ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMEのオフをEscキーに任せたら快適になった

IMEオンのキーとIMEオフのキーの分離

このエントリは「Windows7の日本語QWERTYキーボード + Microsoft IME」という環境を前提にしている。

キー・バインディングにこだわる人たちにとって「IMEのトグル問題」は非常に悩ましい問題であり、「おさかなラボ」さんの以下のエントリが非常に有名。

そしてWindowsで一番ホームポジションが崩れるのがIMEのスイッチだ。この配置は嫌がらせとしか思えない。そこでAlt+スペースでIME/ON、Shift+スペースでIME/OFFになるようにした(Macintoshを意識した)。これがまたすばらしすぎる。今までAlt+~(JIS配列の人はAlt+漢字)の奴隷になっていたのが良く分かる。ONとOFFのキーを分けることで、現在のIMEの状態を気にすることもない。これで日本語のタイプ速度がぐっと上昇した。

おさかなラボ - 禁断の快楽・変態キーバインドのお誘い

つまり「半角/全角」でIMEのオンとオフを切り替えるのではなく、「オンにするキー」と「オフにするキー」を独立させてしまうという素晴らしい発想だ。オイラが昨日突然思いついたのが以下のキーバインディング。結果はなかなか快適である。

変更前のキー(物理的なキー)猫まねき」で割り当てられた意味IMEでの動き
Tab半角/全角IMEオン
Ctrl + EEscIMEオフ
  • 左小指で楽々届くTabキーを「半角/全角」キーとして定義しなおし、さらにIMEの設定で「IMEオン」専用とする。
  • ホームポジションから遠く離れているEscキーは使いにくいので Ctrl + E をEscとして定義しなおし、さらにIMEの設定で「IMEオフ」専用とする。

EscキーをIMEオフに割り当てるなんてまるでコロンブスの卵みたいな発想だよね、盲点というか。こんなことを思いついた自分を偉いと思うよ。

IME設定ダイアログ

IME設定ダイアログ

IME設定ダイアログ

うちのパソコンのキーボードでは「コロン」を右Ctrlキーとして定義しなおしているので Ctrl + E は非常に押しやすい組み合わせである。さらにIMEで「全確定」するには通常ではホームポジションから遠く離れたところにあるEnterキーまで右小指を遠征させる必要があるが、猫まねきで「変換」キーをHomeキーとして定義しなおし、IMEの設定でHomeに「全確定」の役割を与えてしまったので快適すぎる。

変更前のキー(物理的なキー)「猫まねき」で割り当てられた意味IMEでの動き
CapsLock左Ctrl 
コロン右Ctrl 
Tab半角/全角IMEオン
Ctrl + EEscIMEオフ
変換Home全確定
その他いろいろその他いろいろ 

今までIMESoundでIMEの状態を目視確認してきたけどそろそろお役御免になるかな。

結論

  • IMEの状態をトグルするキーを廃止。
  • 半角/全角キーでIMEオン。
  • Escまたは "Ctrl + E" でIMEオフ。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1213-36b14940

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。