ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPは日本と韓国を長期的に潰す為に行うものではない

「日本と韓国を長期的に潰す」も「日本、韓国その他の国を押しつぶす」も誤訳である

Twitterのタイムラインに最近こんなのが流れてきた。

ニュージーランド外交貿易省のマーク・シンクレアTPP首席交渉官は「TPPが将来のアジア太平洋の通商統合に向けた基盤である。もし、当初のTPP交渉8カ国でゴールド・スタンダード(絶対標準)に合意できれば、日本、韓国その他の国を押しつぶすことができる。それが長期的な目標だ」と語った。

「TPPは日本と韓国を長期的に潰す為に行う」米国公電をウィキリークスが暴露。 - るいネット

最近ではYahoo!ブログなどがTumblrのreblogと似たようなことをやっており、これと同一の内容の記事が他の多くのブログに転載され、拡散されている。初出はJAに関係する団体が書いた記事「日本農業新聞 e農ネット - [TPP反対 ふるさと危機キャンペーン TPP“主導国”] 米国外交公文から読む 本音と現実 上」らしい。

冒頭で引用したのはWikileaksの外交公電の邦訳であるとされている。これのオリジナル英文つまりWikileaksの外交公電を読んでみた。明らかに誤訳だと気づいた。ニュージーランド政府代表は「日本、韓国その他の国を押しつぶす」とか「日本と韓国を長期的に潰す」などとは言っていない。

オリジナルの英文と比較する

以下は私の考えた邦訳。Wikileaksに掲載されているオリジナルの英文と併記してみよう。

On multilateral issues, Sinclair emphasized that New Zealand sees the TPP as a platform for future trade integration in the Asia Pacific. If the eight initial members can reach the "gold standard" on the TPP, it will "put the squeeze" on Japan, Korea and others, which is when the "real payoff" will come in the long term.
多国間の問題に関してシンクレア氏(ニュージーランドのTPP交渉最高責任者)は、ニュージーランドはTPPを将来的にアジア太平洋地域を貿易面で統合するプラットフォームと認識していることを強調した。もしも当初の8つのTPP加盟国及び交渉参加国がTPPの取り決めの黄金基準 (gold standard) に達することに成功すれば、日本や韓国などの国々に対して強い圧力になるだろう。長期的な視野で見ればそのとき我々の努力に対して実質的な見返りが得られるだろう。

"put the squeeze on something" の意味

以下は、上が誤訳、下が私の訳である。

  • もし、当初のTPP交渉8カ国でゴールド・スタンダード(絶対標準)に合意できれば、日本、韓国その他の国を押しつぶすことができる。
  • もしも当初の8つのTPP加盟国及び交渉参加国がTPPの取り決めの黄金基準 (gold standard) に達することに成功すれば日本や韓国などの国々に対して強い圧力になるだろう。

少し解説しておく。「当初の8つのTPP加盟国及び交渉参加国」というのはシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4つの加盟国とアメリカ、オーストラリア、ベトナム、ペルーの4つの交渉参加国である。「黄金基準 (gold standard)」というのはおそらく黄金比 (golden ratio) と似たようなものだと思う。「黄金標準」と訳してもいいだろう。ようするに「後々の先例となるような強い基準、標準」という意味だと思う。

問題は「it will "put the squeeze" on Japan, Korea and others」をどう訳すかだ。誤訳では「日本、韓国その他の国を押しつぶすことができる」だが、私は「日本や韓国などの国々に対して強い圧力になるだろう」と訳した。

"put the squeeze on..." について小学館の「プログレッシブ英和中辞典(第4版)」から引用。
put the squeeze on a person - 〈人に〉(…するように)圧力をかける,強要する((to do)).
Longman
put the squeeze on - to try to persuade someone to do something
Oxford
put the squeeze on - coerce or pressurize (someone).
coerceの意味をプログレッシブ英和中辞典(第4版)から引用。
coerce - 〈人を〉(力・脅迫・権威などで)抑圧する,強制する,〈人を〉強要して(…)させる,無理に(…)させる
The Free Dictionary は複数のいろいろな辞書の解説を1ヶ所にまとめている総合的な辞書だが、そこには少々異なる解釈もあった。例文つきの説明。
put the squeeze on - to cause problems for someone, especially by making it difficult for them to achieve something.
The recession has put the squeeze on many small businesses.

