ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尿路結石との闘い - 突然の激痛で夜中に目がさめる

2007年01月26日(金)のできごと。

午前3時ごろ、下腹部に鋭い痛みをおぼえ、目をさます。トイレに行く。 ここ数週間、便秘と軟便のくりかえしだったので、本日の排便で一気に楽になれると期待する。
しかし、「排便 → 就寝 → 激痛 → 排便 → 就寝 → … 」を何度くりかえしても、痛みは変わらない。

  1. 救急車を呼ぶ
  2. 夜間担当医のところに駆け込む

のいずれかを選択しようと考える。
しかし、夜中に救急車を呼ぶと近所迷惑になるので、1.は断念。
場所がわからないので、2.も断念。

暗闇の中の時計

結局、かかりつけの近所の医院が開く午前8時を待つことにする。
午前8時までの数時間、激痛に苦しむ。

午前8時。勤め先に電話。
数分後、かかりつけの医院に行く。しかし、まだやっていない。扉に「受け付けは8時半から」と書いてあることに気づき、家にもどる。



午前8時半、医院に行き、30分以上待たされ、よろよろした足どりで診察を受ける。 点滴を受ける。
しかしまったく効果があらわれない。
歩くことも立っていることも苦痛になり、クルマいすにすわる。点滴にはフラシーボ(placebo)効果すらなかったもよう。

医師 「ひょっとしたら重大な病気かもしれない。市立病院に行ってもらう。家族の連絡先は?」

紹介状を書いてもらい、市立の総合病院にタクシーで移動。

紹介されたところはなぜか外科。ここは大きな市立病院だから、非常に長い間、待つことになる。健康保険証を家に置いてきてしまったので、手続きに時間がかかる。

最近会っていなかった親類がいつのまにか来ている。受け付けの人となにか一言二言話をしている。「緊急なので、受け付けを早めてくれ」とでも言っていたのかもしれない。

レントゲン撮影とCTスキャンを受ける。

また長時間待つ。激痛に耐えられなくなり、クルマいすからベンチに移動し、横にならせてもらう。少し楽になったかのような気がする。


レントゲン撮影とCTスキャンから外科医のくだした診断。
尿路結石。

「消化器官の病気ではないので、泌尿器科のほうへ」

腹痛。これすなわち胃とか腸の不調を意味すると、ずっと思ってた。

尿道に石ができ、それが下腹部の猛烈な痛みをまねいていたとは、まったく思いもよらなかった。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
大変でしたね!!痛かったでしょう~(*_*)
今は大丈夫ですか?
そうなんですよね。胃腸系と間違えるんですよね。
以前私自身が深夜の救急外来に行った時に、
私の前の方がその病気でいらしてて、
とても苦しそうでした。
お大事にしてくださいね。
2007/01/29(月) 21:25:47 | URL | やんやん #eqP7eH0Y[edit]
お気づかい、ありがとうございます。
本当はまだ痛みが少しあります。でも入院生活は3日が限度です。
退院後、うちに帰ってすぐにやったのが入浴。

ああ、極楽、極楽 ♪
2007/01/29(月) 22:16:33 | URL | ArtSalt(管理人) #GFSbf4lM[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/323-ae5c304d

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。