ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

青空キンドル徹底活用

Amazon Kindle で青空文庫のPDFを読めるようにする青空キンドル。通称「青キン」。IPA明朝フォントが E Ink でよく映える。液晶でこれを見ても全然うれしくないだろう。青キンは青空文庫で公開されている著作権が消滅した文学作品だけでなく自前のプレーンテキストもPDFにできる

Kindleの写真

縦書きの場合アラビア数字よりも漢数字のほうが見やすい

星海社の「最前線」というWebサイトが数日前始動した。DRMフリーの小説と漫画がいくつか公開されている。こういうのを青空キンドルで縦書きPDFにすると感動する。

その「最前線」に元長柾木氏の「星海大戦」というSF小説がある。これを青キンでPDFにする際にやっておくと幸せになれることを以下に書き連ねてみる。

この小説はWeb上では当然横書き表示だ。青キンはこれを縦書きに組み換えてPDFにしてくれる。長音記号の横棒は縦棒になる。問題は数字だ。アラビア数字を縦書きにするとあまり美しくないので漢数字にしたい。つまり「0, 1, 2, 3, 4...」を「〇、一、二、三、四…」に置換したい。青キンで置換できればいいんだけど残念ながらそういう機能はない。

アラビア数字を漢数字に置換するソフト

そこでテキストエディタ上でアラビア数字を漢数字に置換するわけだ。まず「0」を「〇」に置換し、次に「1」を「一」に置換し、次に「2」を「二」に置換し…

…ああ、面倒くさい。この作業を10回やらなければならない。Webで見かける文章の英数字はシングルバイトとマルチバイトのチャンポンがけっこうある。ゆえに下手すれば20回の作業になってしまう。これをなんとか1回の処理で済ませたい。それには自分でプログラムを組むか、人のプログラムをコピーして適宜改造しなければならない。しかしオイラはそういう方面の知識はないので「連続全置換さん」という専用のフリーウェアを使うことにした。

「連続全置換さん」が処理できるのはファイルとして保存された状態のテキストだけ。Shift-JIS以外の日本語は化ける。でも便利だよ。

ルビの青空文庫形式は《なんとかかんとか》

星海社「最前線」に置いてある小説のソースを見て気づいたんだけど、漢字のルビがHTMLのRUBY要素として指定されてるんだよね。ブラウザ上でコピーしてテキストエディタに貼りつけると、ルビが括弧で囲まれた状態になってる。たとえば

艦隊旗艦烏羽玉(うばたま)艦長

というふうに。これを青空文庫の書式に従って

艦隊旗艦|烏羽玉《うばたま》艦長

と書き改めると青空キンドルはルビを振ってくれる。つまり縦書きPDF上では「烏羽玉」という文字列の右隣に「うばたま」という小さな文字列が並ぶ。

ルビ、改ページ、改丁、字下げなどの指定方法は「青空文庫 組版案内 ≫ 注記一覧」が詳しい。

Kindleの写真
この写真は元長柾木著「星海大戦」を青空キンドルにしてKindleで読んでいるところ

関連

  • PDFの改行コード削除とKindle
    PDFからテキストをコピーし、ある条件に従って改行コードを削除し、MobiPocketやePubにする。
  • Vector:clipsed - お勧めソフトPickUP
    正規表現をあまり知らない人でもなんとか使いこなせるソフト。まあ、正規表現にもとづく文字列置換は大抵のテキストエディタで可能なのだけど…
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1178-a14621e6

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク