ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

see と meet の違い

ふと英語の seemeet の違いって何だろうと思い、ざっと調べた。両方とも「会う」という意味だけど使い分けがややこしい。

挨拶の言葉。

知り合いではない人に対して挨拶。
Nice to meet you.
知り合いの人に対して挨拶。
Nice seeing you.

ここまでは簡単だけど問題はそのあと。

知り合いではない John を見かけたが何も会話しなかった。
○ see John
× meet John
知り合いである Rosa を偶然見かけて会話した。
○ see Rosa
× meet Jane
知り合いである Jane と会う約束をして実際に会って会話した。
○ meet Jane
× see Jane
知り合いではない Ronald と会って会話した。
○ meet Ronald
× see Ronald

テーブルにする。

以下は知り合いと会う場合。

偶然見かける。会話しない偶然見かける。会話する会う約束をして会わない。会話しない会う約束をして会う。会話する
seesee-meet

以下は知り合いではない人と会う場合。

見かける。会話しない見かける。会話する
seemeet

動作動詞として使われることが多い look や watch とは対照的に see は状態動詞として使われることが多い。「偶然見かける」という感覚が強い。「有名人を見かける」「知り合いを偶然見かける」ような状況にふさわしい動詞だ。

しかし「初対面の人を見かけた」という状況に「挨拶した、会話をした」という状況が加わると「挨拶をする」という感覚がある meet のほうが see よりもふさわしい。

結論。

会う約束をしている場合は meet であり、偶然会う場合は see というのが原則。ただし初対面の挨拶を交わせば meet である。

参考

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1325-8d912515

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。