ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

キーバインドは左右相称で

自分がいま使っているNECのLaVieというノートパソコンのキーボードは「日本語109キーボード」と呼ばれるらしい。
このキーボードを使ってブログの文章などを書いているとき、いつも不便に感じていたことのひとつが、右Shiftキーの位置。左Shiftが左小指で楽々押せる場所にあるのに比べて、右Shiftは少々押しにくい場所にある。

たとえば Shift + A という組み合わせは楽に押せる。でも、Ctrl + Shift + A という組み合わせは苦労する。もちろんタッチタイピングを前提にした話。

CapsLockをCtrlに変更しただけで満足しちゃいかんでしょ。Ctrl, Alt, Shiftという補助キーの配置をどう変更したらいいか、試行錯誤。

人には奨められないが、自分の脳内では合理的である

スラッシュと右Shiftを入れ替える案を思いつく。
いま現在は下の図に示すとおり。当分これでやっていこうかと。

キーボードの写真

上の図は私の脳内ではいちおう合理的な配置。
下の図は変更後の Ctrl, Shift, Altキーだけを明示したもの。ご覧のとおり、左右相称にしちゃう。

キーボードの写真

この「左右相称」というのが高速タイピングにとって重要。これなら、「両手をホームポジションに置いたまま、右小指1本でCtrlとShiftを同時に押す」なんてことも容易(かもしれない)。

Enterとかカーソルキーを押すのは愚挙

テキストエディタでのタイピングで重要なのは、できるだけホームポジションから手を動かさないこと。Enter, BackSpace, Esc, そしてカーソルキーは、いずれもよく使うにもかかわらず、ホームポジションから遠く離れたところにある。これらのキーを使わずに済む方法を考えないとね。

  • IMEのショートカット Ctrl + M でEnterを代用する。
  • 猫まねきみたいなキーバインド変更ソフトを使い、Ctrl + J で Left Arrow を、Ctrl + L で Right Arrow を(… 以下略)代用する。
  • 無変換、変換、カタカナひらがなキーを有効利用。これらにBackSpace、右Alt、Homeキーというよく使うキーを割り当てちゃえばいい。
  • 他。

当ブログ内の関連エントリ(2007年12月10日以前)

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
私はGの位置。けっこう指が短いので ^▽^


2007/12/10(月) 23:01:04 | URL | Sora #YpqZtgVo[edit]
えっ、左手の人差し指が「G」の位置?
やってみたけど、そんなに違和感ないね。
うーん、これは大発見 _〆(..) メモメモ
2007/12/11(火) 17:16:14 | URL | ArtSalt(管理人) #ICQ9WfL2[edit]
BとかNって頻繁に使うから ^^
2007/12/14(金) 22:51:42 | URL | Sora #YpqZtgVo[edit]
参考になったので、今度この手の記事書くとき、左手の人差し指を「G」のとこに置く話を、取り上げさせていただきます♪
2007/12/15(土) 09:10:02 | URL | ArtSalt(管理人) #GDzWy.Vg[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/649-fdd50a2f

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク