ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマまたはサバの蒲焼きをよく作るのです

最近、マイワシ(真鰯)の姿を魚屋さんとかスーパーの魚介類売り場で見かけることが本当に少なくなった。セグロイワシならよく見るんだけど。あと、ウルメイワシもたまに見る。マイワシのほうは不漁なのだろうか。

というわけで、近ごろよく食べるようになったのがサンマとサバ。
サンマは塩焼きが一番だと思うけど、
買ってきたその日には食べないで、数日後に食べたい
と思うときがある。サンマをそのまんま冷凍室に入れて、凍らせちゃえばいいんだけど、
「もっと良い知恵はないだろうか。冷凍庫なんていうものがなかった時代の日本人はどうしていただろう」
と考え、出た結論のひとつがサンマの醤油づけ

● サンマをさばいて、頭、はらわたなどを取り除きます。骨を取り除くかどうかはその日の気分で。
● サンマをぶつ切りにして器に入れます。
● ひたひたになるまで、醤油を入れます。
● 好みに応じてショウガなどを入れます。


これを冷蔵庫に入れ、翌日以降、醤油がよくしみ込んだサンマを焼く。
早い話がサンマの蒲焼き(かばやき)。
これをアツアツのご飯に乗せれば、食がすすむ ヽ(゚∀゚)ノ

サバの蒲焼きとご飯の写真

最近の関連記事 をクリックで別ウィンドウまたは別タブ)
美味珍味あれこれ
イワシを食べる金曜の夕食
鍋でご飯を炊く理由
白鳥とチョコカールの写真で癒(いや)されてください

でもって、本日の夕食のメニューはサンマ … ではなく、サバの蒲焼き。ようするに青ザカナだったら、サバでもサンマでもアジでも、なんでもいい。たまたま最近買った魚がサバだったから、サバの蒲焼きをつくっただけのこと。

砂糖だとか味醂(みりん)なんてものは使わなくてもいいと思う。とりあえず醤油だけで味つけ。「何か物足りないなぁ」と思ったら、次回からショウガでも、味醂でも加えればいい話。

このメニューの特徴は醤油に漬け込むことで「魚の腐敗防止および味つけ」という一挙両得をはかることであって、いちおう冷蔵庫は使うんだけど、ろくな暖房がなかった時代の人たちは北向きの薄暗い場所にこういう食べものを保存して、厳しい冬を乗り切っていたのではないかと想像してみる。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/15(水) 20:26:25 | | #[edit]
金色にキレイにつやつやに焼けてますね~
美味しそう♪
お醤油だけだったらあまり焦げないでいいですよね。
ミリンとか砂糖系を入れると焦げやすくなってすぐに真っ黒になってしまうんですよね。
昔々は冷蔵庫なんてなかったんですよね。
そんな工夫が生んだ蒲焼。伝統の味ですね。^^
2006/11/15(水) 20:49:30 | URL | やんやん #eqP7eH0Y[edit]
いやー、本当においしかったですよ。ただ、漬け込みすぎると、しょっぱすぎになってしまうので、この点は要注意ですね。

お友だちのみゅーさんに悲しい出来事があった中、コメントいただいて、すみません。
2006/11/15(水) 21:27:49 | URL | ArtSalt(管理人) #zxJvsWF.[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/241-7f81a265

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。