ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

ヘイグのファンはどこにいる?

ときどき考える。アル・ヘイグのファンって、この地球上にどれぐらいいるんだろうって。私ArtSaltはヘイグのファンを名乗っていいのかどうか。あまり自信はない。
初めてアル・ヘイグの名を聞いたのはスタン・ゲッツ Stan GetzのRoostレーベル吹き込み盤だったと思う。SP時代の記録を編集したものゆえ各曲はいずれも2~3分で終わってしまう短さ。ゲッツのソロの合間にたまに聴こえてくるヘイグのピアノに好感を持った。
50年代から60年代に限定すると、彼自身の名義の吹き込みはあまり多くない。
Al Haig Today! (Mint)
recorded 1965


これはその数少ない記録のひとつ。タイトルが暗に示すように、しばらく音沙汰がなかったヘイグがひさしぶりに吹き込みの機会を得たもの。
このレコードを初めて聴いたとき、はっきり言って「ハズレ」だと思った。
「またテラシマにダマされた!」

数年後だったか、十数年後だったか、ひさしぶりに聴いたとき、こんなすばらしいピアノを私はずっと理解していなかったのだ、と気づいた。
なんていうか、ゆっくりと、じわじわとその良さが伝わってくるレコードであると言っていい。よって本作をここでとりあげるのには躊躇した。このレコードの真価を理解してくれる人がはたしてどれだけいるだろう。
仮にこの星にそんな奇特な人が200人いたとしよう。しかし、冥王星よりも遠くにある当ブログをその人たちが訪れる可能性は、今年中に巨大彗星が地球に衝突する確率より低いと言わざるをえない。

まぁ、いいや。それはともかく、肝心の音楽の話。
アル・ヘイグのレコードをいくつか聴いているうちに気づいたことがある。この人はいわゆるスタンダードよりオリジナルを演奏したほうがいい。このレコードで言えば、 "Good Life", "Bluesette", "Brother, Where are You", "Saudade" など。
"Good Life" については以前に小野リサの記事の中でも少し書いた。ジョン・ルイスの処女作で共演したフランスの音楽家サッシャ・ディステル Sacha Distelの書いた曲。この曲で聴かれるヘイグの演奏がこの盤のベストかな。ときおりクラシックの有名な曲(たぶんショパンだと思うのですが…)のフレーズをちらっと引用したりする、毎度おなじみのヘイグ・スタイルを堪能できる。

しかし、スタンダードでもひとつだけ私の心を揺さぶった曲があった。B面の3曲目「水玉模様と月明かり」。原題を言ったほうがわかりやすいかな。"Polka Dots and Moonbeams" 。
4分20秒の演奏。ソロをとるのはアル・ヘイグのピアノのみ。しかしゆっくりとしたテンポなので、2コーラスで終わってしまう演奏。
これを冷静になって聴いてみると、ヘイグが同じようなフレーズを何度も何度も繰り返していることがわかる。しかもそのフレーズは原曲のメロディを少しくずしただけなのだ。こういう弾き方はなんとなくモダン・ジャズっぽくない。典型的モダン・ファンである私なんかは「ちゃんとアドリブしてよ」と思うわけだ。

でも、繰り返し聴いているうちに彼がなぜ同じようなフレーズばかり使いたがるのかわかってくる。
演奏の終わり近くになって、そのメロディをとてつもなく美しく仕上げたヘイグの必殺フレーズが出てくる。

そうか、そうだったのか。あなたはこの曲で、この演奏で、この1節を、この必殺フレーズを出したかったのですね。このタイミングで。そのピアノから。

アル・ヘイグのファンって、どれぐらいいるんだろ。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
アル・ヘイグのファンがどのぐらいいるかって?私は強烈なヘイグファンですが、私の周りにも結構いますよ。特にイギリスには沢山います。寺島さんはアル・ヘイグのファンでもなんでもないのでは、、?カッコウつけているだけです。このLPはヘイグとしては平凡な出来です。
2006/09/10(日) 22:40:04 | URL | swing dog Rick #-[edit]
ご訪問、ありがとうございます。
同日にいただいた他の4個のコメントの件をふくめて、数日以内に関連記事を書いてみたいと思いますので、よろしかったら、またお越しください。
2006/09/11(月) 19:03:43 | URL | ArtSalt(管理人) #K.0xfTSU[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/122-da86e672

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク