ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

2010年オスロの村上春樹

今年(2010年)の8月ノルウェーのオスロで村上春樹氏をめぐるフェスティバル "Murakamifestival på Litteraturhuset" が開かれた。最終日には村上氏が House of Literature というところでシンポジウムに加わった。「asahi.com(朝日新聞社):A different face of Haruki Murakami - English」がそのときの模様を伝えている。ただし当日は録画と録音が禁じられたので正確でない部分があるだろうと思われる。

asahi.comの英語記事から村上春樹氏のスピーチ及び質疑応答を抜き出して以下に翻訳した。

ここオスロでみなさんにお会いできたことを大変光栄に思います。中には立っていらっしゃる人たちがいるようで申し訳ありません。ここは狭いので次回はオペラハウスを借りたいですね。ここはまるで東京の地下鉄の車内みたいです。

最初にノルウェー「文学の家」のみなさんにお礼を申し上げたいと思います。みなさんが僕と妻をオスロという美しい町に招待してくださり、ここに5週間滞在することができました。

この夏は僕の人生の中で最も涼しい夏です。日本の蒸し暑い夏がちょっと恋しくなってきますね。あ、いや、これは冗談です。まったく恋しくありません。

日本では今年熱中症で入院している人たちがたくさんいるらしいです。全く恋しいとは思いません。僕と妻はノルウェー滞在を楽しんでいます。

僕たちはクルマを借り、ノルウェー各地をドライブしています。フィヨルドも見ました。

ドイツからたくさんのキャンピングカーが来ていますね。いろんな種類のキャンピングカーがあるもんです。

それはともかく、前回このオスロに来たのは1999年でした。当時寿司屋を見つけるのは難しかったですが、今はどこでも見かけます。

この上品で美しい町に何が起きたんでしょうね。

以下は質疑応答。

質問者:「1Q84」について話してくだされば幸いです。

村上:ジョージ・オーウェルは「1984」を書きました。未来を描いた話です。彼はあの本を1949年に書いていますが、1949年は僕が生まれた年でもあるのです。

でも僕が去年書いたのは「1Q84」です。過去を描いた本です。

つまりオーウェルと僕は全く同じ年のことを正反対の方向から描いている。

僕は未来の小説を書きたくなかった。なぜかというと未来を物語るのは大抵退屈きわまりないから。

たとえば「ブレード・ランナー」とか、あるいは「ターミネーター」のような、ああいうのはいつも暗くて雨が降る。そして悲惨です。

僕が書きたかったのは過去、最近の過去です。

これは再生産ではなく再創作です。

僕が書きたかったのは「ありえたであろう世界」です。

なぜかというと、こういうわけです。僕はいつも僕たちが住んでいるこの世界が現実でないと感じている。非現実だという感じがする。

9.11以後そのような感情は世界中に広まりました。

ツインタワーが崩れた映像があります。あの有名な映像。だけど僕はあの映像は完全すぎると思う。華々しすぎる。現実すぎる。コンピューター・グラフィックスみたいな映像です。

僕は、これとは違う世界がありえたであろう、どこか別の場でこれとは違う世界がありえたであろう、という気がします。

それはこの現実の世界よりも現実的なんです。現実と非現実。両者が同時平行的に存在している。

そういう感覚。人々はそういう感覚をいだいていると僕は思うのです。

9.11がなかったらアメリカの大統領は違う人がなっていただろう。イラクには侵攻しなかっただろう。

そのような世界は僕らが今いるこの世界とは違っていたはずです。非常に超現実的。僕が「1Q84」で書きたかったのはそういう感情です。

質問者:村上さんは小説を書くことの力を信じていますか?

村上:僕は物語の力を信じています。なぜかというと物語は僕たちをどこか意味のある場所に連れて行ってくれるからです。

僕は書き始めるときいつも何の考えもないです。全くの空白です。僕は自分の中にある暗闇に潜り込み、物語を見つけ出す。それをこの現実世界に運び出し、フィクションに変える。

その力のおかげで僕は生きているんだと思います。

質問者:「ノルウェイの森」以後村上さんはとてつもない成功を収めました。世界中であなたの作品が読まれています。このようなことは村上さんを脅えさせはしないのですか?

村上:僕の作品は46言語に翻訳されています。スペインでは4つの言語で翻訳が出ています。

去年バルセロナに行ってサイン会をやりました。1,000人以上の人たちが書店にやって来ました。非常に驚きました。

で、バルセロナの女の子たちが「キスしてくれ」と言うんですね。彼女たちはかわいいから、僕は「うん、いいよ」と答える。

でも出版社の人は「村上さん、時間がありません。キスはほどほどにお願いします」と。それに対して僕は「いいじゃないか。女の子のお願いに応えるのは男の義務だよ」と。

いまだになんであんな素晴らしいことが起きたのかわかりませんね。

質問者:ノルウェーについてどう思いますか?

