ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

Booker Little and Friend (Bethlehem)

Booker Little and Friend (Bethlehem)
recorded in New York, 1961


おととい(10月5日)はブッカー・リトル (Booker Little) の命日だった。
リトルというと、一般的には●●●●との共演が有名で、高く評価されているみたいだけど、●●●●の、ああいう音を出すアルトは私にとって圏外。よってTimeレーベルの作品 Booker Little がいちばん好きなんだけど、「好き嫌い」だけで語っていると、多くのコメントをくださった swing dog Rick さんにまた叱られるだろうな。

swing dog Rick さんからコメントを寄せられた数々の例。
Jazz Discography Projectを知らなかったら、この記事を読んでください (swing dog Rick さんはイェプセンのディスコグラフィー改訂版にたずさわってきたかたのようだ)
ヘイグのファンはどこにいる?
ウェストコースト・ジャズの最高傑作 その3
ソニー・クラークのオスロ録音
Stan Getz at Storyville はレコードで聴く
Lee Konitz with Warne Marsh
スーパーの店内で聞こえてきたWarne Marsh
EsquireのMJQ / Django ?
巴里の午後 - 欧州とコントラバス
swing dog Rick さんに質問です




 ブッカー・リトルのマイナーはすごい

●●●●との共演作品(Prestige盤とかCandid盤)やTime盤と比べると、それほど話題になることがないBethlehem盤。しかし事実上の遺作なので、深い思い入れで聴いてしまう。

全曲、マイナーだと思う。音楽理論は皆無に等しい私なので、メジャーとマイナーの区別はよくわからないのだけど …

管楽器がtpの他にtbとtsという3管編成。Time盤 Booker Little がtpのみというのとは対照的。

この作品の中で唯一、他の管を排して吹くのが If I Should Lose You
通常アップ・テンポもしくはミドル・テンポで演奏されるこの曲をリトルは超スロー・テンポで吹いてしまった。
If I Should Lose You の名演だけでもこの盤の質の高さはじゅうぶんに保障できるけど、他の演奏もすべて心に突き刺さる。レコード全体でひとつの曲みたいな感じ。だからA面からB面まで一気に聴きとおしても、まったく集中力が途切れることがない。

それにしても、彼ほどマイナーにふさわしいトランペッターはいないような気がする。ケニー・ドーハム (Kenny Dorham) だって、マイナーをやらせたら、すばらしいのだけれど、リトルの場合は、マイナーな曲を吹いても、しょぼくれた感じにはならない

 新時代を切り拓こうとした夭折のトランペッター

同時代のハードバップ・トランペッターの中でいち早くディジー・ガレスピー (Dizzy Gillespie) やクリフォード・ブラウン (Clifford Brown) の強い呪縛から脱した人。

ブッカー・リトルは1961年に23歳の若さで夭折。尿毒症という難しい病気。
つまりこの作品は病死する数ヶ月前の記録ということになる。

バリバリ吹きまくるのに、音がふらつかない。ヤワな雰囲気がまったくない。
バリバリ吹いても、アップ・テンポで吹いても、トランペットが泣いている。トランペットから出てくるひとつひとつの音がリトルの涙ではないかとさえ思えてくる。

いわゆる「ハードバップ」とは少し違う音楽を目指した人。

Booker Little and Friend は1960年代のいわゆる「新主流派」を代表する1枚(だと思う)。こういう音楽は決して好きにはなれないけど、リトルは例外だ。

せめて、あと5年長生きしてれば、ジャズ・トランペッターのありうべき姿が変わっていたのではないか、と私は本気で残念に思う。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
『●●●●の、ああいう音を出すアルトは私にとって圏外。』
素晴らしい!座布団3枚…と言いたいところですが、伏せ字なので1枚だけ差し上げます。(笑)
リトルのラッパがふらつかないのは、正しい奏法を身に付けているためで、そこんところがドーハムとの根本的な差なのでしょう。
リトルがもう少し長生きしていればと考えるのはいたって自然な発想ですが、あと5年早く生まれてくれてたら…とも思います。
2006/10/07(土) 18:39:49 | URL | ぼんとろ #-[edit]
ぼんとろさん、読んでいただいてうれしいです。自分の文章が楽器経験者に読まれるというのは本当は冷や汗ものなんですけどね。

あと5年早く生まれていたら、という発想は思いつきませんでした。

実を言うと、伏せ字はもうひとつ使おうとしたんですけど、「あと5年早く生まれていたら … ?」と考えていたら、ぼんとろさんが何を言わんとしていたか読めてきました。
実際には使われなかったもうひとつの伏せ字が何であったかは、
たぶんご想像どおりではないかと (´ー`)
2006/10/07(土) 23:05:26 | URL | ArtSalt(管理人) #K.0xfTSU[edit]
NGワードばっかりで、他の読者の方には「???」でしょうね。
でも「あと5年…」は“あのお方”だけを指したつもりもなかったんですよ。
まあ“あのお方”も含めたトランペット界の流れが、少しは変わっていたかもなぁと考えるわけです。(笑)
2006/10/07(土) 23:48:22 | URL | ぼんとろ #-[edit]
ぇえ~~、おあとがよろしいようで。
2006/10/08(日) 17:15:59 | URL | ArtSalt(管理人) #K.0xfTSU[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/206-2328b1f2

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク