ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

tooの語源はto

too という英語の副詞があります。この副詞には「…もまた」「過剰に」という全く関連がなさそうな2種類の意味があります。この副詞の語源は to という前置詞です。なぜ前置詞 to から「…もまた」「過剰に」という意味が生まれ、それらの意味が too に受け継がれたのか? これを説明します。

初期のローマ文字
Archivo:Abecedarium latinum.png - Wikipedia, la enciclopedia libre

私の記憶が正しければおそらく学校の英語教育の初年度で習ったであろう "too" という副詞。この語には「…もまた (also) 」「過剰に (excessively) 」という一見したところまるで関連がないと思われるふたつの意味があります。私は以前から「なぜ全然違う意味があるんだろう?」と不思議に思っていました。おそらく多くの人も同様の疑問をいだいたことがあると思います。

先日なにげなく Oxford の辞書で too の語源を見て驚きました。副詞 too の語源は前置詞 "to" なんですね。嘘のような本当の話です。

発音の違い。too には必ずと言っていいほどストレス(強勢)を置きます。to にはストレスを置くことはほとんどありません。

日本語Webサイトをざっと検索しましたが too が to に由来していることに言及している人はほとんどいません。なので Online Etymology Dictionary の解説を参考にしつつ自分なりの考えを書いてみます。

Online Etymology Dictionary から引用します。

too (adv.)
"in addition, in excess," late Old English, stressed variant of Old English preposition to "in the direction of, furthermore". The spelling with -oo is from late 16c. Use after a verb, for emphasis (as in did, too!) is attested from 1914. German zu unites the senses of English to and too.

Online Etymology Dictionary

日本語に翻訳します。

too (adv.)
"in addition, in excess," 後期古英語から来ており、古英語の前置詞 to 「…の方向に、その上」に強勢が置かれた異形。綴りの -oo は16世紀から。did, too! のように強調の意味で動詞に伴うようになったのは1914年から。ドイツ語 zu は英語の totoo を統合した意味を持つ。

この語源学的説明にはふたつの驚くべき事実があります。ひとつは前述したように too の語源が to であること。もうひとつは too という3文字の綴りが16世紀に生まれたこと。言い換えると15世紀までは文字が1個少ない前置詞 to に副詞の役割が与えられ「…もまた」と「過剰に」という意味があったであろうこと。

この Online Etymology Dictionary というWebサイトの説明だけでは理解できない点があります。移動の行き先または方向を示す前置詞 to 。ポインターとしての to 。この語がなぜ「…もまた」「過剰に」という意味を派生するようになったのか。最後にこの謎を説明してみます。私の思いつきですがたぶん当たらずとも遠からずだろうと思います。

Online Etymology Dictionary や Oxford Dictionary には too の類義語として "furthermore" という副詞が記述されています。furthermore には「その上に、さらに」という意味があります。これが謎を解く鍵になります。

to は一言で言うと「方向」を示す前置詞と解釈することができます。「方向」は「移動」を暗示します。「移動」は「ここではない他の場所」を暗示し、「これではないもの、これ以上のもの」「もっと」という概念を暗示します。ここから「過剰」「…という属性を持つのはこれだけでなくもっと他にもある」という意味が派生します。

図示します。

to → too の流れ

このような流れで to は「方向」に加えて「過剰」「…もまた」という2つの新たな意味を獲得し、16世紀になると後2者の意味を持つ to だけが異形 too へと発展的に解消したんだと思います。綴りに "o" が1個加わる理由は前述したように発音が違うからですね。前置詞 to には一般的にストレスを置きません。副詞 too には一般的にストレスを置きます。ですから母音の綴りは o から長母音 /u:/ を示す oo に変化したわけです。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
語源を知ると今まで見えなかったものが見えますね!
outのコラムも秀逸でした!
他のも熟読させていただきます。
ありがとうございます♪
2015/10/08(木) 23:33:29 | URL | コバヤシ #-[edit]
コメントいただきありがとうございます。
2015/10/09(金) 12:13:31 | URL | ArtSalt(管理人) #-[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/1397-938596ee

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク