ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

xe, xem, xir の綴りはなぜ x で始まるのか?

バンクーバーの教育委員会で決まったトランスジェンダー向けの xe, xem, xir という新しい人称代名詞。なぜこういう不思議な綴りになっているのか。なぜ "x" で始まる綴りなのか。x はたぶん transgender の "trans-" を意味していると思います。あるいはX染色体かもしれません。それを説明します。


Transgender Pride flag
File:Transgender Pride flag.svg - Wikipedia, the free encyclopedia

数日前かなり話題になった「He、Sheをやめ“Xeを使用”とカナダの教育委員会。ジェンダーフリー発想もPTA大混乱。 | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト」という記事。ここに書かれていることが事実の歪曲であることがその後多くの人たちに指摘されています。

男女平等、個性尊重、そして性同一性障害への理解が進み、児童・生徒を男子/女子に分けることを善しとしなくなってきた学校教育の現場。カナダで進むジェンダーフリーの精神にもとづき、バンクーバー市では“Xe”なる新しい言葉が誕生した。しかしその支持率はかなり低め。どの学校でもPTAは喧々囂々となっているもようだ。

カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバー市の教育現場では今後、これまで聞いたことのない「Xe(ゼ)」なる新しい単語が多用される可能性が出てきた。たとえば「ジョンはボブからリンゴを3つもらいました。ケイトからも4つもらいました。“He(ジョン)”は今、いくつのリンゴを持っているでしょうか」といった文章問題において、男女で異なる“He”や“She”といった代名詞を用いず、これからはどちらにも“Xe”を使おうという動きだ。

He、Sheをやめ“Xeを使用”とカナダの教育委員会。ジェンダーフリー発想もPTA大混乱。 | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

これ、ぱっと読んだ感じでは、「男女の区別をなくそう! he/she を使うのをやめよう! "xe" という新しい人称代名詞を作ろう!」という意味に取れます。でも事実はそう単純ではないんです。

正しい解釈は現地バンクーバー(カナダ)の新聞に書いてあります。
Vancouver school board approves new policy addressing transgender students
それからイギリスのBBCにも。
BBC News - Canada: Schools axe 'he' and 'she' in favour of 'xe'

要点を箇条書きするとこういうことです。

  • バンクーバーの教育委員会はトランスジェンダー (transgender) の状態にある生徒が he でも she でもなく xe という新しい人称代名詞を使うことを認めた。
  • トランスジェンダーの状態になっている生徒が xe の使用を強制されるわけでも推奨されるわけでもない。
  • トランスジェンダーでない生徒が xe の使用を強制されるわけでも推奨されるわけでもない。
  • 同時にトイレについても男女いずれかのトイレを使うかは生徒の判断に委ねられる。トランスジェンダーになっている生徒のためにユニセックス (uni-sex) のトイレ設置の話も出ている。

わかりますか? Techinsight とかいうインチキニュースサイトは「ジェンダーフリー」なんて安易な言葉を用いています。しかし上記英語ソースだと「ジェンダーフリー」なんて一言も言っていません。正しくは「トランスジェンダー」なんです。ちなみにトランスジェンダーとは同性愛とか性同一性障害とかその他いろいろ含まれる状態を言い表す概念らしいです。私もよく知りません。しかしトランスジェンダーとジェンダーフリーの違いぐらいなら漠然とわかります。

この Techinsight とかいうインチキWebサイトの記事に対する皆さんの「はてなブックマーク」を魚拓しておきました。
はてなブックマーク - He、Sheをやめ“Xeを使用”とカナダの教育委員会。ジェンダーフリー発想もPTA大混乱。 | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

これはすごいです。ソースを見ずにすべてを把握してしまうエスパーさんたちの素晴らしい発言のオンパレードです。私は頭が悪いので何か事件が起きるとできるだけ1次ソースを当たろうと思ってしまうんですが、私よりもはるかに頭が良いエスパーさんたちはどうやら違うようですね。

ところでこの件に関する私の関心は優秀なエスパーさんたちとは違うところにあります。私がこのニュースを読んで最初に興味をいだいたのは以下の2点です。

  • xe, xem, xir は何と読むのか。Techinsight のインチキ記事だと xe の読みは「ゼ」になっているけど英語ではこんな発音は絶対ありえない。
  • なぜ xe, xem, xir という不思議な綴りなのか。先頭の x にはどういう意味があるのか。

xe の読みが「ゼ」であるわけないですよね。なぜかというと、英語では1音節の語の読み方は、

  • 子音で終わる( cat, dog, fish など)
  • 長母音または2重母音または3重母音で終わる( me, my, our など)

