ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

窓にアルミホイルを貼ったらエアコンの冷房効率が劇的に良くなった

夏。太陽が南に来るとほぼ真上から日が差し込む。これに対して東と西側から差し込む直射日光はほぼ水平に差し込む。だから東と西の日光は部屋の中に入りやすい。水平方向に差し込む光に対して庇(ひさし)の効果は薄い。ゆえに東側と西側の窓には遮光(しゃこう)カーテンなどの対策が不可欠だ。

だが遮光カーテンは万能ではない。遮光カーテンのそばに行くと意外に暑い。カーテン自体が熱い。すきまから直射日光が入ってくる。日光が部屋に入れば赤外線が入る。つまり室内が熱くなる。暑さを防ぐには直射日光だけでなく間接光対策も必要だ。

遮光カーテンよりも手軽で安上がりな方法がある。窓にアルミホイルを貼ることだ。直射日光だけでなく間接光も室内に絶対入らない。

  1. 水に中性洗剤(台所で使う普通の洗剤など)を溶かす。この液体が接着剤になる。
  2. #1の水にひたした雑巾で窓ガラスの内側(戸外ではなく室内側)全面を湿らせる。
  3. アルミホイルを窓ガラス全面に貼る。
  4. カーテン(遮光カーテンでなくてもよい)を閉める。この場合カーテンは断熱材のような役割を果たす。
  5. 部屋が真っ暗になるので照明をつける。

たったこれだけでエアコンの冷房効果が飛躍的に改善した。

蚊取り線香
ファイル:Kayaributa02.jpg - Wikipedia

課題

  • 外の様子がわからなくなる。晴れているのか曇っているのかわからない。
  • アルミホイルを貼るときに気泡が残る。これが日光の熱で膨張する。見た目があまり良くない。
  • アルミホイルがはがれやすい。水に対する中性洗剤の割合を増やせば接着力が増すだろうか?
  • 「窓をアルミ箔で覆ってる奇妙な家があるぞ!」と近所で噂になる可能性が高い。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク