ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

passがパスワードを意味する日は絶対来ないだろう

passpassword ではない、passwordpass ではない

WikipediaをWikiと呼ぶな、JavaScriptをJavaと呼ぶな、iTunesをiTuneと呼ぶな、Outlook Express をOutlookと呼ぶな、Internet Explorer をExplorerと呼ぶな、Firefoxのextensionをplug-inと呼ぶな…

このグループに「パス」及び pass を付け加えてはどうか、というお話。

先日、英語学習に関して優れたエントリを書いているブログを読んでいたときのこと。この某ブログを書いてるのはたぶん日本語圏の人。コメント欄のパスワード入力欄の隣りに "pass" ということばがあった。コメントするときパスワードをそこに入力させたいわけだ。これを見てオイラは驚いた。こういう言語感覚は「テレビ朝日」のことを「テレビ」と略すようなものなのだ。甚だ遺憾である。

英語圏で passpassword を意味することはこれまでなかったし、これからもありえない。念のため手持ちの英和辞典、英英辞典、オンライン辞書(スラング辞典を含む)を手当たり次第に見たけど、「passpassword の省略形である」という記述は全く見つからなかった。

さらに言えば、日本語のITの文書で「パス」と言ったら普通は path を(ry

bus, photo, phone という略語が許されるのにはそれなりの歴史的背景がある

bus という語彙がある。photo という語彙がある。phone という語彙がある。それぞれ omnibus, photograph, telephone の略であり、定着している。言語なんてのは時とともにその姿、形を変える。ならば100年後には passpassword の意味を獲得して英語圏で認知されているだろうか?

bus という短縮表現が許されるのは、それまで bus という語彙が英語に存在しなかったからだ。同じことは photo, phone にも言える。phone という語彙はフランス語とかラテン語にはあるらしいけど、英語にはなかった。だから phonetelephone の正しい略語として認められた。

  1. omnibus, photograph, telephone という語彙がイギリスに入ってくる。
  2. 当時のイギリスには bus, photo, phone という語彙はなかった。
  3. ゆえに bus, photo, phone という略語をつくっても混乱しない。

他方、pass は14世紀から英語の語彙として存在していて、「通行許可証」あるいは球技で言う「パス」の意味が定着している。上と下のリストを見比べればわかるけど、bus, photo, phone とは歴史的経過がまるっきり正反対なんだよ。

  1. pass という語彙がイギリスに入ってくる。
  2. その後、イギリス人は password を組み合わせて password という新語をつくった。
  3. ゆえに passpassword の意味を獲得することはまずありえない。

関連

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1040-da38a470

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。