ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元の冬野菜は珍しいものばかり

この前の日曜にJA(農協)系列のスーパーで見かけた野菜あれこれ。ふだん見慣れないものを中心に撮影。

まずはダイダイ(橙)。

ダイダイの写真

ダイダイっていったら、正月の鏡餅の上に乗っかってて、食べられない柑橘類、という思い込みがあったけど、袋に、

焼き魚、おとうふなど、レモンのようにお使いください。一味ちがった味が楽しめます。しぼった後はおふろにどうぞ。

と、手書きの説明がある。うーん、レモンのかわりに使えるとは …

次は衝撃の写真。「なーんだ、瓢箪(ひょうたん)か。スーパーに瓢箪なんてめずらしいな」と思ったら、大間違い。「かぼちゃ」と書いてある。

かぼちゃの写真

変わったカボチャといえば、ドラム缶よりも大きな巨大カボチャの映像をよくテレビのローカルニュースで見るけど、これも相当変わっている。

そして次はヤマイモ。大きさは10cmほど。サトイモではない。

ヤマイモの写真

これもわが目を疑った。パッと見はサトイモ。ときどきとんでもなくデカいサトイモを見かけるから、これもそうだろうと思ったけど、よくよく見たら、「山いも」と書かれていた。ヤマイモなら、生でトロロにして食べられるってこと。
自然薯(じねんじょ)より安いみたいだから、今度買って食べてみようか。

次の野菜はシシトウではない。ピーマン。

ピーマンの写真

洗濯バサミとのツーショットでその小ささがわかるのではないかと。小さいピーマンはあまり珍しくないかな。

最後は青大豆。「青大豆」という品種なのか、乾物のひたし豆と同様に「ダイズになりかけの枝豆」という解釈でいいのか。

青大豆の写真

乾物だから、一晩水にひたしてから茹でる。うまいんだなぁ、これが。
枝豆の旬が終わっても、青大豆、ひたし豆がある日本の食生活はすばらしいと思う。

これらの野菜はすべて地元農家がつくったもの。生産者の名前が明記されている。輸送コストが安くつくから、ちょっぴり安い。
外国の安い農産物が入ってきて、日本の農業は青息吐息。日本の文化を守るには「地産地消」が一番だと思ってるから、こういうのはバンバン買う。ガツガツ食べる。地域経済が潤う。

へんてこりんなカボチャに未練があったけど、結局、小さいピーマンと青大豆だけ買った。冬は野菜の季節だ。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/637-41dcd6bd

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。