ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

英語の文法、七つの間違った神話

もう1ヶ月ぐらい前(2015年3月18日)の記事だけど "7 grammar myths you learned in school | OxfordWords blog" (学校で習った7つの文法神話)という興味深い記事を最近読んだのでざっと紹介。翻訳ではない。

誤解があると困るので少し言っておくと、ここで言う神話は話し言葉ではなく書き言葉に関する神話だと思う。

ここで紹介されている7つの間違った神話
文は前置詞で終わってはいけない
文は接続詞で始まってはいけない
二重否定は文法違反である
不定詞の分離は誤りである
文は hopefully で始まってはいけない
受動態は使われるべきではない
人間以外のものに whose を使うのは間違い

Oxford Dictionaries


1. 文は前置詞で終わってはいけない (You can’t end a sentence with a preposition)

前置詞というのは of, in, after, over, between などを言います。

この神話を厳格に守っている堅苦しい例。

  1. He told her that there was nothing of which to be frightened.
  2. Paid for the house had not been.

普通はこうです。前置詞で終わってもよいのです。

  1. He told her that there was nothing to be frightened of.
  2. The house had not been paid for.

2. 文は接続詞で始まってはいけない (You can’t start a sentence with a conjunction)

接続詞というのは when, if, although, so, but などを言います。

この神話が正しいとする人たちは下のような but の使い方を文法違反と考えます。

Lucy was really busy. But she got the place anyway.

しかし

Julia has gone without saying good-bye. But why?

のような効果的な使い方もあるので一概に文頭の接続詞を禁止するのは間違いです。この神話は文法の決まりごとというより文体の好みでしょう。

3. 二重否定は文法違反である (Double negatives are always ungrammatical)

二重否定とは "I don’t have nothing for you." などを言います。

会話では頻繁に使われますが、書き言葉で使用するのはいけないことでしょうか?

  1. I could help him
  2. I couldn’t not help him.

上記2例は結果としてほとんど同じ意味です。しかし後者には "I strongly felt I should help him." という感触があります。こういう二重否定は文法違反ではありません。

4. 不定詞の分離は誤りである (Splitting infinitives is a mistake)

前置詞 to の直後に動詞の原形を置いたものを「to不定詞」と呼びます。 to と 動詞の間に副詞などが割り込んでいる形を分離不定詞と呼びます。

  1. She used secretly to admire him.
  2. She used to secretly admire him. (副詞 secretly が to の直後に割り込んでいるので不定詞が分離している)
  1. You really have to watch him.
  2. You have to really watch him. (副詞 really が to の直後に割り込んでいるので不定詞が分離している)

副詞の位置を変えることで意味を少し変えることができます。ですから不定詞の分離は文法違反ではありません。

You really have to watch him.
彼を見守ることが非常に重要だ。
You have to really watch him.
彼をしっかり見守らなければいけない。

5. 文は hopefully で始まってはいけない (You can’t start a sentence with hopefully)

hopefully, thankfully などで始まる文があります。

Hopefully, planning delays will be minimal.

hopefully で始まる文は文法違反ではありません。ただしこれを違反とみなす人がたくさんいるのにはそれなりの理由があります。

hopefully は本来 "in a hopeful manner" という意味です。20世紀後半になって文頭に置かれる形が散見されるようになり、 "it is to be hoped that..." という新しい意味を獲得しました。後者の機能を持つ副詞を難しい専門用語で「文副詞」または「文修飾副詞」 (sentence adverb) と呼びます。 hopefully を文頭に置くのを文法違反と考える人たちが多くいるのは、文頭に置かれる文修飾副詞としての地位を得たのがこのように近年のことだからかもしれません。

理由は他にもあります。 "it is that..." の形にできないからです。そこが sadly, fortunately など他の副詞と明確に異なる点です。

比較してみましょう。

  • Sadly, her father died last year. - correct
  • It is sad that her father died last year. - correct
  • Fortunately, he recovered. - correct
  • It is fortunate that he recovered. - correct
  • Hopefully, planning delays will be minimal. - correct
  • It is hopeful that planning delays will be minimal. - incorrect