村上:難しい質問ですね、僕はノルウェーに4週間ほど滞在してるわけだけど。

ある日僕はワインを買いにスーパーに出かけたんです。しかしそこにはワインがなかった。ワインはワイン専門店に行かなければ買えない。僕はあらためて専門店の場所を確認し、そこに行ってワインを買った。でもこれノルウェーの話じゃなくてワインの話になってますね。

ここには良いビアガーデンがあります。妻と僕は毎日のように行っています。

質問者:ノルウェー・スタイルのマラソンについて一言お願いしたいんですが。

村上:はい、ノルウェーにはジョギングをやる女性がたくさんいますよね。Grete Waitz はノルウェー人だと思うんですが、彼女の走りは美しい。今度の10月には日本でトライアスロンがあるので僕も練習しないと。

質問者:村上さんはノルウェーにずいぶんといらっしゃっていますよね。私たちとしては「ノルウェイの森2」を期待していいですか?

村上:1999年僕がここに来たときオスロの書店でサイン会をやりました。

僕は "Norwegian Wood" と題した小説を書きました。でも僕は実際にはそのタイトルが何を意味するのかわかっていません。ノルウェーの森? ノルウェーの木? ノルウェー家具の材木?

イギリス人とアメリカ人はみんな「あのビートルズの曲はノルウェー家具を歌っているんだよ」と言う。でも日本では "Norwegian Forest" (ノルウェーの森) と訳されてる。どちらが正しいのかわからないです。

質問者:村上さんは三島由紀夫のような日本文学の古典にうんざりしていると語っていますよね。なぜでしょう?

村上:日本ではイカとタコを食べます。ノルウェーでは食べますか? 僕はタコよりもイカが好きです。なぜイカのほうが好きか。それについて特に理由はありません。

質問者:好きなパスタソースを。

村上:それ質問ですか? 僕はジェノバ・ソースが好きですね。松の実を加えた緑色のソース。でも僕はトマト・ソースをつくるのが得意なんです。おいしいですよ。

質問者:この滞在期間中にノルウェーの作家に興味を持たれましたか?

村上:はい。先週ストックホルムに行ったんですけど…

(村上氏は間違えてスウェーデンの作家についてしゃべろうとしているのだろうと気づいた観衆がここで爆笑)

すみません、オスロ空港でした! そこで1冊の本を見つけました。これが非常に良かった。なぜ良かったかというと、著者が物語を語ることに徹しているから。実に詳細に描写している。しかし彼は説明をしない。素晴らしい。

質問者:ヘアコンディショナーはどこのものをお使いですか? 私たちはいつもあなたの髪型を見とれてしまうのです。

村上:自分の髪型に見とれたことはないなあ。今は Helsinki Formula というヘアコンディショナーを使ってるけど。

質問者:村上さんは早起きなんですよね。夜もふけてまいりましたので村上さんは寝る時間です。そこで最後の質問。それはどのように終わるのですか?(後注)

村上:僕の書く小説の結末はたいてい何ら制約がなく不明瞭です。これを不満に思う人もいます。

僕は物語がいつ終わるのかわからない。僕が知りうるのは物語はいつか終わるということだけ。そう感じたとき僕は物語を終わらせる。

でも1年後2年後あるいは10年後になって僕はこう思うときがあります、「物語を続けるべきだった」と。僕がふたたび書き始めたのはその物語が終わった場所です。

後注:「それ」が何を示すのか不明。原文は "it" になっている。おそらく小説「1Q84」のことを言っていると思われる。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
面白い記事ですね。村上さんの人柄がよく出ているような気がします。外国で英語で話すというのが気楽になれるんですかね。

>日本では今年心臓発作で入院している人たちがたくさんいるらしいです。

これはheatstrokeなので、熱中症ですね。
2010/09/23(木) 09:43:52 | URL | マスダ #-[edit]
ご指摘ありがとうございます。「心臓発作」を「熱中症」に変更しました。
2010/09/23(木) 14:44:00 | URL | ArtSalt(管理人) #-[edit]
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
2013/04/19(金) 17:17:11 | URL | 株の購入 #-[edit]
はい。
2013/04/19(金) 19:07:45 | URL | ArtSalt(管理人) #-[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1180-c80e9f78

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク