ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

河野太郎が指摘する原発政策の暗部

以下はWikiLeaksによって明らかにされたアメリカ大使の公電であり、衆議院議員・河野太郎氏の発言をアメリカ本国に伝える内容である。日付は "2008-10-27 "。分類は "confidential" (機密)。翻訳したのは私であり、不明な部分は原文の英語のままにしておいた。文中の「政府」は当時の自民党政府であり、この公電を書いたのは在日本アメリカ合衆国大使であるジョン・トーマス・シーファー氏 (Tom Schieffer) である点に注意。

概略

衆院議員・河野太郎が日本を訪問中の staffdel, Energy Attache and Economic Officer との10月21日のディナーにおいて、コストと安全性と安全保障の面から日本の原子力産業とりわけ核の再処理に対して反対の意思を強い調子で表明した。彼はさらに、時代遅れのエネルギー戦略を続けている、代替エネルギーの開発を邪魔している、議会と国民から情報を隠している、として日本の官僚と電力会社を非難した。また選挙法に不満であるとも述べた。

詳細

衆院議員・河野太郎は a visiting staffdel, Energy Attache and Economic Officer とのディナーにおいて原子力エネルギーと原子力燃料の再処理について幅広く論じた。河野は自由民主党の党員であり、1996年に初当選した。自民党の元総裁であり、戦後の衆議院で最も任期が長い衆議院議長でもある河野洋平の息子である。この会合の中で河野太郎は、コストと安全性と安全保障の面から日本の原子力産業とりわけ核燃料再処理に反対の意思を強い調子で表明した。河野はアメリカ合衆国で学び働いた経験があり、優れた英語を話す。frequent embassy contact であり、農業と原子力と外交政策に関心がある。比較的若く、率直にものを言う。特に政府の原子力政策に批判的である。この会合の中で彼は、コストと安全性と安全保障の面から日本の原子力産業とりわけ核燃料の再処理に強く反対の意思を示した。河野は、日本の電力会社は再処理を「ウランの再利用」と世論に説明することに成功しながら核エネルギーに関するコストと安全性の問題を隠している、と指摘した。彼は、日本の再処理計画は高速増殖炉で再処理された燃料を使うよう計画された核サイクルの一環として始まった、と断言した。しかしこれらの原子炉の配備は成功していない。日本の高速増殖炉の原型である「もんじゅ」は1995年の事故以来停止したままである。

河野によれば、高速増殖炉もんじゅの事故以後電力会社は再処理計画をとりやめにするのではなくMOX燃料(ウラニウムとプルトニウムの混合酸化物燃料)計画を開発した。河野は、MOX計画は高額であり、オーストラリアのウランを買収、もしくは他から輸入したほうが安上がりである、と指摘した。さらに、再処理計画の高いコストは日本の消費者の電気料金に転嫁されており、彼らは他国に比べてどれだけ高額の料金を支払っているのか知らないのだ、と主張した。電力会社の影響力について河野はこんな話をした — 某テレビ局が原子力の問題で彼にインタビューしてそれを3部構成にした、しかし初回分が放映されただけで2回目以後は打ち切りになった、複数の電力会社がその番組のスポンサーを降りると脅しをかけたからだ、と。

河野の批判の矛先は電力会社だけではなく日本の省庁とりわけ経済産業省にも向けられている。彼によれば、省庁は彼ら自身の政策にとらわれており、官僚は上級官僚の政策を引き継ぐがそれに異議申し立てすることができない。そのひとつの例として河野が上げるのは、輸入食品に対する日本の放射線基準値がチェルノブイリ事故直後に決まったものであり、他の国が許容される放射線量の値を減らしているのにかかわらず日本のそれがずっと変更されていない点である。

同様に、経済産業省は河野が指摘している問題があるにもかかわらず原子力エネルギー開発を提言している、代替エネルギーを支援すると言いながら実際にはほとんど支援してない、と河野は言う。さらに、経済産業省は過去に代替エネルギー法案に反対し代わりにRPS法を通した。RPS法は単に代替資源から得た非常に少量の電気の購入を電力会社に課すものにすぎない。彼は代替エネルギー計画助成金に関する政府の対応を批判し、助成金の期間は非常に短いのでそんな不確実なものに投資する者などいないだろう、と述べた。日本が代替エネルギー資源を軽視してきたことのもっと明確な例として河野は、北海道には風力が豊富にあるにもかかわらずその利用が不十分である点を上げた。これは、北海道の電力会社がじゅうぶんな送電網を持っていないと主張したからだ。この点について河野はこう述べた — 実際には北海道と北陸本州の間には未使用の送電網がある、これらの送電網は電力会社たちが緊急時に備えて密かに持っているものだ。彼は、北海道と北陸本州の電力会社はなぜ送電網を接続できないのか、なぜもっと風力発電を取り入れないのか知りたい、と言う。

彼はさらに、経済産業省が原子力事故を隠蔽し、原子力産業に伴う本当のコストと問題を曖昧にしている、として同省を非難した。さらに、国会議員が原子力に関するアメリカ合衆国のメッセージの全体を知るのは困難であると不満を述べた。経済産業省が自分たちに都合がいいようにメッセージを取捨選択してしまうからだ、と。経済産業省の政策に合致した情報だけが国会議員に流れる。同省に対する彼の不満を説明するために河野はこう指摘する — 国会の委員会の人たちはプロの官僚で構成されており、しばしば省庁の役人 (detailee) に率いられている、と。委員会スタッフを雇ったり解雇する権限は自分にはないし、彼らへの問い合わせは即座に省庁に行ってしまう、と。

河野は核廃棄物の問題も取り上げ、日本には高レベル廃棄物を永久に貯蔵する施設もこの問題の解決策もない、と解説した。彼は日本の広範囲な地震活動と豊富な地下水について言及し、核廃棄物を保存しておく安全な場所はこの「火山国」に本当にあるのだろうか疑問であるとした。彼はまた、六ヶ所村が唯一の高レベル廃棄物を溜める一時的な場所であることを指摘した。六ヶ所村役場は最終再処理のために一時的に廃棄物を貯蔵することに同意しただけであるという。河野はこの点について、ユッカ・マウンテン・リポジトリー (Yucca Mountain nuclear waste repository) があるアメリカは日本よりも恵まれている、と述べた。ユッカの計画には反対運動があること、ユッカがまだ廃棄物を集めていないことを知って河野は少し驚いた。

未来の日本のエネルギー需要にどう対応すべきかについて河野は、日本は本当のエネルギー戦略を構築する必要がある、と述べた。彼はまた、日本はゆくゆくは100%再生可能なエネルギーに移行すべきだと思うが、廃炉が予定される原子力発電所でつくられるエネルギーを、当面は液化天然ガスを使用した発電所の同じ量のエネルギーで置き換えていくべきだ、と述べた。彼はここに再生可能なエネルギー資源を加えるのだと思われる。

河野はまた日本の選挙手続きについても論評した。彼は現行の公職選挙法に対する不満を表明した。彼によれば現行法は時代遅れであるという。例として彼が上げたのが選挙期間中にインターネットで選挙運動を行えない点である。

(以下省略)

【Viewing cable 08TOKYO2993 @ Cable Viewer @ WikiLeaks】

WikiLeaksがこの外交公電をリークしたのは東北関東大震災が起きた直後の3月15日である。何らかの意思がありそう。

カダフィの軍隊はなぜ強いか

チュニジアとエジプトで民衆が蜂起して政変が起きた。リビアでも同じことが起きつつあるけどカダフィ政権は強固だ。一言で言うと軍隊が非常に強い。戦争慣れしている。しかも強いのはリビア軍ではなく外国から雇ってきた傭兵らしい。