6. 受動態は使われるべきではない (The passive voice should not be used)

(元記事の The passive voice should not be used という表現に注目。もちろんこれは言葉遊び)

英語教師が受動態をなるべく使うなとアドバイスしたとしても受動態の使用は全く問題ありません。

  1. Spain beat Brazil in the final match.
  2. Brazil was beaten in the final.

#1には 1) スペインが勝った, 2) ブラジルが負けた, 3) 決勝で, という情報があります。それに対して#2は「スペインが勝った」という情報が欠けています。言い換えると、後者の受動態は「勝者は誰か」以外の情報に焦点を絞った表現と言えます。

7. 人間以外のものに whose を使うのは間違い (You cannot use whose to refer to things)

全く問題ありません。仮にこの神話が本当に正しければ以下のような硬い表現にならざるをえません。

Gasping for breath, they reached the row of houses, the gardens of which led onto the park.

普通はこうです。関係詞 whose で始まる節は人間ではないもの houses を修飾できます。

Gasping for breath, they reached the row of houses whose gardens led onto the park.

although と even though の違いを説明

英語の接続詞 althougheven though の違いは何か。どう使い分けするのか。一言で説明すると、 although はポジティブなことをやってるのにネガティブな出来事が起きるときに使い、even though はネガティブなことをやってるのにポジティブな出来事が起きるときに使う。


今やっている英語教材に "even thouogh" という表現が出てきた。ふと「 "although" と "even though" の違いって何だろう?」と思って調べた。

Training? No, I've never had training, but I do try to keep up to date with all the trends even though sometimes it seems my whole pay packet goes towards buying new stuff.
トレーニング? いいえ、トレーニングを受けたことはないわ。でもすべての流行に乗り遅れないように心がけてる。たまに給料袋が全部新しい化粧品を買うのに行っちゃうみたいだけどね。

Bella Donna -女性の英会話劇場-

Web検索してわかったけど、「even though と although はほとんど同じ意味です」とか「even を使うと強調されます」みたいな安易な説明が巷にはあふれているようだ。だが英語によく接している人たちは両者の違いに何となく気づいていると思う。「説明するのは難しいけど微妙に使い方が異なるんだよねえ」と感じている人たちは多いはず。

英語学習ポッドキャストで有名な ESL Podcast に非常にわかりやすい回答があった。以下は English Cafe 242 に置いてある音声 (mp3) の書き起こし。transcriptが見つからなかったので自分で書き起こし作業をやった。しゃべっているのは Dr. Jeff McQuillan 。

A first question comes from Ricardo, r-i-c-a-r-d-o, in Spain. Ricardo wants to know the difference between "although" and "even though". Both "although" and "even though" mean "but", "however", "inspite of the fact that...". It's possible to use these two interchangeably, one for the other, but there is a general rule about when we use one and when use the other that we follow most of the time in English.

"Although" is used when the part of the sentence, the part that comes right after the word "although" is positive. And the result is negative. For exsample, "Although I studied for my test last night, I did not pass it today." So the first part with "although", that's positive. I did something but I didn't pass my test anyway.

Here's another example. "There is not any more room on this bus although another one is coming in two minutes." "Although" is in the second part of the sentence but after it is a positive statement. There is another bus coming, that's the good news. The bad news is that there isn't any room on this bus.

So once again, "although" with a positive condition, the other part of the sentence with a negative condition.

"Even though" is just the opposite. "Even though" is followed by somethng that is negative, but the result is still positive. For example, "Even though my brother did not study for his test, he got a good grade. He passed his test." So what follows "even though" is a negative. He didn't study. But the second part of the sentence is positive. He did get a good grade.

Or I could say, "This cake turned out great. It ended up tasting good even though I didn't follow the recipe. I didn't follow the instrucitons."

Once again, after "even though" is a negative statement, "I didn't follow the recipe." But the result was still postive. Again, those are very general rules, sometitmes we don't always follow them.

以下は日本語訳。

では最初の質問に行ってみよう。スペインのリカルドさんからだね。「リカルド」の綴りは r-i-c-a-r-d-o 。リカルドさんの質問は「 "although" と "even though" の違いは何か?」。 "although" も "even though" も「しかし」「しかしながら」「…であるにもかかわらず」という意味だ。2つの語は置き換えて使うことが可能。しかし、こういうときはこちらを使い、ああいうときはあちらを使う、という大まかな決まりごとがある。我々が英語を話すときにはその決まりごとに従っている。

"although" は文の一部であり、"although" の直後に来る部分はポジティブ (positive) になる。結果はネガティブ (negative) になる。例を1つあげよう。 "Although I studied for my test last night, I did not pass it today." (昨夜勉強したけど今日の試験に合格しなかった). このように "although" を伴う最初の部分はポジティブだ。「僕は何かをやった」。(しかし試験に合格しなかった)。

もうひとつ例を出そう。"There is not any more room on this bus although another one is coming in two minutes." (このバスにはもう空席がない。2分後にもう1台バスが来るけど). この例だと "although" は文の2番目の部分にあり、直後に来る部分はポジティブだ。「もう1台バスが来る」。これがグッドなニュース (good news) 。そして「このバスには空席がない」。これがバッドなニュース (bad news) 。

もう1回言うよ。"although" がある文はポジティブ。"although" がない文はネガティブ。難しく言うと、条件節はポジティブ、主節はネガティブ。

"even though" は正反対の使い方をする。"even though" の直後には何かネガティブなことが来て、結果はポジティブになる。たとえば "Even though my brother did not study for his test, he got a good grade. He passed his test." (弟は試験勉強をしなかったけど良い成績をおさめた。試験に合格した). このように "even though" の後ろにはネガティブなことが来る。「弟は勉強しなかった」。しかしその後ろに来る文はポジティブなことが来る。「弟は良い成績をおさめた」。

こういう例も出せる。"This cake turned out great. It ended up tasting good even though I didn't follow the recipe. I didn't follow the instrucitons." (このケーキはうまく焼けた。良い味になった。レシピには従わなかったけれど。指示どおりに作らなかった).

もう1回言うよ。"even though" の後ろにはネガティブな文が来る。この場合だったら「レシピのとおりには作らなかった」。しかし結果はポジティブ。もう1度言うけど、これはあくまでも大まかな決めごとだ。この決まりごとに従わないこともある。

Jeff McQuillan さんの説明をオイラがテーブルにしてみる。こんな感じ。

ネガティブな出来事althoughポジティブな出来事
I failed the examalthoughI studied hard last night.

 

ポジティブな出来事even thoughネガティブな出来事
I feel a lot bettereven thoughit's cold.

although にはポジティブな出来事からネガティブな出来事に視点を移動する作用がある。「こんなポジティブなことがあったのに結果はネガティブだ」みたいな。

"even though" はその反対。「こんなネガティブなことがある。でもこんなポジティブな結果になった」という感じ。

though も although も意味はほとんど同じ。つまり "although" と "even though" の違いを作り出しているのは "even" という副詞だ。なぜ "even" が加わるだけで意味が大きく変わるかというと、"even" には「凹んでいる部分に何かを詰めて平らにする」という力があるから。

even イメージ

「凹んでいる」というのは「ネガティブ」と言い換えてよい。穴に何かを埋め込んで平らにすればポジティブになる。これを可能にするのが "even" というたった4文字の語。詳細は id:rhb さんのはてなダイアリーに書いてあるので読んでいただければ一層理解が深まると思う。
evenの意味とイメージについて - はてな読み

ニュージーランド英語の発音の特徴

今やってる英語リスニング教材にニュージーランド人たちが登場するので好むと好まざるにかかわらずニュージーランド英語の発音の特徴を学ぶはめになった。体系的にまとめるほど暇ではないのでNZ英語の特徴を箇条書きにしとく。

すべて母音の比較。比較対象はアメリカ英語。文中にたびたび苦し紛れの日本語音訳が登場する。英語の母音は20種類から30種類ある。日本語の母音はわずか5種類。ゆえに日本語の音訳には限界がある。しかし発音記号にも限界があるので必要に応じて日本語音訳を使った。

音声はすべて「英語伝」様からダウンロードしたものです。私はこれを使って英語を学習しています。英語伝の関係者の皆様にお礼を申し上げます。

耳内部解剖図
File:Ear-anatomy-text-small-en.svg - Wikipedia, the free encyclopedia

曖昧母音への変化、母音の脱落

isn't it
[iznt it] (US)
[iznət] (NZ) - Hey, how about the weather in Mexico City? That's where Jamie is at the moment, isn't it? (mp3)
bit
[bit] (US)
[bət] (NZ) - I was a bit worried that I might have gone overboard. (mp3)
ten
[ten] (US)
[tin] (NZ) - We don't have to be at the confenrence until ten-thirty. (mp3)
him
[him] (US)
[həm, hm] (NZ)
them
[ðim] (US)
[ðəm, ðm] (NZ)
not
[nɔt] (US)
[nət] (NZ) - That's the one. It may not look like it, but he's the managing director of Jazznet. (mp3)
academic
["ækəd'emik] (US)
["əkəd'imik] (NZ)

言語学者たちが勝手に作った用語に興味はないのでシュワ (schwa) なんて言葉は知らない。ここで言ってる曖昧母音化とは that [ðæt] が [ðit, ðət] に変化、あるいは him [him] が [həm] に変化することを指している。曖昧化がもっと進行すると him [hm], them [ðm] のように母音自体が消失する。

tin のように聴こえてしまう ten の音に慣れるのには苦労した。

語尾のR音が脱落して母音で終わる

chair
[tʃeər, チェエル] (US)
[tʃeə, チェア] (NZ) - Oh, don't worry. Here it is, on the chair. (mp3)
here
[hiər, ヒウル] (US)
[hiə, ヒア] (NZ)
weather
[w'eðər, ウェドゥル] (US)
[w'eðə, ウェダ] (NZ)

ニュージーランド人の英語は広い意味ではイギリス英語に含まれるので語尾のR音がほとんど聴こえない。あるいは完全に消失しているのかもしれない。なのでアメリカ人の here をあえて日本語に音訳したものが [ヒウル] ならニュージーランド人の here は [ヒア] 。同様に weather はそれぞれ [ウェドゥル], [ウェダ] のように聴こえる。

母音の違い - [ɔ:] VS [ə:]

all
[ɔ:l] (US)
[ə:l] (NZ)
call
[kɔ:l] (US)
[kə:l] (NZ) - I mean, I'm almost thirty and I still haven't found my calling in life. (mp3)
always
['ɔ:lweiz] (US)
['ə:lweiz] (NZ)

極端に言えば all [アーウ] が [ウーウ] になってしまう現象。

母音の違い - [ər] VS [ə:]

serve
[sərv, ソルヴ] (US)
[sə:v, スーヴ] (NZ) - Well, it says here, we have to put a scoop of ice cream into each serving dish... (mp3)
dessert
[diz'ərt, デゾルッ] (US)
[diz'ə:t, デズーッ] (NZ) - ... and put them in the freezer until the dessert is done. (mp3)

発音記号で違いを表すのが非常に難しい例。R音が残っているか脱落しているかの違いだけでなく [ə] の音がかなり違う。アメリカ人の serve が [ソルヴ] または [サルヴ] ならニュージーランド人の serve は [スーヴ] という感じか。

母音の違い - [i:] VS [ei]

meet
[mi:t] (US)
[meit] (NZ) - So what time do you want to meet tomorrow? (mp3)
perceive
[pərs'i:v] (US)
[pəs'eiv] (NZ)

恥ずかしながら meet を mate と聴き間違えたことが何度もある。アメリカ英語になじんだ人はNZ人の meet を mate と聴き間違える可能性が非常に高いと思う。meet は「待ち合わせする、鉢合わせする」、mate は「交尾する、交尾させる」だからとんでもない勘違いだ。

NZ英語の meet の発音を上では [meit] 、perceive を [pəs'eiv] と表記しているけど少し無理がある。[エイ] というか [ウイ」というか。

母音の違い - [ə] VS [ə]

waz
[wəz] (US)
[wɔz] (NZ) - What was Julia Roberts like?... Was she pretty? (mp3)

発音記号だとアメリカ英語もNZ英語も同じ [ə] なのに前者の was が [ワズ] なら後者の was は [ウォズ] のように聴こえる。非常に微妙な違い。

母音の違い - [i] VS [ə]

jacket
[dʒ'ækit] (US)
[dʒ'ækət] (NZ) - And who's that hunk over there in the jeans and leatehr jacket? (mp3)
isn't it
[iznt it] (US)
[iznət] (NZ) - Hey, how about the weather in Mexico City? That's where Jamie is at the moment, isn't it? (mp3)

ニュージーランド人の jacket をあえて日本語に音訳すると [ジャカ]、isn't it は [エズナ]。これも非常に特徴がある発音。


NZ英語のおかげで "is not" が "isn't" に変化する理由がわかった

こうして箇条書きしてみるとNZ英語には全体的に何かしらの統一した規則性があることがわかるけど難しい話は他の人に任せる。ここではひとつだけ思いついたことを書きつらねてみる。

前述した not [nɔt] の発音が [nət] に変化する現象は非常に興味深いと個人的には思っている。彼らニュージーランド人のしゃべり方は英語の発音が省略される歴史的過程を示しており、興味深い。

  • he is not
  • he's not
  • he isn't

"he is not" が曖昧化して "he's not" になる理由は誰でも理解できると思う。だがそれが "he isn't" になる理由を説明するのは非常に難しい。個人的にも長年の謎だった。

"is not" は2音節だから強弱の順列は以下の4つのうちのいずれかになる。

isnot
STRONGSTRONG
STRONGweak
weakSTRONG
weakweak

たとえば "He is not a stranger." という1個の文を例に考えてみよう。文脈を無視して*この文だけ*をしゃべる人はほぼ全員 not の部分にストレスを置くだろう。そして is の部分にはほとんどストレスを置かないだろう。上記テーブルで言えば "weak STRONG" という順列だ。そしてそれは正しい。厳格なイギリス人英語教師たちだって同じ意見だろう。だけど実際の会話ではそうとは限らない。

"is not" としゃべるとき is を弱く not を強く発音し続けていたのではブリテン島の英語話者たちは "is not" を "isn't" に変化させることが永久にできなかったはずだ。英語史の中に isn't という省略形が誕生する直前に not にストレスを置かずに発音するという過程があったと考えるのが妥当。

Heisnotastranger.
STRONGweakweakweakweak weak

実際の会話では最初の音節 "He" に最大のストレスを置き、後続の "is not a stranger" がすべて弱く曖昧になることもある。そういう喋り方だと not は [nɔt] ではなく [nət] に変化しやすい。さらに曖昧化が進行すれば母音が脱落して not は [nt] になる。このようにして "is not" は "isn't" [iznt] に変化したのだろう。

  • [iz nɔt] -> [iz nət] -> [iznt]

これと全く同じ経緯が aren't, haven't, wouldn't, shouldn't... などにもあったと思われる。"are not" は "are" を強く "not" を弱く曖昧に発音しても間違いではないのだ。

arenot 
weakSTRONGcorrect
STRONGweakcorrect

結論として言えるのは、英語のリスニング訓練をやるときは日本以外の国ではほとんど通用しない発音記号なんてのはあまり信用しないほうがいい、ということ。ほとんどの語学本が「"is not" は not の部分を強く発音するのが正しい」なんて脳天気に言ってるけど、言語にまつわる法則とか現象には数多くの例外があることを知っておくことが大事。そのような例外をたくさん知りたければ1個の文だけをオウム返しに繰り返す学習ではなく複数の話者が会話する簡単な寸劇 (skit) になっている教材を選んだほうがいい。NKKラジオでやってる「英会話」とかね。

ある程度は音声学(と言うのかな?)の理屈を学ぶことは必要不可欠だけど最終的には自分の耳を信じるべき。訛りがきついニュージーランド英語でリスニングの訓練をやるのはバカらしいと当初は思っていたけど今では逆だ。NZ英語を学んでよかったと本気で思っている。

関連

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク