ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

右Ctrlキーをもう1個つくってみた

Opera自己流ショートカット - 困ったときの記録帳」に、「変換」キーをCtrlキーに変更すると快適だ、と書かれている。
これに刺激を受け、自分も「変換」キーまたはSpaceキーをCtrlキーに変え、2日間にわたり数時間ほど体感してみたけど、しっくりこない。

Spaceまたは「変換」キーをCtrlに変えるということは、親指でCtrlを押すことを意味するわけだけど、「親指でCtrlを押す」という習慣にどうしてもなじめない。良いアイデアだとは思うけどね。

EnterをCtrlに変更する作戦も検討したけけど、やめとこ。

右Ctrlキーをなんとかしなくては

「CapsLockを左Ctrlに変えるべきか」というのはよく話題になるけど、右Ctrlの位置の問題が語られることは少ない。
通常の(?)Windows用日本語キーボードの場合、右Ctrlは右小指で押しにくい妙なところにある。隣りにApplicationキーなんてのもあるし。できることなら右小指で楽に押せる場所に右Ctrlを配置したい。しかし、

  1. 選択(左手でShift、右手でカーソルキー)
  2. コピー(左手で C、右手でCtrl)
  3. キャレット移動(右手でカーソルキー)
  4. 貼り付け(左手で V、右手でCtrl)

という作業のことを考えると、カーソルキーのすぐ近くに右Ctrlがあったほうがいいのも事実。
(左手だけで Ctrl + Z なんて自分には無理だから、上記リストの作業はすべて両手でおこなっている)

そこで、

  • 従来の右Ctrlはそのまま残す。カーソルキーのそばに置いておく。
  • コロンを右Ctrlに変える。(結果として右Ctrlは2個になる)
  • CapsLockを左Ctrlに変えてあるので、従来の左Ctrlは不要。これにコロンを割り当てる。

コロン(あるいはアスタリスク)なんてめったにタイプしないから、これでいい w

キーボードの写真

キーボードの写真

右手の小指で楽に押せる場所にあるけど、めったにタイプしない@(アットマーク)、\(円記号)などは、辞書に登録しておいて別のキーを割り当てている人もいると思う。自分はそこまで決断できない。

当ブログ内の関連エントリ(2007年11月01日以前)

2007年12月03日追記

セミコロンとハイフンの位置を入れ替えてみた。

理由。
IME使用時、ハイフンは長音記号として頻繁に使う。
Yahoo!、Google等のWeb検索で特定の語を除外するとき、ハイフンを使う。
セミコロンもプラス記号もあまり使わない。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
はじめまして。
まったく偶然自分の記事がリンクされてるのを見てびっくりしました。
ここへは「opera9.5 "paste and go"」で検索して http://art2006salt.blog60.fc2.com/blog-entry-621.html のエントリーを見つけて、そこのコメントからこの記事をクリックしました。
驚いたのと嬉しかったので記念にコメントを。

僕もLinuxのときは左右にCtrlが2個ずつありました。さらに、Alt Ctrl Shiftのうち2つを同時押しすることが多かったので右下を[Ctrl][Alt][Shift][Ctrl]という並びにしたこともありました。これはすぐやめましたが。とにかくモディファイアをたくさん作っていた記憶があります。それ以来パソコンを買い替えて英語キーボードにしたので、自由になるキーが極端に減って最初は参りましたが、とりあえず今のところはデフォルトで使っています。
英語版のMacはシフトの右隣がWindowsでのCtrlにあたるCommandなので、親指で押してくれと言わんばかりなのですが、日本語キーボードの変換キーより1キーぶん右寄りなので自然に押せず苦労しました。今はすっかり馴染んでますが。

無変換をバックスペースにするのはかなり使い勝手が良さそうですね。左右の上の方にあるキーを打つ苦痛はよくわかります。上の記事のものに加え、さらにEscをメニューキーに割り当てるというのはどうでしょう?ブラウザなどで頻繁に使うので。

Macにはこういうソフトウェア http://www.pqrs.org/~tekezo/macosx/keyremap4macbook/document.html.ja があり、スペースキーを押している間はシフトになり、スペース1回だけ押す場合は普通のスペースになる変則割り当てができるのですが、これで日本語入力が驚くほどラクになります。しかも左右のシフトがフリーになってくれるので一石三鳥です。Windowsでも日本語配列ならスペースをシフトにしてしまって、変換か無変換のどちらかをスペースにすると使いやすいですよ。どうせあんな長いスペースバーがあっても押すのはいつも左右どちらかの親指と決まってますからね。
2007/12/16(日) 17:59:05 | URL | edvakf #Y.EWVbK6[edit]
edvakfさん、いらっしゃいませ。
既にご覧になったかもしれませんが、試行錯誤の結果、現在はこんな感じです。
http://art2006salt.blog60.fc2.com/blog-entry-649.html
Ctrl, Shift, Altは配置を変えただけで、数は変更なし。

●日本語入力の問題。
「変換」キーをHomeに変えた。さらに、IMEの「確定」処理をおこなうMS-IME2002のショートカットキーとして新たにHomeを使うことにする。(デフォルトだと、EnterまたはCtrl+Mが「確定」の機能)
つまり、IME使用時に変換を「確定」したいときは、右親指でHome(旧「変換」キー)をポンと押す。これ、楽です。

●補助キーの問題。
SpaceキーをAltキーに変更する案も考え、やってみたけど、微妙。

●カーソルキーの問題。
今は猫まねきであれこれやってるけど、将来的に実現したいのは、

1. Altキー連打等のホットキーを押す(特殊なモードになる)
2. 「I, J, K, L」が一時的にカーソルキー(up arrow, left arrow, down arrow, right arrow)の機能を持つようになる
3. ホットキーを押す(特殊なモードが解除されて、「I, J, K, L」は普通のキーとして動くようになる)

… という動き。

猫まねきではこれができないので、窓使いの憂鬱を使う日が来るかも。
現状はアプリケーション単位で Ctrl+I, J, K, L にカーソルキーの役割を与えてますけど、これだと左小指が痛くなってくるんですね。
2007/12/16(日) 22:20:49 | URL | ArtSalt(管理人) #h0IqFf92[edit]
スペースをシフトにするのはよく考えたら日本語では効果を発揮しませんね。僕は英語を書くことが多いので便利だと思いましたが。

猫まねきというソフトは今解説を読んでみましたが、Ctrl+HJKLがカーソルになるのは感動しました。これでも不満とは、なかなかのぐうたらさんですねw(すいません)。では、Alt+IJKMをカーソルにして右親指のAltを活用するというのは。

いろいろ出しゃばってしまいましたが、楽しいことをされているのでゆっくり見守らせていただきたいとおもいます。
2007/12/17(月) 05:38:00 | URL | edvakf #Y.EWVbK6[edit]
こちらこそ、edvakfさんのブログ(特にキーボード関係の話)はいつも楽しみに更新を待っていますので、よろしくお願いします。
2007/12/17(月) 19:01:58 | URL | ArtSalt(管理人) #1lbUCR6o[edit]
無変換をCtrlにすると便利ですよ。
「左手だけで Ctrl + Z なんて自分には無理だから、上記リストの作業はすべて両手でおこなっている」と書いてありますが、左手だけで出来るようになります。
当然良く使うCtrl+C, Ctrl+X, Ctrl+V, Ctrl+Sとかも左手だけ。
私はこれを猫まねきでやっています。
ちなみに変換はEnter、Shiftをスペースにしています。
これでほとんど小指を外側へ動かすことはなくなって、楽しています。
2009/11/20(金) 00:18:19 | URL | door #-[edit]
コメントありがとうございます。無変換をCtrlにするのは過去にやったことがあります。ものすごい違和感がありました。やはりCtrlは左右の小指です。
2009/11/20(金) 17:36:07 | URL | ArtSalt(管理人) #-[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/615-f75f10a3

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク