ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

will と be going to はどう違う?

この動画を見れば、違いがわかる

英語の文法の話。未来の動作を表すとき、will とか be going to などを使うわけだけど、意味が違うんだってさ。

willbe going to の違いを簡潔に説明している動画を見つけた。3分17秒あたりからの説明をしっかり聞けば、納得できるのではないかと。

ゆっくり話しているから、中学校の英語を習得した人なら聴き取れるはず。聴き取れても完全には理解できなかった人(私がそうです)はこれを読むといいよ。
ここがおかしい 日本人の英文法 - 電子書店パピレス

予定とか計画が既にあるか否かで willgoing to を使い分ける

下記例文は私がつくった。作文が苦手なので良い例文とは言いがたい。

  1. willを使う事例(be going to を使ってはいけない)
    Would you like dinner with me?
    いっしょに食事でもどう?
    Sure. We'll have dinner together this evening.
    いいよ、今夜ね。
    (食事をする予定がこの時点で発生した
  2. be going to を使う事例(willを使ってはいけない)
    Would you like dinner with me?
    いっしょに食事でもどう?
    Sorry, I'm going to have dinner with a friend this evening.
    せっかくだけど、今夜はツレと食事するんだわ。
    (食事をする予定が既にある
  1. 未来の行動(この場合は "to have dinner")の予定が、会話がなされる時点で決まるのであれば、will を使う。
  2. 未来の行動の予定が、会話がなされる以前から決まっているのであれば、be going to を使う。

willを使うと不自然な文章

どういう予定が入っているのかを相手に尋ねる場面で、
What will you do next week?
と尋ねるのはきわめて不自然、たぶん。これだと、「アンタ、来週の予定なんてまだ何も入ってないでしょ? だったら来週の予定を今ここで決めなさいよ」っていうふうに解釈されてしまう(と思う)。

What are you doing next week?
と言うのが正しい、たぶん。これだったら、「アンタ、来週の予定はもう決まってるんでしょ? 何をする予定なの?」というふうに解釈される(と思う)。
"What are you going to do next week?" でもいいけどね。

おまけ(be going to を使うと不自然な文章)

"Will you open the window?" という文章を中学校の英語の授業で習ったことがある。「窓を開けてくれないかなぁ」と頼むとき使うわけなんだけど、これを "Are you going to open the window?" と言ってはいけない理由がやっとわかったよ、完璧にね。
v(^^)

2008年12月08日追記

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/799-13abeda4

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。