ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Media Hint はFirefoxを重くする

Media Hint というアドオン(またはextension)がある。これをインストールしているとFirefox起動直後の動きが重くなることに気づいた。なぜこのアドオンを使うとPandoraを聴けるようになるのかも判明した。


Media Hint ロゴマーク

ここに書くことは既に多くの人たちが知っていることだろうけど、 Media Hint でPandoraラジオを聴ける謎が解明されたのは自分としては新鮮な発見だったのでこのブログに書いておく。

昨日(2013年11月10日) Firefox 25.0 をインストールした。起動直後にもたつきを感じた。具体的に言うと、起動直後ロケーションバーにたとえば "yahoo.co.jp" とタイプしてEnterキーを押しても Yahoo! JAPAN のWEBサイトがなかなか開かない。信じがたいことに2分近くかかってようやく http://www.yahoo.co.jp/ が開くという有様だ。

1時間ほど試行錯誤して原因を特定した。犯人は Media Hint というアドオンだった。これは Pandora というネットラジオを聴くために約1年前にインストールしたアドオン。アメリカのPandoraは日本で聴くことができない。それをあたかもアメリカからインターネットに接続しているかのように偽装してくれるのが Media Hint である。自分は Google Chrome を使っていないのでよく知らないけどChromeでも動くらしい。

でもなぜ Media Hint というアドオンがFirefoxの動きを遅くするのだろう? それを調べようとTwitter検索した。その結果が下のスクリーンショットである。Media Hint がダウンしていることを訴える声が世界各地で出ている。

Twitter検索スクリーンショット

なるほど、そういうことだったか。Media Hint でPandoraを聴ける仕組みがなんとなくわかった。

日本でFirefoxとかChromeなどのブラウザを開いてPandoraのWEBサイトを開こうとすると、pandora.com に普通の方法で接続するのではなく Media Hint のサーバーを経由して pandora.com に接続するのだと思う。Media Hint のサーバーはおそらくアメリカにあるのだろう。だからPandora側からはオイラの居住地は日本ではなくアメリカであるかのように見える。ゆえに日本にいながらPandoraラジオを聴けるのだ。

オイラのFirefoxが異様に重くなっていた時間帯はちょうど mediahint.com のサイトが落ちていた時間帯。Pandoraを聴こうが聴くまいがFirefoxは mediahint.com に接続しようとする。Firefoxはダウンしている mediahint.com に接続しようとしては何度も失敗するのだからブラウザ自体の動きも重くなるわけだ。リロードのリクエスト回数の上限はたぶんFirefoxの about:config とか prefs.js に書かれていると思うけど難しいことは知らない。

ちょっと気になったのが、Pandora以外のWEBサイトを開くときでも Media Hint との何らかの通信がなされていること。この点はセキュリティの観点から見て問題はないのかなあ。まあ、いいや。

その後 Media Hint は復旧。今後はPandoraを聴くときだけ Media Hint を有効に、聴かないときは無効にすることで対処することに決定。ここ1年ほど自分のFirefoxが少しもたつくようになっていたんだけど、このアドオンを無効にすれば動きが軽くなることもわかった。ああ、よかった。

Media Hint というアドオンは少し変わっていて、アドオン一覧で "disable", "enable" をクリックしても "Restart" という表示が出てこない。つまりdisableしようがenableしようがFirefoxを再起動する必要がない。通常のアドオンとは明らかに違うタイプだよね。

スポンサーサイト

米国のティーンがFacebookを避ける理由

Business Insider を読んでいたらアメリカのティーン(13歳から19歳までの若者)がFacebook離れしている現象について面白い記事があった。
Why Tweens And Teens Think Facebook Stinks - Business Insider

端的に言うと、彼らの母親の多くがFacebookをやっていて、彼女たちと同じSNSをやりたくない、というのがFacebookから離れてしまう理由らしい。これだけだと身も蓋もないので、この Business Insider の記事を簡単にまとめておく。

Snapchat


Facebookよりも Snapchat, Vine, Instagram に夢中になりつつある若者たち。なぜ彼らはFacebookを嫌うのか? いずれも13歳になるルーカス (Lucas) とエイデン (Aidan) にそのわけを聞いてみよう。

ルーカスがFacebookをやらなくなった理由。「Facebookをやってるママがたくさんいるからね」。

エイデンも同じ意見。「ママたちと同じ空間にいたくないから」。

ルーカスとエイデンはいずれもFacebookに割く時間を減らしている。彼らの友人たちも同じだ。

エイデンがFacebookのアカウントを取得したのは携帯電話を買う前。でも自分の携帯電話を持つようになってからはSnapchat、Vine、Instagramをチェックすることが多くなった。

「Facebookでは何かをクリエイトしたり読んだりする時間が必要。でも言葉は画像や動画ほど重要ではないんだ」(エイデン)。

ルーカスの友人はほとんどがFacebookアカウントを持っている。でもよく使っている友人はそのうち25%に過ぎない。

なぜルーカスはFacebookよりもVineやInstagramが好きなのか。VineやInstagramは、退屈なとき、面白いものを探しているとき、画面をスクロールするだけでいい。

友人と会話するときでさえFacebookはルーカスにとって第一選択肢ではない。

「そういうときはテキストチャットだね。Kikを使っている人もたくさんいるよ。iPodがあればできるじゃん」(ルーカス)。

KikはWhatsAppのようなメッセージング・サービス。別に目新しくはないがルーカスとエイデンによれば同世代には非常に人気があるという。

興味深いことにルーカスもエイデンもTwitterには全く言及しなかった。

最近の Pew による調査によれば13歳から19歳までの若者の74%がモバイル・インターネット・ユーザーである。ルーカスとエイデンによればほとんどが携帯電話を持っている。

「スマホを買う前はFacebookをよくチェックしていたよ。今は全く見ないけどね」(エイデン)。

ルーカスの見方によればFacebookを最もよく使っているのは転校した生徒たちである。学校で会えなくなった友人の動向を追うときにはFacebookは確かに便利だ。

「Facebookをディー・アクティベート (de-activate) するつもりはないよ。誰かとコネクトする方法としてはまだ使える。でもチェックすることはもうほとんどないだろうね」(エイデン)。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。