ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

Me, too の陥穽その1

金融日記:日本人が英語をしゃべるときに気をつけるべき7つのポイント その1」を読んで驚いた人は多いと思う。中学校で教わるレベルの薀蓄をありがたがる人が多いのは今に始まったことではないけど、オイラもああいう「how to もの」を堂々と書ける図々しさをちょっとは見習うべきなんだろうね。金融日記さんは、「日本の教科書ではよく習うけど、実際にはほとんど使わないのが命令形です」とおっしゃってるけど、これを鵜呑みにする人が続出しないことを望む。嘘を嘘と見抜ける人でないとインターネットを使うのは難しいぞ、はっきり言うけど。

で、そこに寄せられた読者のコメントに視線が吸い寄せられた。

Posted by A 2009年09月10日 18:50

相手から「Nice to meet you!」と言われて「私も」と思ったので「Me too!」と大きな声で元気よく言ったら 相手から怪訝な顔された事は今でもよく覚えてます(笑)でも未だになぜ「You too!」なのかは、分かっていませんが・・・

"Nice to meet you." と言われて "Me, too." と返すと怪訝な顔をされる。なぜか。ここでつまづく人は意外と多いらしくて、Yahoo!知恵袋とかOKWave(教えて!goo)などで似たようなスレッドをよく見かける。しかしトンデモ回答のオンパレードで頭が痛くなる。

別に難しく考える必要はないんだよ。こう説明すればいいんだ。

"Nice to meet you."
と言われたら、
"It's nice to meet you, too."
と頭の中で返事する。これでは長いと思ったら、ちょっと削って、
"Nice to meet you, too."
または
"You, too."
と受け応えればいい。"It's nice to meet you, too." を "Me, too." と省略する人はいないでしょ?

"Me, too." という表現のややこしさは意外に奥が深いので続きを書いた。
Me, too の陥穽その2
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1089-e8e5fcc6

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク