ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これを「料理」と呼んでいいのか? - 鮭ご飯

「安い食材で豪華な料理を!」というテーマで書けば、読者のかたがたにもお役に立てるかもしれないのですが、残念ながら今回はお役に立てないかもしれないレシピです。あまりに安易すぎて。
でも、自分としてはいわゆる「アイデア料理」なのですよ。

最近、金欠なので、料理はできるだけ安い食材で済まそうとしています。先日ジャスコでサケ(鮭)のアラ1パック198円というのを見つけ、そこそこの量があったので、買ってきました。
━コメと水を鍋に入れ、研ぎます
━しばらく放っておきます
━サケのアラを鍋に入れます
━鍋を火にかけます
━炊き上がったら、蒸らします
━できあがり

ご飯を炊くとき、うちでは炊飯器ではなく、普通の鍋を使います。
「ああ、タンパク質系の料理をつくるのがめんどくさいな」と思ったときよく使う手がこれです。「安易すぎ!」という声が聞こえてきそうです。まったく同感なので、今日の日記は画像なしにします。

でも、こういうことだけは言いたい。
この超横着料理は応用がきくのです。サケのかわりにニンジンを使うこともあります。鍋の上でニンジンを左手に、包丁を右手に持ちます。そしてニンジンを乱切りにします。これなら、まな板も使わない。
洗い物が少なくてすむ (^-^)
できあがったニンジンご飯は、何の味つけもしなくてもほのかに甘いです。これはどういうことかと言うと、ニンジン本来の甘さを味わっているということなのです。結果的に私は「食材本来の味をひきたたせる」という日本の伝統料理のわざを使ってるのかもしれません ^_^;
大豆を使うこともあります。もちろん味つけはしません。塩すら入れません。大豆を1時間も2時間もかけて茹でるのはとっくの昔に飽き飽きしてしまった私ですが、この方法で大豆を茹でると、かなり時間を節約できるし、焦げつかないかどうか気にしないですみます。ただ、ご飯を炊くのに要する時間はだいたい12分ぐらいなので、大豆も12分ぐらいしか加熱しない計算になります。
「大豆を茹でるのにたった12分?」と驚く人もいるでしょう。確かに少し歯ごたえがある仕上がりです。でも、流動食じゃないんだから、これでいいと私は思うのです。
どっちかというと歯ごたえがある食べ物が好きですね、私は。それによく言うでしょう? 現代人はあまり噛(か)むことをしなくなってきてるから、顎(あご)の筋肉が弱ってさまざまな弊害をこうむることになるって。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/13-187ce482

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。