ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の鉛筆の本格的な作りに満足

「芯ホルダー」と呼ばれる文房具がある。「芯の直径が2.0mmもあるシャープペンシル」とでも言えばいいのか。三菱鉛筆がuniブランドで出しているのが有名らしい。最近オイラが買ったのが北星鉛筆の「大人の鉛筆」という芯ホルダーなんだけどこれがなかなか良い。本体の軸が鉛筆みたいに木でできている。普通の大人の鉛筆ではなくハイタイド (HIGHTIDE) という企業の文房具ブランドPencoとのコラボレーションになる製品らしくて税込みで945円だった。(普通の大人の鉛筆は700円ぐらい)。色はサーモンピンク。

北星鉛筆の大人の鉛筆

OHTO というメーカーから出ている「オート (OHTO) 木軸シャープ消しゴム付2.0」という製品も買った。700円ぐらいだったかな? これも直径2.0mm芯の芯ホルダー。でも北星鉛筆の大人の鉛筆に比べると品質が劣る。芯を出すノックを押したときの感触と音が少し安っぽい。個人的な好みとして「カチッ、カチッ」という金属的な音が出てほしいのだけどOHTOの製品は「シュク、シュク」という非常に残念な音。もうひとつ困ったことがあって、たまにノックしても芯が出て来ないときがある。3回ぐらい押せば必ず芯は押し出されるけど急いでいるときは少しイラッと来る。

大人の鉛筆はノックしたときの音が普通のシャープペンみたいにしっかりした音が出る。「カチッ、カチッ」という音。非常に安心できる音。

OHTOの「木軸シャープ消しゴム付2.0」と北星鉛筆の「大人の鉛筆」

上の写真は、上のえんじ色の製品がOHTOの「木軸シャープ消しゴム付2.0」、下のサーモンピンク色の製品が北星鉛筆の「大人の鉛筆」。

ただし問題がひとつ。それは芯ホルダーは芯が太いこと。直径2mmもある芯は手帳などに文字を書くとき少し太すぎるかなという気がする。

じゃあ0.5mm芯のシャープペンに戻りたいかというと戻りたくない。一度この2.0mmの書き心地を知ってしまうともう戻れない。芯の硬さはHBよりも少し柔らかいBが好みだ。少し不便な部分もあるけど愛好者が多いのもうなづける良い製品だと思う、大人の鉛筆。

北星鉛筆の「大人の鉛筆」

北星鉛筆の「大人の鉛筆」

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1355-8a5e8298

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。