ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

走り梅雨。Horace Silver

「走り梅雨」と言うのでしょうか、今週はじめじめした日が続きそうで、洗濯のスケジュールに悩んでいるArtSaltです。

⇒「走り梅雨」にちなんだ俳句

やはり、こういう時期はからっとした音楽を聴きたいもの。しかし上田耕一郎さん(後注1)は少し早い。

後注1 上田耕一郎さん ━ もと日本共産党副委員長。不破哲三氏(本名は上田健二郎)の兄。通称「うえこう」。

意味不明のまま話を進めます (^^)

そんなわけで、今日聴いたのが…
Horace Silver and The Jazz Messengers (Blue Npte) 1954,1955年録音
です。
たいていB面しか聴かないなあ。
Hippy, Preacher, Hankerin', Doodlin'
名曲、名演がずらりと並んでる。

いま思い起こせば、私はこのレコードを聴いて初めて「ハードバップ」の何たるかを悟ったと記憶している。

本盤のライナーノーツを書いてるのってIra Gitlerだって知ってました? これは異例のことではないかな。

さっき気づいたんだけど、このレコード、全曲ホレス・シルバーの曲なんだね。これがPrestigeとかSavoyだったら、少なくとも2曲ぐらいはいわゆる「スタンダード」を演奏させたはず。しかしBlue NoteのAlfred Lion(後注2)は違った。全曲、シルバーに曲を書かせた。それがシルバーという人の最大の「売り」であることに気づいていたからだろう。

この人の曲ってものすごく好きで、私の感性と本当によく合う。ようするに脳天気で、ブルージーで、イキだな、と思わせる曲想。
「イキ」なのは曲だけではない。この人のピアノを聴くたびに「イキだなあ」と感嘆してしまう。
「イキだなあ」と私に言わせてしまうピアニストがもう一人いる。それが誰かは、また別の機会にお話します。

後注2 ⇒ Blue NoteのAlfred Lionに関するWikipediaの解説
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/48-50271598

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク