ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

フセイン処刑から1年、そして日本農業の未来

イラクの元・大統領サダム・フセイン氏が処刑され、その生々しい映像がネット上で全世界をかけめぐったのは、今からちょうど1年前のこと。
その後、イラクに大量破壊兵器なんてなかったことが判明し、おまけに、「9.11テロはアメリカの自作自演だった」という陰謀説が注目を集めている始末。
陰謀論に左右されるようになったら人間おしまいだと思うけど、いずれ米国大統領ジョージ・ブッシュ氏の隠された素顔が暴露され、国際的に断罪される日が来るのではないかという気がする。

小麦を襲う黒さび病

でもって、食料の話。米国産の牛肉だとか中国産の野菜なんてレベルじゃない危険な兆し。
(inspired by [ 小麦文明崩壊の危機] by 復活!三輪のレッドアラート!

2007年4月12日、FAOは、多くの小麦に被害をもたらせる、新たな強毒性の真菌が、東アフリカからイエメンに至るアラビア半島に拡大したと報告した。小麦さび病wheatstem rust (_Puccinia graminis_)は、小麦黒色さび病とも呼ばれ、小麦畑を全滅させる可能性がある。アジア、アフリカの小麦の種類の約80%が、この真菌に感染する可能性がある。小麦さび病の芽胞は、風によって大陸間を越え遠くまで運ばれる。

公式情報(データベース) : FORTH(FOR Traveler's Health) - 厚生労働省検疫所 海外感染症情報
そのFAOの発表。
Wheat killer spreads from East Africa to Yemen
アメリカ農業省はさすがだね、早くから事態の深刻さを認識していたようだ。
Cereal Disease Laboratory : Ug99 and emerging virulent stem rust race

これは「小麦黒さび病」と呼ばれるもの。エイズ、エボラ出血熱なんかよりずっと悪質。ヒトの食料を喰い尽くす化け物。
小麦などが感染するこの病気を広めているのはカビ。カビは当然、大量の胞子を大気中にばらまく。よって、偏西風に乗ってアラビア半島から南アジア、東南アジア、東アジアへとその被害を容易に広げうる。
最悪の場合、小麦を大量に摂取する文明が崩壊する。

エイズと同じく、誰かが遺伝子操作で意図的に作り出した病気ではないか、なんていう笑えない冗談もあったりする。

小麦がだめになったら、コメが狙われる

日本にとっても対岸の火事ではない。小麦がやられたら、バイオエタノール特需で笑いがとまらない国際金融資本が次に目をつけるのは、日本のコメだろう。
郵政民営化、保険事業への外資参入、外国人労働者の受け入れといったグローバリズムの流れがある。グローバリストたちが日本のコメを喰いものにするとき、稲作文化にもとづく日本文化に危機がおとずれる。

グローバリズムをおしすすめてきた自民党の清和会を筆頭とする売国政治家たちが失脚しなければ、日本の文化は死ぬ。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/668-2a212465

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク