ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Basie and Lester at Newport

Count Basie at Newport (Verve)
recorded at the Newport Jazz Festival, 1957


あした交通事故で死ぬかもしれないから、
・ 好きな音楽だけ聴いてすごそう
・ 今まで聴かず嫌いだった音楽を聴いておかなければ …
という相反する行動のどっちを選択すればいいのか、ときどき悩む。

というわけで、ベイシーとレスター。 モダンの連中でもカウント・ベイシー(Count Basie) の影響を隠さずに披露する人がたくさんいる。特に作編曲家。「ウェストコースト・ジャズ」のカテゴリにくくられるショーティー・ロジャーズ (Shorty Rogers) にしてもマーティー・ペイチ (Marty Paich) にしても、ベイシーの音楽に学んだことは多いと思う。

関連記事をクリックで別ウィンドウまたは別タブ)
はじまりはBroadway Bit - ペイチのすばらしい編曲とペッパーとラファロの好演
ウェストコースト・ジャズの傑作 その2 - ショーティーの編曲を楽しめる、BlueNoteレーベルのウェストコースト・ジャズ



で、私はモダン・ジャズばっかり聴いてるから、ベイシーはもちろんのこと、レスター・ヤング (Lester Young) のレコードもあまり聴いたことがない。
「これではいかん」ということで、数週間前に隣町で買ってきたベイシーのVerve盤。ニューポート・ジャズ・フェスティバルのライブ。
本盤の日本語解説を執筆なさってる瀬上保男さんによれば、カウント・ベイシー・オーケストラのニューポート・ジャズ・フェスティバルのライブ盤はこれ1枚のみとのこと。同楽団のOBであるレスターがゲストとして加わっている。

瀬上保男さんの文章をちょっと引用してみる。


本LPは、1957年7月7日のステージ(後半)を再現したものだが、パワーフルなフレーム・ワークの中に、多彩なゲストを浮き彫りにした、爽快きわまりない、ビッグ・バンド・ジャズが存分に楽しめる。ジャズのメッカ、ニューポートの桧舞台にかもし出された熱気と興奮が、じかに伝わってくる素敵なアルバムでもある。
まあ、<<スインギン・アット・ニューポート>>のベイシーに耳を傾けて下さい。このピアノ・ソロ、とくにイン・テンポとなる瞬間の素晴らしさ、これにしびれないようでは、ジャズ・ファンとは言えませんぞ。


「これにしびれないようでは、ジャズ・ファンとは言えませんぞ」とまで言われてしまったんでは、万が一これを聴いてもノレなかったら、私も立場上、困る。

そういうプレッシャーを感じながらレコードに針を落としてみた。

いいね、これ! ゚o^)

まず気に入ったのがベースの音。管楽器がたくさんあるビッグ・バンドだから、ベースがちゃんと響いてくれなければ、バランスが悪くなる。スイングしなくなる。
このふっくらしたベースを弾いてる人は誰だろう、と思ってライナーノーツを読んでみた。Verveにしては珍しく、パーソネルがちゃんと書かれている。
Ed Jones
エディー・ジョーンズといったら、Savoyレーベルの超有名盤 Opus de Jazz で好演を聴かせてくれるベーシスト、ということぐらいしか知らなかった。

ドラムは、ワイヤー・ブラシを使ったドラミングの開祖(だったかな?)ジョー・ジョーンズ (Jo Jones) がゲストとして参加している。この人もOBだ。この盤ではスティックがほとんどで、ちょっと残念。

フレディー・グリーン (Freddie Greene) のギターがはっきり聴こえてこないのも残念だけど、これは私の再生システムに問題あり、ということだろうな。なにせ、スピーカーとかカートリッジ(レコードプレーヤーのカートリッジ)はビッグ・バンドの音に合わせてないもんで … と言い訳してみる。

スポットライトが特に当たっているのがレスター。晩年のレスターはどうもねぇ … という話をよく聞くけど、めったにプレ・モダンを聴かない私にはどうでもいい話。

ライブのレスターって、こういう感じだったんだ、としみじみ。

今、Pandoraで "Count Basie Radio" を聴きながら、ブログ書いてる。
そんな日曜の昼。



Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
私なら、好きな音楽だけ聴いてすごそう かな。
でも、好きな食べ物は後から食べる派です。 ^^

ところで昨日のジャズは就寝前の音楽??
私、ダンスしちゃいそう。目が覚めるような曲なんですけど~(笑)

2006/11/05(日) 19:51:50 | URL | Sora #YpqZtgVo[edit]
好きな音楽だけ聴く。かな・・・?
基本的には聴かず嫌いの音楽がないこともありますが。

たしかに、ビッグバンドではベースは要ですよね。
バンドの練習のときにベースさんが休みだと、合奏してもモヤモヤですし。

うちのバンドは昔から結構ベイシー演奏してます。来年ライブをやるらしいので、また原点に帰ってベイシーをたくさんやることになるかもしれません。勉強しなきゃ・・・

2006/11/05(日) 21:47:45 | URL | たかぎ #9enIUaYc[edit]
私も好きな音楽だけ聴く派。ですね。

残念。この盤は持っておりません。
性格上すぐに人にコバンザメなので、すぐに手に入れてしまうかもしれません。私も勉強しなきゃ・・・。

ちなみにオールドベイシー期のジョー・ジョーンズもいいですよ~。
2006/11/05(日) 22:48:33 | URL | ヌアージ #-[edit]
 ― Soraさんへ ―

この前の健康診断の結果、私の命は残り少ないことがわかってしまったのです。
だから、今まであまり好きでなかったものも経験しておこうかと。

今宵はこんな音楽でもどうでしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=1eNqyShAcAc

私はたぶん、あと70年ぐらいしか生きられないのです v(^^)


 ― たかぎさんへ ―

テンプレ、微妙に変えましたね ( ̄ー ̄) ニヤリ
以前より明るくて、私は好きですよ。

やっぱりバンドやる人たちにとってカウント・ベイシーは特別な存在なんですね。
たかぎさんたちのスイングする演奏を聴いてみたいです。
2006/11/05(日) 22:51:38 | URL | ArtSalt(管理人) #bqLTuS/s[edit]
 ― ヌアージさんへ ―

あっ、こんばんは。さきほどはベイシー関連の情報、ありがとうございました。

やはり好きな音楽だけ聴く派ですか …
本当は私もそうなんですけど、でも、「パーカー聴いてるか?」「コルトレーンがわからなければ、ダメだよ」とか言う人がけっこういて、
そういう人たちからのプレッシャーに弱い人なのです、私は (*_*)
2006/11/05(日) 23:02:39 | URL | ArtSalt(管理人) #CMbLyjmk[edit]
> そういう人たちからのプレッシャーに弱い人なのです、私は。

そうだったんですか。全く誤解しておりました。
じゃあ私も余命いくばくもないので、マイルスやトレーン、エヴァンスなどを片っ端から聴かねばなりませんな。(爆)
2006/11/06(月) 15:53:03 | URL | ぼんとろ #-[edit]
>マイルスやトレーン、エヴァンスなどを片っ端から聴かねばなりませんな

カラクチ コメント、キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!

「車屋さんはジャズが好き…?(ver.Ⅱ)」での質問に答えていただき、ありがとうございました。
私はプランジャー・ミュート、好きですよ。ただし「明るいノリ」でないと、ダメです。
2006/11/06(月) 17:56:54 | URL | ArtSalt(管理人) #JZePfzWA[edit]
google blogでBasieで検索してたどり着きました。
はい、Basieなどビッグバンド好きです。

レビュー読んでたら、最後にPandoraというサイトの紹介があって、さっそく行ってみました。
楽しいですね、このサイト。
ちょうど、キャプチャーされている"Breakfast, Dance & Barbeque"もベイシーのライブの名盤ですよ。
2006/11/07(火) 15:04:23 | URL | モリビル #-[edit]
モリビルさん、はじめまして。
アメリカ在住のかたですか。ハンドルネームを見たとき、東京にある不動産会社を思い浮かべてしまったんですけど、違うんですね。
ビールはつくったことないけど、ワインを自己流でつくったことありますよ。

コメント、ありがとうございます。ただ、記事にもあるように、私ははっきりいってビッグ・バンドはよく知らないのです。オススメ盤、お金が貯まったら、聴いてみたいと思います。
Pandora 、気に入っていただいて、うれしいです。
2006/11/07(火) 18:34:12 | URL | ArtSalt(管理人) #JPJDDEPk[edit]
他のレスターをもっと聞いて、何を話してるのか、聞き取ってください。

2006/12/27(水) 20:09:54 | URL | 武雄 #8JSFEIpE[edit]
はじめまして。コメント、ありがとうございます。
他のレスターもたくさん聴いてみたいと思います。
2006/12/27(水) 21:17:13 | URL | ArtSalt(管理人) #SlhomDk.[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/233-068799a4

COUNT BASIE AT NEWPORT「真夏の夜のJAZZ」の舞台になったのが、翌’58年のNewport。この頃の“Newport Jazzfestival”、大物達が次から次へと熱演を繰り広げている。このアルバムも有名なアルバムの一枚。CD盤では、今までいくつかのアルバムに分かれて出ていたのが一枚
2007/04/10(火) 06:48:05 | A DAY IN THE LIFE
このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。