ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

たぶんフランス人も英語の句動詞が苦手だと思う

英語の句動詞が相変わらず苦手だ。すぐ意味を忘れてしまう。ラジオでアナウンサーにすごい速度でしゃべられると、 "take over" と "turn over" のような例を混同してしまう。ていうか、そもそも両方とも意味を瞬時には思い出せない。

ふと思ったんだけど、句動詞があるインド・ヨーロッパ語族の言語って英語ぐらいで、他にはないんじゃなかろうか? 英語の Old English 系の動詞の多くは1音節または母音の数が1個。これがフランス語の動詞だと事情がずいぶん違って、音節の数が2個とか3個という動詞が多いと思う、たぶん。その証拠にフランス語から英語に入って来た語は大半が複数の音節を持つ。1音節の動詞と1音節の副詞がくっつくと2音節になって発音しやすくなる。聴き取りやすくなる。それに対して仮に3音節の動詞が3音節の副詞とくっつくと合計6音節になって「いくらなんでも長すぎるだろ」という印象がある。まあ、個人的な感想だけど。

この憶測を検証すべくフランス語のWikipediaで "verbe à particule" (句動詞) の項を読んだ。そしたら句動詞はゲルマン語派(デンマーク語、アイスランド語、スウェーデン語、ドイツ語、英語など)で発達が著しいけどロマンス語派(フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語など)ではほとんど例がないらしいことがわかった。

ほぼ予想どおりだ。フランス語などでは句動詞はあまり発達していないのだ。とすればフランス語ネイティブが英語を習得する際にも日本人同様に句動詞で苦労しているのではなかろうか?

以下はフランス語Wikipediaの「句動詞」 (verbe à particule) の項のおおざっぱな翻訳である。もちろん全部ではなく一部だけ。フランス語は知らないのでGoogle翻訳で一旦英語に機械翻訳してそれを日本語にした。よって翻訳の精度はかなり劣ると思う。ドイツ語の句動詞に関しては膨大な量の記述があるが英語の句動詞に関する記述は少ない。ちょっと不思議な感じがするけど、フランス語ネイティブにとっては英語よりドイツ語のほうが身近なのかもしれない。

フランス国旗

句動詞 (Verbe à particule)

句動詞はゲルマン語派で頻繁に見られるがこの語族に限られるわけではない。ドイツ語とオランダ語の句動詞は不変化詞の位置を決める複雑な決まりに特徴がある。

フランス語には句動詞がほとんどない。数少ない例に "courir sus", "mettre bas", "passer outre" などがある。

句動詞の範囲

句動詞の範囲とこれに対応する用語は言語の様式によって大きく異なる。

句動詞と、動詞と前置詞の単純な組み合わせ、すなわち補語が1個または複数の前置詞(より一般的には「接置詞」)から形成されるものは異なる。句動詞の場合不変化詞が動詞にとって不可欠な要素である。それに対して動詞と前置詞が単純に組み合わさる場合前置詞は名詞語句グループの一部分とされる。

一般的に言って、句動詞は動詞句 (verbal phrase) とは異なり、do, put, take, wear などの動詞と大きな意味を持つ補語から成る。

句動詞の意味

句動詞の意味はそれを構成する各々の語から容易に推論できることが多い。例を下に示す。

  • ドイツ語: kommen "come" + year "to, towards" → ankommen "happen"
  • オランダ語: gaan "go" + uit "outside" → uitgaan "going out"
  • 英語: take "take" + off "off" → take off "remove"

しかし語の集合が語彙化されて構成要素の意味に還元するのが容易ではない独自の意味を獲得することは珍しいことではない。上述した "take off" (remove) には "leave the ground" という意味もある。

句動詞の中には動詞本来の意味との関係を失った極端な例もある。ドイツ語の "aufgeben" と英語の "give up" がその例である。意味はいずれも「放棄する、諦める」。ドイツ語の geben と英語の give の意味はいずれも「与える」で、副詞的不変化詞 auf と up は「位置が上」「上に向かう」を表す。同様にドイツ語 "verstehen" と英語 "understand" も元々の動詞(ドイツ語の stehen と英語の stand)とは意味がかけ離れている。

Verbe à particule ― Wikipédia

BBC、CBS、VOAのラジオをiPhoneで気軽に聴く

海外放送のBBC、CBS、VOAなどをiPhoneとか iPod touch で聴く方法を試行錯誤した。具体的には 1) パソコンのiTunesで任意のラジオ局を選ぶ、 2) foobar2000でラジオを受信する、 3) foobar2000でストリーミングURLを取得してiPhoneまたは iPod touch 上のメディア・プレーヤー系アプリCapriccioに登録する…という流れ。以下にこの作業をおこなうに至った経緯と方法をまとめておく。


Capccino スクリーンショット

英語のリスニング能力を高めるため NHK WORLD RADIO JAPAN の英語放送を今年から聴いてるんだけど、ゆっくり話すアナウンサーが多いのでリスニングの練習としては物足りない。もう少し速くしゃべるネイティブの本格的な英語ニュースをインターネットで聴きたい。

ネットで聴けるラジオ局はたくさんある。ラジオ局のWebサイトにある "Listen" のリンクをクリックすればストリーミング (streaming) の形で聴ける。しかしオイラが望む聴取方法は iPod touch で聴くスタイルだ。Safariで聴くのも悪くはない。BBC専用アプリとかCNN専用アプリとかCBS専用アプリをそれぞれインストールして聴くのも悪くはない。でもアプリ1個にたくさんのラジオ局を登録してその中からそのときの気分に応じて好きな放送局を選んで聴く…というスタイルが一番好きだ。さらに言うと、オイラの iPod touch は第4世代で iOS 6.1.6 なので新規にアプリをインストールしようとしても蹴られることが多い。

たくさんのラジオ局を登録しておいて好きな放送局を選んで聴けるアプリ。この手のものはたくさんあると思うけどオイラは Capriccio というiPhoneアプリを使ってる。価格は80円ぐらいだったかな? これに各ラジオ局のストリーミングURL(と言うのかな?)を登録すればいい。

余談だけど、Capriccioはラジオ機能だけでなくiTunesで管理している音楽も聴ける。いわゆるA-Bリピートとか速度調節が可能なので語学に使ってる人も多いらしい。

問題はラジオ局のストリーミングURLを突き止めることが非常に難しいこと。以前はSHOUTcastで好きなジャンルの音楽を聴けるラジオ局のストリーミングURLをコピーしてfoobar2000に登録したもんだ。だが最近のSHOUTcastのWebサイトは劣化して非常に使いにくい。そもそもnewsというジャンルがない。昔はnewsのジャンルがあったような気がするんだけどなあ。

そこでパソコンでiTunesの「インターネットラジオ」を使うことにした。下のスクリーンショットに示すように "News / Talk Radio" というジャンルがある。バージョン 12.0.1.26 のiTunesには820ストリームつまり820のラジオ局が "News / Talk Radio" に登録されている。ぱっと見た感じではアメリカ合衆国のラジオが非常に多いかな。

iTunes スクリーンショット

ここから当該ラジオ局のストリーミングURLを取得する方法がややこしい。これを知っている人はおそらく非常に少ないと思う。

  1. iTunes で「ファイル」メニューの「プロパティ (G) 」を選ぶ。キーボードショートカットの Ctrl + I でもいい。
  2. プロパティーの「場所」という項目にURLがある。これをコピーする方法が何とも不可解。普通にマウスでクリックして文字列選択しようとしても絶対に不可能。Tabキーを数回押して「場所」をフォーカスして Ctrl + C が正解。

iTunes スクリーンショット

しかしここでコピーしたURLはストリーミングURLとは違うような気がする。おそらく "playlist" と呼ばれるファイルのURLだと思う。たとえば BBC Radio 4 の http://www.bbc.co.uk/radio/listen/live/r4_heaacv2.pls というURLを iPod touch のアプリCapriccioに登録してもBBCを受信することはできない。ではCapriccioが再生してくれるURLは何か?

この問題を解決するにはWindowsパソコンで foobar2000 を使う。

foobar2000 スクリーンショット

  1. iTunesで取得したURLをfoobar2000で受信する。上記で例としてあげた BBC Radio 4 であれば http://www.bbc.co.uk/radio/listen/live/r4_heaacv2.pls がそれ。
  2. そのラジオのプロパティーをfoobar2000で調べる。上のスクリーンショットにある "file path" の部分が最終目標のストリーミングURLだ。具体的には http://bbcmedia.ic.llnwd.net/stream/bbcmedia_intl_he_radio4_p のような形。URL末尾に疑問符で始まる "?hoge_hoge_hoge_hoge____" みたいな変な長い文字列が付く場合があるけど、この部分は削ることが可能。
  3. このURLをコピーして iPod touch 上のCapriccioに登録する。
  4. これでやっと iPod touch またはiPhoneでBBCとかCBSとかVOAを聴けるようになった。めでたし、めでたし。

やり方の簡単なまとめ。

  1. パソコンのiTunesで任意のラジオ局を選び、playlist用(?)のURLを取得する。
  2. そのURLをfoobar2000で開いてラジオを受信する。ストリーミングURLを取得する。
  3. #2 で得られたストリーミングURLをiPhoneまたは iPod touch 上のアプリCapriccioに登録する。

最後に、私がiPhoneアプリCapriccioで聴いているラジオの中からいくつか選んでストリーミングURLを貼っておきます。ジャズ関係も少し貼りました。皆さんおすすめのラジオがあればそのストリーミングURLの直リンクをTwitterなどで教えてくださると非常にうれしいです。→ @Art_Salt

NHK WORLD RADIO JAPAN - http://www3.nhk.or.jp/rj/podcast/mp3/english.mp3
NHKの英語放送。これは正確にはストリーミング・ラジオではなくポッドキャストかな? リアルタイムの放送ではない。
VOA - http://voa-28.akacast.akamaistream.net/7/54/322040/v1/ibb.akacast.akamaistream.net/voa-28
英語学習初心者向けの Special English だけがVOAではない。普通のスピードで話すニュースもやってる。もちろん音楽番組もある。ていうか Special English の番組はごく一部。
BBC - Radio 4 - http://bbcmedia.ic.llnwd.net/stream/bbcmedia_intl_he_radio4lw_p
アメリカ人の「ふにゃっ」とした英語に慣れたオイラにとってイギリス人の Queen's English は岩のようにゴツゴツしてる感じがする。
BBC - Radio 5 live - http://bbcmedia.ic.llnwd.net/stream/bbcmedia_intl_he_5live_p
これもBBC。
CBS Radio News - h ttp://8283.live.streamtheworld.com/CBSNEWSAAC_SC
モバイルWi-Fiルーターと iPod touch があればCBSの英語ニュースを24時間いつでも地球のどこでも聴けるなんて良い時代になったよなあ。
JazzRadio (http://www.jazzradio.hu/) - http://194.38.105.21:8002/
ハンガリーのジャズ専門局。最近知った。選曲が良い。
Radio Jazz, Radio Jazzowe - PolskaStacja - http://188.165.20.29:8750/
ポーランドのジャズ専門局。ガツンとした音が好きだ。ときどきジャズ以外の音楽が大音量で聴こえてきて閉口するけど、まあいいや。
Giants of Jazz Radio - http://174.36.1.92:1889/
イギリスのジャズ専門局。いわゆるジャズの巨人たちの演奏が多くて渋いぞ。レーベル特集もある。
JAZZRADIO.com - Hard Bop - http://pub8.jazzradio.com/jr_hardbop_aac
アメリカの(?)ジャズ専門局。数日前知った。JAZZRADIO.com には楽器別のラジオもあって、これは1950-60年代のハードバップだけ聴ける。間違っても気持ち悪いフュージョンとか流れないから安心できる。選曲してるのは相当のマニアと見た。

Chaikaのショートカットキー変更

Chaika アイコン

Firefox上で2ちゃんねる専用ブラウザに近いことをやってくれるアドオン chaika 。最近のバージョンはデフォルトのスキンにキーボード・ショートカット機能が装備されている。シングルキー・ショートカット (single-key shortcut) もある。これを便利と見るか。余計なお節介と見るか。

面白いと思ったのは、数字キーを押すと当該レス番号にスクロールする動き。たとえば数字キーの 2 を押し、素早く 5 を押し、素早く 6 を押せばレス番 >>256 に移動してくれる。

おそらく多くのFirefoxユーザーは keyconfig とか Key config のようなキーボードショートカット管理系アドオンを使っているだろうからキー操作のバッティングは不快だと思う。

Chaikaのキーボード・ショートカットを変更したり一部だけ無効にするには script.js という名前のファイルを変更する必要がある。

script.js は非常に探しにくい場所にある。Windows 7 だと、

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\プロファイル名\extensions\chaika@chaika.xrea.jp\chrome\content\chaika\defaults\skin\script.js

…がフルパスになる。

Chaika 1.7.1 だと具体的には同ファイルの658行目あたりに、

    keyMap: {
        'Control+Enter': function(){ ThreadCommand.write(); },
        'Shift+Enter': function(){ ThreadCommand.write(); },
        'w': function(){ ThreadCommand.write(); },
        'r': function(){ ThreadCommand.reload(); },
        'n': function(){ ThreadCommand.scrollToNewMark(); },
        'j': function(){ ThreadCommand.scrollToNextRes(); },
        'k': function(){ ThreadCommand.scrollToPrevRes(); },
        'f': function(){ window.scrollByPages(1); },
        'b': function(){ window.scrollByPages(-1); },
    },

…とコードされている。

JavaScriptのことは全然わからないけど何が記述されているかは雰囲気で完璧にわかる。

キーボードの w を押すと書き込みウィザードが現れる機能と、前述の数字キー押下で当該レス番への移動は便利なので残しておいて、これら以外のキーボード・ショートカットはすべて無効にしといた。

具体的には、

    keyMap: {
    /*
        'Control+Enter': function(){ ThreadCommand.write(); },
        'Shift+Enter': function(){ ThreadCommand.write(); },
     */
        'w': function(){ ThreadCommand.write(); },
     /*
        'r': function(){ ThreadCommand.reload(); },
        'n': function(){ ThreadCommand.scrollToNewMark(); },
        'j': function(){ ThreadCommand.scrollToNextRes(); },
        'k': function(){ ThreadCommand.scrollToPrevRes(); },
        'f': function(){ window.scrollByPages(1); },
        'b': function(){ window.scrollByPages(-1); },
     */
    },

…というふうに、不要な箇所をコメントアウトしとく。

あとは下のスクリーンショットに示す設定のままでいい。

Chaika 設定

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク