ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

たぶんフランス人も英語の句動詞が苦手だと思う

英語の句動詞が相変わらず苦手だ。すぐ意味を忘れてしまう。ラジオでアナウンサーにすごい速度でしゃべられると、 "take over" と "turn over" のような例を混同してしまう。ていうか、そもそも両方とも意味を瞬時には思い出せない。

ふと思ったんだけど、句動詞があるインド・ヨーロッパ語族の言語って英語ぐらいで、他にはないんじゃなかろうか? 英語の Old English 系の動詞の多くは1音節または母音の数が1個。これがフランス語の動詞だと事情がずいぶん違って、音節の数が2個とか3個という動詞が多いと思う、たぶん。その証拠にフランス語から英語に入って来た語は大半が複数の音節を持つ。1音節の動詞と1音節の副詞がくっつくと2音節になって発音しやすくなる。聴き取りやすくなる。それに対して仮に3音節の動詞が3音節の副詞とくっつくと合計6音節になって「いくらなんでも長すぎるだろ」という印象がある。まあ、個人的な感想だけど。

この憶測を検証すべくフランス語のWikipediaで "verbe à particule" (句動詞) の項を読んだ。そしたら句動詞はゲルマン語派(デンマーク語、アイスランド語、スウェーデン語、ドイツ語、英語など)で発達が著しいけどロマンス語派(フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語など)ではほとんど例がないらしいことがわかった。

ほぼ予想どおりだ。フランス語などでは句動詞はあまり発達していないのだ。とすればフランス語ネイティブが英語を習得する際にも日本人同様に句動詞で苦労しているのではなかろうか?

以下はフランス語Wikipediaの「句動詞」 (verbe à particule) の項のおおざっぱな翻訳である。もちろん全部ではなく一部だけ。フランス語は知らないのでGoogle翻訳で一旦英語に機械翻訳してそれを日本語にした。よって翻訳の精度はかなり劣ると思う。ドイツ語の句動詞に関しては膨大な量の記述があるが英語の句動詞に関する記述は少ない。ちょっと不思議な感じがするけど、フランス語ネイティブにとっては英語よりドイツ語のほうが身近なのかもしれない。

フランス国旗

句動詞 (Verbe à particule)

句動詞はゲルマン語派で頻繁に見られるがこの語族に限られるわけではない。ドイツ語とオランダ語の句動詞は不変化詞の位置を決める複雑な決まりに特徴がある。

フランス語には句動詞がほとんどない。数少ない例に "courir sus", "mettre bas", "passer outre" などがある。

句動詞の範囲

句動詞の範囲とこれに対応する用語は言語の様式によって大きく異なる。

句動詞と、動詞と前置詞の単純な組み合わせ、すなわち補語が1個または複数の前置詞(より一般的には「接置詞」)から形成されるものは異なる。句動詞の場合不変化詞が動詞にとって不可欠な要素である。それに対して動詞と前置詞が単純に組み合わさる場合前置詞は名詞語句グループの一部分とされる。

一般的に言って、句動詞は動詞句 (verbal phrase) とは異なり、do, put, take, wear などの動詞と大きな意味を持つ補語から成る。

句動詞の意味

句動詞の意味はそれを構成する各々の語から容易に推論できることが多い。例を下に示す。

  • ドイツ語: kommen "come" + year "to, towards" → ankommen "happen"
  • オランダ語: gaan "go" + uit "outside" → uitgaan "going out"
  • 英語: take "take" + off "off" → take off "remove"

しかし語の集合が語彙化されて構成要素の意味に還元するのが容易ではない独自の意味を獲得することは珍しいことではない。上述した "take off" (remove) には "leave the ground" という意味もある。

句動詞の中には動詞本来の意味との関係を失った極端な例もある。ドイツ語の "aufgeben" と英語の "give up" がその例である。意味はいずれも「放棄する、諦める」。ドイツ語の geben と英語の give の意味はいずれも「与える」で、副詞的不変化詞 auf と up は「位置が上」「上に向かう」を表す。同様にドイツ語 "verstehen" と英語 "understand" も元々の動詞(ドイツ語の stehen と英語の stand)とは意味がかけ離れている。

Verbe à particule ― Wikipédia

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1382-84bf11e3

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク