSONYや松下でもいいのです。できるだけ互換性のある形が望ましいですけどね。

関連

Wholesale eBook Sales Statistics
この調査が正しいとすると、アメリカの2009年の売り上げは$165,800,000。1ドルを91.605円として計算すると日本円で15,188,109,000円。約151億円。
メディア・パブ: キンドル対iPad、大手出版Penguinの電子書籍販売を巡る戦い
アメリカの出版社だって Amazon, Apple と仲良しこよしの関係ではありません。ビジネスですから。

Kindleで読売新聞の全文配信を読む

手順

ニュースサイト。たとえば読売新聞のRSSフィード。これをKindleで読む。

  1. Kindleに日本語フォントをインストールする。
  2. 「YOMIURI ONLINE(読売新聞)主要ニュース」のRSS http://rss.yomiuri.co.jp/rss/yol/topstories を「まるごとRSS」で全文配信にする。
  3. Yahoo! Pipes を使ってマルチバイト文字混じりのタイトル「YOMIURI ONLINE(読売新聞)主要ニュース」からマルチバイト文字を外す。ここでは "YOMIURI ONLINE" とする。
  4. "YOMIURI ONLINE" のRSSを Feedbooks でMOBIファイル(Kindleで読める形式)として登録する。Feedbooksにはアカウントをつくらなくてもいい。
  5. #4でMOBIとして登録した YOMIURI ONLINE のURLをHTMLファイルに書き込み、Online converter でMOBIファイルに変換する。これについては後述するけど、ようするにリンク集、ブックマーク、あるいはランチャーと呼ばれるものだ。名前をとりあえず "Bookmark list" とする。
  6. "Bookmark list" をKindleの documents フォルダにコピーする。
  7. ここからはKindle上の作業になる。HOMEに "Bookmark list" という名のbookがあるはず。これを開く。
  8. そこに "YOMIURI ONLINE" というリンクがある。これをクリックして全文配信をダウンロード。その時点で最新のニュースを読める。wireless off にしてバッテリー消耗を防ぎ、じっくり読む。

Yahoo! Pipes を使うのは、マルチバイト文字のタイトルを変更するため

なぜPipesを使うかというと、フィードの名称を変えたいからだ。「YOMIURI ONLINE(読売新聞)主要ニュース」というマルチバイト文字まじりの名をそのままにしておくとKindleは上記リスト#8の作業でFeedbooksから当該MOBIファイルをダウンロードできない。日本語ハックずみのKindleであっても必ず失敗する。逆に言うと "bogusnews" http://bogusne.ws/index.rdf のようにシングルバイト文字のみのタイトルであればPipesを使ってリネームする必要はない。

あとで気づいたけど、タイトルを変えるだけなら The Search RSS Mix でもできるので Yahoo! Pipes を使うまでもなかったかも。

MOBIの前段階としてのHTMLは簡単なものでよい

#5でつくるHTMLファイルは安易なものでじゅうぶん。

<p><a href="http://www.feedbooks.com/feed/-----.mobi">読売新聞全文配信</a></p>

<p><a href="http://www.feedbooks.com/feed/-----.mobi">朝日新聞全文配信</a></p>

…とか。これを Online converter でMOBIに変換。なぜHTMLよりもMOBIが良いかというと、MOBIのほうがKindleとの相性が良いから。

Kindleスクリーンショット

Kindleスクリーンショット

Kindleスクリーンショット

関連

Kindleで見れる新聞/マガジンを無料で作成する(RSS利用)20091229追記 | My Life Times
日本と海外の主なニュースサイトが揃っている。ここになければ自分でFeedbooksにsubscribeする必要がある。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。