ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅酢に漬けておいたサンマを早く食べたい

サンマの酢の物ってどうしてこんなにウマイんだろう ^-^ 貧しき者の味方ですね、サンマは。おとといは1尾をオーブントースターで焼いて食べ、きのうは、酢の物にしておいた1尾を食べた。
数日前スーパーで買った3尾198円のサンマの命に感謝 m(__)m
たぶん今日、梅酢に漬け込んでいる最後の1尾を食べることになる。

魚介類を生で食べるとき気をつけなくてはならないのが、アニサキスという寄生虫。焼いたり煮たりすれば、問題はない。
問題になるのは生もしくは酢の物にして食べるときだ。酢に漬け込んだりしたぐらいではアニサキス君は死なないから、何らかの処置をとらなければならない。
聞くところによれば、ものすごい低温で1~2日冷凍すれば、さすがのアニサキス野郎も死ぬらしい。しかし業務用ならともかく家庭用冷蔵庫の冷凍室でその「ものすごい低温」を実現できるだろうか?
ぐぐったところ、昭和40年代位までの家庭用冷蔵庫では無理らしい。うちの冷蔵庫はそんなに古くはない。たしか4年ぐらい前に買ったものだ。
しかし、がんらい横着者の私は思うのだ。冷凍サンマはそのままOKではないか? だって当然業務用の冷凍庫でこちんこちんに凍らせてあるんでしょ? 長期間にわたって。さすがの寄生虫もオダブツだろう。

というわけで、「冷凍」という札がついたサンマは酢に漬け込んで食べることが多い。
それから今に至るまで、別にのたうちまわったり、顔面蒼白になったりすることもなく、ブログを更新している (・o・)

サンマの酢の物といっても、簡単です。
━━ サンマの頭を落とす。
━━ 腹に包丁を入れる。
━━ はらわたを取り除く。
━━ 三枚におろす。
━━ あばら骨をざっと取る。鰭(ひれ)はあまり気にしない。皮もむかない。
━━ ぶつ切りにして器に入れる。
━━ 一口大に切っておいた昆布を加える。
━━ 酢と塩と少量の醤油をかける。梅酢を使うときもある。

酢の力で、ちょっとぐらいの小骨は柔らかくなってしまうから、骨の除去に神経質になるのは愚かというもの。
普通のお宅では砂糖を入れたり、みりんを入れたりするのかな。しかし、うちのキッチンにはそもそも砂糖もみりんもない。昆布と魚の油脂と塩が組み合されれば、じゅうぶんな旨みが生まれ、甘味料が不要になるのです。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/8-8b635f6e

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。