ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

日本語Wikipediaの記述が単なる翻訳になってる

素朴な疑問なんですけど、「ウィキペディアをウィキと略すな」と言う人たちは「マクドナルドをマックと略すな」と主張するんでしょうかね? それはともかく、今日はWikipediaについてふれたいと思います。私は今 Jared Diamond の "Guns, Germs, and Steel" (邦題「銃、病原菌、鉄」) という本を苦労しながら読んでいます。そのため日本語Wikipediaでインカ帝国に関する記事を先日読む機会がありました。そうしたら一部に英語Wikipediaを単に翻訳しただけと思われる箇所を発見して驚きました。直訳と言っていいかもしれません。

内戦とスペインによる征服

スペインの征服者たちは、フランシスコ・ピサロ兄弟に率いられパナマから南下し、1526年にインカ帝国の領土に達した。彼らが大いなる財宝の可能性に満ちた富裕な土地に達したのは明確であったので、ピサロは1529年の遠征の後に一旦スペインに帰国し、その領域の征服と副王就任にかかわる国王の認可を得た。

1532年に彼らがペルーに戻ってきたとき、ワイナ・カパックの二人の息子たちであるワスカルとアタワルパの間での内戦、新征服地の不安、そしておそらくより重要なことには中央アメリカから広まった天然痘などにより、インカ帝国はかなり弱体化していた。ピサロは当時、わずか168名の兵士と1門の大砲、27頭の馬という兵力であり、決して抜きんでたものではなかったため、彼は自らの集団を容易に消し去りうる潜在的な内部対立から逃れるために、しばしば彼のやり方を説明する必要があった。インカ軍に比べスペインの完全防備の騎兵は、技術的に大きく優越していた。アンデス山脈における伝統的な戦闘とは、敵を圧倒するために多人数の士気の低い徴集兵が送られた一種の攻城戦であった。スペイン人は前近代においては最も優秀な兵器の1つを開発しており、イベリア半島におけるムーア人との何世紀にも及ぶ長い戦闘を通じて学んだ戦術を身につけていた。このように戦術的にも物質的にも優越しているうえに、スペイン人はインカの統治から脱しようとする何万もの現地の同盟国を買収していた。

インカ帝国 - Wikipedia

どうです、このあまりにも不自然な日本語。「スワヒリ語でおk」と言いたくなります。意味はなんとなくわかりますけどね。この日本語記述はおそらく下記の英語による記述を単純に翻訳したものと思われます。BingとかGoogleの機械翻訳に少し毛を生やしたぐらいの水準です。

Inca civil war and Spanish conquest

Spanish conquistadors led by Francisco Pizarro and his brothers explored south from what is today Panama, reaching Inca territory by 1526. It was clear that they had reached a wealthy land with prospects of great treasure, and after one more expedition in 1529, Pizarro traveled to Spain and received royal approval to conquer the region and be its viceroy. This approval was received as detailed in the following quote: "In July 1529 the queen of Spain signed a charter allowing Pizarro to conquer the Incas. Pizarro was named governor and captain of all conquests in Peru, or New Castile, as the Spanish now called the land."

When they returned to Peru in 1532, a war of the two brothers between Huayna Capac's sons Huáscar and Atahualpa and unrest among newly conquered territories—and perhaps more importantly, smallpox, which had spread from Central America—had considerably weakened the empire. Pizarro did not have a formidable force; with just 168 men, 1 cannon and 27 horses, he often needed to talk his way out of potential confrontations that could have easily wiped out his party.

The Spanish horsemen, fully armored, had great technological superiority over the Inca forces. The traditional mode of battle in the Andes was a kind of siege warfare where large numbers of usually reluctant draftees were sent to overwhelm opponents. The Spaniards had developed one of the finest military machines in the premodern world, tactics learned in their centuries-long fight against Moorish kingdoms in Iberia. Along with this tactical and material superiority, the Spaniards also had acquired tens of thousands of native allies who sought to end the Inca control of their territories.

Inca Empire - Wikipedia, the free encyclopedia

どこそこの大学生がレポートを書くときにWikipediaをコピペしたことが発覚した云々というニュースがたまに話題になりますが、そのWikipedia自体が他の言語で書かれたWikipediaをコピペしているとは恐れ入りました。この日本語の記述を書いたのはおそらくインカ帝国のことを研究している人ではないでしょう。そういう人が他言語の記述を日本語に翻訳してお茶を濁すというのは感心しません。日本語Wikipediaの記事に穴をあけるのはまずいという高度な判断かもしれませんけどね。それでも「この章の記述は英語の記述を翻訳したものです」と但し書きを添えるべきだと思います。誰もがわかるような形でソースを明示するのがWikipediaのルールだと私は漠然と信じていたんですけど違うんでしょうか?

関連

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
少々気になる点がありますのでコメントさせていただきます。

1. 直訳を発見して驚いたという点
Wikipediaを日常的に使っていれば、日本語版の記事の多くが英語版の直訳であることに気づかれるかと思います。特に科学系の記事ではほとんどといってよいでしょう。
それを珍しいことのように書いているのに違和感を感じます。

2. 翻訳の質について
私にはそこまで悪い質には思えません。
日本語としてこなれていない表現や意味の理解が困難な箇所はありますが、明らかな誤訳はほとんど無さそうです。
無償でこれだけの翻訳をされていれば十分合格点と言っていいと思います。

3. ソースの明示について
ライセンス上、言語間の翻訳は、履歴のコメントにその旨書くことがソースの明示にあたるはずです。
2013/09/08(日) 00:45:51 | URL | 大洋更新世 #HD0D1bw.[edit]
英語版の直訳が多いという話は他の人にも聞きました。個人的な感情としては残念です。直訳はある意味仕方ないのかなという気もします。
コメントありがとうございます。
2013/09/08(日) 13:28:40 | URL | ArtSalt(管理人) #-[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1324-c25e4f82

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク