ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

インドではビーフカレーはありえない

S&B

『インド人もビックリ』ってエスビーだったんですか?
芦屋雁之助、長門裕之がインド人の格好をしていたとのこと -__-

きのうカレーをつくった。S&Bのルーを使った。
1) タマネギとニンジンと乾燥ニンニクと高野豆腐をフードプロセッサーに入れ、粉砕する。
2) 鍋に胡麻油を入れ、火にかける。冷凍庫からブタのもつを出し、鍋に放り込む。
3) 面倒くさくなったので、1)を2)に加える。炒める。
4) 鍋が痛むので、ころあいを見て水を加える。茹でる。
5) じゅうぶん火が通ったら、S&Bのカレールーと唐辛子のパウダーと普通の黒胡椒とクミンシードを加える。
6) メープルシロップがほんの少し含まれている「メープルシロップ・ジャム」を入れてみる。
7) 香りづけに醤油を入れる。
---- 5分ほど煮込んで仕上がり。お玉でご飯の隣りにかける。

高野豆腐を入れると、妙なとろみが出ることがわかった。
味はまずまず。豚もつの臭みを香辛料が消してくれた \(^o^)/

最近めっきり、牛肉や牛乳はもちろん、原料に牛がからんでる食品を食べなくなった。脳がスポンジ状になるなんて勘弁してほしい ┐( ̄ヘ ̄)┌
S&Bのカレールーに牛由来の原料が使われていないことは「きっこの日記」で知った。
S&Bのカレーだったら、宗教上の理由で牛を食べられない南アジアの人たちも大歓迎だろう。でも、小麦粉でとろみをつけたカレールーは彼らにどう受け取られるんだろうね。小麦粉カレーはたしかイギリス人の発明だったと思う。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/3-d7a2fa95

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク