ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

Hit-a-Hint と focus ring

Firefoxの拡張機能 Hit-a-Hint のバージョンが最近0.8から0.9になった。
変更点は

>a new bufferlist feature added

というものらしい。意味は不明。
⇒ mozdev.org - hah: index

いちおう更新をおこなった。
すると、フォーカスリングの表示がおかしくなった。
 注 フォーカスリング(focus ring)は正式名称ではないかもしれないが、
⇒ About:config entries - MozillaZine Knowledge Base
で使われている表現なので、たぶん通じると思う。

デフォルトのFirefoxに現れるフォーカスリングは非常に細くて見づらい。

なので、私は browser.display.focus_ring_width の整数値を 3 にしている。そうすればフォーカスされているリンクがひと目でわかる。
人によって事情は違うと思うが、フォーカスリングがはっきり見えるということは、キーボードを多用する者にとって重要なのだ。

フォーカスリングを太くした上で、Hit-a-Hintを使ってhintを表示すると、左のようになる。

問題はHit-a-Hintのバージョン0.9だ。
MagicKeyを押しながら数字キーを押しても、フォーカスリングが表示されないのだ。
でもって、MagicKeyと数字キーを離すと、フォーカスリングが現れる。しかし、MagicKeyと数字キーを離した瞬間に当該リンクにジャンプしているので、このタイミングでフォーカスリングが現れても全然うれしくない。

Hit-a-Hintの前バージョン0.8では事情はまったく違った。
MagicKeyを押しながら数字キーを押すと、フォーカスリングがちゃんと表示された。よって、これからどこにジャンプするのか容易にわかり、「やっぱ、ジャンプするの、やめた」とすばやく判断できた。

この問題を解決しようと、about:configでHit-a-Hint関係の項目をすべてリセットした上で再設定をやってみた。たしかバージョン0.7とか0.8のときにも似たような(?)問題があったからだ。
⇒ Repetitive Restructure - Hit-a-Hintをv0.8にするときは設定をリセットする必要がある

しかし、リセットしても、まったく意味がなかった。

以上、ここまでMagicKeyを例にとって私の当惑ぶりを説明してきたが、事情はStartKeyでも変わらない。

Hit-a-Hintの設定内容を参考までにさらしておくけど、関係ないだろうな。
 "XPath of the elements to be hinted" はデフォルトのまま使用 //*[@onclick or @onmouseover or @onmousedown or @onmouseup or @oncommand or @class='lk' or @class='s'] | //input[@type!='hidden'] | //a | //area | //iframe | //textarea | //button | //select

 CSS Style of a hint z-index:500; font:normal normal normal xx-small helvetica; color:ButtonText; background-color:violet; border-color:ButtonShadow; border-width:0px; -moz-border-radius:0.3em; border-style:solid; padding:0px 0px 0px 0px; position:absolute;

 "CSS Style of a focused hint" はブランク 

("CSS Style of a focused hint" をブランクにするのは、フォーカスしたリンクからhintを消したいからだ。そのほうが見やすいという判断)

今回の更新をおこなった日は、WindowsUpdate、McAfeeのウィルス定義ファイルの更新、Firefoxの更新(1.5.0.6から1.5.0.7へ)、keyconfigの更新(バージョン20060828へ)など、いろいろやった日でもあった。今回の事態になんらかの影響を与えているものがあるかもしれない ― WindowsUpdateとMcAfeeは関係ないが ― 。
しかし、Hit-a-Hintのバージョンを0.9から0.8に戻したら、いつもの快適ブラウジングが復活した。

よって前バージョン Hit-a-Hint 0.8 をとうぶん使い続けることを決心した。

関連記事 ⇒ ArtSaltのサイドストーリー Hit-a-Hint0.8でもSpaceキーでスクロールできる


今回の問題は私の勘違いかもしれない。GoogleのWEB検索といろんなブログ検索をおこなって調べてみたが、同じ症状を訴えている人が見当たらなかったからだ(とりあえず日本語と英語の情報だけ調べた)。

この記事をWEBに公開するにあたって、いわゆる「pingサーバー」へのping送信をいつもどおりおこなってもいいかどうか悩んだ。
しかし、たとえ勘違いの連鎖を生むとしても、さまざまな人にFirefoxを広めるためには、こういう記事をWEBに残しておくのも悪くないと判断し、いつもどおりpingサーバーに送信した ― タグもつけた ― 。

長文になってしまいました。読んでくださって、ありがとうございます。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/189-2e31ce9d

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク