ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

already, yet, still の違い

迷ったら語源、これ鉄則

英語の already, yet, still には似たような意味があり、ときどき混乱する。「まだ」とか「すでに」とか日本語に訳すからいけない。トンデモ文法の専門家たちは「肯定文では already を、疑問文と否定文では yet を使います」と安易に解釈してるけど、騙されちゃいかん。

語源を探ってみた。そしたら違いが見えてきた。

already — 完了を強調

語源

al (all, utterly) + ready

「完了の強調」が原義であるがゆえに、疑問文と否定文で使うと微妙な感覚を得られる

  • 語源がすべてを語っている。単なる ready ではない。ready の強調である。
  • 「完了」が強調されるからこそ、否定文や疑問文で already を使うと「完了に対する当惑」という感情が生まれるんだと思う。「えっ、もう終わっちゃったの?」

例文

He has already written the report.
報告書を既に書き、完了している
You've already written the report? No kidding.
Have you written the report already?
報告書もう書いちゃったの? 早いね。

yet — ある時点での達成に対する問いかけ

語源

"and now". Old English "gieta" (till now, thus far, earlier, at last, also)

「今」という時間 — 疑問文と否定文で多用される理由

  • 語源が示すように、yet は「今」という時間を強く意識させる語である。already とは違って、「物事が完了している」という事実に焦点が当たるのではなく、物事が完了している「ある時点」が強調される。
  • ゆえに yet は「ある時点で達成されているのは当然である」という感情を喚起する。これが、疑問文(現時点では当然達成されてるよね?)と否定文(現時点で達成されていて当然なのに達成されていない)で多用される理由だと思う。
  • 肯定文で yetalready の役割を侵食しないのはなぜか。それは、already の「完璧なる」という強力な感覚を凌駕するには至らなかったってことじゃないかな。

例文 — 「ある時点での達成」に焦点が当たっていることに注目

Have you written the report yet?
今の時点で報告書は書いてしまった?
He hasn't written the report yet.
現時点で書き終えていて当然の報告書をまだ書いてない
The police has yet to find out any evidence.
現時点では証拠を探さなくてはならない → いかなる証拠もまだ見つけていない
The full story was yet to be told.
その時点では物語は語られるべきであった → 話はまだ済んでいなかった
The team will be the champion yet.
(現在の時点では王者ではないが、)未来の時点では王者になっている → いつかは王者になるぞ
It was the world's largest insect yet found.
その時点までに見つかっていた昆虫としては世界最大であった

still — 静止、継続

語源

Old English "stille", West Germanic "steljaz", Old Frisian, Middle Low German "stille"

静止 → 継続

  • 原義は「静止」。この意味を拡張して「以前の状態が続いている静止状態」をほのめかす。

例文

I still love her.
彼女を愛し続けている → ずっと彼女を愛している、いまだに好きなんだ
He still hasn't written the report.
報告書を書いていない状態が続く → いまだに書いてないよ orz

yet, still — 継続と強調と逆接

「強調」と「逆接」の感覚は「継続」という意味から生まれた兄弟姉妹

  • yet はかつて「継続」という意味が強かったけど、16世紀ごろからこの意味は still が主に担うようになったらしい。こうして yet からは「継続」の意味が薄れていったんだけど、完全に失われたわけじゃない。歴史の記憶ってのはそう簡単には消えないのだ。
  • yetstill には「強調」の感覚がある。これは「継続」という感覚から派生したんだと思う。「継続」→「以前と同じことが続く」→「物事の積み重ね」→「強調」
  • yetstill には「逆接」の感覚もある。この感覚もやはり「継続」から派生したのではなかろうか。以下はオイラの憶測。
    1. 継続していることを想定外と思う感情がある。「えっ、いまだにやっているの? そう思っていなかったよ」
    2. 「想定外、意外、思っていたこととは違う」 → 「逆接」

例文

Yet again she drank too much.
またしても飲み過ぎた - (強調)
Mt. Fuji is high. Mt. Everest is still higher.
富士山は高い山だ。エベレストはもっと高い - (強調)
Far away, and yet your heart is close enough.
離れているけど、心はすぐそばにある - (逆接)
He sang a simple yet beautiful ballad to his love.
簡単だが、美しいバラードを歌った - (逆接)
He was injured, still he was full of spirit.
怪我をしたけど、元気だ - (逆接)

alreadyyetstill の関係は月と太陽と地球のそれに似ている

alreadyyetstill は常に綱引きをしてきた。前述したように、yetstill の台頭によって「継続」の意味を奪われた。「永続の国」から追放された yet は「完了」の否定文と疑問文で主役の座を得たが、肯定文から already を抹殺するには至らなかった。already にとって「完了」の肯定文は安住の地だ。さすがにここまでは stillyet も侵略できないからね、たぶん。

関連

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1020-a806c14f

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。