チュニジアの軍隊には実際に戦争をやったことがある兵士はあまりいないだろう。エジプトはイスラエルと戦った中東戦争を数十年前に経験しているけど、現役の兵士でそれに従軍した者がいるかどうか。しかしリビア軍、もっと正確に言うとカダフィ政権を守るために戦っている傭兵は違う。彼らは近年のアフリカの各地で何度も戦争をやっている。つまり戦闘経験が豊富だ。たった1週間の軍事訓練で銃を持たされて政府を相手に戦いに行くリビア東部の反体制派市民が勝てるわけがない。

以下はBBCに掲載された Martin Vogl さんという記者の報告の翻訳。文中にあるマリ、ニジェール、アルジェリア、チャド、コンゴ民主共和国、スーダンはいずれもリビアに接する国、またはリビア同様にアフリカ北部に位置する国である。

マリ共和国の「ツアレグ Tuareg 」と呼ばれる砂漠の戦士たちによれば、先週から同国を離れリビアのカダフィの軍に加わるツアレグがかなりいるようだ。

マリ北部のKidal地方の役人は名前は明らかにしないという条件つきで「ここ1週間で200-300人が出て行った」と話す。Kidalは多くのツアレグが住む地域である。

Kidalから来たもう1人のツアレグも言う、「若者がたくさん離れているのは本当。1週間ぐらい前からだよ」。

彼は実際に40台の車両からなる車列に遭遇して話をしたそうだ。彼らはアルジェリアからやって来てリビア国境を越えようとしていたらしい。

前述のKidalの役人はこのように話す、「カダフィの軍に入れば$10,000ぐらいもらえる。戦闘の報酬は1日につき$1,000らしい」。

彼によれば、マリの首都バマコのリビア大使館を経由しているカネがある、とのこと。

リビア大使館と接触をこころみたところ、この件を話せるのは大使だけであり彼はいま病気である、とする回答を得た。

リビアで民衆の蜂起が始まってからカダフィ大佐が傭兵を使って弾圧しているという報告がなされている。

民主化を求める人たちに発砲しているのは褐色の肌のアフリカ人であるという複数の目撃証言がある。褐色の肌の人たちはチャド、コンゴ民主共和国、ニジェール、そしてスーダンからやって来たと思われる。

黒人のアフリカ人兵士がリビアにやって来たのは最近のことではない。そのような兵士はリビアには昔からいた。リビア軍に入隊した者、リビア国籍を取得した者もいる。

古典的な意味で「傭兵」と呼ぶにふさわしい人々に注目が集まったのはつい最近のことだ。傭兵の補給源のひとつがマリである。

カダフィとツアレグの歴史的な絆

ツアレグは伝統的に遊牧の民族である。北アフリカのサハラのサヘル (Sahel) 地域に暮らす。アルジェリアとニジェールに住むツアレグもいる。彼らもまたリビアに向かっているという報告がある。

ツアレグとカダフィ大佐には長い歴史がある。

1970年代。カダフィはイスラム軍団をつくった。もともとこれは北アフリカの統一イスラム国家のために戦う軍隊だった。

この軍団に多くのツアレグが入隊した。サヘル地方が深刻な旱魃に見舞われたとき現金支給の給料が約束された。彼らはそれに惹かれたのだ。

この軍団はチャド、スーダン、レバノンなどの地域で戦闘を行ったものの1980年代には解散する。このときリビアにとどまってリビア軍に入ったツアレグが多くいる。

ツアレグとカダフィ政権の結びつきはこれだけではない。ツアレグの居住地域での反乱にも関係している。

マリとニジェールのツアレグたちは長年に渡って中央政府を相手に繰り返し戦争をやってきた。彼らが求めているのは自治の拡大とツアレグ居住地域への投資である。

カダフィ大佐はこれらの反乱を支持しているとして非難されてきた。ひとつはっきりしているのは、戦闘が終結したとき大佐が和平協定の仲介を買って出たこと、そしてツアレグのための保護地域を提供したことである。

これがツアレグとリビアの歴史的なつながりである。

「彼らはマリの内戦に参加し、リビアの軍に入隊した人たちだ」とKidalの役人は言う。

「彼らはツアレグ居住地に残っている人たちとのコネがある。そして今、リビアに来い、と呼びかけている」。

ツアレグを魅了するカネの力

この疑惑に関してマリ政府は公式の声明を出していない。

だだマリの消息筋はこう述べている、「マリ政府はいかなる紛争においても傭兵の使用には強く反対しているし、ツアレグの動きを促すことにも反対である。いかにしてこの動きに歯止めをかけようかと今現在考えているところだ」。

だが別の関係者はこの試みが決して容易ではないことを認めた。

「彼らは砂漠を通って移動する。サハラの国境を制御できる者などいない」。

マリ北部からリビア南部まで車で約2日の距離である。

リビアに向かっているツアレグの多くがマリでの反乱軍、あるいはマリ軍、あるいはリビア軍のいずれかに加わった経験を持つ。さらに言えば、ドラッグと人間の密輸に関わっている者もいる。

というわけで今日のサハラでは多くの男が兵器の扱いに慣れている。人々は武装して移動する。

Kidalの役人はこう言う。巨額の給与は他にこれといった産業がない地域の若者にとってあまりにも魅力的である、と。

「私の家族も戦争に行ったよ。私は反対したのだけれど」。

BBC News - Tuaregs 'join Gaddafi's mercenaries'

マスコミがこういう裏話をあまりとりあげないのは、アフリカの地下資源と兵器売買で儲けている企業とそれを後押しする欧米、ロシア、中国を相手にケンカしたくないという大人の事情があるのかしら?

関連

産経の原発報道はたぶん間違いなので信用しないように

下のふたつは「被曝量が100ミリシーベルトである」とするロイターとBloombergの記事。いずれも「100ミリシーベルトは原発事故が発生してから本日までの積算値である」云々と言っている。

 [東京 23日 ロイター] 枝野幸男官房長官は23日午後の会見で、放射性物質による被ばくに関する試算を行うSPEEDI(スピーディ)というシステムで計算した結果、福島第1原子力発電所の事故発生から毎日1日中屋外にいたと仮定した場合の甲状腺の被ばく線量が100ミリシーベルト以上となり得るケースが、同原発から30キロメートル圏外にもあることを明らかにした。

被ばく線量、30キロ圏外でも100ミリシーベルト以上の試算 | Reuters

  3月23日(ブルームバーグ):枝野幸男官房長官は23日午後の記者会見で、原子力安全委員会の試算で、福島第一原子力発電所の事故発生後、仮に1日中周辺地域の屋外で過ごす人がいた場合、放射性ヨウ素による甲状腺の被ばく量は100ミリシーベルト以上になり得る地域が同原発から半径30キロ圏外 にもあることを明らかにした。

枝野氏:甲状腺被ばく100ミリシーベルト超の試算-30キロ圏外も(1) - Bloomberg.co.jp

以下は産経。完全に誤報または意図的で悪質なデマ。

 枝野幸男官房長官は23日午後の記者会見で、気象観測情報などを基に原子力施設から出た放射性物質がもたらす周辺への影響を予測する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)によると、東京電力福島第1原子力発電所から30キロ圏外の一部でも1日あたり100ミリシーベルトの被曝線量になるケースが出たことを明らかにした。

【放射能漏れ】30キロ圏外で1日100ミリシーベルトの被曝線量の予測も 枝野官房長官 - MSN産経ニュース

megalodon.jp に保存されていたキャッシュ
(cache) 【放射能漏れ】30キロ圏外で1日100ミリシーベルトの被曝線量の予測も 枝野官房長官 - MSN産経ニュース
hiyo.jp に保存されていたキャッシュ
【放射能漏れ】30キロ圏外で1日100ミリシーベルトの被曝線量の予測も 枝野官房長官 - MSN産経ニュース

なぜ「産経の報道はデマ」と推定できるか? それは産経自身が*気づかぬうちに*「この記事はデマです」と宣言しているから。数時間後に公開された下の記事。枝野官房長官の発言をテキスト起こしして「事故発生時点からの積算値である」と冷静に書いている。

 シミュレーションされた結果は、福島原子力発電所事故発生後、毎日一日中、屋外で過ごすことを仮定した場合に、甲状腺の被曝線量が100ミリシーベルト以上となる地域を試算したもの。これによると、福島原発から30キロ圏外の一部においても、100ミリシーベルト以上の被曝線量となりうるケースもみられるが、現時点で直ちに避難や屋内退避をしなければならない状況だとは分析していない。

【東日本大震災】枝野長官会見(1)シミュレーション「福島原発から30キロ圏外の一部でも100ミリシーベルト以上」(23日17時7分)+(2/2ページ) - MSN産経ニュース

というわけで産経さんは 2011.3.23 17:36 に発表した最初の記事をこっそり削除したほうがいいと思う。あるいはURLを変更したほうがいい(←ときどきこれを密かにやっていることをオイラは知ってるよw)。

記者クラブに加入している自称「ジャーナリスト」とやらがこの程度なんですから、TwitterとかTumblrでデマを拡散している情報*強*者たちはもちろん、それに騙されているオイラなんて可愛いもんですよね。

おまけ

下はテレビ朝日。テレビでどう言っていたかは知らないけどWebに残された記事には「100ミリシーベルトは事故が発生した日からの合計である」とはどこにも書いていない。産経ほどひどくはないと思うけど、やっぱりひどい内容だよなあ。

 枝野官房長官は、政府が持つスピーディ=緊急時迅速放射能影響予測によるシュミレーション結果を発表し、福島第一原発から30キロ圏外の一部地域で一日屋外で活動した場合、100ミリシーベルト以上の放射線量となることを明らかにしました。

【原発】30キロ圏外でも100ミリシーベルト以上も

megalodon.jp に保存されていたキャッシュ(厳密にはキャッシュに失敗)
(cache) 【原発】30キロ圏外でも100ミリシーベルト以上も
hiyo.jp に保存されていたキャッシュ
【原発】30キロ圏外でも100ミリシーベルト以上も

もうひとつおまけ。平成23年3月15日の産経新聞号外。「大量放射能漏れ」という見出し。Webにあった http://sankei.jp.msn.com/pdf/2011/03/20110315_fukushima2go.pdf というPDFからコピーさせていただいた。

産経新聞の号外

関連

自由報道協会の問題で産経が自爆
産経の自爆といえば他にもこんな事件がありました。

専門家がデマの発信源になる瞬間

今朝(2011/03/19)の日本テレビ系列の番組「ウェークアップ!ぷらす」を見ていたときのこと。元内閣安全保障室長の佐々淳行氏がこんなことを言っていた。

阪神淡路大震災のとき村山内閣は自衛隊と米軍の出動を拒否したんです。

え? 自衛隊は出動したでしょ? そして活躍してみんなに感謝されたでしょ? 佐々先生、忘れちゃったのかな。即座に司会の辛坊治郎氏が

いえ、○時間後に自衛隊は呼ばれました。

とフォローしてたけど、佐々氏はその指摘に対して特に反応せず自分の話を続けた。そのときオイラは寝ぼけまなこでテレビを見ていたので「○時間後」の○に入る数字は覚えていない。

当時の自民・社会・さきがけの連立政権が地震直後の時点で「自衛隊は必要ない」と判断したのは事実だ。だから佐々氏の発言は厳密に言えば誤りではない。しかしあとになって方針が改められ自衛隊は出動している。だからこそ司会の辛坊治郎氏はツッコミを入れたわけだ。

問題はこの番組を見て誤解した視聴者もいるだろうということ。司会がたまたま辛坊氏だったからいいものの、阪神淡路大震災をあまり覚えていない若いアナウンサーだったら特に気に留めず佐々氏の発言を訂正しなかったかもしれない。

佐々淳行氏はWikipediaによれば1930年(昭和5年)の生まれであり、現在80歳。高齢者をテレビに出演させるな、とは言わない。あさま山荘事件や安田講堂事件で活躍した歴史の生き証人を貶めるつもりもない。「海上保安庁の職員が中国船の船員にモリで突かれた」という2chのコピペを本当だと信じてしまった件も不問に付していい。だが危機管理の問題を語る論客を番組のゲストとして招くのならテレビ局は記憶力と判断力が低下していない若い人を起用したほうがいい。

繰り返し言うが、自民・社会・さきがけの村山政権が地震直後の時点で「自衛隊は必要ない」と判断したのは事実だ。しかし佐々氏の発言はデマを生み出しかねないものであることは間違いない。ひょっとしたらオイラはデマがつくられる貴重な瞬間を目撃したのかもしれない。以下は今後起きるかもしれない展開。

  1. この番組を見た人が2chに「村山政権は自衛隊を拒否した」と書き込む。
  2. その2chスレッドを2chまとめブログがとりあげる。
  3. そのブログを見た多くのはてなブックマーカーが「やっぱり村山はひどい」云々とコメント。
  4. そのブログの一部を誰かがTumblrに引用。それを多くの人がリブログする。
  5. それを誰かがTwitterでとりあげる。それを多くの人がRTする。
  6. 誰かが「村山内閣が自衛隊出動を拒否したのはデマ」とブログで書く。
  7. #5でRTした人たちがTogetterで晒され、笑われる。
  8. そのTogetterを見た多くのはてなブックマーカーが(以下省略)

Twitterで愉快な発言をした人たちを晒すTogetterがあるように、TumblrでもTogetterっぽいキュレーションをやってくれるサービスがあるといいよね。はてなブックマークのコメントも同様に。

関連

東北関東大震災に関するデマまとめ (jishin_dema) on Twitter
今回の東北関東大震災の中で流れたデマをリアルタイムで検証するTwitterアカウント。
twitterのデマ発信源はつきとめられる: エビログ
デマを流した人を Google Realtime Search で特定する方法。

Windowsのタスクバーを確実に完全に消す

Hide task bar and start button - RocketDock.com
Windowsのタスクバーを確実に完全に消すツール。つくったのはmagician13134さんという人。感謝。

以下の手順でタスクバーとスタートボタンが確実に完全に消える。


「タスクバーと[スタートメニュー]のプロパティ」の設定を下のスクリーンショットに示すように行う。

タスクバーと[スタートメニュー]のプロパティ

"Hide task bar and start button" (Taskbar Magic.exe) を実行する。

Ctrl + Alt + Esc で設定ダイアログを呼び出し、下のスクリーンショットに示すように設定する。つまり "Allocate xx pixels at the bottom of the screen" のxxの部分をゼロとする。

Hide task bar and start button

最後に "OK" をクリックする(←これ大事)。


冒頭の「タスクバーと[スタートメニュー]のプロパティ」の設定のままでもタスクバーは消える。しかしマウスカーソルが画面底辺に間違って行ってしまうとタスクバーが現れてしまう。テキストエディターなどで書き物をしている途中で親指の付け根がノートパソコンのタッチパッドに触れてしまうとタスクバーがちらちら現れるので非常に鬱陶しい。Hide task bar and start button でこの悩みが完全に解消された。

Hide task bar and start button というのは本来は RocketDock という Windows Vista 向けソフトのアドオンらしい。しかしRocketDockをインストールしなくても単体で動く。っていうか、なぜか動いてしまった。Windows 7 で問題なく動くことを確認した。

設定は settings.ini を編集することでも可能。

関連

Windows のタスクバーを完全に消す - by edvakf in hatena
C言語のプログラムらしい。IT弱者のオイラにはさっぱり意味がわかりませんでした←え?w
Taskbar Eliminator - Aviassin
非常に素晴らしい。しかしタスクバーの表示/非表示をトグルするショートカットキー Alt + T があり、これを変更したり無効にすることができない。つまりテキストエディターなどの「ツール (T)」のようなメニューをキーボードで操作できなくなってしまうという欠点がある。
鬱陶しいマウスカーソルを消すソフト「ノーマウスカーソル」
タスクバーではなくマウスカーソルを消すソフト。

また騙されてパン板等に飛ばされたわけだが19

また騙されてパン板等に飛ばされたわけだが19」と「【釣り師のサロン】釣果を報告するスレ」から抽出した釣りスレタイ。

【芸能】杉浦太陽&辻希美の第2子、長女希空(ノア)にちなみ、我智(ガチ)と目黒区役所に届出★2【出産】

【サザエさん】マスオさんと穴子君が勤める「海山商事」が東京に実在。軍事用品専門の商社★2

【厳罰】宮内庁、佳子さまの写真を無断掲載した2ちゃんねるに罰金★3

【2ch】トラップ・オフ・ザ・イヤー2010。ダム板首位を維持。キノコ板ランクイン [12/22]★3

【旅番組】テレビ東京が正月特番で「菅首相が行くお店」を特集へ。ナビゲーターは石塚英彦さんと阿藤快さん★2

【少子化対策】30代童貞男性の増加を受けてNHKが決断!「住吉美紀がやさしく教えるセックス」を年明けから放送へ★25

【集合】AKB48のメンバーとセックスしたことがある奴集まれー(^o^)/

【新年】正月を前に今日から全国の巫女さんの「純潔検査」を実施。神社本庁が指示★2

【少子化対策】住吉美紀さん、来年から教育TVで自らが教える性教育番組を放送へ「必要な場面では男性アナとの絡みもあります」★2

【痛大臣】自民党・石破元大臣が鷲宮神社を参拝★2

東国原氏、一転、都知事とりやめ、菅内閣入り「菅さんと一緒にこの国を立て直す」- MSN産経ニュース

【番組】「田舎に泊まろう」スペシャルにマツコ・デラックス登場! 信州の山村を宿泊懇願して夕暮れ徘徊中 目撃した老婆に110番される。「もしもし 今、畑荒らしてる 熊だと思う」 猟友会出動も ★6

【社会】ランドセル 伊達直人現象加熱 今度は恵まれないホームレス密集地帯に パタゴニア製の高級寝袋届くも 奪い合いで三人死傷【大阪】 ★2

【食品】お米でできたパン「オコメパン」を印刷業者が「オメコパン」に間違えそのまま出荷、店頭に並ぶ

【エジプト】100万人デモ隊が投石に使ってピラミッドが姿消す【実話】

【相撲】八百長メールに混じり、大量のホモセックス勧誘メール★3

【社会】「生活のため体売った」力士ら、売春の動機を供述★2

【大相撲】「押し出す瞬間に乳首を撫でて下さい」十両力士がメールを誤送信★3

【家電】三洋電機「ゴパン」の凄い実力「ラーメンからもパンができます」★2

【給食】鯨の竜田揚げを出した小学校にシー・シェパードが乱入★2

【サッカー・ブンデス】シャルケのカールコーチ「内田が入ってチームの規律が乱れている。彼に色目を使う選手が数人いる」★Euro sports

【環境】業界初、ISO14000の認証を取得したソープランド

【AKB48】秋元才加ら数人が握手会ならぬ「握乳会」を開催★3

【社会】「京大、早稲田ならともかく不正してまで立教、同志社行きたいかね?」麻生元首相(学習院卒)が口滑らせる★2

【物まね】関根勤「カダフィー大佐」を早々とマスター(動画あり) ★3

【肉球シューズ】猫に学べ。肉球型シリコンが衝撃を吸収をする新型ジョギングシューズ(大阪)★2

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク