ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームポジションの既成概念をぶちこわす人、現る

パソコンの日本語109キーボードっていうか、QWERTYの場合、一般的には左人差し指のホームポジションは F が正しいとされている。そういう思い込みがあったから、先日のエントリに寄せられたSoraさんのコメントに驚いた。
キーバインドは左右相称で

それによれば、Soraさんはふだんのキーボード操作の際、左人差し指を G のところに乗せるという。
なぜかというと、「指が短いから」w
こうすることで、B を押すのが楽になるんだとか。
「CapsLockからEnterまでの距離が1m以上ある巨大なキーボードを使っている」という事情があるわけではないのだ(たぶん)。

でも、G のところに置くのも「有り」なんじゃないかな、とふと思った。ついでに右人差し指の位置も右側に1個ずらして K に置けば、なお良い。
FJ のキートップには突起があって … という野暮なツッコミは勘弁)

本当はHHKみたいなのが理想

ようするに、こういうこと。
左と右の指を全体的に右側に1個ずつずらす。すると、Windowsキーボード上の右側にあるBackSpace、Enter、右Shift、カーソルキー等がそのぶんだけ右小指に近くなって、押しやすくなる。
ホームポジションをくずすのを好まない人なら、この感覚は理解できるのではないかと。

この仰天プランを実践するほど自分は変人ではないけれど、キーボードを物理的に改造して似たようなことをやっている人が実際にいる。親指シフトの人。

本来ならHHK(Happy Hacking Keyboard)みたいな左右相称配置のキーボードを使うのがいちばんいいんだろうと思う。HHKのようなキーボードを備えたノートパソコンって、あるかな。
っていうか、そんなノートパソコンがあったとしても、買うカネないし。

自作しちゃう人もいるようだけど、キーボードの完全オーダーメイドができれば、それが理想。

参考

当ブログ内の関連エントリ(2007年12月20日以前)

2008年01月15日追記

日本ではあまり知られていないけど、こんな画期的なキーボードがある。
EnterとかBackSpaceがキーボード上の中央に配置されている。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/658-b61f9e1c

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。