もうおわかりだろう。"put the squeeze on Japan" に「日本を押しつぶす」という意味などない。「日本に圧力をかけて何らかの行為をさせようとする」という解釈が正しい。The Free Dictionary には少し解釈が違う例文もあるが、いずれにしても「押しつぶす」という解釈は絶対にありえない。

問題の箇所を説明すると、

「TPPオリジナル8ヶ国が gold standard に達する」という事象が日本や韓国などのTPP参加に向けて日本や韓国などに圧力をかける

…という意味だ。ただし英文には「日本や韓国などのTPP参加に向けて」の部分がない。「日本や韓国などのTPP参加に向けて」という部分は私の憶測である。この点は異論がある人もいるようなので批判をあおぎたい。

「日本と韓国を長期的に潰す」とはどこにも書かれていない

最後にもうひとつ。「which is when the "real payoff" will come in the long term.」の邦訳である。以下は上が誤訳、下が私の訳。

  • (日本、韓国その他の国を押しつぶすこと)が長期的な目標だ。
  • 長期的な視野で見ればそのとき(= 日本や韓国に圧力をかけたとき)我々の努力に対して真の見返りが得られるだろう。

オリジナルの英文には「長期的な目標だ」に相当する表現は存在しない。

"which is when..." というのは "In Japan, December is when even teachers run around." のような文脈で使われる形と同じだと思う。つまりWikileaksに記載されているニュージーランド代表の発言は、

我々の努力は短期的には効果がないかもしれないけど、長期的には効果が出て日本や韓国などの交渉参加に結びつくだろう

…ということだ。問題の誤訳記事のタイトルは「TPPは日本と韓国を長期的に潰す為に行う」という扇動的なものだが、「長期的に潰す」という邦訳は完全に誤りである。

誤訳した人は "in the long term" と "for the long term" の違いを意識したほうがいい。未来表現における前置詞 in が after の意味に近くなることは誰もが学校で教わったはずだ。

(厳密に言えば in と after の意味は違う。未来表現の in は「○○という時間を費やして」とか「○○するためには△△という時間がかかる」という意味だ。面倒くさいので詳しい説明は省略する)

結論

「"put the squeeze" on Japan, Korea and others」の意味
× 日本と韓国を長期的に潰す
× 日本、韓国その他の国を押しつぶす
○ 日本や韓国などの国々に圧力をかける

Wikileaksが公開したアメリカ外交公電の原文と正しい翻訳を最後にもう一度記載しておく。

On multilateral issues, Sinclair emphasized that New Zealand sees the TPP as a platform for future trade integration in the Asia Pacific. If the eight initial members can reach the "gold standard" on the TPP, it will "put the squeeze" on Japan, Korea and others, which is when the "real payoff" will come in the long term.
多国間の問題に関してシンクレア氏(ニュージーランドのTPP交渉最高責任者)は、ニュージーランドはTPPを将来的にアジア太平洋地域を貿易面で統合するプラットフォームと認識していることを強調した。もしも当初の8つのTPP加盟国及び交渉参加国がTPPの取り決めの黄金基準 (gold standard) に達することに成功すれば、日本や韓国などの国々に対して強い圧力になるだろう。長期的な視野で見ればそのとき我々の努力に対して実質的な見返りが得られるだろう。

最後に一言。私はTPP賛成派でも反対派でもない。あえて言えば「よくわからない派」だ。

ブログ、Twitter、2ちゃんねる、Tumblrなどで誤訳を拡散させている情報強者さまたちはオリジナルの英文を見た上ではしゃいでいるんだろうか? だとしたら困ったものだ。Twitterがバカ発見装置ならTumblrはバカ拡散装置と言ったところか。拡散すれば拡散するほど真実っぽくなっていくこの現象。「ソーシャル・ロンダリング」とは素晴らしいネーミング。しかしここに書いた拙訳もまた間違いがあるかもしれない。批判を歓迎する。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
交渉はゲームで考えましょう。

squeeze
v
Games To force (an opponent) to use a potentially winning card in a trick he or she cannot take in bridge.
n
Games A forced discard of a potentially winning card in bridge.

wikiのコントラクトブリッジにも
スクイズ  ディフェンダーが複数のスーツを守っている場合に、そのどちらかを捨てさせるテクニック。
とあります。

put the squeeze とは、
相手が手に持っている、良いタイミングで使えば勝負に勝てる良いカードを、
強制的に無効にして捨てさせることです。
2011/11/15(火) 01:19:45 | URL | 名無しさん #ihWmEGXU[edit]
なるほど、そういう観点は全く思いつきませんでした。貴重なコメントをありがとうございます。
2011/11/17(木) 20:12:44 | URL | ArtSalt(管理人) #-[edit]
とても分かり易いです。
日本語は、たとえ平文であっても表現豊かで相手方の心が見えますが、英語は会話の強弱で内容や意図する物が変わる為に平文では幾つもの捉え方が在る為に判り辛いのが駄目ですね。

有難う御座います。
2011/11/20(日) 12:56:56 | URL | 愛知のイナ #0xj1.Hek[edit]
「会話の強弱で」変わるといいうのは確かに日本語にない難しさですね。貴重なコメントありがとうございます。
2011/11/22(火) 17:40:45 | URL | ArtSalt(管理人) #-[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1251-9fa7b70a

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。