ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

御前崎の風力発電が借金をかかえたまま停止中

原子力発電とか太陽光発電とか、コストが高いわりに元をとるのが難しいんだよね。それから風力発電。

風力発電の写真
wind mill on Flickr - Photo Sharing!
Licensed under the Creative Commons and copyright belongs to the image's respective owners.

上の写真は下の静岡新聞の記事とは関係ない。

07/24 14:58

 県が御前崎港(御前崎市)で5年前に稼働を開始した風力発電施設「ウインクル」が、昨年12月から停止していることが24日までに分かった。落雷が原因で故障したとみられる。県御前崎港管理事務所は「県内で風力発電のシンボル的存在。早急に復旧させたい」としているが、約4000万円とされる補修費の確保や専門技術者の手配などハードルが高く、復旧のめどは立たない。
 同事務所によると、ウインクルはデンマーク製で、2004年3月に4億5000万円をかけて完成した。定格出力は1950キロワットと当時としては国内最大級。当初、地球温暖化対策の一環で「エネルギー自給型港湾」を目指すとしていたが、電力系統などに課題があり方向転換、発電した電気を電力会社に「売電」して収入を得る一方、港湾で使う電気は電力会社から別に買っているという。
 落雷を受けた可能性があるのは昨年12月5日。動いたり動かなかったりを繰り返した後、同28日に完全停止した。心臓部分にあたる発電機が焼損したためだった。
 メーカー側の保証期間は既に過ぎ、補修費約4000万円の財源は保険金や県の“自腹”(公金)など限られる。保険金は補修費の5割前後を確保できる見通しだが、残りをどう工面するのか、さらに、海外からの部品調達や専門技術者の手配などが必要になるという。
 売電収入は04年度に約5700万円と出足好調だったが、保証の切れた06年度から故障すると部品調達に時間を要するなどで稼働停止期間が長くなり、売電収入は減少傾向。08年度は1377万円にとどまり、09年度は「0円」の状態だ。売電収入が入らないと、建設費のうち県債(借金)約2億6000万円の償還も計画通りに進まず、県は対応に苦慮している。
 県内で現在稼働している風力発電施設は官民合わせて計14カ所24基(ウインクル含む)。今後、11カ所95基の建設が予定されている。

静岡社会:風力発電7カ月停止中、補修に障壁 御前崎港 - 静岡新聞】

静岡というと、霧が出やすいせいで使えない時間帯が多く、先日開港したばかりなのに大赤字決定の静岡空港(別名、死蔵化空港)が大きな話題になってる。でもって、この御前崎の風力発電停止のニュースは地味なせいか全国ニュースでは今のところ取り上げられていないようだ。似たような話は全国各地に埋もれているんじゃないかなぁ。

御前崎の風力発電停止のニュースをオイラがまとめてリストにしてみた。

  1. 「ウィンクル」という風力発電所が5年前から静岡県の御前崎港で稼動開始。所有者は静岡県。定格出力は1950キロワット。2004年当時では国内最大級。
    • 建設費は4億5000万円。
    • そのうちの約半額つまり約2億6000万円は県債。
  2. 初年度の売電収入は約5700万円。
  3. メーカー保証は2年。保証期間が過ぎてから稼働停止期間が長くなり、売電収入が徐々に減少。
  4. 昨年(2008年)故障。完全に発電停止。現在に至る。
  5. よって今年度(2009年度)の売電収入は0円。
  6. 補修費は約4000万円。そのうちの半額は保険金でまかなう。残りは県の公金で負担する羽目になったんだけど、まだ執行されていない。
  7. 売電収入が0円なので県債(約2億6000万円)の償還が遅れている。しかし復旧のめどが立っていない…

こういう言い方はしたくないけど、人間で言えば、莫大な借金をかかえた人が病気で倒れて働けず無収入の状態。そしてそれが半年以上続いている。

補修費4000万円を工面して今すぐ復旧したとしよう。しかしすぐにまた故障して停止 → 多額の補修費で復旧 → 停止 →(中略)→ 解体…という未来図が見えてくる。電気を売って得た収入は初年度の約5700万円が最高。施設は老朽化していくわけだから稼動停止期間が増え、売電収入は徐々に減っていくだろう。逆に単年度あたりのメンテ費用は上昇する一方になる。ちなみに風車の耐用年数は一般的に20年未満(未確認)らしい。

風力発電で得られた電気を無理やり買わされてきたのは中部電力だろうけど、風力発電が停止すると東海地方の電力事情が逼迫するというわけではない。静岡県にとって御前崎の風車は単なる「シンボル」。だから気前よく補修費をばんばん出すわけにはいかないのだ。

ドイツでは民間の家にソーラー発電装置を備えつけることが当たり前になっているらしいけど、ペイできる前に故障して使えなくなることがないのか、人ごとながら心配。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1054-3c4d063a

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク