ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せになれるキーバインド変更

MicrosoftのIMEにまつわる話。私はEmacsなんて知らないし、プログラマーでもないということを最初にお断りしておく。

キーバインドをあれこれいじる

まずは「無変換」キー。
「nippon」とタイプしたとき、これを押せば、一発で「ニッポン」になるから、なにげに便利なんだけど、まったく同じことは Ctrl + I でも実現できる(後注)。よって廃止。後述するように、BackSpaceキーに変更。

「変換」キーと「カタカナひらがな」キーは全く不要。よって廃止。それぞれHomeとEndキーに変更。(ノートパソコンだと、HomeとEnd専用のキーがないからね)

BackSpaceってのは、個人的にはよく使うキーなんだけど、右手をホームポジションに置いたとき、右小指からの距離が7cmぐらいあって、
「BackSpaceまで遠征 → ホームポジションに戻る」
を何度もくりかえすのは難儀だ。
Spaceキーの左隣りにある「無変換」ってのを殺して、こいつにBackSpaceを割り当ててみたら、便利になった ♪

EnterとかEscなんて押さない

それから、変換を確定するとき、今まではわざわざ遠いところにあるEnterキーを右小指で押していたんだけど、これと同じことは Ctrl + M でもできる(後注)
(左小指で左Ctrlを押しながら右人差し指で M を押す)
これを習得してしまえば、かなり楽になるのを実感しつつある今日このごろ。
(言うまでもなく、CapsLockはCtrlに変更しておく)

日本語入力のいろんな場面で「取り消し」に使うEscキー。これがまたとんでもない僻地にある。タッチタイピングでここまで左手の小指を伸ばせる人っているんだろうか。
でも、Ctrl + Z でも同じことができるから、もうキーボードを見なくていい(後注)

後注

IMEで使われるキーボードショートカットは「Microsoft IME 詳細プロパティ」で柔軟に変更できることを最近知った。
テキストエディタ独自のキーボードショートカットとかぶってしまうのを回避できる。

  1. コントロールパネル の 「地域と言語のオプション」の「言語」タブの「詳細」
  2. 「テキスト サービスと入力言語」の「設定」タブの「インストールされているサービス」パネル
  3. 「Microsoft IME Standard 2002 ver. 8.1 のプロパティ」の「全般」タブの「設定」ボタン
  4. 「Microsoft IME 詳細プロパティ」の「キー設定」タブ
「Microsoft IME 詳細プロパティ」のスクリーンショット

参考

話が長くなるので、明日この続きを別のエントリに書く予定。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/614-5c38f182

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。