ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗り物の前置詞は簡単に使い分けできる

乗り物に伴う英語の前置詞。"in" を使うか、それとも "on" か? という問題。これを間違えることを防ぐには on に「依頼」「委任」という意味があることを理解しておけばいい。これを知っておけば "on the bus", "in the taxi"... という正しい表現をうっかり忘れることはない。

バス
File:Alexandria Double decker bus.JPG - Wikipedia, the free encyclopedia

英語の前置詞と乗り物の組み合わせは厄介だ。 "in the car" がいいか、それとも "on the car" がいいか、と悩むことがある。「自動車は3次元的に人を包み込むから in が正しい」という説明は確かにわかりやすい。だが屋根がないオープンカーはどうか? "on the bike" とか "on the horse" などと同様に "on the convertible" と言うべきだろうか?

疑問は続く。屋根がない小さな舟の場合 "on the boat" と言うのは不思議ではないけど、客船みたいに立派な屋根がある船であっても "on the boat" と言うべきか? 豪華客船なら in the boat でも良いのではなかろうか?

理屈で考えるのではなく丸暗記するのもひとつの方策だ。だがこのへんの規則性を理屈で理解していないと実際の会話で相手の発言に対して答えなければならない場面で瞬時に(できれば1秒以内に)英語をしゃべれなくなることがある。

on を使うべきか? それとも in か? 以下にその理屈というか規則性をまとめた。

自動車、タクシー

自動車は乗客を3次元的に包み込む。よって自動車とかタクシーには「2次元または3次元的に囲む」意味を持つ in がふさわしい。

  • in the car, in the taxi

スケートボード、自転車、オートバイ、馬

スケートボード、自転車、オートバイ、馬など屋根がない乗り物は「包み込む」意味を持つ in よりも「接触」を意味する on がふさわしい。

  • on the skateboard, on the bike, on the motorcycle, on the horse

列車、バス、船

タクシーは "in the taxi", バスは "on the bus" と言う。いずれも自動車なのに一方は in 、他方は on になるのはなぜか? この謎は前置詞 on の副次的な意味を考えると理解できる。

前述したように on の原義は「接触」。だから屋根のない乗り物の場合 "on the horse", "on the skateboard" という形になる。しかし on には「接触」にとどまらず「依頼」「依存」という副次的な意味が派生する。

on に「依頼」または「依存」の意味を強く感じる表現はたとえば、

  • depend on...
  • rely on...
  • live on pension (年金暮らし)
  • The dinner was on him. (ディナーは彼のおごり)

…のような形。

列車とバスの乗客は列車とバスに乗ったら列車またはバスを自由に停車することはできない。自由に下車することはできない。乗客の乗り降りの自由と停車の自由は制限される。言い換えると列車とバスの運転手に自分の身柄を委ねていることになる。「依存」または「委任」と換言してもいい。「依存」「委任」を意味する前置詞は on だ。

これに対してタクシーの乗客はいつでもどこでも運転手に停車を命じることができる。

バスと列車の乗車位置と降車位置は規則に従って固定しているのが普通だ。各駅または各停車場に停止する時刻も同じく固定している。

いつでもどこでも停車あるいは下車できる権利を放棄していない点がタクシーに乗る者とバスに乗る者の決定的な違いだ。この違いが前置詞 in と on の使い分けにつながる。タクシーの乗客は乗り物から離脱する権利をバスの乗客ほど多く運転手に委ねていない。だから "on the bus" と言えても "on the taxi" とは言えない。

  • on the train, on the bus, on the boat
  • in the taxi

自分の身柄を乗り物に託す度合いが最も高い乗り物のひとつは船だろう。海や河川に出たら下船するのは自動車などより難しい。常に船に頼っている必要がある。船から離れたら溺れ死ぬ。ゆえに船の場合も「委任」「依存」を意味する前置詞 on がふさわしい。

  • on the boat, on the yacht, on the ship, on the submarine

宇宙船

宇宙船 (spaceship) についてはよくわからない。"get on the spaceship", "get in the spaceship" - いずれの表現も頻繁に見かける。

スポンサーサイト

2015年梅干し作り総括

梅

今年は青梅と完熟した梅を塩漬けして梅干しにした。

青梅は梅干しに向かないと思った。青梅でも塩漬けすれば梅酢が出る。しかし土用干しをやっても果肉が軟らかくならない。赤紫蘇と一緒に漬け込んでもきれいな赤色に染まらない。来年以後は青梅は梅酒専用にするべきかも。

梅に対する塩の割合は毎年3割にしているけど来年は2割ぐらいに減らすことを検討。

下の写真は2割の塩で漬けたもの。梅雨明けを待たずに雨の日も曇りの日も室内で1週間ほど塩を吹くまで干した完熟梅は果物の味がした。梅が野菜ではなく果実であることを実感した。塩辛さが少ないから果実らしい香りが残るということかな。

梅干し

冷凍した梅を解凍して梅干し用に塩漬けしようと考えたけど解凍した梅の姿を見て無理だとわかった。WEB検索したけど、一度凍らせた梅を梅干しにするのは難しいらしい。

今年梅干しにした梅は3kgか4kgほど。暑くて大量に汗をかく日は平気で2個ぐらい食べるので予想以上に速いペースで消費できることに気づいた。来年は梅干し用の梅を5kgぐらい購入するべきかな。

白梅酢を蕎麦つゆにすると蕎麦が非常においしくなることに気づいた。レシピは、

  • 白梅酢
  • 化学調味料(味の素など)
  • わさび

醤油など余計なものを加えると梅の香りが吹き飛んでしまう。ダシの香りが強すぎるとやはり梅の香りが失われる。なのでダシは味の素のようなものでじゅうぶん。

白梅酢を野菜サラダのドレッシングに使ったけどこれがあまり良くなかった。理由は一緒に入れた生ニンニクの香りに負けたこと。サラダにハムを加えるとハムに含まれるスパイスの香りに梅の香りが負けることが多い。

夏は蕎麦を食べることが多いので白梅酢は来年以後も蕎麦つゆ専用でいいかな。白梅酢は大量に取れるものでもないし。

梅

梅干し

梅干し

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。