ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

Wynton Marsalis Standard Time, vol. 1 は名作だけど

Wynton Marsalis の初期の傑作 Marsalis Standard Time, vol. 1 を買い、1週間ほど聴きまくった。CaravanAutumn Leaves などのアップテンポの曲が熱気あふれていて心地よい。しかしアップテンポ以外の演奏にはなんとなく earthy な香りが漂う。オイラはこういう down to earth な雰囲気が苦手だ。ちなみに、earthy とか down to earth はジャズの人たちが使うスラング。意味を知らない人は "Jazz - AllAboutJazz.com - Jazz Slang" を読むといいです。

Wyntonのトランペットに対する評価としてよく言われるのが「テクニックは素晴らしいけど、ハートがない」。これをオイラ流に解釈すると、「1960年代の新主流派ジャズみたいで、味気ない」。逆に近年の演奏はモダン以前の古いジャズの性質が強いので好みではない。新しすぎてもダメ。古すぎてもダメ。ジャズは難しい。

「枯葉」(Autumn Leaves) は数々の名演を生み出してきた。有名なのがスローテンポで吹奏された Miles Davis の演奏(Cannonball Adderley 名義のアルバム Somethin' Else)。Wyntonは間違いなくMilesの演奏を聴いているだろう。だからこそ、通常スローテンポで演奏されるこの曲を意表をついて超アップテンポに仕上げた。Marcus Roberts のピアノも Robert Hurst のベースも素晴らしいけど、Jeff Watts の火花が飛び散るドラムには驚いた。鼓膜が破れるぐらいの大音量でトップシンバルを聴いてみたいもんだ、ホント。

Wynton Marsalis Standard Time, vol. 1 のCDが写っている写真

関連

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1093-e9d22c03

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク