ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

Kindleのページリフレッシュは低温の影響を受ける

1週間ほど前に届いたAmazonの Kindle Paperwhite 。翌日には早くも異変に気づいた。ページ送りの際のリフレッシュが調子悪い。本来なら6ページめくると1回リフレッシュされるのだけれど毎回リフレッシュされてしまう。この問題は2chのKindleスレッドだけでなく米Amazonのユーザー・フォーラムでも話題になっている。どうやら原因は低温らしい。Kindleに限らず E Ink ディスプレイを使った電子書籍端末は温度の影響を大きく受けるという説である。


ページのリフレッシュは日本語圏では「暗転」とも呼ばれているけど、米Amazonの公式用語としては "page refresh" である。設定は、

Settings → Reading Options → Page Refresh

…にある。ここで "Refresh the E Ink display with every page turn." に対して "On" または "Off" を選べるようになっている。"On" なら1回ページ送りするごとに毎回リフレッシュする。"Off" なら7回につき1回の割合でリフレッシュする。大抵の人はここを "Off" にしていると思う。

Kindleの設定のスクリーンショット

問題はここで "Off" を選んでも改ページするたびにページがリフレッシュしてしまうことがあること。しかも不思議なことにいつのまにかこの現象が治ってしまうこと。Kindleをrestartしても改善するとは限らないこと。

自分の場合早朝に強制ページリフレッシュが起きる。Kindleをrestartしても無駄。で、しばらくすると直る。うーむ、不可解。

以下は2chの「Amazon Kindle 総合スレ 52」からの引用である。これは驚いた。

127 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/26(月) 07:36:32.63 ID:LyIud2gu Be:

ページリフレッシュをオフにしても1ページごとにリフレッシュするバグになった
これ何なんだすごいストレスだな

166 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/26(月) 12:03:00.71 ID:xkMZFB2e Be:

>>127,139
前にも貼ったが、Kindle Touchの毎ページリフレッシュ問題。

http://www.amazon.com/forum/kindle?_encoding=UTF8&cdForum=Fx1D7SY3BVSESG&cdThread=Tx3681HPTNJ94A1

以下、原因の説明の抜粋。上2つはamazonサポートの見解らしきもの。

"Currently the Kindle e-ink devices on our website are configured in such a way they refreshing frequency varies with temperature.
This is a normal behavior of the device and it's same for all the e-ink devices.

"If the device is outside of proper operating temperature (15-30 C or 59-86 F) the page turn will flash on every page regardless of settings."

Below 15 degrees C and above 32 degrees C the Kindle will perform a full refresh of the E Ink display regardless of the Option setting. This is an operating parameter requirement for the display and has been designed into the Kindle ereader.

要は、一定の温度範囲より寒いか暑いかすると、リフレッシュの設定に
関係なく毎ページリフレッシュする仕様、ということ。ただしこれは
あくまでもKindle Touchについての話であり、PWにもそのまま
あてはまるかどうかは不明。公式見解はamazon.co.jpサポートの回答待ち
(Touchの件もサポートに伝えてある)。

現象が発生するのは気温が低い時に限られる、(暖機運転的に)しばらく
使っていると自然に正常な動作に戻る、あるいはKindle本体を少し
暖めると正常な動作に戻る、といった個人的な経験から、自分の中では
今のところこの温度説が最有力だけど、もしそうだとすると根本的に
解決される可能性が低いということになるから、まったく別の原因で
あってほしいという気も。

Amazon Kindle 総合スレ 52

米Amazonのユーザーフォーラムでの当該発言のパーマネントリンクはここ。
Amazon.com: Customer Discussions: Kindle Touch refreshing every page???

なるほどね。

米Amazonの上記フォーラムで発言している Allen Goodhue さんはこのようなreplyもなさっている。ほむほむ。

Remember that the previous generation kindles required refreshes on every page. IE they did this all the time. Because the way that e-paper displays work , the amount of E-Ink ghosting could vary with temperature. Remember the display is not a simple solid state device, there are electrical fields, microcapsules of coloured particles suspended in fluid etc. I can understand there being a relationship; does motor oil not change it's viscosity with temperature? To me it makes sense to revert back to refreshing on every page if it is necessary to minimise ghosting. I would rather it did this than have unacceptable ghosting when it got too warm or too cold.

以前の世代のKindleが毎回ページリフレッシュしていたことを皆さんは覚えていますよね? つまり今までのKindleは常にこれをやっていたわけです。電子ペーパーのディスプレイはこういうふうに動くので E Ink のゴースト(残像が現れる現象)の総回数は温度によって変化するわけです。ご存知のとおり、電子ペーパーのディスプレイは単なる固体の物質ではなく電界であり、着色した粒子のマイクロカプセルが液体の中を漂っています。自動車のオイルは温度によって粘度が変わりますよね? ゴーストを減らしたいのであればいったん戻ってページごとにリフレッシュすることが必要なのは当然です。極端に暑いときあるいは極端に寒いときゴーストが発生するのであれば私としては毎回リフレッシュしてゴーストを抑えるほうが好みです。

Amazon.com: Customer Discussions: Kindle Touch refreshing every page???

ようするに今の時期(11月下旬)は温度が低いのでKindleのページリフレッシュが調子悪いということだ。E Ink の粘度が堅くなる(←という表現でいいのか?)ので強制的にリフレッシュしてゴーストを減らしているってことだろうね。個体差はあると思うけど。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1301-96798a23

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク