ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェストコースト・ジャズの最高傑作 その5

Shelly Manne and His Men at the Black Hawk vol. 1 - 4 (Contemporary)
recorded live at the Black Hawk, San Francisco, 1959

涼しくなってきて誰もウエコーのことをとりあげなくなったけど、私は1年中ウエコーだ。この4部作を「ウェストコースト・ジャズの最高傑作」のリストから外すわけにはいかない。
正直に言うと、これを買ったとき、あまり期待していなかった。

1959年のウェストコースト・ジャズ? かつての勢いはないだろうな。
それにシェリー・マンの名義のレコードで、好きになったのは今まで1枚もなかったし。
フロントにジョー・ゴードン (Joe Gordon) とリッチー・カミューカ (Richie Kamuca) か… なんかパッとしない顔ぶれ。

…という先入観があった。
しかし、聴いてみて驚いた。なんて音がいいのだろう ― 私は音楽以前に「音」を聴いてしまう ― 。
モンティー・バドウィッグ (Monty Budwig) のベースが気持ちよく豊かに鳴り響く。
ビクター・フェルドマン (Victor Feldman) のピアノがガーンという音を発する。
シェリー・マンのドラムがブラック・ホークの中をジャズの雰囲気で満たしてしまう。

録音はオーディオ・マニアになぜか大人気のロイ・デュナン (Roy DuNann) ではなく、ハワード・ホルツァー (Howard Holzer) という人。。
録音技師の人選が録音名盤を生んだアヤかもしれない(と言ってみる)。

関連記事

⇒ ArtSaltのサイドストーリー - ウェストコースト・ジャズの最高傑作 その1 - Bud Shank at the Haig
⇒ ArtSaltのサイドストーリー - ウェストコースト・ジャズの最高傑作 その2 - Gerry Mulligan, Chet Baker
⇒ ArtSaltのサイドストーリー - ウェストコースト・ジャズの最高傑作 その3- Grand Encounter
⇒ ArtSaltのサイドストーリー - ウェストコースト・ジャズの最高傑作 その4 - Modern Art
⇒ ArtSaltのサイドストーリー - ウェストコースト・ジャズの傑作 その1 - Richie Kamuca

ところで、ジャズを聴く上で「雰囲気」というのは大事だ。私が子どものころにいだいていたジャズの印象は…

暗いクラブの中で男たちが小さい声でなにごとか会話をしている。
タバコや麻薬の煙が立ち昇っている。
一見(いちげん)さんが店内に入ってくると、常連たちが一斉に鋭い視線を投げかける。

…というもの ― ひどい偏見! ― だったんだけど、そういう先入観を持っていらっしゃるかたはおそらく今でもけっこう多いと思う。
本盤はそういう雰囲気を豊富にかもしだしている ― 当日のブラック・ホークで麻薬をやっていた人がいた、と言っているわけではない ― 。

これを単なるウェストコースト・ジャズと片づけることはできない。
かといって、「米国西海岸のハードバップ」と呼ぶのも、ぴんと来ない。
ようするに「モダン・ジャズ」って何だ? という問いに対して「これです」と答えるに足る名盤のひとつと言っていい。
これは私のひとりよがりの意見ではない。手厳しい評論で知られるロバート・ゴードンさん (Robert Gordon) も名著『ジャズ・ウェスト・コースト』で大絶賛している。

ついでに、シェリー・マン自身の証言を同書(上田篤・後藤誠訳、JICC出版局)から引用してみる。
バンドは絶好調で、すべてがうまくいっていた。演奏してて、自分のからだがほとんど自分のものでなくなってしまうような感覚で、普段自分がこうしたいって思ってたそのとおりにできるような時があるんだが、あの時はそうなったんだ。それで私はレス(・ケーニッヒ)に電話してこう言ったんだ。” レス、録音装置とテープをなんとかできないかな。バンドの調子が凄くいいんだ ”。するとレスは言った。” 分かったよ ”。レスはそういう奴だった。彼はこっちにやって来て、三晩続けて録音した

実際このレコードはよく売れたらしい。ジャズマンたちにも評判がよかったそうで、ここでピアノを弾くビクター・フェルドマンがキャノンボール・アダレー (Canonball Adderley) に誘われてレギュラーの席を得ている。

こういう話はあまりしたくないが、この4部作、Yahoo!オークションでも人気が高い。

各方面で高い評価を得ているのに、ジャズを取り上げている本邦の各雑誌が「ウェストコースト・ジャズ特集」と銘打っても、これを取り上げることはまずない。
不思議。残念。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
初めて書き込みさせていただきます。
おっしゃるとおりこの4枚、ほとんど取り上げられることの無いわりに演奏はゴキゲンなことが認知されているという気がします。CDの第5集も実に結構ですよね(トリオでプレイの「WONDER WHY」が特に)
2006/09/22(金) 19:42:17 | URL | 黄石 #-[edit]
黄石さん、はじめまして。ご訪問、ありがとうございます。
この4部作を愛聴なさっているそうで、「やっぱり私だけじゃなかったんだなぁ」と心強く思いました。

で、vol. 5 ですか? えっ?
Amazonで調べたら、CDでは第5集があるのですね(知らなかった…)。カネがたまったら、買って聞きたいと思います。
貴重な情報に感謝します m(__)m
2006/09/22(金) 22:13:09 | URL | ArtSalt(管理人) #K.0xfTSU[edit]
寝ても覚めてもウエストコーストJのかたにやっとたどり着けました\(^o^)/私も好きですが詳しくはありません。どうぞよろしくお願いいたします。
2014/04/24(木) 19:15:01 | URL | tsuneo kawagiri #za4m4tDk[edit]
こちらこそよろしくお願いします。コメントありがとございます。
2014/04/24(木) 19:25:19 | URL | ArtSalt(管理人) #-[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/190-7c43a675

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。