…のいずれかだけです。これ以外の形はひとつもありません。単母音(または短母音)で終わる1音節の英語など絶対に存在しません。言い換えると、「ゼ」 [ze] なんていう発音は英語では100%ありえないんです。もっと言うと、強弱のリズムあるいは2拍子のリズムでしゃべる英語ネイティブにとって「1音節であり、かつ単母音で終わる」という条件を満たす [ze] という音を発することは非常に困難なのです。私たち日本語ネイティブにとっては理解に苦しむ現象ですけど、英語にはそういう不変の大原則があります。

この原則は冠詞の "the" と "a" にも当てはまります。他の語と共存する文の流れの中では母音が曖昧化して the は [ði, ðə] に、 a は [i, ə] になります。つまり単母音です。しかし単独で発声するときはそれぞれ [ði:] [ei] というふうに母音は長母音または重母音になります。というか [ði:] [ei] がそれぞれの冠詞の本来の発音なんですけどね。前述したように、これは英語という言語に特徴的な強弱のリズムまたは2拍子のリズムを反映した現象です。

xe の発音については本来ならテレビとかラジオで確認するべきですが見つからなかったので前述したBBC記事の記述を引用しておきます。

The new pronoun "xe" is pronounced "zee"

Suggesting a possible alternative to xe (pronounced "zee"), National Post's Kelly McParland wrote...

つまり日本語に音訳すると "xe" は「ジー」とか「ズィー」でしょうね。 Techinsight とかいうインチキWebサイトは「ゼ」と言っていますけど、これは間違いなくBBCが正しいでしょう。

いろいろ調べた感じでは xem は [zem] で、xir は [zeər] らしいです。つまり「ゼム」と「ゼア」です、たぶん。

もうひとつの疑問。なぜ xe, xem, xir という不思議な綴りなのか。これもWeb検索しましたが説明している記事が見つかりませんでした。なので私の憶測を言います。あくまでも憶測です。

x で始まる英語の単語は非常に少ないです。ぱっと思いつくのは Xerox ですが他にも XSS (cross site script) とか Xmas があります。X という文字は形が十字架とか交差 (cross) を想起させるんですよね。XSS について言えば cross だから X ということです。Xmas の X はキリスト教の十字架から来ているのだろうと私は漠然と思っていましたが実際にはギリシャ語とかラテン語の綴りから来ているらしいです。

「交差」と言えば transgender も「性役割とか性意識の交差あるいは横断」と解釈できます。だから新しい人称代名詞は xe, xem, xir という綴りになったのではないでしょうか。ただしこれは私の憶測です。

それと x は生物の性を決定するX染色体から来ているのかもしれません。ヒトを含む多くの哺乳類では "XX" なら雌、"XY" なら雄です。つまりX染色体は必ずあるんですよね。

結論

  • xe の読みは [zi:] である。Techinsight というWebサイトは「ゼ」と言っているが間違い。あるいは [zi:] の日本語音訳としては著しく不適当。あえて音訳すると「ジー」または「ズィー」。
  • xem は [zem] 、 xir は [zeər] と読むらしい。
  • xe, xem, xir の綴りが x で始まるのは transgender の "trans" (交差、横断)に関連しているのかもしれない。あるいはX染色体に関連しているのかもしれない。
スポンサーサイト

「never + 形容詞比較級」の意味

"You treat the matter lightly, whereas I myself was never more serious." ←これは Oxford Dictionary に出てた例文なんですけど意味はわかりますか? 私はこの文の意味を知るのに2日かかりました。正解はこの記事の最後に書きますけどその前になぜこういう意味になるのかを説明したいと思います。


鯨の画像
File:Baleen parts.png - Wikipedia, the free encyclopedia

英語の "whereas" という接続詞の意味を Oxford Dictionary で調べたら次のような例文が出ていました。

You treat the matter lightly, whereas I myself was never more serious.

「君は物事を軽く扱うんだね。だけど僕は…」。あれ? "never more serious" はどう訳せばいいんだろう? "more serious" は形容詞の比較級。ならば直後に 「than 何とか」が隠れているわけだ。何と比べているんだろう? 何と比較して「僕は決して serious ではない」と言っているのだろうか?

「君は物事を軽く扱うけど僕は君よりも決して真剣に物事を扱わなかったよ」という意味かな? あれ? 変だな。うーん、わからない。そもそもオックスフォードが小難しい文を whereas という単純な語の例文として掲載するわけがない。

こうして "I myself was never more serious" の意味がわからず悩むこと2日間。"never more 形容詞", "not more 比較級" などのキーワードでGoogle検索してもさっぱり理解できず。ひょっとしてあの有名な「クジラ構文」のようなもの? 「犬が猫でないのと同じように鯨は蛇ではない」でしたっけ?

ああ、わからない。真剣にわからない。

iPod touch スクリーンショット

2日間考えて突然ひらめきました。この文は少しひねったフレーズとして知られる、

I couldn't agree more. (これ以上強く賛成することは不可能と言いたいところだが実際には賛成する。大賛成だ。)(仮定法)

I can't agree more. (可能な限り強く賛成しているのでこれ以上強く賛成するのは不可能だ。大賛成だ。)(直説法)

…と同じ理屈ですよね。つまり "never more serious" は「これ以上真剣になれないほど真剣だ」という意味。

それにしても英語ネイティブはどうしてこういう理屈っぽい文を思いつくのか。そしてどうしてオックスフォード辞典はこんなややこしい例文を載せるのか。本当に理解に苦しみます。ていうか、私だけが理解に苦しんだのかもしれませんけど。こういうのって「比較構文」て言うんですか? 本当に紛らわしいです。こういう文に出会うたびに「英語の文法なんて絶対勉強するもんか! 氏ね!」という気分になりますね、ええ。

結論

You treat the matter lightly, whereas I myself was never more serious.
君は物事を軽く扱うんだね。僕は非常に真剣に扱ったけど。

BB2Cのスレタイ検索は偽2chの検索サーバーを利用できる

西村博之が2ちゃんねるをサイバー攻撃(?)するようになってから2ちゃんねるのスレタイ検索が使いづらくなっています。おそらく悪質なクローリング対策の結果としてスレタイ検索が以前ほどの精度を失ったということだと思います。パソコンでは「2chスレタイ検索」 (http://ff2ch.syoboi.jp/) などを利用できますが、AndroidやiPhoneの専ブラだと皆さん苦労しているようです。BB2CというiPhoneアプリを使っている私も困っていました。

ところが本日のBB2Cスレッドに神が降臨しました。西村がでっちあげている偽2chすなわち 2ch.sc の検索サーバーを利用するという驚くべき裏技です。

2ちゃんねる

882 :iPhone774G@転載は禁止:2014/06/17(火) 04:22:26.83 ID:1FuZyji10

板一覧更新後、開けなかった一部の板を開く事は出来るようになったのですが
スレタイ検索は何のキーワードを入れても検索できません。

887 :iPhone774G@転載は禁止:2014/06/17(火) 05:04:33.97 ID:Vnka/Ae60

>>882
検索サーバをscのにすればできるようにはなる
それでいいのなら

888 :iPhone774G@転載は禁止:2014/06/17(火) 06:26:12.79 ID:kMVsfyjx0

>>882
設定で検索サーバにhttp://find.2chドットscを指定(ドットは.に変換してね)

895 :iPhone774G@転載は禁止:2014/06/17(火) 07:41:22.14 ID:qI4lrGPy0

>>888
これは知らなかった
しかしscのスレと見分けつくの?

899 :iPhone774G@転載は禁止:2014/06/17(火) 08:20:56.82 ID:kMVsfyjx0

>>895
本家2ch.netは2ちゃんねる検索のクロールを遮断してるから検索サーバだけscにするんだよ
タイムラグがあるけどscは本家2ch.netのスレタイが反映されるから検索の用は足せる

で、BBS MENUの方は本家2ch.netの方を設定したままにすれば、表示されるスレは本家2ch.netの方

900 :iPhone774G@転載は禁止:2014/06/17(火) 08:25:30.16 ID:r0tbLdmt0

ほう
アフィカスかと思ったけどやってみるか

901 :iPhone774G@転載は禁止:2014/06/17(火) 08:42:25.72 ID:qI4lrGPy0

>>899
2ch.netだけ反映されるって事だな
使いやすくなったよありがとう

BB2C Part133

BB2C

つまりBB2Cの設定にある「検索サーバー」に、

http://find.2ch.sc

…を指定すればいいのです。

検索結果に出てきたスレッドをタップしても西村の 2ch.sc に飛ばされることはありません。きちんと本物の 2ch.net に飛びます。偽2chのCookieを喰わされる心配については何ともいえませんが…

BB2C

BB2C

ただし現状では検索結果を「勢い」でソートするとDAT落ちしたスレッドが上位に来てしまうことがあるようです。なので「標準」でソートするといいと思います。

で、私は専ブラ全般のことには詳しくないのですが、この裏技はBB2Cに限らずほとんどの専ブラで使えるんじゃないですかねえ。

ニュース英語ばかり勉強していると疑問文を聴き取れなくなる

ニュースの英語ばかり勉強していると疑問文を聴き取る訓練がおろそかになる。ニュースでは一般に肯定文と否定文が多い。疑問文の使用頻度は低い。英語の疑問文を正確に聴き取りそれを話すには何をすればいいか。それを習得するにはニュースで話される英語ではなく会話で話される英語を繰り返し聴いて話す訓練をおこなうしか方法はないと思う。


会話する人々
File:Arnold Lakhovsky Conversation.png - Wikipedia, the free encyclopedia

数日前に勉強した英会話
英語伝 - 男と女の英語、ココが違う!その1-女性の英会話劇場-
音声 (MP3)

リスニングの訓練を続けているおかげで最近ではこの程度のスピードなら簡単に聴き取れる。だけど最後の…

So what did a slight frown on his face mean then?

…だけは聴き取れなかった。

まあ、あとで "So what did a slight frown on..." という文を目で見れば、「ああ、確かにそう言っているよな」と合点するわけだけど。

なぜ自分はこの文だけ聴き取れなかったのだろう? これについて自己分析してみた。おそらく疑問文だからだ。疑問文を聴き取るのは肯定文や否定文よりも若干難しい。これが理由だ。

英語の疑問文を聴き取るとき、「あれ? 肯定文とか否定文のしゃべり方とはずいぶん違うな」と感じた経験をお持ちの方は多いと思う。疑問文の抑揚とか強弱は明らかに肯定文とは違う。

音声に着目すると肯定文と疑問文は抑揚と強弱が大きく異なる。そして文法に着目すると語順が異なる。

疑問文を聴き取るのはなぜ難しいのか?

英語の疑問文は原則として主語と助動詞(または動詞)を倒置する。倒置法の一種と言ってもいい。否定を表す副詞 "not" が加わると話は一層ややこしくなる。昔の英語だと語順が結構バラバラ。

たとえば Bram Stoker の "Dracula" という1897年ごろに発表された小説の中に、

Do you not know that to-night, when the clock strikes midnight, all the evil things in the world will have full sway?

…という疑問文がある。"Do you not know..." なんて言い方は今は会話ではほとんど使わないと思う。現代英語なら、

Don't you know...

…と言うのが普通。つまり昔は "not" の置き場所が固定していなかった。

疑問文は本来の語順を崩すことで疑問文として成立する。語順が崩れれば強弱と抑揚も肯定文とは異なるものになる。聴き取るのには経験が必要。当たり前だけど、これを習得するには場数を踏むしかない。これ以外の方法は絶対にない。

BBCラジオとかCNNテレビ。あるいはNHKの国際放送。ああいうマスコミのニュースの英語では肯定文と否定文は頻繁に使われるけど疑問文はあまり登場しない。となると聴こえ方が異なる疑問文を聴き取るにはニュース英語ばかり学習していてはダメだと思う。

付け加えると、「瞬間英作文」と呼ばれるものも同様。瞬間英作文はそれ自体は良い学習法だと自分も思う。だけどあれは原則として *1個の* 文をしゃべる訓練。ゆえに会話のキャッチボールがない。だからあの種の教材には疑問文はあまり登場しない。

1個の文だけを繰り返し音読する訓練の弱点について最後に少しふれておこう。

以前にもこのブログで言及したかもしれないけど、英語って1個の文だけしゃべるのと会話の流れの中でしゃべるのとでは発音が大きく変わる。わかりやすいのが、

You don't have to follow the rule.

…みたいな例。

この1個の文を単独で読むなら "don't" にストレスを置くのが普通。そしてそれが正しい。ところが実際の会話の中では冒頭の "you" にストレスを置く英語ネイティブが圧倒的に多い。後続する "don't" にストレスを置く人はほとんどいない。

疑問文も同様。会話の流れの中で聴くのと英語教材の中で1個の文を単独で聴くのとでは話し方と聴こえ方が変わってくる。

となると英語の疑問文を聴き取る訓練としてはNHKラジオでやっている英会話のような教材が一番良い…という当たり前の結論になる。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。