ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Philip K. Dick の小説は簡単な英語で読みやすい

今日は英語の洋書の話を。英語学習クラスタがいつもお世話になっている出版社 MacMillan から出ている "Science Fiction Stories" というSF短編集を読んだ。紙の本。

  • Science Fiction Stories (MacMillan), ISBN 978-0-2307-1691-9

MacMillan の Science Fiction Stories

中身は以下のとおり。

  • We Can Remember It for You Wholesale / Philip K. Dick
  • A Sound of Thunder / Ray Bradbury
  • Travel Wire! / Arthur C. Clarke
  • The Martian Odyssey / Stanley G. Weinbaum
  • The Shadow and the Flash / Jack London

以下はそれぞれのあらすじと感想と英語の難易度。

We Can Remember It for You Wholesale / Philip K. Dick

あらすじ - 平凡な生活にうんざりしている主人公は Rekal 社を訪れ、「火星に行った」という偽の記憶を埋め込んでもらおうとしたが失敗する。彼は実際に諜報機関の工作員として火星に行っていたからだ。 Rekal 社から全額キャッシュバックを受けて帰宅した彼を待っていたのは諜報機関だった。彼らと話しているうちに彼は火星で暗殺活動をしていたことを思い出す。組織は彼の記憶を消していた。だが Rekal 社で火星旅行の記憶を作ってもらおうとしたことで彼は本物の記憶を偶然思い出してしまったわけだ。秘密が露見することを恐れた組織は主人公を殺そうとするが危機一髪で彼は逃れる。しかし最終的には組織と取り引きをする。主人公の記憶を消すために「幼少期にたった1人で地球外の知的生物による地球侵略を防いだ」という荒唐無稽で強力な偽の記憶を植え付けることになった。しかし意外な結末が待っていた…

感想 - 一番面白かったのがこれ。ストーリーが非常に素晴らしいんだよね。難しい英語表現があまりなく、短いセンテンスを繋げてゆくのがフィリップ・K・ディックのスタイルなのかな? 映画「トータル・リコール」の元になった小説らしい。映画は見たことがない。

英語の難易度 - 読みやすい。

A Sound of Thunder / Ray Bradbury

あらすじ - タイムマシーンに乗って恐竜の時代に行った主人公たち。ティラノサウルスを銃で仕留めた彼らは現代に戻って来る。しかし何かが変わっていた。見慣れた風景がほんの少しだけ変わっているのだ。主人公が当時の生態系を変えてしまい、その後の歴史も変化したらしい。一体何が原因だったのか。彼は靴底にこびり付いた泥を見て驚愕する。それは…

感想 - 有名なレイ・ブラッドベリーの短編。最後のオチが素晴らしい。ティラノサウルスの描写がやけに生々しいのは、彼が正しく恐竜のことを勉強していた証拠でしょう。

英語の難易度 - わりと読みやすい。

Travel Wire! / Arthur C. Clarke

(あらすじ省略)

感想 - 使っている単語は難しくないのに非常に読みにくい文章。途中で読むのを断念した。よってあらすじは書けない。

英語の難易度 - 難しかった。降参です。

The Martian Odyssey / Stanley G. Weinbaum

あらすじ - 火星で不思議な知的生物に遭遇した主人公。鳥の形に似たその知的生物と共に火星を探検することになる。炭素ではなくケイ素から構成される生物との戦いなどを繰り広げる。

感想 - SFというよりアドベンチャー小説かな。読み応えあり。

英語の難易度 - わりと読みやすい。

The Shadow and the Flash / Jack London

あらすじ - Lloyd と Paul は子どもの頃からライバル関係。勉強から恋愛まであらゆることで競い合ってきた。大学に進学し、化学で優秀な成績を得た両者はある日透明人間になる方法を巡って全く正反対の方法を唱える。 Lloyd は「完璧な暗黒」を、 Paul は「完璧な透明」を作り出そうとする。いずれも実験は成功し、透明になった彼らはテニスコートで殴り合いの対決を始める…

感想 - これを書いた Jack London は「野生の呼び声」「白い牙」などで有名な作家らしいけどオイラはよく知らないです。そもそもこの "The Shadow and the Flash" がSFに分類されるっていうのが理解できない。あえて言えば「青春小説」か? 面白いといえば面白い。

英語の難易度 - わりと読みやすい。

結論

フィリップ・K ・ディックの小説は本当に面白い。英語も非常にわかりやすい。なので脊髄反射的に彼の本を Kindle Store で買ってしまった。

Kindle で Paycheck を読んでいる場面

12本の短編からなる "Paycheck". 今これを Kindle で読んでいるところ。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1289-56c11f41

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。