ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

DraftPadと Nebulous Notes でDropboxのファイルをappendする

Nebulous NotesDraftPad を使ってDropbox内の特定のフォルダの特定のファイルに文字列を順に追加していく方法がわかったのでここに書いとく。もっと詳しく言うと、

DraftPadから Nebulous Notes を起動し、Dropbox内のファイルをappendするassist (URLスキーム)

…である。書き方は、

nebulous://パス/ファイル名?append=追加したい文字列

…のような形になる。

以下はassistの具体例。

nebulous://english1/vocab11.csv?append=<@@>

Dropboxのフォルダ

Dropboxの直下に english1 というフォルダがあり、その中に vocab11.csv というCSVファイルがあり、その中に、

crate,木箱

…という文字列が書かれているとしよう。(最後尾には改行コード)。その状態でDraftPadに、

slab,厚い板

…と書き、

nebulous://english1/vocab11.csv?append=<@@>

…というassistを実行すると vocab11.csv の中身が更新され、

crate,木箱
slab,厚い板

…と書かれた状態になる。"crate,木箱" はそのままで、そこに "slab,厚い板" という文字列が追加されるわけだ。

英単語帳を作る作業がこの方法で少し楽になるだろうと期待している。すなわち、

  1. 小説を読んでいる途中で暗記したい英単語に遭遇する。
  2. iPhoneなどのiOS端末を取り出し、DraftPadで上記assistを実行して単語帳のファイルにそれを追加する。
  3. 読書に戻る。
  4. また暗記したい語に出会う。
  5. DraftPadで上記assistを実行して同じ単語帳ファイルにそれを追加する。
  6. 読書に戻る。
  7. (以下繰り返し)

…というような作業だ。

この作業は Nebulous Notes だけでもできる。しかし Nebulous Notes 単独だと、

  1. Dropboxから必要なフォルダを見つけ出す。
  2. そのフォルダから必要なファイルを見つけ出す。
  3. そのファイルの最後尾にカーソルを移動する。

…という面倒な工程が必要になる。DraftPadならこれらの工程を3つも省略できる。データ入力というのはできるだけ短時間で余計なことを考えずにさっとやりたいもの。DraftPadのおかげでそれが可能になる。

ちなみに Nebulous Notes を起動する際のURLスキームのパラメータは "append" (後ろに何かを付け加える、レコードを加える) の他に "prepend" というのもある。意味は append の反対で、「指定した文字列をファイルの先頭に加える」ということ。

Nebulous Notes のURLスキームとパラメータについては "Nebulous Notes Workflow :: The Other Side of MyGeekDaddy" が詳しい。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク