ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googlezon, EPIC

最良の ― そして最悪の時代
そんなナレーションからこの映画は始まる。

この短編映画(Flash)は数年前に公開されたものらしい。私は数日前に偶然知った。
Epic 2014 & Epic 2015 - Museum of Media History (英語版)
ols-master (EPIC 2014 日本語字幕版)

EPIC

  • 2008年、GoogleとAmazonが合併。Googlezon発足。
  • 2011年、ニューヨーク・タイムズ紙が著作権をめぐる訴訟でGooglezonに敗訴。
  • 2014年、GooglezonがEPICを立ち上げる。ニューヨーク・タイムズはオフライン化へ。

いくつかのWEBサイトがユーザの個人情報(嗜好、関心事、居住地、消費行動の傾向など)をもとに広告の表示を切り替えているのは周知のとおり。
ようするにまったく同じWEBサイトでありながら、お年寄りにはケアハウスの広告を、中学生にはコンピュータゲームの広告を表示する … ということは既におこなわれている。

この映画では、2008年に発足する予定のGooglezonはユーザ一人一人に対してニュースを完全にカスタマイズする。
既成のマスメディア(かつて「第四の権力」と呼ばれた)はGooglezonに強い危機感を示す。でも、ニューヨーク・タイムズは敗訴。

私たちの未来は明るいのか、暗いのか、わからなくなってきた。

そういえば、「便利になるのなら、自分の嗜好などの個人情報をどんどんGoogleに提供したい」という発言をWEBでみかけた。
そういう気持ちはよくわかる。便利になるのはよいことだ。 ただ、そういうことをやっていって、本当に私たちの社会がすばらしいものになるのかどうか、わからない。

「便利」と「幸福」は違うと思う。でも、Googlezonは私たちが願った結果であることは、確かなんだろうな。

関連WEB
ミュージアムIT情報:歌田明弘 05年08月


さてと、現在のGoogleの実力を知る方法。
本日(2007年02月05日)Googleにログインして私の Search History を調べたら、下記のような Recent top queries related to your searches が表示されていた。

  1. 情報処理
  2. 越中詩郎 ブログ
  3. 未来検索ブラジル
  4. ノーステイル
  5. タクミ通信
  6. 魔理沙は大変なものを盗んでいきました
  7. 山本kid
  8. ニコニコ動画
  9. 篠田麻里子
  10. アドウェイズ

なんでこんな結果になるのかさっぱりわからない。ひょっとしてこれは私の深層心理?

「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」
なんてのがいちばん不明。これ、アニメかな。私はアニメにはまったく興味ないんですけど …

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/335-911fe799

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。